伏見稲荷大社

e0254365_1424193.jpg

こんにちは。スタッフのMr.Mです。
新年明けましておめでとうございます。本年もモトラッド京都スタッフ一同
張り切って業務をこなして参りますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
今年のスタッフブログは例年にも増して、更に進化した高尚?なネタを
連発して行きたいと思っております。
と言った訳で、今年最初の私の記事は昨年同様に初詣のレポートからスタートです。
今回は外国人が選ぶ日本の観光地第1位に、3年連続で選ばれている伏見稲荷大社
(日本に3万社あると言われている「お稲荷さん」の総本山)をご紹介致します。





e0254365_14265986.jpg

私は元旦から10日位までの間に3~4ケ所お参りに行くのを通例としていますが、
2日の大混雑のピーク時に「伏見稲荷大社」に足を運んで参りました。
こちらが京阪電鉄の伏見稲荷駅です。





e0254365_14274141.jpg

少し南東側にJRの稲荷駅があります。





e0254365_14282957.jpg

京阪の伏見稲荷駅からの参道の傍らには小さな公園がありますが、
私が幼少の頃はここまで京都の市電(路面電車)が乗り入れており、
京阪電鉄との平面交差が物凄かった記憶があります。





e0254365_14291544.jpg

本殿までの裏ルート(最後に紹介します)が幾つかありますが、
今日は正規ルートで行く事に致しました。導線とガードマンの指示に
従い、右に曲がって本参道に向いますが・・・・、





e0254365_14301722.jpg

通常であれば5分程で行けるのにご覧の有様です。
後方に見えるのがJRの稲荷駅で、本参道と直結しています。





e0254365_14305844.jpg

一番鳥居まで、何と1時間も要してしまいました。あっさりと裏ルートで
行くべきでしたよ。





e0254365_14313611.jpg

桜門も参拝者で溢れています。





e0254365_14315887.jpg

本殿の行列を見るとお参りをする気が遠のきますが、辛抱強く
並んで今年1年の祈願を済ませました。
伏見稲荷大社は正月の三が日で集まるお賽銭が10億円以上で、
毎年トップにランキングされる東京の明治神宮に続き、常に全国でも
5本の指に入っている筋金入りの大社です。





e0254365_14325612.jpg

さて、今から山頂の一ノ峰を目指します。





e0254365_14331612.jpg

朱色に塗られた無数の圧巻な鳥居を抜けます。





e0254365_14334273.jpg

外から見るとこの様になっています。奥社奉拝所までの鳥居は
ビッシリと詰まっています。





e0254365_14344755.jpg

伏見稲荷大社の見取り図です。山頂までに同じ絵柄で、現在地を
示した物が数ケ所に掲げられていました。





e0254365_14351514.jpg

奥社奉拝所の傍らに「おもかる石」があります。この石を手で持ち上げて
石が思っていたよりも軽ければ願いが叶い、重いと思ったらまだまだ願いが叶わないと
言われています。





e0254365_1436383.jpg

山頂までの中間地点となる四ツ辻まで登って来ました。ここからの京都市内や京都南部の
眺めはなかなかのものです。ここまでは参拝者の方も頑張って登って来られる事が
多いのですが、ここから山頂まで登られる方は激減します。





e0254365_14364776.jpg

上に登るにつれて鳥居の間隔にも余裕が出てきます。





e0254365_15144392.jpg

一説によると稲荷山全体の鳥居は10,000基程あるようですが、老朽化に伴い
この様に撤去されたり、新しく建てられたり修理しなければならない鳥居も多いようです。
鳥居の奉納は一般の方でも可能です。金額は高いですが、思いの他高額ではありません。
我こそはと思われる方は、伏見稲荷大社のHPをご参考にして下さい。
伏見稲荷大社社務所





e0254365_14373060.jpg

四ツ辻からはペースを上げて一気に山頂まで登りました。程好い汗をかき、結構良い
運動になります。





e0254365_14414333.jpg

一ノ峰(上之社神蹟)の参拝にも少なからず行列が出来ていました。






e0254365_14421995.jpg

山頂の一ノ峰まで来た証です。通常のルートは千本鳥居も右側から進み、
四ツ辻からも右側のルートで登って行くのですが、最近は何でもアリで
暗黙の秩序も乱れて来ました。私が思う非常識が世間の常識になっています。





e0254365_14425940.jpg

下りは四ツ辻で左右のルートが合流しますが、さらに少し下った「京屋」さんで
毎回「きつねうどん」を食べます。





e0254365_14433682.jpg

道中にはこのような休憩所が沢山ありますが、こちらのきつね揚げが自家製で、
今まで数件立ち寄って食べた「きつねうどん」の中では一番美味しいと思います。





e0254365_1444873.jpg

下山して来て桜門から本参道を見てみると、まだまだ参拝者の列は途切れる事が
ありませんでした。





e0254365_14445361.jpg

さて冒頭に記した裏ルートのご紹介です。
本参道までの導線は、混雑時には必ずガードマンが表参道へ誘導します。





e0254365_14452579.jpg

これに逆らい反対側に100m程歩くと、「京都信用金庫」さん・「京都中央信用金庫」さんの
看板が見えて来ます。その先にある「セブンイレブン」さんの路地を右に入って下さい。





e0254365_1448271.jpg

閑静な住宅街をスルーして、100m程歩いた路地を右に曲がります。
すると桜門に繋がる参道に出て、難なく本殿にも行けます。
まだまだ凄いルートはありますが、正月の三が日対策の最もシンプル且つ有効な
ルートです。但し車で行かれるのはご法度ですよ。





e0254365_14484724.jpg

こちらが周辺図です。
初詣に来たぞ~~気分を存分に味わいたい方は、今回の私のように正規ルートで
お参りして下さい。

どうです、参考になりましたか???。今からお参りに行かれる方は正規ルートで
大丈夫ですけどね。







    
[PR]
# by motorradkyoto | 2017-01-07 14:49 | 番外編 | Trackback | Comments(0)

新年明けましておめでとうございます。
本年も昨年同様宜しくお願いいたします。

さて、モトラット京都は、実のところ3日からの営業を始めてました。
勿論知っている方は知っていて知らない方は知らないという感じでしょうか。
今年は、BMW Motorradは大忙しです!
ニューモデルは勿論ですがフェイスリフトそしてバージョンアップと
目の離せない1年になるかと思います。

e0254365_10132788.jpg


目下の気になるモデルについては、2010年のデビュー以来人気街道驀進中の
S1000RRです。来月2月には、下記の3カラー+現行色のNOCが登場します。
ND6 レーシングレッド/ ライトホワイト
ND7 ライトホワイト/ ルパンブルーメタリック/レーシングレッド
N1P グラニットグレーメタリック/ ブラックストームメタリック
NOC ブラックストームメタリック/レーシングレッド

e0254365_10180839.jpg

前回同様プレミアムラインとDDC無し(注文生産)
シート高は、両車両とも815㎜となっています。メインで展開するプレミアムラインは
DTC/ライディングモードプロ/ギアアシストプロ/DDC/グリップヒーター
/LEDターンインジケーターそしてABSプロが標準装備されています。
エンジン出力に関してはEU4基準対応 従来とと同じパワーとなる。
車両本体価格は税込2,195,000円~
本当に楽しみでワクワクする1年になりそうですね!
今年もモトラッド京都はスタッフ一同がんばってお客様の
良きアドバイザリーとしてお力になりたいと思います。










[PR]
# by motorradkyoto | 2017-01-06 10:47 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

2016年も気が付けば、あっと言う間に終わってしまいました。
なんか、毎年こんな言葉があちらこちらで囁かれている様な気がします。
今振り返って見るとモトラッド京都で今年一番の出来事といえば
やはり店舗のリニューアルだったかと思います。

全面改装では無いもののダーク系のカーペットからライトな
フローリングに変わりモーターサイクルエクイップメントや
ライダーエクイップメントそしてアクセサリーに至るまで
かなり充実した感じになりました。

それとスタンプラリーでは、弊社のMR.M氏ことM岡さんが、自分で企画した
ポイントを全て廻るという快挙を成し遂げました!
新型車両でも今年は、100周年モデルの充実で沢山のお客様に
後納車することが出来ました。

来年も今年以上にパワーアップしてお客様をお迎えできればと思っております。
様々なメディアでご存知の方も沢山おられると思いますが、
2017年は、フェイスリフトを始めニューモデルそして新機能の追加等
10アイティム以上のモデルが、登場します。

「来年こそは・・・・。」なんて思っている皆様!是非モトラッド京都で
その夢を叶えて下さい。
スタッフ一同心よりお待ちしております。

皆様にとって素晴らしい2017年を迎えられるよう
心よりお祈りいたしております。

e0254365_10315851.jpg



















   
[PR]
# by motorradkyoto | 2016-12-28 10:33 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

こんにちは。スタッフのMr.Mです。12月も折り返しを過ぎ大変慌しくなって参りました。
残りの稼動日数も約一週間程ですが、もうひと踏ん張りして良い年迎えたいものです。

さて今回は、来年(2017年)のカレンダーについて少々ご紹介させて頂きます。
車両のご商談をして下さった方は勿論、ご来店頂いた管理ユーザー様にも
差し上げていますのでご遠慮なくお越し下さい。残り少なくなっていますのでお急ぎ下さいね。

e0254365_16115920.jpg

先ずこちらの卓上カレンダーですが、表紙はなんとR-nineTの
揃い踏みです。
来年発売されるであろう?ラインナップが整然と並んでいます。
しかし私としては、このような懐古趣味的なバイクを次々に発表
してくるとは思ってもいませんでした。
BMW社は前進あるのみのメーカーだった筈なのですが、最近は
少しばかり企業理念に変化球を投じて来るようになりましたね。

まあ簡単に申せば頑固オヤジも世代交代を迎え、若い斬新な
エネルギーを投入して、現代に受け入れられるモノを送り出すと
言う事でしょうか?・・・・。





e0254365_16301583.jpg

’70年代に流行したロケットカウル付きカフェレーサーをイメージした
R-nineT Racer(5月)や、 





e0254365_16325320.jpg

GS系の始祖であるR80G/SをイメージしたR-nineT Urban G/S(7月)
等も紙面を飾っています。
日本国内での発売が決まれば人気を呼ぶ事は確実です。





e0254365_16333218.jpg

こちらは販売用の大型ポスタータイプのカレンダーです。
サイズは縦520mmX横800mmで、殆どカレンダーの機能を
有さない所が特徴であり、正にマニア向けと言えますね。





e0254365_16341298.jpg

毎年コレクションとしてご購入頂く方と、贈り物としてご購入頂く方が
殆どですが、綺麗なお姉さんも随所に登場するので、目の保養にも
なります。写真を撮ったら撮り返された5月や





e0254365_16345422.jpg

スモークシールドの中からこちらを見つめられている11月なんかは、
もうドキドキ物ですね。





e0254365_16352917.jpg

お値段の方は¥3,564となっております。
専用のフラットボックス(保護ケース)は別売で¥259です。

こちらは残り僅かです。





e0254365_16361071.jpg

最後に説明不要の「バイオハザード」のシネマボード・・・・。
店長のM村君とN脇君が必死で組み立ててくれました。





e0254365_1636523.jpg

来年はブレイク間違いなしのS1000XRが活躍致します。
是非皆さんも映画を観に行って下さいね。
アリス~~愛してるよ~・・・・。































   
[PR]
# by motorradkyoto | 2016-12-18 16:37 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

こんにちは。スタッフのMr.Mです。
今年も残すところあと僅かです。どちらの業界も年末商戦に突入されて
おられると思いますが、モトラッド京都もその例に漏れず会社のトップから、
はたまたBMWさんから強烈なゲキが飛び交う生きた心地のしない?
12月を迎えております。

そんな12月に備えBMWさんから大変魅力的な施策も発表され、
いち早く幸せになられたお客様も多数いらっしゃいます。
BMW JAPAN 
そこで今回は当店在庫の新車をご紹介させて頂き、
幸せになれなかった貴兄を幸せになってもらえるように、
最善のお手伝いをさせて頂きたいと思います。

e0254365_1525998.jpg

11月の初旬に店舗改装を行いました。
「WELCOME」ボードは最新のCI導入の証です。





e0254365_1572149.jpg

エクイップメントコーナーが随分変わりました。
明るく見易く、お客様からの好評です。
概ね7年~8年のサイクルで、BMWさんのコンセプトに沿った
店舗改装も我々ディーラーの責務となっています。





e0254365_1512184.jpg

さて新車のご紹介に移りますが、先ずは低金利(1%)キャンペーンか
アクセサリークーポンキャンペーンのご利用が可能な車両です。
全てラスト1台です。
R1200GSの100周年記念モデルです。限定150台です。





e0254365_1518158.jpg

R1200Rの100周年記念モデルは限定200台です。





e0254365_15183996.jpg

S1000RRの100周年記念モデルはBMWさんから最後の1台を
もぎ取りました。限定200台です。  





e0254365_15204275.jpg

K1600GTのライトホワイトはなかなか入荷致しません。





e0254365_1521762.jpg

スタンダードのR-nineTと・・・・、





e0254365_15212614.jpg

アルミブラシ加工の限定モデル(R-nineT)も各1台ございます。
グリップヒーターが標準装備されています。





e0254365_15223819.jpg

続きまして2017年モデルのご紹介ですが、キャンペーン対象外と
なります。しかしながら新しい物を求められる方には絶好の機会です。

R-nineTスクランブラーは2台入荷しましたが、1台は売約済です。





e0254365_15233163.jpg

R1200RSのライトグレー/マゲラングレーの新色は落ち着いた
佇まいで、すぐに売約になりそうです。





e0254365_1526354.jpg

R1200RS定番のルパンブルーも入荷致しました。





e0254365_15263586.jpg

R1200RTの新色カーボンブラックは渋いですね。バブル全盛期の
MB車で大流行した、ブルーブラックを彷彿させる色艶の
ワルぽさが人気を呼びそうです。





e0254365_15272571.jpg

R1200GSのブラックストーム(通称トリプルブラック)も入荷
致しました。アドベンチャー同様のクロススポークが標準です。





e0254365_15275434.jpg

こちらは超マニア向けの、F800GSアドベンチャーです。
新色のレーシングレッドマットで、フレームが白色となります。





e0254365_15282317.jpg

最後は本日入荷したばかりのR1200Rです。こちらも新色の
ライトホワイト/コルドバブルーで、フレームがオシャレなブルーと
なっています。

さて、なかなか悩んでも答えが見出せない貴兄へ・・・。
今年の2月の決算セール時に私がお話した事を繰り返し記したいと
思います。

食指を動かしておられる働き盛りの皆様、ご購入に際しては
ご家族の方に相談していては買えません。
「家の大蔵省に相談せなあかんねん・・・。」と、おっしゃる方は、
勇気を持って自分で決断しましょう。後は事後報告で・・・・。
バイクを買って「貴方イイの買ったわね~」なんて言てもらえる
幸せな方は、ごく一握りのユーザーさんです。

欲しい物がなかなか買えない方へのアドバイスとして、
勿論、経済的な理由が大きいですが、特に奥様対策の決めては
以下の2つです。

①奥様の誕生日を絶対に忘れない事。プレゼントを贈るか、
 一緒に食事にでも出かけて下さい。

②二人の結婚記念日を絶対に忘れない事。何か特別な事を
 するか、一緒に食事にでも出かけて下さい。

そして決めセリフは「俺が幸せにならな~、お前を幸せに
出来へんやろ~。」・・・・、これで奥様も涙を流して「好きにすれば」
とおっしゃいますよ。

ご来店時の合言葉は「これナンボになんのん」で始めましょう。
これで貴方は「日本一の幸せ者」になれます。
















   
[PR]
# by motorradkyoto | 2016-12-06 15:32 | Event&Campaign | Trackback | Comments(0)