毎日夏日の続く今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
連日30℃を超える日々で体調も調子もおかしくなる人も多い事でしょう。
それでも体調管理をバッチリ整えてお仕事がんばってください・・・・。
あとで、いいの紹介するのでお楽しみに・・・・。

そうそう、予てより様々な情報が飛び交っている
BMW C evolutionのテスト走行の模様の映像です・・・・。
いよいよ現実味を帯びてきた感じがしますね~。
2015年には、もうドイツあたりで疾走してるんじゃないんでしょうか・・・・?

発進時のレスポンスも良さそうですし、なによりかっこいいですよね~!





さあ~、いいもののお話に入りましょうね・・・・。
本日、去年爆発的人気で商品不足のまま夏が終わっちゃった
例の物が、入荷いたしました・・・・・。
e0254365_1825325.jpg

そうです!クールダウンベストです。





e0254365_18261451.jpg

前面と背面のハイパークール機能性テキスタイルによる
冷こい、冷こい、冷却ベスト。





e0254365_1829373.jpg

真夏と言えども明け方や日の暮れなんかは、寒いくらいCOOL!
目測を誤ると風邪ひいちゃうかも・・・・・?くらいCOOL!
給水させる水分量によっては、最大8時間保存するくらいCOOL!





e0254365_18333228.jpg

気になる外気温との温度差は、-6℃~-12℃差が有るそうです。
側部には、高ストレッチ素材を採用しているので男女兼用が、
実現できました・・・・。





e0254365_1838158.jpg

取り扱いは、至ってシンプルです・・・・。
写真でもお分かりのように、濡らして絞ってはい終わり・・・・。
さじ加減は、使っていくうちに習得してくださいね。

それにしてもこの手の便利グッズは、いったん売れ出すと
中々入荷が無いので興味の有る方は、是非早いうちに
購入してください・・・・。
気になるお値段は、税込14,580円どす。










   
[PR]
by motorradkyoto | 2014-05-29 18:56 | Goods Presentation | Comments(0)

お客様の愛車紹介 Vol.20

ジリジリと暑い日が来そうな今日このごろ皆さんいかがお過ごしでしょうか?
我が家は、朝だけとはいえストーブを焚いてる今日この頃です・・・・。
昼間になると朝のストーブが考えられないくらい暑いというのにね~。

さて、本日はお客様の愛車紹介を久しぶりにしたいと思います。
今回で20回目となる車両は、R80GSベイシックです。
いまだ探し続けている人もいるくらい根強い人気の一台です・・・・。
それでは、Mr.M氏愛車紹介宜しくお願いいたします。

みなさんこんにちは、スタッフのMr.Mです。
今回はコレクターズアイテム化しつつある、R80GSベイシックのご紹介です。
e0254365_14255114.jpg

すでにこの時期にはOHV系GSの後を継ぎ、R1100GSが比較的好調な
セールスを続けていた頃で、私自身も「何で今更OHVを」と思ったものでした。





e0254365_14265588.jpg

’96年の秋に発表があり、その年に100台、’97年にも100台、
そして’98年に20台と、結果的に都合220台が導入され
予想を覆すように早々に完売となったヒットモデルでした・・・・。

当時の京都モータークラブ店にも引き合いが多く、BMWさんや他ディーラーさん
から車両をかき集め、合計21台を販売した記憶が鮮明に残っています。





e0254365_14291085.jpg

越智さん所有のGSは’98年登録で、最終ロットの1台とも言えます。
ノーマル状態で118万円と、今から思うと購入し易い価格設定でもあり、
パニアケースを含むフルオプションを装備すると150万円位になりました。





e0254365_14311971.jpg

越智さんはパニアケースもお持ちですので、ケースが装着されれば
フルオプション状態となります。フレームのブルーがイイアクセントに
なっているのが、GSベイシックの特徴です・・・・。





e0254365_14322633.jpg

メーター廻りは極めてシンプルで、R100GS系の初期モデルと
同様です。右のレブカウンターと左の時計はオプション設定です。
キーポジションが4つ有り、ヘッドライトスイッチも兼ねている部分が
旧態依然としています・・・・。

ライトを点ける時は一瞬片手になるので危ない場面にも遭遇します。
走行は約22,000kmで、機外共に非常に良い状態をキープされています。





e0254365_1445486.jpg

環境問題にも配慮され’97年と’98年のモデルには、「セカンダリー
エアーシステム」が採用されています。これはエアークリーナーBOXの
底にバイパスを設け、フレッシュエアーをマフラーに導き排ガスを
浄化させて排出すると言う手法です。

欧州は勿論、日本でも平成11年の秋頃から二輪車の排ガス規制が
スタートし、世界基準を視野に入れていたのでしょうね。
’96年モデルには装着されていません。

BMWは安全面や環境問題にも真摯に向き合うメーカーで、
'88年にABS、’92年にキャタライザーをオプション設定した
K100系・K1100系を発表しています・・・・。





e0254365_1449530.jpg

'88年発売のR100GSから脈々と受け継がれているパラレバー
スイングアームも、GS系にはベストマッチと言えます。
サスペンションはホワイトパワー製が標準装備されています。
ホイルはクロススポークホイルが奢られていました。





e0254365_1450474.jpg

正面から見ると非常にスリムですが、そのぶん
エンジンの存在感が特出してみえます・・・・。
現行のモデルに馴染んだ方にはあまりにも非力(パワーは50馬力です)で、
OHVエンジンに対する理解と愛情が必要です。

越智さんも現行モデルを含め複数台のBMWを所有されておられ、
誤った使い方はされていませんし、かなりの愛情も注がれています。
R80GSベイシックを探しておられる方は沢山いらっしゃいますが、
如何せん車両が市場に出て来ないのでどうしようもありません・・・・。

当店ベテランメカニックのH本も新車で購入したフルノーマル車を
所有していますが、全然乗れてなくて朽ち果てているとか・・・・・。





e0254365_14554420.jpg

今回この車両は車検で入庫しましたが、プッシュロッドシールからの
オイル漏れが著しいとの事で左右4ヶ所を交換する事になりました。

ご覧のようにシールの交換は、シリンダーを抜かないと出来ません。
この作業をするに於いてはピストンやバルブ含め、ヘッド廻りの
OHも併せて推奨しています・・・・。





e0254365_14564981.jpg

整備されるところによっては、プッシュロッドシールのオイル漏れを、
シール剤を使って処置が施されてある車両を目にする事が
多くなりましたが、作業レベルの低さと共にオーナーの方の愛情の
なさがうかがい知れます・・・・。
純正部品を使用して正確な作業を施す事が、基本中の基本です。





e0254365_15173854.jpg

当店では作業進行時に各部の撮影を行い、完成の引渡し時に
画像を確認しながらご説明させて頂いております・・・・。

だからと言ってジャンジャン整備の相談を持ってこないでくださいね。
当然の事ながら親切、丁寧な分時間と費用がかかりますので
ご理解の程、よろしくお願いいたします・e0254365_15334810.jpg


















   


  
[PR]
by motorradkyoto | 2014-05-23 15:36 | お客様の愛車紹介 | Comments(0)

本日は、第三火曜で本来お休みですが、特別に営業しております。
しかしながらやはり、普段休んでいるので電話も来店も少なく
穏やかで静かな店内となっています・・・・。
zzzz・・・・?そんな訳無いですよ!

それにしても本日は、後半は、確か雨の予報でしたね。
それでも午前中は、太陽も顔を出していたのですが、現在の京都上空は、
ぶ厚い雲で覆いつくされており、もうじき降りそうな気配すら感じます。
五月も三分の二を消化しいよいよ夏本番に向かってカウントダウンです。

さて、今回ですが日本発売未定とされていたシステムヘルメット6EVOが、
若干数入荷しました。何せこの手の商品は、安全基準とか様々な保安基準を
クリアするのに時間がかかり6ヶ月に1回の入荷スパンになります。
おまけに1回でドカッと入荷すれば問題ないのですが、何せ小ロットなので
確保するのが大変です・・・・。
大そうな前置きは、これくらいにしておいて本題に入る事にしましょう。
e0254365_13555355.jpg

あいかわらずカメラセンスが無く申し訳ありません・・・・。
現物は、もっとカッコいいんですがいまいちうまく写せません・・・・。
改めて「ジャッ、ジャッ、ジャ~ン!」システムヘルメット6EVOデチュ!





e0254365_140963.jpg

システムヘルメット6EVO は、快適性と機能性をきわめて優れたバランスで
両立させており、その重量はわずか1,595gです。





e0254365_1403676.jpg

「BMW Helmet」の文字が妙にカッコイイではありませんか!





e0254365_1434930.jpg

ジョイントメカニズムにより、開いた状態でも実にコンパクトです。





e0254365_1442157.jpg

どうです!この男前な横顔・・・・。





e0254365_1455930.jpg

無段階調整可能な内蔵型サンバイザーは傷がつきにくく、
移り変わる太陽光や照明の条件に迅速に対応できます・・・・。





e0254365_1475546.jpg

曇り止め加工インナーシールドと、両面に傷のつきにくい加工を
施したアウターシールドからなるダブルシールド(標準装備)が、
あらゆる天候条件で良好な視界を実現します・・・・。





e0254365_1484736.jpg

内臓ネックバンド付きチンベルトによる確実な取付また、
デュポン・クールマックス製の内装は、着脱式で洗濯可!





e0254365_14154211.jpg

また、市販製品において最高レベルのエアロダイナミクスおよび
エアロアコースティクスにより、あらゆる点について
完璧な確信を与えられるヘルメットに仕上がっています・・・・。

と、本当に良くできたヘルメットとなっております。
昔からBMWヘルメットを愛用されているファンの方は、多く
究極の人間工学を極めた作品と言えるでしょうね・・・・。

さて、気になるお値段ですが税込でも10万円は、いたしませんので
ご安心ください・・・・。
それと、現在日本で展開できる色は写真のものを含め
3色となります。興味の有る方は、
お気軽にお問い合わせください・・・・。









   
[PR]
by motorradkyoto | 2014-05-20 14:25 | Comments(0)

季節はもう夏まっしぐらですね。
沖縄は、早々と梅雨に突入しこの辺の田んぼも田植え完了!
そして京都も梅雨入り体制が、万全になってまいりました・・・・。
朝、夕の肌寒さも最近ではめっきり感じなくなり、外に出ていると
天気の良い日は、日焼けまでする始末です。

モトラッド京都も毎週のように週末は、イベントやツーリングで
バッタバタの日々に追われております・・・・。
皆さんも今のうちにガッツリツーリングを楽しんでは、如何でしょう?
一年中で一番気候の良い季節です!見逃す手はありませんよ~・・・・。

さて、しばらくサボっていたブログを久しぶりに
更新したいと思います。(すごく忙しかったのでつい・・・・サ~セ~ン。)
今回は、弊社クラブチームのツーリングレポートをご紹介したいと思います。
なんと今回はMr.M氏は幹事だそうです・・・・。
きっと豪快な企画を立てた事でしょうね・・・・?
それではMr.M氏どうぞ宜しくお願いいたします。

こんにちは。スタッフのMr.Mです。
5月11日の日曜日に、当店に事務局置くツーリングクラブKMCさんの
ツーリングに行って参りました。
年に1度、私が幹事役を仰せ付けられている為、コース等の設定は全て
お任せです。そんな事もあって、またまた過酷なツーリングを計画致しました。

今年で創立40周年を迎えるこのクラブですが、
会社(当社は創立44年)の歴史と共に歩んで来た
由緒正しいツーリングクラブです。
以前はもうムチャクチャな走りで「勘弁してよ」的ツーリングが多かった
のですが、クラブ員の高齢化に伴い上は400歳・・・・?冗談です。
なので最近はまともな(これは失礼)ツーリングが増えて来ましたね。
e0254365_1655978.jpg

午前5時に山陽自動車道の三木SAに集合です。この日は
午前4時前に出発して集合場所に到着すると、すでに皆さんが
待っておられました。早い・・・・。





e0254365_16565134.jpg

私、今日も勿論新型R1200RTです。





e0254365_16574764.jpg

福山西IC下車でしまなみ海道を走りました。





e0254365_16582918.jpg

来島海峡SAで小休止中に、あまりの天気の良さに急遽ルートを
変更する事に致しました。





e0254365_1703978.jpg

松山からR33を南下してすんなり四国カルストへ入る予定でしたが、
西条からR194を南下し瓶ケ森林道を走る事に致しました。





e0254365_1715275.jpg

寒風山の旧道へ上がるルートは、必ず新寒風山トンネルの高知側から
入って下さい。この日は愛媛側から入ろうと思いましたが通行止めで、
高知側からの方が路面も比較的良いからです。
ゲートの向こう側が林道(全線舗装林道です)の入り口です。
瓶ケ森林道の案内板





e0254365_17165919.jpg

地元では「UFOライン」として親しまれていますが、この呼称が
最近では全国区として認知され始めました。





e0254365_17191368.jpg

あまりにも有名なショットですが山の稜線を走るこのルート、これほど
好天に恵まれた事は今まで記憶がございません。





e0254365_17195294.jpg

このルートの終点が、石槌山スカイラインの頂上とドッキングしており、
下りの豪快なワインディングも楽しめました。





e0254365_17204184.jpg

R33~R440をひた走り、快晴の四国カルストへやって来ました。
何時もの場所で記念撮影です・・・・。





e0254365_17215128.jpg

今年のツーリングラリーの指定ポイントでもある、天狗荘の全景です。





e0254365_17225556.jpg

天狗荘名物?の屋内の県境・・・・。





e0254365_17232119.jpg

と、屋外の県境。





e0254365_17243270.jpg

帰路は、東津野城川林道を下りR197から須崎へ出て
高速で一気に帰りました・・・・。
高知道の南国SAで休憩です。
関西方面へ帰る場合徳島道を東進し、藍住ICで一旦下車後
約3km程県道を北進し、高松道の板野IC経由で
淡路島を縦断するコースが距離も短く、
案外早く帰れますよ。





e0254365_17323578.jpg

最後は夕暮れの淡路SAで解散致しました。 
本日の走行935kmでした。
新型R1200RT・・・・もう最高ですね。

皆さん!お疲れ様でした。
それにしてもBMWのオーナーの方々は、過酷が好きですよね・・・・。
過酷が ものすごく 心地よいのでK・M・Cかも・・・・?









































   
[PR]
by motorradkyoto | 2014-05-19 17:48 | Event&Campaign | Comments(2)

今日は、全国的に夏日だそうです!
道行く人たちも腕まくりにTシャツと、それにしてもつい最近までの寒さは、
いったい何処に行ったんでしょう・・・・?

そう言えば、玄関先の金木犀もいきなりボウボウに生えてきて
夏までに一回散髪しないと家に入れなくなりそうです・・・・。

それと無謀にも植木で育てていたソテツを
何も考えずコレも玄関に直接植えたもんで若干
成長に加速が感じられこのままでかくなると
あのトゲトゲした葉っぱに行く手を阻まれ家に入れないかも・・・・。

ま~僕の家に入れない話はコレくらいにしておきまして
今回ご紹介するアイティムは、コレです!
e0254365_16443432.jpg

そうです!アスリート御用達PUMAのシューズです。
もともとアディダスと実の兄であり超不仲だったのは、有名な話ですね。
さて、ランニングシューズを皮切りにサッカー、バスケットと様々な
スポーツシーンで名声を浴びてきたPUMAですが、当然
モータースポーツとも深いかかわりがあります。

そこで今回ご紹介させていただくのがレーシングシューズです。
e0254365_17163839.jpg

ブラッチャータイプのプレーントゥーです。
カッコいいですね~・・・・。





e0254365_1874499.jpg

ヒールプロテクターには、Mシリーズのロゴが施されています。





e0254365_18124112.jpg

勿論、BMWロゴもしっかりタングに輝いております・・・・。
気になるお値段ですが、税込15,228円也
この手の商品は、たいてい少数入荷となっていますので
興味のあるお客様は、お早い目にお問い合わせください。
[PR]
by motorradkyoto | 2014-05-02 18:28 | Goods Presentation | Comments(0)