2018年初詣/新熊野神社

e0254365_17351095.jpg

新年明けましておめでとうございます。スタッフのMr.Mです。本年もモトラッド京都スタッフ共々、どうぞ宜しくお願い申し上げます。さて、今年最初の私の記事は昨年、一昨年に引き続き初詣のレポートからスタートです。京都にはメジャー級の神社が数多く点在しており、私も昨年ご紹介した「伏見稲荷大社」や一昨年ご紹介した「石清水八幡宮」は勿論、「平安神宮」・「北野天満宮」・「上賀茂神社」・「下賀茂神社」等にも出向きますし、神戸の某ツーリングクラブさんと交流のあった頃は、神戸の「生田神社」や「湊川神社」で新年の交通安全のご祈祷を受けた事もありました。今回は全国に知れ渡るような神社ではありませんが、私がここ数年来元旦の朝一番最初に足を運び凄く癒される「新熊野神社」をご紹介したいと思います。





e0254365_17412209.jpg

「新熊野神社」(いまくまのじんじゃ)は京都市東山区今熊野に在り、
新熊野・今熊野、共に「いまくまの」と読みます。この神社は熊野信仰の盛んな
平安時代末期の永暦元年(1160年)に、後白河法皇によって建立されました。
車の駐車場は神社の南側から入る事が出来、満車状態を見た記憶がありません。





e0254365_17432061.jpg

神社内にそびえる「影向の大樟」(ようごうのおおくすのき)は
神社創建の折に紀州熊野より運ばれた「上皇手植えの樟」と伝えられており、
樹齢は900年と推定されています。





e0254365_17451273.jpg

石碑もあります。どちらの神社もその歴史には計り知れない物があり
私のご紹介と説明では全く事足りないと思いますので、
皆さんも是非「新熊野神社」のHPをご覧頂ければと思います。
http://imakumanojinja.or.jp/



e0254365_17523257.jpg


こちらが本殿となります。手前が拝殿、奥が本殿となります。





e0254365_17533027.jpg

お参りを済ませ必ず廻るのが「京の熊野古道」です。私的には
別世界に誘う入口と思っています。かなり大袈裟ですけどね。





e0254365_17541149.jpg

正面右側が「中之社」で、左側が「上之社」です。「京の熊野古道」は
「中之社」の右側の石段を上がって行きます。位置的には本殿の裏側に
なりますね。





e0254365_17551282.jpg

ここからは私の知らない世界の連続(それが最高に良い)で、ここには
「熊野九十九王子」と呼ばれる神様達が祀られています。
左「稲葉根王子」(いなばねおうじ) 右「茶枳尼天」(たきにてん)





e0254365_17563170.jpg

左「梵字曼荼羅」(ぼんじまんだら) 
右「熊野本宮八葉曼荼羅」(くまのほんぐうはちょうまんだら)





e0254365_17571545.jpg

「熊野曼荼羅」(くまのまんだら)





e0254365_17575133.jpg

左「滝尻王子」(たきじりおうじ)「帝釈天」(たいしゃくてん)
右「発心門王子」(はっしんもんおうじ)「梵天」(ぼんてん)





e0254365_17583138.jpg

「八咫烏」(やたがらす)





e0254365_17593339.jpg

ご存知の方もおられるかと思いますが日本サッカー協会が
シンボルマークにしたのは、神武天皇を樫原宮に導いたように
日本をワールドカップに導き、優勝させていただきたいという願いが
込められているとの事。





e0254365_18004934.jpg

「後白河法皇坐像」(ごしらかわほうおうざぞう)





e0254365_18013176.jpg

左「制多迦童子」(せいたかどうじ)
中「弥都波能売神」(みずはのめのかみ)「不動明王」(ふどうみょうおう)
右「矜羯羅童子」(こんがらどうじ)





e0254365_18045468.jpg


左「那智の滝」(なちのたき)熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)
中「大斎ケ原」(おゆみがはら)熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)
右「神倉山・ことびき岩」(かみくらやま)熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)





e0254365_18023652.jpg



新熊野神社が「能楽発祥の地」と呼ばれているのは『申楽談義(観世元能著)』に記されている
以下の一文が根拠になっているようです。
「観阿(観阿弥)、今熊野の能の時、申楽(猿楽)ということをは、将軍家(足利義満)、
御覧じはじめらるるなり。世子(世阿弥)、十二の年なり。」





e0254365_18080352.jpg

これらは「能楽発祥の地」の記念碑?なのでしょうか・・・?。





e0254365_18083748.jpg

帰り間際に目に留まった幟です。「京都十六社朱印めぐり」
http://www.kyoto-16sha.jp/

如何でしたでしょうか。BMWモトラッドとは縁も所縁もない話と思ってはいけません。
私も知らない、貴方も知らない世界に接点がある訳で、今年は知らない世界元年になりそうです。
今年は知らない機能満載の新型車両が、ドンドン発売されますよ~。
e0254365_18115436.jpg
こんなのとか





e0254365_18121339.jpg
こんなのがね。




[PR]
# by motorradkyoto | 2018-01-07 18:12 | 番外編 | Comments(0)

こんにちは。スタッフのMr.Mです。当店の歳末ビッグセールもアレヨアレヨのうちに終了致しました。沢山のお客様にご来店頂き車両のご成約は元より、ライダーエクイップメントやモーターサイクルエクイップメントの販売もなかなか好調に推移し、お陰様で良い新年を迎えられそうです。さ~てそんな訳で今回は来年のスタートをスムーズに飾れるよう、新車は予算的に厳しいけれど中古車なら手が届く皆様の為に、なかなか上質な認定中古車を2台ご紹介したいと思います。私も長い間販売に携わっていますが中古車は唯一無二で、新車以上にご興味をお持ちの方が多いのも事実です。前オーナー様の保管状況や整備履歴による愛着度でその車両の価値が大きく変わります。今回ご紹介する2台は勿論当店販売のワンオーナー車で、しっかりと愛情を注がれてきた車両です。

e0254365_16174691.jpg
先ず1台目は、2016年8月登録のF800Rプレミアムラインです。
車体色はレーシングブルーメタリックマット/ブラックサテンで、
なかなかお目にかかれない希少な車体色です。





e0254365_16185118.jpg

走行距離も4,320kmと、慣らしが終わってさあこれからと言った状態です。





e0254365_16193205.jpg

ハンドル廻りはご覧の通りで、メーター類も非常に見易くオプションの
ハイウインドシールドも装着済みです。この眺めはまさにBMWさんの
フォーマット通りの造型ですね。





e0254365_16203839.jpg

2006年~2007年辺りの初期のF800シリーズはエンジンの回り方に
少々ラフな面がありましたが、2010年以降のモデルでは劇的な
進化を遂げており、完成の域に達したエンジンと言えます。





e0254365_16220568.jpg

ETCも装着済みです。車両本体価格は648,000円で、2019年8月まで
検査が残っています。ビギナーの方からベテランの方まで、オールラウンドに
ご使用頂ける優等生です。




e0254365_16303494.jpg


2台目は2015年6月登録のS1000RRプレミアムラインです。この年の2月に
実質的なフルモデルチェンジが行なわれましたが、スタイルは先代モデルとの
キープコンセプトが図られています。車体色は人気のモータースポーツカラーです。





e0254365_16325099.jpg

走行は約18,500kmで、脂が乗った良好な車両です。





e0254365_16333057.jpg

ハンドルからメーター廻りは、スーパースポーツ系のバイクと直ぐに判ります。
ライディングポジション的には並居るSS系のバイクの中でも、比較的
緩やかな気がします。





e0254365_16342390.jpg

チェーンケース一体型のカーボン製インナーフェンダーや、
社外品の小物パーツも色々と装着されています。





e0254365_16350682.jpg

リヤシートカバーの下にはETCも装着されています。車両本体価格は
1,498,000円で、検査は2018年6月まで残っています。


e0254365_16385829.jpg


新春1月の1ケ月間限定で、認定中古車0.99%の特別低金利
ローン(60回迄)もご利用頂けます。
さあ、チャンス到来です。冒頭で記した通り中古車は唯一無二です。
モタモタしていると手遅れになりますよ~。





e0254365_16402873.jpg

年末のトピックスとして、いよいよ噂の車両が入荷して参りました。
メーターにご注目。





e0254365_16410893.jpg

TFT液晶メーターです。
先陣を切ってR1200GSからデリバリーが開始されます。
M村店長はすでに使い方の70%は会得したようです。
店頭にて展示中です。

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。本年も大変お世話になり
有難うございました。モトラッド京都スタッフ一同、重ねて感謝申し上げます。
新春は1月3日のAM.11時から営業です。





[PR]
# by motorradkyoto | 2017-12-28 16:43 | 特選中古車情報! | Comments(0)

皆さん、こんにちは。
モトラッド京都のM村です。

2017年もいよいよあとチョッとで終わろうとしています。
友人が東京から帰ってくる予定だったのですが、
新幹線のチケットが取れず年内の帰省は、断念したそうです。
例年はそんなことが無いと言ってましたが、
やはり昨今のインバウンド効果というか海外からの
観光客がかなりのウエイトを占めているんでしょうね・・・。

さて、今年はBMWのスタンプラリーをはじめ弊社の過酷過ぎるラリーや
ユーザーツーリングと色々お付き合いいただき誠にありがとうございました。
そこでこの1年を振り返りまして弊社スタッフN脇が自身の編集スキルにものを言わし
ささやかながら今年1年をのエピローグとして動画を作成いたしましたので
是非鑑賞して下さい。


2018年も楽しい企画をバリバリやっていく予定なので皆さんのご参加心よりお待ちしております。
モトラッド京都 スタッフ一同

[PR]
# by motorradkyoto | 2017-12-26 09:49 | お知らせ | Comments(0)

e0254365_16385332.jpg

こんにちは。スタッフのMr.Mです。12月もすでに10日が過ぎ毎年の如く慌しくなって参りました。年内の営業も約2週間程ですが、目標必達でやり繰りしております。モトラッド京都では12月27日まで歳末ビッグセールを開催中です。車両は先日ご紹介させて頂きましたが、ライダーエクイップメントやモーターサイクルエクイップメントもお買い得商品が満載です。





e0254365_16402579.jpg

20%オフ商品をメインに、





e0254365_16405998.jpg

中には50%オフの超お買い得品もございます。





e0254365_16412823.jpg

こちらのAVマフラーも乞うご期待下さい。





e0254365_16423169.jpg

さてさて例年のこの時期同様に、2018年版のカレンダーのご紹介です。こちらが卓上カレンダーです。なかなか斬新なデザインで、BMWと直ぐに判ります。





e0254365_16435170.jpg

1月から12月までの、12枚差し込みの入替え式になっています。





e0254365_16442416.jpg

現行モデルや、来年発売予定の新型モデルも楽しめますし、





e0254365_16445447.jpg

裏返しにすると、かなり実用的です。車両のご購入やご商談を頂いたお客様は勿論、セール品をご購入頂いたお客様にも差し上げております。数に限りがございます。お早目にご来店の上、バイクを3台程買って下さい。





e0254365_16455930.jpg

こちらはBMW AGの販売用大型カレンダーです。毎年BMWさんから少数ですが仕入れております。サイズは縦520mm横800mmで、カレンダーの役割を殆ど果たしていないのが特徴です。毎年決まってご購入頂く方がおられるのと、クリスマスプレゼントにも最適ですよ。昨今、これだけ立派なカレンダーはなかなかございません。





e0254365_16481553.jpg

デジタルな世の中になって久しい今日此の頃ですが、思いっきり
アナログなカレンダーを作り続けるBMWさんに最敬礼です。
勿論12枚綴りの豪華版です。
お値段のほうですが、税込み¥3,564で、カレンダーを収納する
フラットBOXが税込み¥259です。合計¥3,823となります。
こちらも数に限りがございます。


[PR]
# by motorradkyoto | 2017-12-12 17:03 | 番外編 | Comments(0)

皆さんこんにちは。いよいよ12月に入り今年も残すところ数日となりました。今年一年はどんなバイクライフでしたでしょうか?しっかり楽しまれましたか?もう秋も終わり、ふと振り返れば今年の秋はスポーツも読書も芸術も何にもやっていない!やっている事と言えば年間通じて食欲だけ・・・。これでは私の溢れる品格が欠けてしまう!!と言うわけで、今回は無理やり芸術に触れるツーリングといたしました。テーマは、芸術→作品→陶芸→焼き物→焼肉→鳥焼肉・・・・・やはり食欲。もはや、こじ付けでしかない旅の始まりです。





e0254365_19435548.jpg

さて、出発地点はモトラッド京都。ここで第一集合です。
2日前の天気予報の降水確率は60%だったのが、
前日になると10%となっていました。
今年のユーザーツーリングは全部晴れ!!
ちょっと神がかり的な気がします。来年の反動が怖い・・・。





e0254365_19471621.jpg

大津のコンビニでさらに合流です。
まさか、このメンバーから世界的な芸術家が生まれるとは、
この時気付いていない訳で・・・・と言うことになるかも知れません。





e0254365_19482569.jpg

大津のコンビニから一般道を使い、約一時間弱ほどで
信楽にあるMIHO MUSEUMに到着。
チケットを買って館内に行くには、桜並木・トンネル・吊橋と続く道を
進んでいきます。もうすでにそこから芸術が始まっています。
トンネルは声が響かないように吸音されていて、不思議な空間を
演出してます。





e0254365_19520617.jpg


館内の美術作品は撮影できないので外観を撮影。
ここが美術館の建物、世界的に知られる I.M.ペイ氏のデザイン。
2017年ここでルイ・ヴィトンがファッションショーを開催したらしいです。
2018年にもするみたいですね。





e0254365_19541350.jpg

そんな訳でファッションにうるさい我々も、ヴィトンに負けじと
このポージング。『今年の冬はこれでキメろ!!』
この調子ならパリコレに行ける!?





e0254365_19550878.jpg

チケット売り場の建物から美術館までは徒歩で10分程ですが、
電気自動車も走っています。
何人かは僕を置いてけぼりに楽していました。
皆  『バイバ~イ!!N脇君。アハハハハ』
僕  『・・・・・』





e0254365_19561930.jpg

世界中の美術品を一気に堪能し、芸術的センスを開花させる
事に成功したはず。
溢れる芸術パワーが体中にみなぎる皆さんを撮影!!
『芸術は爆発だ!!』





e0254365_19572386.jpg

そしていよいよ陶芸教室にやってきました。
エプロンを着けていざ!!





e0254365_19580167.jpg

真剣な眼差し。どんな作品を作るのか?
皆さん個性が出ていて色々な作品になりました。
それにしても、皆さん慎重で丁寧な方ばかりですね。
下見の時に当店スタッフMr.M氏は、ロクロの回転速度をMAXに
したり、あっという間に丼の形にしたと思ったら、崩れてしまって平皿状態へ。
無かったことにしようと、禁断の盛りなおし(即効先生に切り捨てられてました)
本当に荒々しい『芸術は爆発だ』を地で行ってました。見習ってはいけません。





e0254365_19594906.jpg

陶芸ロクロ体験が終わって、次なる目的地は三重県鈴鹿。
ご当地グルメ『鳥焼肉』を食しに向かいます。
鳥焼肉は焼き鳥とは違い、牛や豚の焼肉ように網で焼いて食べます。
基本味噌ダレで食べるのですが、あっさり系の醤油ダレやシンプルに
塩で食べたり。とにかくご飯が進みます。





e0254365_20010511.jpg

『鳥はじっくり焼かなアカンのや。』
『あっ、それもう黒焦げですよ。』
『それはビターテイスト。大人の味や。』
そんな会話が有ったような無かったような。(笑)





e0254365_20021659.jpg

そこからは、一般道を使って伊賀市の道の駅あやまに向かいます。
道中久しぶりに国道一号線鈴鹿峠を走ってみました。
新名神が出来てから久しく走っていなかったですが、渋滞も無く
快走道です。これからは雪が怖いですが・・・。
そして、大原ダム横のビューポイントで休憩。N田さんの秘密兵器
ドローンが炸裂します。動画に反映していますよ。
ここで僕も含めて集合写真。イエイ!!

その後、大原ダムより30分ほどで道の駅あやまに到着。ここで解散!!今回もなかなか濃厚な内容の旅になりました。焼き物の完成は2ヵ月後です。そっとMIHO MUSEUMに並べようと思います。(笑)そして今年のモトラッド京都ユーザーツーリングはこれにて終了。来年も我々はBMW Motorrad を通じて、オートバイライフを楽しむお手伝いをさせて頂こうと思います。さて来年はどんなツーリング&珍道中になるのか。楽しみにしていてください。最後にこの動画を楽しんで下さい。







[PR]
# by motorradkyoto | 2017-12-05 20:15 | ユーザーツーリング | Comments(0)