2017年/歳末商戦に向けて

こんにちは。スタッフのMr.Mです。いよいよ12月の声が耳鳴りのように聞こえだして来た今日此の頃です。普段は殆ど売りの宣伝めいた記事をあまり書かない私ですが、12月はちょっとばかり違います。1年の締めくくりの月である事は当然ながら、BMWさんからも毎回の如く理不尽な?販売ノルマを課せられて、それはもう何処かに雲隠れしたくなるような追い込みが掛かります。ところが対お客様には大変魅力的な施策がどっさりと用意され、寒いにも係わらず12月の車両販売台数は年間を通じても上位にランクされる月間になっています。車両のご購入を検討されているお客様に於いては各モデルのニューカラーの入荷も始まり、我々販売店もお客様も繊細なアンテナを張り巡らしておかないと、トンビに油揚げをさらわれる結末に成りかねませんので以下の記事を熟読して下さいね。




e0254365_15290402.jpg

新車がメインとなりますが先ずは、9月からスタートしているBMWさんの
施策のおさらいからスタートです。
期間限定でしばしば飛び出す施策ですが、クレジットをご利用される
方にとっては大変有りがたいキャンペーンです。
その他、車種・年式を問わず、2.90%180回迄ご利用可能な
当店オリジナルローンプログラムもご用意致しております。





e0254365_15370989.jpg

12月31日迄のアナウンスですが、12月中の登録(各都道府県の
運輸支局は28日迄)が条件ですので、車両の在庫があって
商談が成立し、登録関係の書類等を揃えて頂くリミットが12月27日と
言う事になります。但し12月20日以降のご成約に関しましては、
お引渡しが来年1月となりますのでどうぞご了承下さい。





e0254365_15385636.jpg

R1200GSをご検討されている方には願ってもないチャンスです。
ベストセラーバイクのR1200GSに、こう言ったキャンペーンを打って
出るとは思ってもいませんでしたね。こちらも12月28日までの
登録が条件です。





e0254365_15401554.jpg

BMWさんはS1000RRにも飛び道具を用意して来ました。
オプションパーツのご購入に大きな助け舟が出されました。
守備範囲は結構広そうですね。





e0254365_15411812.jpg

ここからは入荷して間もない新車のご紹介で、全て商談は入っておりません。
今年はセールスが好調なご存知男のバイク、R1200GSアドベンチャー
です。手前がインターナショナル仕様のプレミアムラインに
ラリーシートを装着した車両で、向こう側が今年の主力である
プレミアムスタンダードです。シート高が50mmも低く、一気にユーザー層が
広がりました。カラーは新色のライトホワイト/コルドバブルーでブルーの
フレームとなります。





e0254365_15505767.jpg

右がプレミアムラインで左がプレミアムスタンダードです。
両車共にフル装備は当然ながら、このモデルからシフトアシストプロと
ヒルスタート機能が追加で標準装備となりました。ETC2.0車載器も
装備され、車両本体消費税込みで¥2,676,750です。





e0254365_15522149.jpg

ご参考までにLED補助ライトの高さもこれだけの違いがあります。





e0254365_15530128.jpg

入荷台数が全国で10台程と少ないR1200RTのニューカラー、マーズレッドを
いち早く仕入れました。ドライブシャフトケース等のパワートレインは
ブラックアウトされており、短めのスポーツウインドシールドが装着されて
います。





e0254365_15540985.jpg

パニアケースもデカール入りで、RTの赤系は空冷のR1200RTの
初期モデルに存在したピーモントレッド以来です。イイ感じですよ。
お値段の方は、車両本体消費税込みで¥2,815,750です。





e0254365_15551760.jpg

R1200RSのニューカラーも2台仕入れました。
フローズンブロンズは茶系のマット調のメタリックです。なかなか
落ち着いた佇まいの色です。





e0254365_15573729.jpg

こちらの車体色は、エンジンスポイラーが標準装備となります。
車両本体消費税込みで¥2,019,375となっております。
ひと昔前は車両価格を全て把握していたのですが、最近は
価格改定や仕様変更も頻繁に行なわれ、更に車体色によっても
殆どのモデルに価格の差異が発生しており、もう覚えられなく
なってしまいましたよ。





e0254365_15594068.jpg

もう一台のR1200RSはブラックストームメタリックです。この車体色は
他の多くのモデルにも設定されている人気色です。黒は精悍ですね。
価格は、車両本体消費税込みで¥1,975,000です。





e0254365_16004549.jpg

パニアケースキャンペーンの対象となっているR1200GSも勿論
車両は確保しております。R1200GSラリーは今年の人気モデルです。
シート高の低いプレミアムスタンダードは、この1台を逃すと年内の
入荷はございません。価格は、車両本体消費税込みで¥2,519,000です。





e0254365_16015447.jpg

R1200GSエクスクルーシブは、シート高の低いプレミアムスタンダードと、
インターナショナル標準仕様であるプレミアムラインの2台を確保
致しました。両車共に、車両本体消費税込みで¥2,480,000です。





e0254365_16025799.jpg

アクセサリークーポンキャンペーンの対象車であるS1000RRも
キッチリとご用意しております。人気のモータースポーツカラーは
車両本体消費税込みで¥2,332,000です。他のカラーの
ご要望があればご相談下さい。右のF800GTも0.99%の特別
低金利ローンがご利用頂けます。ブラックストームメタリックに
グレーのアクセントデカールが映えますね。車両本体消費税込みで
¥1,512,500です。このブログの記事を読んだと言って頂ければ、
特別価格?のご提案をさせて頂こうかな・・・・。




e0254365_16061860.jpg

特別低金利キャンペーンの対象となるF800GS勿論在庫しております。
私は常々玄人向けのバイクと言っておりますが、いよいよラストチャンスと
なって来ましたね。今年のモデルはライトホワイトにレッドフレームのみの
設定で、車両本体消費税込みで¥1,583,500です。





e0254365_16081698.jpg

S1000Rもご用意しております。今年のモデルは更なる改良が
施され、大幅に進化しております。ストリートをメインにキビキビ走りたい
方には超お勧めです。更に今年の入荷台数が非常に少なく、この2台を
逃すと当分入荷致しません。





e0254365_16093210.jpg

モータースポーツカラーのプレミアムラインは、車両本体消費税込みで
¥1,878,500です。コンパクトなボディーに良く似合います。





e0254365_16101736.jpg

レーシングレッド/ブラックストームメタリックは、注文してから4ケ月も
要しました。車両本体消費税込みで¥1,841,000です。





e0254365_16111408.jpg

GTLと並びBMWモトラッドの最高峰の一角、K1600GTです。
ルパンブルー/ブラックストームのツートンはGTスポーツとも称され、
スポーツウインドシールドや各部のブラックアウトが特徴です。
車両本体消費税込みで¥3,165,000です。そして忘れては
ならないのが、今年のモデルからリバースギアが標準装備となって
おります。大変便利です。





e0254365_16131017.jpg

今年のニューモデルK1600Bバガーは、HDユーザーさんから熱い
視線を浴びています。ここ近年、HDツアラーの新しいスタイルとして
定着しており、仕上げのフィニッシュはさすがBMWです。
ブラックストームメタリックのワングレードで、車両本体消費税込みで
¥3,449,000です。

e0254365_16145361.jpg

C650シリーズも抜かりなくご用意しています。左はC650スポーツの
ライトホワイトで、車両本体消費税込みで¥1,190,000です。
右はC650GTのブラックストームメタリックです。サイドビューアシスト
も標準装備で、BMWの安全に対する意識の高さが伺い知れます。
車両本体消費税込みで¥1,244,000です。





e0254365_16164854.jpg

特別低金利キャンペーンの対象となっているR-nineTシリーズも
お任せ下さい。予想通り熟年層に人気を博したレーサーですが、
20歳台のお客様にもお買い上げ頂きました。ライトホワイトの
ワングレードで、車両本体消費税込みで¥1,896,000です。





e0254365_16181987.jpg

左はピュアで車体色はカタラノグレーです。前後のサスペンションにも
手が入りシート高も低く、女性の方や足付き性優先の方にも
問題なくお乗り頂けます。車両本体消費税込みで¥1,736,000です。
右はアーバンGSです。ライトホワイトにオレンジシートが初期の
R80G/Sを彷彿させます。車両本体消費税込みで¥1,899,000です。
男の色気漂う粋なバイクですね。





e0254365_16202957.jpg

最後になりますがC-エボリューションです。左が当店の試乗車で、
右が売約済車両です。なかなか2台揃う事がないので、写真に
収めておきました。C-エボリューションは極めて入荷台数が少なく
予約が必要です。市街地のスタートダッシュはド肝を抜く早さで、
是非ご試乗頂きたいですね。車両本体消費税込みで¥1,549,000と
なっております。

今回ご紹介していない車両に関しましてもお問合せ下さい。
但し、G310R・G310GSは年内デリバリーが困難となっております。
早目のご予約をお願い致します。

さて、セールが始まると何時ものお話を始めないといけません。
悩んでも答えがなかなか見出せない貴兄へ・・・。
食指を動かしておられる働き盛りの皆様、ご購入に際しては
ご家族の方に相談していては買えません。
「家の大蔵省に相談せなあかんねん・・・。」と、おっしゃる方は、
勇気を持って自分で決断しましょう。後は事後報告で・・・・。
バイクを買って「貴方イイの買ったわね~」なんて言てもらえる
幸せな方は、ごく一握りのユーザーさんです。
勢いよく購入されたお客様は言い訳も必要になって来ます。
その「言い訳」の引き出しも各種取り揃えております。こちらは費用が
発生しませんのでご安心下さい。

皆さん、頑張って買ってね~。お願い~。

[PR]
by motorradkyoto | 2017-11-28 16:26 | Event&Campaign | Comments(0)