カテゴリ:Goods Presentation( 39 )

皆さんこんにちは、モトラッド京都のM村です。
今回は、超が付くほど久しぶりに素敵なのを紹介したいと思います。
「Volt Magic」のジャンプスタート付きモバイルバッテリー&ポータブル電源です。
e0254365_16354842.jpg

バイクには、大きなものを積むという事は、極力避けたいのが本音ですね。
で、今回ご紹介する小道具は、万が一旅先でバッテリーをあげてしまった時の
お助けGoodsです・・・・。なんと満充電で最大20回のジャンプスタートが可能だとか。
対象車種は排気量4500CCのガソリン車までOKだそうです。

12000mAhリチウムイオンバッテリー搭載で超低自己放電性能により
充電後長期間保管してもバッテリー残量保持。
噂によると満充電で約1年放置しても8%位しか放電しないそうですよ・・・・。

保護機能搭載のスマートクランプが標準装備
(保護機能;逆接続、ショート、過充電、過電圧、低電圧)
独自のAIテクノロジーでモバイル端末・スマホを急速充電OK!
さらにモバイル端末・スマホの充電可能(i-Phone 6なら約4回可能)







e0254365_1715059.jpg

ファスナーを開けるとこんな感じです・・・・。
チャージャー本体が収まっているのが確認できます。
間にネオプレーンゴムの仕切り板があります。





e0254365_175949.jpg

その仕切り板をこんな感じでペロ~ンと捲ります・・・・。
するともうひとつのスペースにクランプや、各充電ケーブルが収まっています。






e0254365_1784020.jpg

とにかく、中身を全部出してみました・・・・。





e0254365_1794818.jpg

繰返し利用できる充電式(充電はマイクロUSBで実施)
バッテリー残量をLEDインジケーターで一目瞭然的。





e0254365_1711769.jpg

一応念のためにアップ画像もひとつ載せてみました・・・・。





e0254365_17143688.jpg

側面には、おっと便利!超高輝度LEDフラッシュライト搭載
(点灯モード:連続点灯、SOS点滅、フラッシュ点滅)と3パターン。





e0254365_17163769.jpg

なんとま~サバイバル感が、伝わって来そうなコンパス搭載です。





e0254365_17215988.jpg

極太で尚且つ豪快三又ケーブルです。因みに僕は、こんなの初めて見ました。
勿論、同時に充電可能!
過充電防止機能を搭載でマルチ充電用ケーブルが標準装備
(マイクロUSB、ミニUSB、ライトニングコネクタ)





e0254365_17245734.jpg

本体充電は、このケーブルをお使い下さい。





e0254365_17253989.jpg

で、これが、ジャンプ用ワニ口クランプです。
価格は、税別15,800円です。
興味のある方は、当店にて現物が見れますのでお気軽にお問合せ下さい。
また面白そうなものが、あればドンドンご紹介したいと思います。
[PR]
by motorradkyoto | 2016-09-09 17:38 | Goods Presentation | Comments(0)

皆さんいかがお過ごしでしょうか?
僕の方はというと寒さが大の苦手なので元気は元気ですけれど
超辛いです。おまけに乾燥肌なのでもう痒くて、痒くてたまりません・・・・。

当然指先までもが、かすかすになるので本やカタログ、伝票に至るまで
全然めくれません!かと言ってお客様の前でペロリと指を
舐めるわけにも行かず僕にとっては、困った季節でもあります・・・・。
そこでこの季節僕が頼りにしている指サックをご紹介しましょう!
e0254365_14432428.jpg

指はらまきタイプと指先っちょタイプです・・・・。





e0254365_14463798.jpg

指はらまきタイプは、最近まで使っていたタイプですが、
紙の素材によって指の周りをクルクル回りだしたりするので
時々使えない時がありました・・・・。





e0254365_14483011.jpg

その点この指先っちょタイプは、抜群のグリップ力を発揮し
ホールド性も抜群です。僕は、つめを伸ばしていないので別に
関係ありませんが、ネイルアートなど楽しんでおられる女性なんかは、
先っちょの穴あき部分からにょきにょき出し放題ですね~コレが・・・・。

なので今は、もっぱら指先っちょタイプばかり使っています。
この季節指先かすかすの皆さん是非一度お試しください。
中々良いですよ・・・・。





e0254365_14564973.jpg

さて今回は、以前紹介したこともありますが、真っ黒け車体カバー
第二弾!「BLACK COVER StandardⅡ」をご紹介しましょう。
まずはお約束のオールブラック生地使用!!

210Dのブラックカラーコーティング生地に難燃処理と
撥水加工を施してあります。また、上面部の縫い目にシームテープを入れ、
雨水の浸入を抑止。さらに中央部に固定用ベルト、後部に紐絞りを装着し、
風によるバタつきを抑止します。
大型チェーンロック用ホールを前後に採用分かり易い色付き開口部・・・・。

前回にはなかったカバー後部に一体構造の収納バック付きもGOOD!
トップケース装着車用は、トップケースを装着したままの車両にも使用可能。
※トップケースの形状により、使用できない場合があります。





e0254365_15275460.jpg

今回は、トップケース付きで検証してみました・・・・。
バッチリ収まっています。生地も前回に比べて肉厚があり良いですね・・・・。





e0254365_15304229.jpg

ハンドル幅やミラーの事もよく考えてありますね~。





e0254365_15314136.jpg

パニアケース、トップケースとフルサイズでの検証でしたが、
コレもまったく問題がありません・・・・。
そこで、肝心のモデルに使った車両ですが、実はBMW Motorradで
一番大きなモデルで行いました・・・・。





e0254365_15341721.jpg

じゃ~ん!K1600GTLで~す!





e0254365_1535111.jpg

これだと闇夜の駐車場などでは、目だち難いでしょうね・・・・。





e0254365_15521441.jpg

タイプは、スタンダードとトップケース付き専用の2タイプです。
価格は、スタンダードで税別11,500円
トップケース付きで税別12,000円
因みにこの手でサイズは、4Lです。
[PR]
by motorradkyoto | 2014-12-08 16:05 | Goods Presentation | Comments(0)

日に日に秋めいてきたかと思いきや今日なんかやたらめった
暑くて夏みたいな一日でした・・・・。
やはり台風の影響なのでしょうか、そういや風も結構強く
吹いていたような気がします・・・・。

そうそう、皆さんには全然関係ないですが、
当店裏の公園は、雑草が伸びるだけ伸びジャングルのように
ボウボウ生え放題でしたが、二三日前より草刈部隊が
出動していて休み明けの今朝、裏の公園を見てみると
二枚刈り位かな~・・・・?
???
ところで、二枚刈りって何?
そんな訳で丸刈りについて少し掘り下げてみる事にしました。
そもそも「何枚刈り・・・・。」というのは、関西地方での
表現だそうです。
丸刈りの長さを表すのに、関東地方では分・厘、
近畿地方では枚(バリカンに取り付けるスペーサーの枚数に由来)を
用いることが多いそうです。
分や厘は尺貫法でよく耳にしますが・・・・。

関東地方
1厘刈り:0.5mm
5厘刈り:2mm
1分刈り:3mm
3分刈り:6mm
5分刈り:9mm

近畿地方
1枚刈り:2mm
1枚半刈り:3mm
2枚刈り:5mm
3枚刈り:7mm
本当かよく分からないですが、気になる人は、もう少し
掘り下げて調べて頂くと新たな事実が見つかるかも・・・・?

さて、本日は、最近発売されたばかりの
メッツラーのタイヤをご紹介したいと思います。
e0254365_1759282.jpg

純正タイヤを数多く排出しているメーカーとしてもお馴染みですね!





e0254365_181727.jpg

で、その話題のタイヤがコレ!
「SPORTEC™ M7 RR」です。
マン島TTレースやNorth West 200、Ulster Grand Prixなど、
過酷な公道レースへの参戦を通じ得られたノウハウや最新の
テクノロジーを投入し、スポーツライディングに不可欠な
“軽快なハンドリング”“高いドライグリップ”と同時に、
スーパースポーツタイヤとしては異次元の
“ウェットパフォーマンス”と路面状況の把握のしやすさといった
“安全性”を高いレベルで融合した、スーパースポーツタイヤの新基準

◆外径の大きい新プロファイル
:優れたハンドリングと路面追従性

◆内部構造の最適化:減速時やコーナーリング時の優れた安定性、
路面状況の把握といった安全性

◆メッツラー独自のグルーブデザイン
:雨天でも安心してバンクできる優れたウェットパフォーマンス

◆最新のコンパウンド
:非常に高いドライグリップとウェットパフォーマンスの両立





e0254365_1821775.jpg

それでいち早く今回、K1300S HPPに装着させて頂きました!





e0254365_1834260.jpg

リフトに乗っていたのでこの角度での撮影になってしまいました。





e0254365_1843939.jpg

どうです?よく喰いそうでしょ!
それもそのはずコンパウンドは、フロントに低温ウェット時にも
グリップ力を発揮できる100%シリカを採用。
リヤは2分割式とし、中央に耐磨耗性に優れる70%シリカとしている
そうですよ・・・・。





e0254365_189423.jpg

メッツラーの「スポルテック」は、サーキット指向の「レーステック」、
公道指向の「ロードテック」の中間に位置付けられる
スポーツ指向のタイヤになっています。
そして、新しい M7RR は、M5 の後継型であり、末尾の“RR”は
“ロード・レーシング”を意味している。つまり、
マン島TTレースをはじめとした公道レースのノウハウを還元した
スーパースポーツタイヤってことだそうですよ!「よさげ~!」





e0254365_18114583.jpg

トレッドパターンは、フロントの溝面積を増やしてウェットグリップを
高める一方、リヤは溝面積を減らし、ドライグリップを確保している。
水膜がフロントで排除されるため、溝を減らしても大丈夫という
判断だそうです・・・・。





e0254365_1813232.jpg

現在は、品不足だそうなので皆さんの手元に届くには若干
時間がかかりそうですが、もう少しご辛抱下さいとの事です・・・・。
それにしても今回のこのタイヤは、結構良いかもしれませんね。
気が付いたら結構みなさん履いてそう・・・・?
















   
[PR]
by motorradkyoto | 2014-09-25 18:24 | Goods Presentation | Comments(0)

昨日の定休日ですが、河原町通りにあるワタナベ楽器に楽譜と
備品等を購入しに行きました・・・・。
見たら欲しくなるのでウクレレコーナーの方向は、
なるべく見ないように頑張って背を向けていました。

そしたら女性グループが、そのコーナーでウクレレを色々と
あ~でもない、こ~でもないと物色していました・・・・。

僕としましては、もう気になって、気になって女性グループが、
帰った後我慢できず遂にそのコーナーへ足を踏み入れてしまいました。
そしたら、この間訪れたときより商品がだんぜん充実していて
カタログでしか、見たことの無かったあこがれの一本が
飾られてました・・・・・。

「えらいもんみてもた~・・・・。」てな気分で後ろ髪を引かれつつ
帰ってきました・・・・・。(涙)
当分うなされそうではありますが、なんとなく購入が、時間の問題の様な
気がしてなりません・・・・。(笑)
「あかん、あかん、あかんど~・・・・。」

さて、僕の煩悩の話はこれくらいにしておきまして今回は、
BMW純正・コミュニケーションシステムの取付エアフロー編を
ご紹介したいと思います・・・・。

とにかくこの手の加工技術に関しては、ピカイチノ腕の持ち主Mr.M氏を
なくしては、話を進めることができません!
そこで、話を進めるためMr.M氏に加工をお願いしました・・・・。

こんにちは。スタッフのMr.Mです。
今日は、取り付けられた事が殆どないであろうと思われるエアフロー2ヘルメットに、
純正のコミュニケーションシステムを取り付けてみました。
取り付けの大半は何時も私の役廻りで、システム6ヘルメットは
かれこれ30個以上はセットしています・・・・。

e0254365_18591246.jpg

エアフロー2ヘルメットの全体の佇まいがこちらです。
マニュアルを一読すると、システム6よりは、すんなり行きそうです。





e0254365_190730.jpg

構成パーツはご覧の通りです。システム6よりは1点
少なく、従来通りバッテリーパックは別売となります・・・・。





e0254365_191840.jpg

先ずはヘッドパッドと頬パッドの左右を取り外します。頬パッドは
どちらのメーカーも上手くはめ込んであり、
「エイッ、ヤーッ」的に取り外します。フ~・・・・。





e0254365_193118.jpg

ヘルメット後部の樹脂エンブレムを、ヒートガンで少し温めてから
取り外して下さい。両面粘着テープは綺麗に脱脂して下さい。





e0254365_1935684.jpg

キーボードはケーブルを通す穴があり、ねじれないように通して
後で固定するのではなく、この段階で位置決めをして固定します。
ある程度組みつけてからだと、キーボードの
身動きが取れなくなります・・・・。





e0254365_195690.jpg

全てのケーブルをメインボードに接続して、防水ケースに
バッテリーパック共々差し込み、ヘルメット後部の専用の
間仕切りに納めます・・・・。





e0254365_1965583.jpg

薄型高性能スピーカーが、搭載の出番を待っています・・・・。





e0254365_1991837.jpg

マイクはT10のトルクスを使い、付属のスクリューX2本を
締めこむだけでOKです・・・・・。





e0254365_19102053.jpg

充電用ケーブルの取り回しに注意して、その他のケーブル類も
綺麗に束ねましょう。プラモデル用のコンベックス(結束バンド)
等を使用すれば完璧です。この段階でヘッドパットを8割方
取り付けます・・・・。





e0254365_19113655.jpg

マニュアルによると、スピーカーは頬パッドに早い段階で取り付け
そのままヘルメットに組み付ける内容になっていますが、
頬パッドを組み付けてからスピーカーをセットした方が賢明です。





e0254365_1912417.jpg

後は内装も含め、全体の体裁を整えればハイ出来上がりです。






e0254365_19133382.jpg

工具はT10のトルクスレンチ(マイクを固定する)のみでOKですよ。

さて、気になるお値段は
エアフロー2ヘルメット用コミュニケーションシステムが¥61,560で、
バッテリーパックが¥5,400となっております。
(その他、取り付け工賃は別途)
興味のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。






  
[PR]
by motorradkyoto | 2014-09-18 19:16 | Goods Presentation | Comments(0)

皆さんこの冴えない天気の中、いかがお過ごしでしょうか?
僕は、ここんとこ毎日起きて10分、就寝前10分ウクレレを触って過す
日々を送っています・・・・。「上達の決め手は、毎日触れること・・・!」と
言う訳でとりあえず毎日触れてます・・・・。

肝心の腕前のほうですが、一日合計20分ですからそのレベルの
腕前だと想像して頂ければ問題ないと思います。
僕の場合、だいたいそうですがとにかく上達するスピードが、遅い!
目標は、Jake Shimabukuroを目指す勢いのつもりですが
高木ブーも凄そうなのでこっちにシフトしようかな・・・・?

さて、いよいよ明日、明後日と待ちに待ったBMW Motorrad
一大イベントBMW Motorrad DAYS JAPAN2014です!
e0254365_17291877.jpg

個人で参加する人、友達同士で参加する人、また各ショップから
参加する人と様々な形で47に集まられると思いますが、どなたも
参加される皆さんとにかく大いに楽しんできてください!

お天気の方は、少々雨の心配は、あるものの気にせず行っときましょう。
きっと楽しい思い出が、作れると思います・・・・。

今日は、従来から人気の高いサンディアゴブーツの後継モデルである
グラベルブーツをご紹介したいと思います。
e0254365_17441363.jpg

このグラベルブーツは、耐久性優れているフルグレインレザーを
採用しさらに防水加工を施してあります。
このフルグレインレザーは、革の表面で一番外側の部分、つまり
体毛を取り除いただけの天然皮革です。

恐らく、天然皮革では一番肉厚のある素材で貼り合わせの
少ないデザインのシューズに多く使われています。
少し昔になりますが、CONVERSEのweaponや
NIKEのforest hillsなどが、印象的です。






e0254365_17594222.jpg

ねじり剛性の極めて高いカップ型ラバー製アウトソールが採用され
グリップ性能に優れたプロファイルによりオフロードでの
卓越したグリップ力を発揮しライディングに集中出来る接地感を実現。





e0254365_1851955.jpg

高級アルミニウム製バックルが2個装着。





e0254365_1894768.jpg

調整可能なクイックロックは、足をブーツに完璧にホールドするので
過酷なロケーションでも確実にそのポテンシャルを発揮。





e0254365_18122146.jpg

かかと部分に反射性素材を採用することにより昼夜問わず後方車に
対しこちらの存在を認識させる事ができる。





e0254365_18165313.jpg

ライナーには、GORE-TEXフィルムが、使われ防風防水性および
優れた通気性が長時間持続可能となりました。





e0254365_1820660.jpg

インソールを外した状態の撮影でも分かるようにGORE-TEXフィルムが、
靴底までしっかり施されていますね・・・・。





e0254365_18222748.jpg

ブーツ上部まで浸水を防ぐ加工がされているのもこの写真にある様に
一目で分かります。またグラベルブーツは、「モーターサイクリスト用
保護シューズ」に準拠していて製品的には、非常に高いレベルでの
規格の要求事項を満たしていると言えるでしょう・・・・。





e0254365_18292818.jpg

インナーソールにおいても抗菌性は、もとより着脱式で
抜群のフィット感を実現させる一足です。





e0254365_18301290.jpg

解剖学的に成型されているインナーソールは、パーフォレーション加工を
施したフレキシブルなフロント部分により、フットレスト上での
感覚も良好となります。





e0254365_1835358.jpg

機能的に成型されているTPU(熱可塑性ポリウレタン =ゴムのような
しなやかな弾力性と硬質プラスチックのような強靭さを
合わせ持つ高分子化合物だそうです・・・・。)シフトレバープロテクターを
採用する事により衝撃緩和と操作性の向上を実現。





e0254365_18455167.jpg

e0254365_18443471.jpg

大判のマジックテープを採用する事によりある程度のふくらはぎの
サイズに対応できるのも大変親切である・・・・。
と言う訳でグラベルブーツの良さが、お解かり頂けましたでしょうか。
ここで紹介しきれない長所に関しては、ご来店時にご自身でお確かめ
いただければご納得いただけることでしょう!

さて、気になるサイズとお値段ですが、
EUR size 38~48 (約24センチ~28.5センチ位)
税込57,240円








   

   
[PR]
by motorradkyoto | 2014-08-29 18:55 | Goods Presentation | Comments(0)

毎日夏日の続く今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
連日30℃を超える日々で体調も調子もおかしくなる人も多い事でしょう。
それでも体調管理をバッチリ整えてお仕事がんばってください・・・・。
あとで、いいの紹介するのでお楽しみに・・・・。

そうそう、予てより様々な情報が飛び交っている
BMW C evolutionのテスト走行の模様の映像です・・・・。
いよいよ現実味を帯びてきた感じがしますね~。
2015年には、もうドイツあたりで疾走してるんじゃないんでしょうか・・・・?

発進時のレスポンスも良さそうですし、なによりかっこいいですよね~!





さあ~、いいもののお話に入りましょうね・・・・。
本日、去年爆発的人気で商品不足のまま夏が終わっちゃった
例の物が、入荷いたしました・・・・・。
e0254365_1825325.jpg

そうです!クールダウンベストです。





e0254365_18261451.jpg

前面と背面のハイパークール機能性テキスタイルによる
冷こい、冷こい、冷却ベスト。





e0254365_1829373.jpg

真夏と言えども明け方や日の暮れなんかは、寒いくらいCOOL!
目測を誤ると風邪ひいちゃうかも・・・・・?くらいCOOL!
給水させる水分量によっては、最大8時間保存するくらいCOOL!





e0254365_18333228.jpg

気になる外気温との温度差は、-6℃~-12℃差が有るそうです。
側部には、高ストレッチ素材を採用しているので男女兼用が、
実現できました・・・・。





e0254365_1838158.jpg

取り扱いは、至ってシンプルです・・・・。
写真でもお分かりのように、濡らして絞ってはい終わり・・・・。
さじ加減は、使っていくうちに習得してくださいね。

それにしてもこの手の便利グッズは、いったん売れ出すと
中々入荷が無いので興味の有る方は、是非早いうちに
購入してください・・・・。
気になるお値段は、税込14,580円どす。










   
[PR]
by motorradkyoto | 2014-05-29 18:56 | Goods Presentation | Comments(0)

今日は、全国的に夏日だそうです!
道行く人たちも腕まくりにTシャツと、それにしてもつい最近までの寒さは、
いったい何処に行ったんでしょう・・・・?

そう言えば、玄関先の金木犀もいきなりボウボウに生えてきて
夏までに一回散髪しないと家に入れなくなりそうです・・・・。

それと無謀にも植木で育てていたソテツを
何も考えずコレも玄関に直接植えたもんで若干
成長に加速が感じられこのままでかくなると
あのトゲトゲした葉っぱに行く手を阻まれ家に入れないかも・・・・。

ま~僕の家に入れない話はコレくらいにしておきまして
今回ご紹介するアイティムは、コレです!
e0254365_16443432.jpg

そうです!アスリート御用達PUMAのシューズです。
もともとアディダスと実の兄であり超不仲だったのは、有名な話ですね。
さて、ランニングシューズを皮切りにサッカー、バスケットと様々な
スポーツシーンで名声を浴びてきたPUMAですが、当然
モータースポーツとも深いかかわりがあります。

そこで今回ご紹介させていただくのがレーシングシューズです。
e0254365_17163839.jpg

ブラッチャータイプのプレーントゥーです。
カッコいいですね~・・・・。





e0254365_1874499.jpg

ヒールプロテクターには、Mシリーズのロゴが施されています。





e0254365_18124112.jpg

勿論、BMWロゴもしっかりタングに輝いております・・・・。
気になるお値段ですが、税込15,228円也
この手の商品は、たいてい少数入荷となっていますので
興味のあるお客様は、お早い目にお問い合わせください。
[PR]
by motorradkyoto | 2014-05-02 18:28 | Goods Presentation | Comments(0)

昨日、今日と久々に暖かな日々を過ごさせてもらっています。
今日も夕方まで天気が持ちそうだったのでバイクでのご来店が
睨んだとおり最近では一番賑わったかと思います・・・・。

明日は、天気が少々崩れるとの事なのでお出かけの際は、
雨具の用意は、お忘れなく・・・・。

さて、今日は最近問合せが増えてきたこんな商品を紹介しましょう・・・・。
e0254365_1729182.jpg

BMW ナビゲーターⅣの四輪用車載キットです。





e0254365_1734589.jpg

本来は、この様にバイクのどこかへ固定して使うので当然の
ことですが、シガータイプのアダプターやそれと互換性のある
配線キットが、梱包されていないのはBMWナビを所有されている
皆さんならお解りだと思います・・・・。
そこで最近良く「車でも使いたい」とか「車でも充電したい」などの
問合せにお答えしてみました。





e0254365_1740396.jpg

これは、クレードルと電源用シガーソケットを繋ぐコードです。





e0254365_17415961.jpg

そしてこれが、BMWナビ専用クレイドルです。
コレに接続する事によってナビ本体より直接ガイダンスが流れる様になり
二輪に取り付けた時の様にインターフォンを装着する必要が有りません。





e0254365_17444549.jpg

ショーウィンドで恐縮ですが、装着テストをしてみました。





e0254365_17455098.jpg

この様に吸盤の上部にレバーが付いていてコレを上下に操作する
ことにより強力な吸着力が生まれ簡単にガラス面から
脱落しないみたいですね・・・・。





e0254365_1748923.jpg

裏側から見るとこんな感じです・・・・。
外側からは、紫外線の反射などから取り付け部が見え難く
ブサイク感は、あまり感じられず問題なさそうです・・・・。

気になるお値段ですが、
カーマウントキット(クレイドル部分)は、税込8,400円
カーアダプターは、税込5,040円

店頭でも販売していますので来店でのご購入もOK!です。



















   
[PR]
by motorradkyoto | 2014-01-25 18:17 | Goods Presentation | Comments(0)

ここしばらく清々しい日が続きますね・・・・。
そうそう、僕んちの近所では植木屋さんがあちらこちらの庭の植木を
チョキ、チョキ剪定してる風景をよく目にします・・・・。
昨日もお向さんが、庭の剪定で植木屋さんが何人か来られてました。

それと金木犀の香もするようになりました。
あの香ってホントいいにおいですよね~。
ちなみに僕んちの玄関にも植えちゃってるんです。
剪定のタイミングを間違えると花が咲かなかったりするのが厄介ですけどね。

彼岸花もよく目にする様になりました・・・・。
葉っぱが無いせいかなんとなく極楽浄土的に感じるのは、僕だけでしょうか?
e0254365_2024810.jpg

ねっ、なんかそんな感じでしょ・・・・?
ちょっと画像のチョイスが、誇張し過ぎでしょうか・・・・。

さて、秋の訪れのお話しは、これくらいにしておきまして。
今日ご紹介するGOODSは、MOTO CORSE 社製の
「チタニウム プロテクション スクリーン ラジエーター」のご紹介です。
新型R1200GSも発売され半年が過ぎようとしています。
その間には、少しづつではありますが様々なパーツメーカーより
色々なパーツが紹介される様になりました・・・・。

そこで、今回僕が、チョイスしたのが、今回の商品です。
e0254365_20193413.jpg

MOTO CORSE 社製チタニウム プロテクション スクリーン





e0254365_20222331.jpg

正面から見るとこんな感じです・・・・。





e0254365_2023691.jpg

正面左斜めから見るとこんな感じです・・・・。
チョッと、解り難いですよね~。
わかりました!
それでは、大至急手配しましょう・・・・。





e0254365_20254456.jpg

という訳で実際に取り寄せてみました。
「さすが、いいものを作りますね~・・・・。」的印象を受けました。





e0254365_20262843.jpg

でもって、これをこんな感じでまず比べてみてそして次に・・・・。





e0254365_20272543.jpg

チョコッと上から合わせて見ました。
どうです?何となくイメージが描けたのではないでしょうか・・・・。
実際この車両の行動パターンから察するにこの部分には、
コレが、あってもいいかな~・・・・。

ちなみに純正パーツでは、このような商品は、発売されていません。
何故かと言うとオイルクーラーもラジエターも同じ考えですが、
冷却装置とされるデバイスの前に風の取り込みを妨げる物は、
機能低下を起こしかねないのでそのような物は、取付けないと言うのが、
実際のところだそうです・・・・。

それでもオーナーの心情を察するに季節にもよりますが、
虫の激突に悩まされたり、コアが、曲がって見っとも無かったり
何より破損するのが厄介だとお考えの方も多いことでしょうね。
いずれにしてもよく吟味して取り付けて下さいね。

それでは、気になるお値段です。
メーカー希望小売価格
税込24,800









   
[PR]
by motorradkyoto | 2013-09-28 21:01 | Goods Presentation | Comments(0)

BMW GS Electric Motorcycle?

近未来的GS?
こんなワクワクするCG映像を見つけちゃいました。

もし、GSまでが電気で走るようになったら色んな意味で
バイクに乗る楽しみ方が、変ってくるでしょうね・・・・。




さて、知っている人は知っている。知らない人はまったく知らない・・・・。
なんていうアイティムを紹介したいと思います。
現在、Rシリーズで使われているオイルの推奨グレードは、
20W-50の鉱物油が、使われていました。
e0254365_1351010.jpg

よく1リットルで購入されている方には、お馴染みのラベルですね。





e0254365_1395731.jpg

裏側には、この様に「20W-50 鉱物油」と表記されています。





e0254365_13113410.jpg

そして、今回後継商品として15W-50が発売されました。





e0254365_131289.jpg

こちらは、「15W-50 部分合成」となります。
違いについては、従来の推奨オイルと殆んど差が無いと思われます。
それに実際のところ半合成油と鉱物油は
エンジンの性能を引き出すのには、同じと考えていいでしょう。

あえて言えば、鉱物油と半合成油の違いは熱ダレや酸化
それと洗浄性能等が、一般的によく言われます・・・・。
フィーリングも半合成油、鉱物油とも変わらないと思います。





e0254365_13454674.jpg

オイルも世代交代の波が押し寄せていますね・・・・。













  
[PR]
by motorradkyoto | 2013-09-22 10:27 | Goods Presentation | Comments(0)