e0254365_18174991.jpg

こんにちは、スタッフのMr.Mです。先月のユーザーツーリングに引き続き今月も私が幹事役を引き受け、店舗主催のツーリングに於いては初めてとなる、奈良県の大台ケ原へ足を運んで参りました。以前から山間部のルートを舐めてかかるとどえらいシッペ返しを喰らう事も多く、事前の道路情報の収集が不可欠となります。昨年の同時期に行った四国の瓶ケ森林道(UFOライン)の二の舞を踏むことなく、今回は用意周到で臨めました。





e0254365_18194721.jpg

集合場所は第二京阪道の京田辺PAです。早朝の5時30分出発予定ですが、毎回の如く、5時前に現地に到着する頃には殆どの方が今や遅しと待ち構えておられました。





e0254365_18210006.jpg
大阪や奈良方面からご参加頂く方もおられ、第二集合場所を
R166とR370の交差する道の駅「宇陀路大宇陀」に致しました。





e0254365_18220370.jpg
こちらで全員集合です。画像が出回ると具合の悪いNさんに
撮影して頂きました。私を含め、本日ご参加のフルメンバーです。





e0254365_18225362.jpg
そのままR370を南に下り、R169を経由して道の駅「杉の湯川上」で
2回目の休憩です。ツーリングの心得として、行程時間の30分程
早目に行動を開始する事で混雑を避ける事が出来ます。





e0254365_18235327.jpg
県道40号(昔の大台ケ原ドライブウェイ)に入り、頂上を目指します。
R169から頂上まで約17kmあり、1981年4月より無料化となりました。
17台になると結構な隊列になります。





e0254365_18245269.jpg
頂上の駐車場に到着です。大台ケ原は近畿圏でも年間を通して
最も雨量の多い地域との事ですが、今日は前回に引き続き絶好の
好天に恵まれました。この駐車場内に「大台ケ原ビジターセンター」があり、
ここを起点に複数の観光登山ルートが整備されています。





e0254365_18264331.jpg
こちらでコーヒーブレイクです。





e0254365_18271693.jpg
大台ケ原を下って、さらにR169を南下し下北山スポーツ公園内にある
「きなりの湯」で入浴と食事を済ませました。





e0254365_18280548.jpg
時間にも少々余裕があったので昼寝も出来ました。





e0254365_18283808.jpg
「きなりの湯」の駐車場で集合写真です。GW明けの土・日は
どちらの施設も結構空いていますね。天気も一番安定する頃合で、
毎年この時期のツーリングは快適です。





e0254365_18295873.jpg
帰路のルート変更も検討しましたが引率する台数の事や、
参加されている皆さんの車種構成も考え、予定通り大回りの
高速道路ルートで帰る事に致しました。こちら伊勢自動車道の
安濃SAです。





e0254365_18325674.jpg
第二名神の土山SAで最後の休憩です。今日も交通違反を含め、
事故・トラブル等も皆無で終える事が出来ました。ご参加頂いた皆さん、
どうもお疲れ様でした。次回はN脇君が担当にて6月18日に行なう
予定です。行き先内容等は近々に発表致します。





e0254365_18350539.jpg
今日の相棒は、先月準備したR1200GSエクスクルーシブです。
頻繁に使用するRTは勿論の事、GSはやっぱりイイですね。今日のような
ワインディングを主体としたルートや、少々道の荒れたコースの
ツーリングには無類の実力を発揮してくれます。
車体も非常に軽く感じ、大型バイクにお乗りの方にとっては
全く苦になる範疇ではないと思います。R1200GSは他の
どのバイクメーカーの技術者からも一目置かれているオートバイで、
乗って更なる歓びが得られる事は間違いありません。
本日の走行は456kmでした。




[PR]
# by motorradkyoto | 2017-05-21 18:38 | ユーザーツーリング | Comments(0)

こんにちは、スタッフのMr.Mです。GW期間中の5日の金曜日に無理やり休みを取って、色々と用事を済ませて参りました。我々サービス業の宿命でなかなかまとまった休みは取れませんし、それが当たり前の感覚で業務をこなして来ている訳ですが、今年は何としても毎年GW期間中に開催されるサイドカーフェスティバルの様子と現状を実際に見に行く事を最大の目的として出発致しました。その他あれこれと用事を作り、子供になった気分で有意義な一日を過ごして参りました。

e0254365_11350821.jpg

限られた時間の中で全ての予定を済ませるには、早朝から行動を
開始しなければなりません。午前4時前に名神高速の京都南ICに
入り諏訪を目指します。
今日の予定事は次の5点です。
①サイドカーフェスティバルの会場に立ち寄る。
②㈱広丘自動車研究所(モトラッド長野)さんに立ち寄る。
③岬と湖のラリーポイントの中網湖に立ち寄る。
④白馬47に立ち寄る。
⑤ローゼンハイム白馬さんに立ち寄る。





e0254365_11524477.jpg

休憩を2回取り、午前7時40分に中央道の諏訪ICを下車しました。
天気は申し分ありません。





e0254365_11534024.jpg

R152を北上し、白樺湖の景観の良い場所でワンショットです。





e0254365_11541506.jpg

少々渋滞にも遭遇し、午前8時30分に目的地に到着です。
今年のS/Cフェスティバルは、白樺湖の少し東方に位置する
「八子ケ峰ホテル」がメイン会場となっています。





e0254365_11555978.jpg

ザックリ200台ばかりのサイドカーが勢揃いしていました。
私もJSC(日本サイドカー連盟)の京滋支部の会員でもある訳ですが、
ほぼ幽霊会員化しており約15年振りの参加となりました。
しかし参加者の年齢層はオートバイ以上に高齢化が進み、
平均年齢65歳オーバーと言った感がします。これは非常に深刻です。





e0254365_11593077.jpg


本車(オートバイ)側・S/C側と様々なメーカーの車両が出揃っており、
同じ車両を見つける事が難しい位です。強いて言うならクラウザー・
ドマーニは直ぐに判別がつき、参加台数的にも一番多かったかも知れません。
こちらのベースはK1200RSです。





e0254365_12003457.jpg

目に留まったK1200S。





e0254365_12030654.jpg

旧タイプも含め、OHV系はまだまだ現役で活躍しています。
話が長くなるので簡潔にお話すると、様々な規制の大きな壁が
立ちはだかり、最新鋭の車両にサイドカーを装着する事が困難な
ご時世に陥っております。
HDの純正サイドカーも日本向けには2010年モデルを最後に姿を消してしまいましたし、
BMWのディーラー系列では、㈲バイクハウス阿部(モトラッド愛媛)さんが
自社オリジナルカーを精力的に販売されている以外はどちらも撤退を
余儀なくされています。当社のEML、㈱ダッツ(DATZ浜松)さんの
アーメック、㈱福田モーター商会(モトラッド東京ーBay)さんのGG等、
20年程前の外国製サイドカーの過ぎ去りし黄金時代が懐かしいです。





e0254365_12081370.jpg

と言った訳で、サイドカーの未来はどうなるのか???、と自分に
問いかけ会場を後にしました。





e0254365_12091412.jpg

ビーナスラインを経由して諏訪に戻り、長野道の塩尻北ICからR19を南下し、
㈱広丘自動車研究所(モトラッド長野)さんにやって来ました。午前10時30分
到着です。





e0254365_12114486.jpg

広大な敷地に広大な店舗です。数年前に店舗に面しているR19号の
拡張工事が行なわれ、HD店・DUCATI店・国産車店も全てリフレッシュ
されたようです。店長のIさん、旧知の仲のサービスのN君、御大のHさんも
お元気で何よりでした。GW期間中は休みなしで営業との事で、当店と同じ
スタンスでしたね。京都から来たと言って頂ければ手厚い接客が受けられると
思いますよ。たぶん・・・。





e0254365_12142584.jpg

R147は渋滞との情報だったので県道51号を通って北上致しました。
立山連峰はまだまだ残雪が残っています。





e0254365_12152387.jpg

今年の当店主催のラリー「岬と湖のラリー」の指定ポイントである
中網湖にも立ち寄りました。これで私も2ケ所を達成です。
南に位置する木崎湖や北側の青木湖の陰に隠れ全く目立ちませんが、
今回のラリーで全国区に踊り出る?に違いありません。





e0254365_12172477.jpg

この辺りで撮影致しました。





e0254365_12184752.jpg

白馬47にもやって来ました。ここで最新情報ですが今年1月のBMWさんの
全国会議に於いて、白馬モトラッドDAYSの2017年は中止との発表があり、
毎年楽しみにされていた方をガッカリさせる事になりましたが、つい先日
中止が撤回され開催される事になりました。
少し開催日がスライドされ、9月9日(土)・10日(日)の二日間です。
正式なアナウンスはまだですが、皆さん、予定に入れておいて下さいね。





e0254365_12212575.jpg

会場の駐車場は春スキーヤーの車で満車で、唐松岳・八方方面に向けて
撮影致しました。鯉のぼりが粋ですね。





e0254365_12245204.jpg

白馬に来たら「ローゼンハイム白馬」さんを素通りする訳には行きません。
9月の宿泊の予約を済ませ大ママのOさんからお土産も頂戴し、しばし談笑後に
出発致しました。





e0254365_12254739.jpg

R148をそのまま北上し糸魚川ICから北陸道に入りました。昨年末の
大規模火災が生々しく記憶に焼き付いていますが、着々と復興も進み
今日に至っているようです。





e0254365_12280294.jpg

北陸道から名神に入ると断続的に渋滞していました。
最後の休憩場所である草津PAに到着したのが午後8時40分で、すでに
トリップメーターは1,000kmをオーバーしていました。サイドカーでの一日
1,000km超えは随分久し振りで、今日一日の行程を考えるとなかなかのペースで
やり過ごせたと思います。お陰で両腕はパンパンで、明日からの業務が大変です。
本日の走行、1,069kmでした。




[PR]
# by motorradkyoto | 2017-05-08 12:32 | 番外編 | Comments(0)


e0254365_11375684.jpg
こんにちは、スタッフのMr.Mです。
ゴールデンウィーク期間中は休まず営業致します。もうかれこれ15年程前からこのようなパターン
で、それまではGW期間中も世間に歩調を合わせて休んでいました。
ところが2002年のこの時期に、BMWのユーザー様がお二人、HDのユーザー様がお一人、大きな事故とトラブルが相次ぎ大変なご迷惑をおかけした経験から、サービス業の原点に立ち返りGW期間中のフル稼働がスタートした次第です。とは言え、家族サービスが責務となっているスタッフもいる訳で、内々で調整しながらGWはやり繰りさせて頂きます。



e0254365_11492248.jpg
さて今日は年に二回のみ行う水曜OHVツーリングのレポートです。
全て私の勝手きままな都合に合わせて頂き、ご参加頂く皆様には
毎回感謝致しております。
今回のコースは岐阜県の徳山ダムから、薄墨桜で有名な根尾を
目指してのツーリングです。集合場所は北陸自動車道の神田PAです。





e0254365_11513921.jpg

参加者の皆さんですが、Sさんは腰痛が酷く木之本ICを下りてから
そのままフェードアウトされます。





e0254365_12282315.jpg

本年当店企画の「岬と湖のラリー」指定ポイントの余呉湖にも
立ち寄りました。エントリーされている方の多くはすでに肩慣らしに
クリアーされ、画像を送信して下さっています。





e0254365_12313946.jpg
こちらでで撮影してみました。





e0254365_12322536.jpg
岐阜県に入り、道の駅「夜叉ケ池の里さかうち」で小休止です。
この辺りから天候が怪しくなって来ました。





e0254365_12332522.jpg
R303からR417を走り、徳山ダムにやって来ました。が・・・、
この辺りは雨風が激しく雨雲レーダーで検索すると、どんどん
雨雲が途切れる事なくやって参ります。レインウエアーを余儀なく
されました。





e0254365_12345586.jpg
私も初めて、皆さんも初めての「徳山会館」でコーヒブレイクです。
この辺りは寒いです。





e0254365_12354292.jpg
根尾に抜けるショートカットルートの県道270号線は通行止めで、
谷汲廻りで根尾を目指します。こちらは道の駅「夢さんさん谷汲」です。





e0254365_12364406.jpg
R157に出てそのまま北上し、うすずみ温泉「四季彩館」にやって
来ました。こちらで昼食を済ませました。




e0254365_12421774.jpg
恒例のバイクとの集合写真です。参加者の皆様が楽しみに
されています。





e0254365_12435184.jpg
帰路はR157を南下し、R21を経由して東海環状自動車道の大垣西ICから
高速に入りました。天気は回復しましたが横風が強烈で、バイクに強風は
天敵ですね。こちら名神高速の養老SAです。





e0254365_12445739.jpg
ここで解散です。どうも皆さん・・・・、





e0254365_12452736.jpg
お疲れ様でした。また今秋にご一緒致しましょう。

今回のツーリングの3日前に新型のR1200RTで鷲羽山へお客様とツーリングに行ってきたばかりでしたが、最新鋭のバイクに身体が慣れ親しんでしまうと古いバイクのフィーリングにはガッカリする事が多々あります。特にブレーキ性能の差が顕著で、安全マージンに余力が必要です。当たり前の事ですが、こんな風に思うと言う事は、私もいよいよ古い物との決別の日が近づいていると言う事なんでしょうかね。でもまだまだ頑張りたいよね。



[PR]
# by motorradkyoto | 2017-05-01 12:49 | ユーザーツーリング | Comments(0)

R nineT Racer 初診

こんにちは、スタッフのMr.Mです。少々ご紹介が遅くなりましたが、R nineT Racer が入荷致しました。BMWモトラッドの進化の逆を歩むR-nineTシリーズの4番バッターとして、昨年末よりその注目度と話題性(一部の好き者の方だけかもしれないが???)はかなりのレベルに達していました。今年1月のBMWさんの会議の折に実車にお目にかかって以来となりますが、今回は初診断と言う意味で画像を交えて少しご紹介したいと思います。

e0254365_17133079.jpg


今年の2月20日に掲載させて頂いた「ロケットカウルの今と昔」をお読み頂いた方もおられるかと思いますが、私も少なからずロケットカウルの崇拝者でもある訳ですがロケットカウルを見て何を想像されるか?。その造形から真っ先に男性自身を頭に描かれた方は偉いと思います。そうです、正に男の力や強さに憧れる事は、バイク乗りの男子にとって無くては成らない感性であると私は思っているからです。おいおい、また訳の判らない話が始まったと思ってはいけませんよ。この事は医学的にも正常な男子の理性と感性である事が立証されています。女性ライダーの方でロケットカウルに憧れる方は、ウ~ン、大きな声では言えないので皆さんのご想像にお任せ致します。





e0254365_17191776.jpg

さて、ここからが今日の本題になる訳ですが、
アドベンチャーの入荷時と同様に同じ車両が3台並ぶと壮観
ですね。この角度から見るとロケットカウルの突き出しがより顕著に
感じます。車体色は、ライトホワイトにMカラーデカール入りの
ワングレードのみとなっています。





e0254365_17241435.jpg


リアビューは凛とした佇まいで、R-nineT Racer である事が
直ぐに判ります。これが大事です。





e0254365_17252078.jpg

メーターとハンドル廻りはご覧の通りです。速度計と回転計を
備えるのはR-nineTシーズの中ではこのRacerとRnineTの2機種と
なります。ハンドルがもう少し絞られるとポジションはかなり良く
なる筈ですが、切れ角等の弊害も生まれここが妥協点に
違いないように思います。





e0254365_17281390.jpg


カウルのブラケットも強靭な造りで、ドイツ物の真骨頂ですね。





e0254365_17293783.jpg


R-nineTシリーズに於いては、性能のウンチクを語ってはいけません。
このスペックで必要にして十分過ぎる位です。
空冷のツインカムユニットは、厳しさを増す二輪のEU排ガス規制
(今年からユーロ4規制となっている)をクリアーしており、先を
見据えたエンジンの開発力はさすがはBMWと言えますね。
更にトラブルも殆どなく、味わい深く、BMWモトラッドの歴史に残る
素晴らしいエンジンです。このエンジンを搭載したRTやGSを、
私もとことん乗り尽くして来たので間違いはありません。





e0254365_17344553.jpg

すでに実車に跨られた方は「おや?」と感じられたと思いますが、
車体がサイドスタンド側にかなり寝ています。昔の縦置き4気筒の
K100シリーズ並みで、最近のBMWにしては珍しい設計ですね。





e0254365_17355348.jpg

R-nineTと比較すると実測で約30mm短いサイドスタンドですが・・・・、





e0254365_17362623.jpg

どうやらRacerにしか装備されていないバックステップのブラケットに
原因があるようです。他のR-nineTより約80mm後退しています。
このサイドスタンドの傾き角度は改善の必要がありそうです。





e0254365_17374692.jpg

フロントフォークは一般的な正立フォークですがR-nineTシリーズの
各モデルは、ステアリングヘッドアングルとキャスターに微妙な違いが
あります。

e0254365_17394031.jpg

この3台はお客様の元に嫁いで行きますので、試乗車がご準備
出来ません。よって私も試乗が出来ません。
走った時のポジションが問題ですが、ご購入頂く方の多くは
そんな事は全く関係のない話であるに違いありません。
冒頭でも取り上げた通りこのバイクに乗るんだと言う感性の
問題であり、とにかく皆さん一流のライダーの如くカッコ良く
乗りましょうね。身も心もシャキッとして・・・・。





e0254365_17513106.jpg

ちょっとばかりこのようなパーツも仕入れてみました。
上からリヤアクスルカバー ¥25,272
下段左から スイングアームベアリングカバー ¥17,496
アングルギアベアリングカバー ¥9,590
オイルフィラーネックカバー ¥9,590






e0254365_17525434.jpg

シリンダーヘッドカバーは左右2個セットで¥256,608です。





e0254365_17532283.jpg


エンジン前部のベルトカバーは¥118,152となります。





e0254365_17535948.jpg


R-nineTシリーズ用にプロデュースされたMachined パーツ群です。







[PR]
# by motorradkyoto | 2017-04-25 17:57 | 新車情報 | Comments(0)

こんにちは、スタッフのMr.Mです。
関西圏で満開が遅れていた桜も散り初めを迎え、今度は新緑のシーズンを迎えます。
しかしながら4月は昔から「菜種梅雨」と言う言葉が定着している通り結構雨が多く、
すっきりしない日が続くのが特徴です。天気の週間予報もあまり当てにはならず、
予想外の天候に悩まされたご経験のある方も多いかと思います。
さて16日の日曜日にお客さん共々岡山県の鷲羽山に行って参りましたが、
一週間前の予報が晴時々曇り、3日前の予報が曇り時々雨、前日の予報が晴・・・。と
言ったような予報で、皆様方へのご案内は雨天中止としていただけに、
どうするかの判断にホトホト悩まされました。
(でも本当は雨でも決行するつもりでしたけどね。)

e0254365_15450793.jpg


山陽自動車道の三木SAに午前7時に集合です。
早朝の天気予報は降水確率0%となっており、
気温も25℃位の夏日になる予報です。
参加者皆さんの気合も自ずと変わって来ますね。
雨を予想して他の予定に切り替えられた方には予想外の好天で、
私を含めて10名でのツーリングとなりました。





e0254365_15472623.jpg


R250の道の駅「みつ」で小休止です。こちらは景観も良く、
あと30分も時間がずれると車やバイクがどんどん入って来ます。
ここから相生までのワインディングもなかなか楽しいですよ。





e0254365_15510895.jpg


今日一番のワンショット。二階のテラスで参加者の皆さんを撮影
させて頂きました。大物俳優達が映画のロケを終えて、和やかな
雰囲気をかもし出しているイメージで写してみました。
(気持ちだけね。)





e0254365_15545440.jpg


R250からブルーラインに入り、道の駅「一本松展望園」で
コーヒーブレイクです。こちらの高台にある「カフェ・オン・ブルー」
さんで毎回コーヒーを飲むのですが、残念ながら昨年の12月で
店を閉められたようです。





e0254365_16010382.jpg


と言う訳で駐車場横のレストランでコーヒーを頂きました。





e0254365_16014440.jpg

R2に出て、早島ICから瀬戸中央道に入りました。





e0254365_16025966.jpg


鷲羽山へは過去に何度も訪れていますが、殆どがスカイラインの
終点から児島ICを経由して帰る事が殆どでした。
今回は少しばかりルートを変更して下津井まで下りてみました。
こちらの石碑は瀬戸大橋の下津井側の付け根?です。





e0254365_16052486.jpg


下津井瀬戸大橋を間近に臨める以外なスポットです。
道路の下はJR瀬戸大橋線が走っています。





e0254365_16070835.jpg


今日の昼食はこちらの料理旅館「下津井亭」さんでお世話になりました。
お店の前で、私も写真に収めてもらいました。





e0254365_16083980.jpg


こんな感じです。お味の方は、私が思った事と同じ事を皆さんも
感じておられるに違いありません。





e0254365_16095542.jpg


久し振りに鷲羽山の展望台にも登ってみました。
小柳ルミ子嬢の「瀬戸の花嫁」なんかを口ずさみたくなりますね。





e0254365_16103147.jpg


鷲羽山展望地点の案内図です。





e0254365_16110605.jpg


橋をバックにワンショットです。





e0254365_16114357.jpg


帰路は児島ICから高速で帰ります。山陽道の吉備SAで1回休憩。





e0254365_16140964.jpg


三木SAで解散と致しました。でも今日は終日快晴で文句なしの
好天でした。気温も相当に高くなり、汗ばむ陽気となりホント
良かったですよ。
次回はユーザーツーリングでは初めてとなる、奈良県と三重県の
県境に位置する大台ケ原へ行く予定です。5月14日ですよ。





e0254365_16154277.jpg


さて今日の相棒は、私専用車として4台目のR1200RTです。
エボニー/クォーツブルー/サンマリノブルーに続き、
プラチナブロンズです。何時乗っても平均点以上の高い走行性能を
発揮してくれます。ワインディングから高速道路まで文句なしで、
私との相性はピッタリです。今年は新色のカーボンブラックと
アルピンホワイトも加わり、更なる熟成が図られています。
本日の走行は498kmでした。













[PR]
# by motorradkyoto | 2017-04-21 16:24 | Event&Campaign | Comments(0)