R nineT Racer 初診

こんにちは、スタッフのMr.Mです。少々ご紹介が遅くなりましたが、R nineT Racer が入荷致しました。BMWモトラッドの進化の逆を歩むR-nineTシリーズの4番バッターとして、昨年末よりその注目度と話題性(一部の好き者の方だけかもしれないが???)はかなりのレベルに達していました。今年1月のBMWさんの会議の折に実車にお目にかかって以来となりますが、今回は初診断と言う意味で画像を交えて少しご紹介したいと思います。

e0254365_17133079.jpg


今年の2月20日に掲載させて頂いた「ロケットカウルの今と昔」をお読み頂いた方もおられるかと思いますが、私も少なからずロケットカウルの崇拝者でもある訳ですがロケットカウルを見て何を想像されるか?。その造形から真っ先に男性自身を頭に描かれた方は偉いと思います。そうです、正に男の力や強さに憧れる事は、バイク乗りの男子にとって無くては成らない感性であると私は思っているからです。おいおい、また訳の判らない話が始まったと思ってはいけませんよ。この事は医学的にも正常な男子の理性と感性である事が立証されています。女性ライダーの方でロケットカウルに憧れる方は、ウ~ン、大きな声では言えないので皆さんのご想像にお任せ致します。





e0254365_17191776.jpg

さて、ここからが今日の本題になる訳ですが、
アドベンチャーの入荷時と同様に同じ車両が3台並ぶと壮観
ですね。この角度から見るとロケットカウルの突き出しがより顕著に
感じます。車体色は、ライトホワイトにMカラーデカール入りの
ワングレードのみとなっています。





e0254365_17241435.jpg


リアビューは凛とした佇まいで、R-nineT Racer である事が
直ぐに判ります。これが大事です。





e0254365_17252078.jpg

メーターとハンドル廻りはご覧の通りです。速度計と回転計を
備えるのはR-nineTシーズの中ではこのRacerとRnineTの2機種と
なります。ハンドルがもう少し絞られるとポジションはかなり良く
なる筈ですが、切れ角等の弊害も生まれここが妥協点に
違いないように思います。





e0254365_17281390.jpg


カウルのブラケットも強靭な造りで、ドイツ物の真骨頂ですね。





e0254365_17293783.jpg


R-nineTシリーズに於いては、性能のウンチクを語ってはいけません。
このスペックで必要にして十分過ぎる位です。
空冷のツインカムユニットは、厳しさを増す二輪のEU排ガス規制
(今年からユーロ4規制となっている)をクリアーしており、先を
見据えたエンジンの開発力はさすがはBMWと言えますね。
更にトラブルも殆どなく、味わい深く、BMWモトラッドの歴史に残る
素晴らしいエンジンです。このエンジンを搭載したRTやGSを、
私もとことん乗り尽くして来たので間違いはありません。





e0254365_17344553.jpg

すでに実車に跨られた方は「おや?」と感じられたと思いますが、
車体がサイドスタンド側にかなり寝ています。昔の縦置き4気筒の
K100シリーズ並みで、最近のBMWにしては珍しい設計ですね。





e0254365_17355348.jpg

R-nineTと比較すると実測で約30mm短いサイドスタンドですが・・・・、





e0254365_17362623.jpg

どうやらRacerにしか装備されていないバックステップのブラケットに
原因があるようです。他のR-nineTより約80mm後退しています。
このサイドスタンドの傾き角度は改善の必要がありそうです。





e0254365_17374692.jpg

フロントフォークは一般的な正立フォークですがR-nineTシリーズの
各モデルは、ステアリングヘッドアングルとキャスターに微妙な違いが
あります。

e0254365_17394031.jpg

この3台はお客様の元に嫁いで行きますので、試乗車がご準備
出来ません。よって私も試乗が出来ません。
走った時のポジションが問題ですが、ご購入頂く方の多くは
そんな事は全く関係のない話であるに違いありません。
冒頭でも取り上げた通りこのバイクに乗るんだと言う感性の
問題であり、とにかく皆さん一流のライダーの如くカッコ良く
乗りましょうね。身も心もシャキッとして・・・・。





e0254365_17513106.jpg

ちょっとばかりこのようなパーツも仕入れてみました。
上からリヤアクスルカバー ¥25,272
下段左から スイングアームベアリングカバー ¥17,496
アングルギアベアリングカバー ¥9,590
オイルフィラーネックカバー ¥9,590






e0254365_17525434.jpg

シリンダーヘッドカバーは左右2個セットで¥256,608です。





e0254365_17532283.jpg


エンジン前部のベルトカバーは¥118,152となります。





e0254365_17535948.jpg


R-nineTシリーズ用にプロデュースされたMachined パーツ群です。







[PR]
by motorradkyoto | 2017-04-25 17:57 | 新車情報 | Comments(0)

こんにちは、スタッフのMr.Mです。
いよいよ3月も終わりに近づき4月の桜の季節に入りますが、
まだまだ寒い日も多いですね。私はおかげさまで症状がないのですが、花粉症の方にとっては地獄の日々が始まっているようですね。素晴らしい特攻薬も色々とあるようですがその分副作用も多く、自身の身体に合う合わないが顕著に現れるようです。私も昨年から喉が少々つまり気味で、来年あたりに恐怖の大王が襲ってくるかも知れません。
さてそんな3月の年度末も押し迫った日に、なかなかお目にかかれない車両が3台勢揃い致しました。それは2017年モデルカラーのR1200GS-Aです。

e0254365_20451478.jpg

全て売約車両ですが、BMWさんからの配車日がかなりタイトに
詰まり、店頭に3台勢揃いする事になりました。





e0254365_20461740.jpg

私の記憶では未登録の新車が3台、それもイヤーモデルの
現行色が同時に店頭に出揃う事はなかったと思います。
GS系イベント等に集結する車両と比較してはいけませんが、
新車には新車の香り漂う独特のオーラがあります。





e0254365_20472500.jpg

今年一番人気のブラックストームメタリック/ダークスレートメタリックマット/
アハトグレーです。正式カラー名称が長く、通称トリプルブラックと
呼んでいます。タンクサイドの「GS」のロゴが渋いです。





e0254365_20482094.jpg

シートも各色三様で、手間暇を掛けています。黒にはやはり黒が
似合います。





e0254365_20485730.jpg

レーシングレッドマットは光沢のないマット系の高級塗装が施され、
離れて見ると吸い込まれそうになる赤です。昨今、ヨーロッパの
高級スポーツカーにもこのような塗装を纏った車を見かけるように
なりましたが、なかなか手入れが大変な反面、その存在感には
圧倒されます。





e0254365_20501465.jpg

シートは黒/赤のツートンとなります。





e0254365_20505329.jpg

最もオーソドックスなカラーがライトホワイトです。ソリッドの光沢の
ある塗装で、価格も一番お安い設定となります。
私的にはこのライトホワイトが一番良いかなと思います。
白は膨張色なので車体が大きく感じますね。





e0254365_20515505.jpg

シートは灰/黒のツートンです。





e0254365_20522643.jpg

最近のGS系にはミシュランのアナーキⅢが装着され入荷して
いますね。ちょっとした荒れた道にも充分対応が出来、
一般の舗装道路に於いてもかなり次元の高いグリップ性能を発揮
してくれます。私も自分のGSにはアナーキⅢを装着しています。





e0254365_20535048.jpg

後ろからの眺めは迫力満点です。’70年代後半に流行した
ディスコミュージックに、マッチョマン(ヴィレッジ・ピープル)と言う曲が
ありましたが正に「Macho Bike」。女・子供を寄せ付けない男の 
バイクそのものです。



e0254365_20553963.jpg
店長M村君自記筆のイラストです。ご参考までにこのブログに時折現れる
コミカルなイラストは、全てM村君の作品です。
どうです、アドベンチャーのイメージ通りでしょう???。

今度の土・日(4月1日~2日)辺り迄なら、この3台をご覧頂く事が可能です。
男のくせに男になり切れない貴兄に・・・、自分自身のご褒美に・・・、
是非R1200GSアドベンチャーを購入して下さい。直ぐに男の中の男になれるぜよ。

[PR]
by motorradkyoto | 2017-03-28 20:59 | 新車情報 | Comments(0)

梅雨明けのようなこの暑さ皆さんいかがお過ごしでしょうか?
僕はといいますと休みたんびに玄関の植え込みが、
ジャングルの様にボウボウになっているのを開拓者ばりに
手入れをする日々です・・・・。

それと今年も祇園祭もおおいに盛り上がり
前祭(さきまつり)も蒸し暑い中、無事に終わったみたいですね・・・・。
e0254365_16142794.jpg

のこすは、後祭(あとまつり)である宵山行事
(7月21日〜23日 巡行:7月24日)となります・・・・。
e0254365_16152737.jpg

そういえば、祇園祭も今年から
山鉾巡行が変わり新しい京都の祭りの楽しみ方が変わりそうですね・・・・。
そこでどんな風に変わったか、本文とは全然関係ないですが、
せっかくなので少し紹介しておきましょう・・・・。

そもそも、本来の祇園祭とは、疫病退散を祈願する八坂神社の神事です。
古来、神事の中心となる7月17日の神幸祭(しんこうさい)と
7月24日の還幸祭(かんこうさい)にあわせて、17日に前祭の山鉾巡行、
24日に後祭の山鉾巡行をすることが習わしになっていました・・・・。

詳しくは解らないのですが、昭和41年から平成25年まで前祭の
17日に山鉾巡行だけが行われていました・・・・。
そして今年より千年以上にわたって継承されてきた
前祭・後祭の習わしを、後世に正しく伝えていくために再び復活したそうです。

さらに、偶然かもしれませんが、今年京都は、世界一の観光スポットに
選ばれたのも果たして偶然の一致でしょうか・・・・?
はい、もっと詳しく知りたい方はご自身で頑張って調べてくださいね!

さて、今日ご紹介する車両は、デビューして少し時間が経ちましたが
5月1日に発売がスタートしたC600Sport Special Editionの
ご紹介をさせていただこうと思います。
e0254365_1631747.jpg

C600 SPORT Special Edition
2014年5月1日発売開始
税込希望小売価格(消費税8%) 1,210,000円
(消費税抜き車両本体価格1,120,370円)





e0254365_16315346.jpg

このマキシスクーターは、
街の中でも快適に移動したい人にとって理想のバイクです。





e0254365_16315830.jpg

絶妙なハンドリングと優れた走行性能には、心から感動することでしょう。
そして、群を抜く、収納スペースや快適な乗り心地。
すべてが最高レベルの多才なモビリティであり、ライダーがこよなく
愛するスポーティなライディングそのものなのです。





e0254365_16324793.jpg

C600 SPORTスペシャルエディションは、ライディングの歓びを、
ワンランク上にシフトアップします。





e0254365_1633336.jpg

ルパンブルー・メタリックとレーシング・レッドのラインが描かれた
アルピン・ホワイトのボディ。スポーティなマルチカラーのデザインは、
マキシスクーターの強靭なキャラクターを表現しています。





e0254365_16342036.jpg

e0254365_1635250.jpg

Akrapovičスポーツマフラーとスポーツ・シートは、
アーバンモビリティであることを強烈に主張。
印象的に演出された細部のデザインにも注目してください。





e0254365_16355635.jpg

視線を奪う真紅のスプリングストラットが、C600 SPORT Special Editionの
スポーティなデザインを完成させています・・・・。





e0254365_1639541.jpg

「どうせ乗るなら・・・・。」と思われるそんな貴方の一台です・・・・。















   
[PR]
by motorradkyoto | 2014-07-18 17:16 | 新車情報 | Comments(0)

やっと、ブログが更新できます。
実は、僕のパソコンがこのたび新しくなりました~!
2008年のオープン以来実に6年間お世話になった
パソコンと新旧交代であります・・・・。

勿論今お話しているパソコンは、店のカウンターのものですよ!
一部のお客様から僕の前に座るたびに「も~壊れるな!」とか
「コレやばいんちゃうん・・・・?」とか色々ご心配おかけした物です。
そいでもって本題は、ここからです・・・・。

それにしても、パソコンの引越しってホンと大変ですね~・・・・。
僕自身この手の作業は、あまり得意じゃないので
結構苦しみました・・・・。なので、本日やっとの更新となった訳です。

そこで記念すべき更新後、一回目の記事は今週末にいよいよ
デビューとなるR nineTの「試乗車作ってお客様が、乗る前に乗っとこ。」
大作戦をご紹介いたしましょう!
e0254365_22102175.jpg

じゃ~ん!暗闇に突如現れたなぞの物体・・・・。
そうですコレが、「あ~る ないん て~」です!





e0254365_22124841.jpg

今回も何時もの様に試乗車を誰よりも早く試乗し、的確な
チャームポイントをご紹介すべく試乗してまいりました・・・・。
決して楽しんで試乗した訳ではなくあくまでも仕事として試乗して来ました!
それにしても楽しかった~・・・・。?イヤイヤ良かったですね!





e0254365_22172828.jpg

メーターは、アナログな部分とそうでない部分が、BMW的に
味付けされていて、とても憎い演出だと思いました・・・・。





e0254365_2219429.jpg

一灯式のヘッドライトは、BMW Motorradの古き良き時代の
原点を感じさせられますね・・・・。





e0254365_22375251.jpg

そうそう!今回の試乗車は、ミラーフィニッシュのヘッドカバーを
装着してみました・・・・。思った以上に良く似合っております。





e0254365_223919100.jpg

それでは、僕も準備もできた事なので出発したいと思います!





e0254365_22402537.jpg

行って来ま~す・・・・。                 
                                   END


試乗インプレッションは、なんとなく自分だけの胸に留めておきたい・・・・。
そんな事をつい思わされてしまうほど
独り占めしたくなる一台です。



























    
[PR]
by motorradkyoto | 2014-04-14 22:57 | 新車情報 | Comments(0)

確かつい最近まで秋だったはずなのに・・・・。
とても寒いじゃありませんか~。
このブログをお読みになられている皆様は、もうご存知だと思いますが、
僕は、超が付くほどの寒がりです!

なので、とても辛い季節に突入した事にまだ正直心の準備が出来ていません・・・・。
皆さんは、当然ライダーですから寒さなんかまったく同じないんでしょうね・・・・?
節々が痛くなったり、体中がかゆくなったり、手足がカサカサなんて
なったところでライダーは、きっとへっちゃらなんでしょう・・・・。
と言う訳でこの冬もじゃんじゃん駆け抜ける歓びを満喫してください・・・・。

さて、本日ですが中々忙しくて当店にお越しいただけない貴方に
現在店頭に展示している車両や店の様子などご紹介したいと思います。
とり合えず見て頂いて来店できるその日までしばし、ご辛抱下さい・・・・。
e0254365_183748100.jpg

最初の車両は、最近入荷したF800Rです。
最新カラーでサヒールオレンジ・メタリック/ブラック・ステイン・グロスです。
なかなかいがついというか、力強い感じがするカラーとなっています。





e0254365_18491845.jpg

お次は、F800GSアドベンチャーです。
カラーは、サンドローバー・マット
いかにも砂漠をイメージさせる色となっています・・・・。
ESA/ASCも標準装備のまさに戦闘準備完了!的な一台です。





e0254365_1855163.jpg

右側は、今紹介したばかりのF800GSアドベンチャーです。
でもって、お隣の車両がブロンズ色に輝く
F800GSカラマタ・メタリック・マットです。
これもまた野生的な色使いですよね・・・・。
それに古代ギリシャに出てくるアヌビス像にもチョッと似てるかも・・・・。





e0254365_1952561.jpg

こちらは、F800GTミドルクラスのツーリングモデルです。
人気は、上々特にこのアルピン・ホワイトは、女性にも
超人気のモデルとなっています・・・・。





e0254365_1955516.jpg

こちら、デュアルパーパスコーナーです・・・・。
左側のいがつい面構えのバイクが、新型R1200GSです。
相変わらず入荷が少なく、オーダー分を納車するのが、やっとですね・・・・。

そして右奥にあるのが、
R1200GSアドベンチャー90周年モデルです。
ゴールドのブレーキキャリパーをアクセントに持ち
様々な90周年仕様が、施されている一台ですね・・・・。





e0254365_202035.jpg

これは、皆さんお馴染みのC600Sportです。
カラーは、コスミックブルー・メタリック・マットです。
正直いましてこの色は、結構目立つと思います・・・・。
恐らくこれに乗って町を走っていると「ウォォ~ッ!」と言われないまでも
それなりに目立つ事間違いないでしょう!





e0254365_205121.jpg

K1600GT
当初は、日本に入荷しないかもなんて言われていた超元気な
ハイパフォーマンスツアラーです。
BMW Motorradらしいカラーのダークグラファイト・メタリック
バックミラーに移る威圧感は、一級品ですね・・・・。





e0254365_2094924.jpg

R1200RTブラザーズ・・・・。
手前のRTのボディーカラーは、
ライトマグネシウム・メタリック/マグネシウムベージュ・メタリックです。
とにかくシブイの一言に尽きます・・・・。

そして奥のRTは、そうです!90周年モデルです。本当に最後の一台なので
興味のある方は、お早めに・・・・。





e0254365_20181759.jpg

ショーウインドウに鎮座しているのが、
スーパーバイクのS1000RRです。
カタログの表紙を飾るなど人気カラーのレーシングレッド・アルピンホワイト
そして手前の車両は、ワークスカラーの3トーンです。
どちらもカックイイですね!





e0254365_2023217.jpg

お~っとまたもや出現!
最強ツアラーのK1600GTLです。
ダマスクレッド・メタリックのボディーカラーは、リクエストが多く
当店でも今一番の人気カラーです。





e0254365_20262740.jpg

はい、出ました!
全然入荷が無かったR1200Rクラシックです。
ここに来てやっとこ入荷いたしました!今なら、生R1200Rクラシックを
ご覧になれるチャンスです・・・・・。

それと奥にひっそり展示している車両はと言いますと・・・・。
ピンポ~ン!
皆さんの睨んだとおりR1200R90周年モデルです。
苦労してコツコツ集めさせて頂きました・・・・。
付加価値が、大好きなネイキッドファンには、
是非手に入れて頂きたい一台ですね!





e0254365_2033016.jpg

そして最後に冬物ウェアも充実しております。
寒さに負けないためにも是非、BMWエクイップメントを
お求め下さい。きっと買ってよかったと思うはずです・・・・。

如何でしたでしょうか・・・・。
少しくらいは、当店に足を踏み入れた気になられましたか?
「別に・・・・。」
「・・・・・・。」そっ、それはそうですよね。
なので、是非ご来店下さい。
スタッフ一同心よりお待ちしております・・・・。

それはそうと、いよいよロープウェイラリーのファイナルイベントが、
近づいてまいりました。
参加された方、または興味のある方は、是非当日遊びに来てくださいね。





   
[PR]
by motorradkyoto | 2013-11-12 21:00 | 新車情報 | Comments(0)

昨日は、定休日で何かまた体に良い事でもしようと思っていたのに
昼からどっさり雨が降ってきたので自宅待機の一日となりました。
しかし今日は、昨日とうって変って快晴とはいかないまでも
まあまあ天気が良い一日となりました。でも寒い・・・・。

それにしても近頃風の強さときたらどうでしょう・・・・。
世間では春の嵐とか言われていますが、
ただのホコリだらけの強い風!
どちらかと言えば公害の嵐ですよね・・・・。
最近右の鼻がよく詰まるので辛いですそれに目もかゆいし、金欠だし・・・・?

さて、本日は、明日から始まるNEW R1200GSデビューフェアに
備え試乗車作りです。車検にもって行って、ナンバー付けて・・・・。
でもってなんとか試乗車完成!

でも燃料が、1リットルも入っていない為「コレでは試乗ができないな~
仕方が無いので僕が、燃料を入れてきてあげよう!」
なんてただ乗りたいだけが皆にバレバレの中、
夜の国道に消えさせていただきました・・・・。

そんな一部始終を サービスのT中君にちゃっかり撮影されてました・・・・。
e0254365_20584362.jpg

出発のため、まずはエンジンを始動「キュン、キュン、ブロロロロ~・・・・」
な感じで暖気スタートでも何時止まってもおかしくない緊張感が燃えるぜ!





e0254365_2113351.jpg

「え~とコレが、アレでアレが、コレでこのスイッチって・・・・?」なんて
恐らくこの写真は、各スイッチのチェック中ですね・・・・。





e0254365_2134724.jpg

ミッションの入りをチェック中・・・・。
「湿式多板とボクサーの相性ってどんな感じかな・・・・?」とか
考えながら想像を膨らましているところです・・・・?たぶん





e0254365_2181456.jpg

夜のとばりがおりる中チョッとビビリながらいざ出発~!





ウォ~!・・・・す、凄い加速感!・・・・びっくりした~・・・・etc、etc、etc・・・





燃料満タン、無事帰還!「あ~楽しかった。」
e0254365_21161531.jpg

え~乗って来た感想ですが・・・・・イヤ~実に面白い!
店頭に来ていただければ、バッチリ説明もさせて頂きますが、
何より試乗が、出来るので体感してから僕と一緒に盛り上がりましょう!

でも、直ぐにこれない方にミニ、ミニインプレッション!
まず最初にクラッチのフィーリングが、従来のR1200GSに比べて
かなり良い印象を受けました。
とにかくスムーズです。「半クラが、K的感にかも・・・・。

それに強烈なのは、R1200GSとは思えない加速感です!
これは、とり合えず体験してください。
ちなみに僕は、何も考えずにバクッ!とアクセルオ~ン!
・・・・・思わずハンドルから手が離れそうになりました。
あ~怖かった・・・・。なめちゃダメですね。
なので開ける時は、しっかりグリップを握ってる事を強くお勧めします。

ブレーキングに関しては、さすが信頼のBMWです。
グッドフィーリング!距離を延ばすにつれさらに
あたりも出どんどん好いタッチになって行く思います・・・・。

旋回性に関しては、市街地を軽く流しただけなので解りません。
なので次回は、近所の峠(老いの坂)でも走って来たいと思います。
では、明日よりのイベント心よりお待ちしております。
[PR]
by motorradkyoto | 2013-03-14 22:20 | 新車情報 | Comments(0)

こっそり入荷・・・・。

今日は、昼から思い切り雨が降りましたね。
それにひきかえ昨日は、
抜群の天気と暖かさで最高に気持ちの良い一日でした。

そんな日にたまたま休みだった僕は、「体も鈍っている事だし
ここはイッチョ歩こう・・・・?でもスタミナが切れた時を
考慮に入れてやっぱり自転車にしとこ・・・・。」と
ハードルをひとつ下げさせて頂きました・・・・。

と言う訳で ♪サイクリング、サイクリング、ヤッホー、ヤッホ~♪
自宅のある亀岡には、神社やお寺が結構多く点在しているので
お寺巡りをする事にしました・・・・。 いざ、お寺参りに出発!

走り出して気付いたんですが、田舎のお寺や神社は、だいたいが
山のふもとにあったりして四箇所ほど周ってギブアップでした・・・・。
でもってちょうど昼時帰る道中で、こ洒落たお店を発見!
後学の為寄る事にしました・・・・。

マクドナルドです。
でもこの店構えはひょっとして・・・・楽しみ~・・・・。
e0254365_21311895.jpg

・・・・マクドナルドでした。





さて、スタミナの無い僕の話はコレくらいにしておいて
今日は雨の降る中密かに一台の車両が、届きました・・・・。
e0254365_21325332.jpg

お~っと!これは、まさか・・・・。そうですそのまさかです!





e0254365_2133501.jpg

雨に濡らしては、いけないと思い大急ぎで店舗に運びました。
よく見るとシートのところにチョコッと雨の後があるでしょ!





e0254365_21361346.jpg

カッコイイ~!!僕も実車は、これが始めてです。
思った以上に質感の高さに驚き・・・・。





e0254365_21381949.jpg

全体的にスマートに仕上がっていながらもグラマーな印象を受けます。
俗に言う " ボン、キュッ、ボン " です・・・・。
では、せっかくなので次の二枚の写真でボン、キュッ、ボンを
検証してみましょう・・・・。





e0254365_21433514.jpg

これは、R1200GSラリーのシートを 上から撮影したものです・・・・。
よ~く見ておいてくださいね。
では、次にお見せする写真は、newR1200GSの同じ位置から
撮影したものです。二枚の写真をじっくり見比べてみてください・・・・。





e0254365_21472571.jpg

どうですこの違い!
これならスタンディングでの走行もまったく問題ないですね。
また結構シートも高いはずですがスリムな分、
足つき性も大丈夫的感じです・・・・。

これから色々いじくりながら検証し新たな発見があれば、また報告します。
早く見たい~・・・・。的な方は、ご来店されると見れるかも・・・・?
[PR]
by motorradkyoto | 2013-03-01 21:52 | 新車情報 | Comments(0)

続々と入荷・・・・。

今朝、出勤の時いつもの通勤峠で久しぶりにまあまあ濃い霧の中
「あっ、霧・・・・。」なんて思いながら走ってきました・・・・。
こんな日は、決まって晴天で暖かい日になるんですが・・・・・
やっぱり、その通り暖かい日になりました・・・・。

今日みたいな日に休日の取れたライダーなんて
最高のツーリング日和だったと思いますよ!
でもこの季節天気であっても侮れない事がひとつあります・・・・。
それは、凍結注意エリアでの融雪剤です。

以前より再三書いていますが、
なにせこの物体、撒かれた時は、砕石状態で走行中に踏むと
" ズリッ " てな感じで下手をすると即転倒です・・・・。
それに濡れれば、濡れたで車両の底にべったり付着
粉末状態になってもやはり車両のいたるところに入り込んでくる始末

なので、面倒でもこの季節、そんな怪しいところを走った時は、
必ず足回りの洗車は、頑張ってしましょう!
錆びてからだと、見るのも嫌だし洗車なんてもっと嫌になるかも・・・・。

みなさん!ジェントルマン・ライダーとして
いつも美しいバイクに乗りましょう!!
僕も含めまして・・・・・?


さて、本日も昨日に引き続き車両が、2台入荷しました。
e0254365_1991356.jpg

昨日と同様、大型パネルバンの登場です・・・・。





e0254365_19101445.jpg

本日到着した車両は、K1600GTL2013年新色
「ダーク・グラファイト・メタリック」です。
シックで落ち着いた装いが、いかにもBMW的で超高感度です・・・・。
興味のある方は是非、生K1600GTLダーク・グラファイト・メタリック
を ご覧になって下さい。
大いに購買意欲が沸き起こってくるはずです・・・・。たぶん・・・・・?





e0254365_19175653.jpg

それとあと1台は、F700GS「オストラグレーメタリックマット」です。
この車両もF650GSの進化版として発表されました。
魅力の程は、下のインプレッションをご参考にして下さい。
僕が言いたい事を全部代弁してくれたかの様な感じ・・・・。







どうでしたか?
これもまた、欲しくなったでしょ・・・・。
[PR]
by motorradkyoto | 2013-01-08 19:24 | 新車情報 | Comments(0)

今日は、朝からC600SPORTの試乗車を完成させるべく
車検を受けに行ってもらいました・・・・。
昼前に問題なく車検が通りコレで明日から試乗OK!です・・・・。
e0254365_2014030.jpg

じゃ~ん!試乗車完成です。





e0254365_202357.jpg

ナンバーもチャンと付けましたヨ~ン・・・・。
奥に写っているのが、当店サービスマネージャーのT中君です。
満面の笑みが、爽やかでしョ・・・・。




e0254365_2032887.jpg

今回の試乗車は、前回で報告したとおりC600SPORTです。
でもって左側のストレージコンパートメントの
仕切り板です。C650GTに比べ少し複雑となっているのが特徴です。





e0254365_208013.jpg

シート下のラゲッジスペースには、この通りLEDランプが
装備されています。これで暗がりでも安心ですね・・・・。





e0254365_2010434.jpg

おやおやコレは、いったいなんじゃろか・・・・?





e0254365_2010526.jpg

お解りになら内容であれば、説明しちゃいましょう・・・・。
まず、ここにこうしてこうする訳であります・・・・。





e0254365_20131588.jpg

でもってこんな風にビロロ~ンと伸ばしちゃいます・・・・。
これこう見えてかなり重たい品物です。





e0254365_20144190.jpg

さらにハンドルのバーエンドにコチョ、コチョ、コチョ・・・・。





e0254365_20155735.jpg

じゃ~ん!出来上がりです。
そうです盗難防止用のチェーンロックです。
コレには、スタッフも驚きを隠せませんでした・・・・。





e0254365_2017487.jpg

この写真は、何が写っている様に見えるでしょうか・・・・?
これはですね~チェーンロックをする時に
ボディーをキズから守るための保護シールとなっています。
とても親切なオプション・・・・?





e0254365_20171856.jpg

今回の試乗車には、タンデムも想定して後部座席にバックレストも
装着済みです・・・・。実際コレがあるのとないのでは、
後に乗られる方の安心度が違いますよね~・・・・。





e0254365_20242859.jpg

それに全てとは、いきませんが、オプションパーツも一緒に
展示しているので興味のある方必見だと思います・・・・。





e0254365_20253493.jpg

なにせ新型なもので注文しているオプション品も一部間に合わず
カタログでの紹介になるものも有りますので
あらかじめご了承くださいね。

では、明日のC650GT&C600SPORTデビューフェア
ご来店心よりお待ちしております・・・・。
僕は、この記事を書き終えたら、とり合えず
皆様より一足早く試乗車のC600SPORTに乗らして頂きます・・・・。
それでは、行って来ま~す!
[PR]
by motorradkyoto | 2012-11-08 20:35 | 新車情報 | Comments(0)

私事でありますが、遂に買っちゃいました・・・・。
そうです!
e0254365_20592362.jpg

じゃ~ん!![i pod touch 5]です・・・・。
予約しても何時になるか分からないとか言われてましたが、
10日くらいで手に入れることが出来たので嬉しさのあまり
ご紹介させて頂きました・・・・。





e0254365_2131384.jpg

ちなみの僕の購入した色は、赤で携帯電話のケースの色と同じです。
さ~どれだけ使いこなせるのだろうか・・・・?





さて、本日は、11月9日にデビューするMaxiScooterの
C600SPORTをご紹介したいと思います。
前回は、C650GTに続きしっかり情報を吸収して下さいね・・・・。

ちなみに、本日も1台入庫したんですが、忙しくって撮影できず
今回の紹介には、間に合いませんでした・・・。
どうしても見たい方は、京都モータークラブで展示しているので
是非、見に行ってください・・・・。
それでは、先日入荷したチタンシルバー・メタリックです。
e0254365_21133142.jpg

いつもの様にパネルバンからのお出ましです・・・・。
この時は、一緒にR1200GS-AとK1600GTが到着しまた。





e0254365_21153626.jpg

どうでしょう・・・・?
とてもシャープな印象を受けますね・・・・。
正面から見ると何処となく " アイアンマン " 的な感じが・・・・。
e0254365_21215992.jpg

僕は、このキャラクターの大ファンなのでとても好感度です・・・・。





e0254365_21235580.jpg

横から見た感じもとてもスマートで注目度もかなりのものだと思います。





e0254365_212535100.jpg

どうですこのアングルますますアイアンマン・・・・。





e0254365_21262968.jpg

こうして見るとチタンシルバーて有ですね・・・。
近未来なデザインと恐ろしくベストマッチングしています。





e0254365_21294152.jpg

ストレージコンパートメントもGT同様、ちゃんと電源ソケット付です。





e0254365_2131175.jpg

右側も脱落防止の仕切り板がはめてあるので安心・・・・。





e0254365_21322990.jpg

はい、ライダーから見たコックピットです・・・・。
シンプルな中に機能美が、詰め込まれてあるところが、また憎い・・・・。





e0254365_2134304.jpg

シート下のスペースは、GTに比べてシャープな分だけ
狭いですが、それでも心配御無用!ちゃんとヘルメットは、2個
入るように考えてあります。では、次の写真をどうぞ・・・・。





e0254365_21378100.jpg

オリャ~・・・・?
スペースが一気に拡大したのがお解りでしょうか・・・・。
では、超分かりやすい横からの画像をどうぞ・・・・。





e0254365_21383872.jpg

まるで鞴(ふいご)の様な感じですよね・・・・。





e0254365_21433284.jpg

側面にあるこのレバーを動かす事によって新たなスペースが、
出来る仕組みになっているんですよね・・・・。
勿論、下げたままでは、走らないように安全装置も働きますよ!





e0254365_21491326.jpg

そしてメーターの左右にあるこのノブをグリグリ回して・・・・・。





e0254365_21504750.jpg

一番上のポジションで固定すると、何と言うことでしょう~♪





e0254365_21522072.jpg

こんな感じから・・・。





e0254365_21531218.jpg

こんな感じになっちゃいました・・・・。
さすが、BMW使える機能が沢山搭載されていて
お気に入りの一台になること間違いなし・・・・みたいな感じになると思います。

まだまだ説明したらないんですが、きりがないのでひとまずこの辺で
ご勘弁下さい・・・・。
オプションエクイップメントも沢山ありますよ~・・・・。

そうそうとてもいいニュースがあります・・・・。
モトラッド京都では、今ご紹介した車両を
試乗車として使う予定なので完成した暁には、是非皆さん
ご試乗にご来店くださいね・・・・。
[PR]
by motorradkyoto | 2012-11-06 22:01 | 新車情報 | Comments(0)