e0254365_1133561.jpg

「本日は晴天なり~!」て、久しぶりに良い天気ですね・・・・。
そもそもこの「本日は晴天なり~!」のフレーズは、どこから来たのか
チョッと気になったのでWikpediaで調べてみた・・・・。

「無線用語の一つで、調整信号。マイクテストにも良く使われる。
英語で良く使われていた『It's fine today』の直訳。
転じて放送のマイクテストでもよく使われるが
本来の英語でテストしないと意味が薄い。

これは『It's fine today』の発音には人間の音声周波数が
まんべんなく含まれているためで、
日本語の『本日は晴天なり』では満足な要素が得られない・・・・。」
との事だそうです。

さて、本日は恐らく何処も検証されていないかな?と思う
検証をして見たいと思います・・・・。
e0254365_114237.jpg

確か以前にもご照会したかと思いますが、R1200GS(K50)の
シングルシート仕様です。





e0254365_11432644.jpg

この部分のパーツは、リアシートとグラブバーを撤去して
パコン!とハメちゃいます・・・・。
"GS”と書いてある黒い部分が小物入れになります・・・・。
入る料は、そうですね~丸めたTシャツとか、ヤクルト5本位かな・・・・?





e0254365_11514527.jpg

さて、ここにとりいだしたる二つのトップケース!
どちらがどちらで、どちらがどちらか、お解りでしょうか?
そうです。解かる人には、解かるんです。

要するに現行モデルのGSを所有されている方か更には、
最近のF800GS-700GSに所有または興味を持たれている方には、
すぐわかると思います・・・・。

因みに左側がR1200GS(K50)用右側が、F800-700GS用です。
どうです・・・・。何か感じません・・・・?そうでしょ・・・・。
リッド以外つくりが酷似しているのです!





e0254365_1291760.jpg

違う角度からも撮影しました。ね、良く似てるでしょ・・・・。





e0254365_12115645.jpg

と言う訳で本来F800-700GS系に取り付けるべきトップケースを
R1200GS装着してみました・・・・。





e0254365_1214958.jpg

じゃ~ん!付いちゃいました。メタル部分が、イヤならコレもありかも・・・・。





e0254365_12154516.jpg

こんな感じですね!ソロツーリングの場合この手の積載方法を
取り入れるユーザーの方もおられます・・・・。





e0254365_1218175.jpg

で、当然の事ながらF800GSでも、試してみました!
どうです?ちゃんとR1200GS(K50)用のトップケースが、
装着できちゃったでしょ!

更にこの車両は、F800GS-Aなので本来樹脂製ケースは、装着不可
なのですが、F700GSのベースブラケットの取付を試みたら
なななんと、コレもまた付いちゃいました!





e0254365_12232663.jpg

本来F800GS-Aには、コレしかオプションパーツが、
照会されていないのですが、今回2パターンの検証が出来て
大満足の一日でした・・・・。

注)今回検証した2つのパターンは、悪までも「付く」と言うだけの
  ものなのでディーラーとしては、推奨するものではありません。


  
[PR]
by motorradkyoto | 2015-01-19 12:28 | パーツ検証の部屋 | Comments(0)

今年に入ってから凄い雪が降ったかと思えば、雨がどっさり降ったり
ポカポカ陽気になると見せかけて寒波の大売出し・・・・・。
本当に最近のお天気は、つかみどころが無いですね。

そういえば、今日こられたお客様に面白いお話を聞きました。
「二週間ほど北海道の富良野にスキーに行ってきたんだよ・・・・。」と
お客様が、話し始め聞くところによると正月前後に行っていたそうで
「それじゃ~雪で大変だったでしょうね!」と僕が言うと
「ぜ~んぜん、地肌が見えているところとかあったよ・・・・。」

僕「?????」、「何でですか、その頃冬の嵐みたいで凄かった
じゃないですか~。」するとお客様が、「それ、それが問題やねん!その当時
猛吹雪は、吹雪やったけど風が強すぎて雪が地上に積もらず
どっかに行ってもたらしい・・・・。」
僕「エッ、エ~・・・・・!」と不思議な光景をイメージさせながら
お客様のお話に聞き入っていました・・・・。
e0254365_18311463.jpg

因みに僕が想像する猛吹雪後の富良野のスキー場です・・・・。






さて、不思議な話題は、コレくらいにしておきまして
本日は、サービス工場の日々作業風景についてのエピソードとなります。
では、M岡さんよろしくお願いいたします。

こんにちはスタッフのMr.Mです。
昨年は車両のリコールが非常に多く、サービススタッフはホント、大変な
1年だったのではないでしょうか。おまけに昨年12月は、約40台の
検査車両と重整備車両や点検整備車両、リコール車両を含め100台以上の
車両が入庫し、連日深夜までの作業が続きました。

長らくディーラーをやっておられる販売店さんは皆同じような状況で、
管理ユーザーさんの数が半端ではありません・・・・。
今年も昨年からの余波を引きずってのスタートです。
e0254365_1835064.jpg

T中君の作業はR1200RTの車検と、ヘッド廻りのOHです。





e0254365_1836181.jpg

R1100系・R1150系・R1200系のOHCヘッドを持つエンジンは、
どうもカーボンが蓄積し易い構造になっています。我々はとにかく、
回して乗って頂くように推奨してはいますが、燃費重視の運転を
されている方は要注意です。





e0254365_1837454.jpg

ピストンを含めたヘッド廻りのリフレッシュで見違えるようになります。
10万kmを目指して走行されている方は、クラッチのOHも併せて
作業されるとよろしいかと思います。予算は締めて40万円也。





e0254365_1838772.jpg

S藤君も休む間がありません。K1600GTのETCを含めた
オプションの装着です。細かい配線処理の丁寧さで、その店の
レベルが判ります。





e0254365_1839625.jpg

S1000RRのHPチタンエキゾーストの取付けです。取付け後を
お見せ出来ないのが残念です。





e0254365_18411638.jpg

納期がタイトなF700GSの作業は、深夜にまで及ぶ模様です。





e0254365_18422030.jpg

N脇君は、手薄になって来た営業にも一役買ってもらっています。





e0254365_18431052.jpg

運輸支局への持込み検査は、全てN脇君に任せています。
当社の掟で台数に関わりなく、とにかく午前中に検査を終了
させる事を合言葉にしています・・・・。





e0254365_18441616.jpg

持込み台数が6台以上の時は、私も駆り出されます。
この日はN脇君にこき使われ、私も息が荒かったですよ。





e0254365_18452783.jpg

H本君は地下工場での作業です。K1200Rスポーツの車検と
リコール作業です・・・・。





e0254365_18462882.jpg

古い車両の入庫も多く、長年放置されていたK1を蘇らす蘇生
作業です。費用は50万円は下らないと思います。
あらゆる車両に触れて来たH本君ですが、縦置き4気筒の
入庫は最近では少なくなりました・・・・。





e0254365_1848670.jpg

R1200GSの車検整備ですが、F・RのサスペンションのOHも
行います・・・・。





e0254365_1849382.jpg

とんでもない事になっていたHP2Sの修理依頼が入りました・・・・。
エンジン・クラッチ・ミッションと、多岐に亘る慎重な作業が必要です。
フラットツインの重整備にはお馴染みの、前後分割作業となります。





e0254365_18504843.jpg

原因の究明と、作業手順を確認しているH本君とT中君ですが、
HP2Sで走行5万kmをオーバーした場合、
機関のフルOHをBMWは提案しています・・・・。





e0254365_18532530.jpg

仕上げのセットアップにはS藤君にも加担してもらいました。
S藤君には今年は神の領域に足を踏み入れてもらいます。

当店ではサービス関連の宣伝誘致は一切行っておりませんが、
何故か年中整備車両が途絶えません。
本当に有り難い事と深く感謝しておりますが、お時間だけは少々下さいね。

我々サービススタッフのモットーは前回もお話した通り、「理論より実践」です。
物凄いカスタムやチューンをやる事は先ずありませんが、
ノーマルのベストな状態を維持出来る丁寧な作業に重点を置いています。
ノーマルの良さを理解して頂ける、玄人受けする
サービスを我々は提供し続けたいと思っています・・・・。

私は二輪・四輪を通じて多くのメカニックと接して来ましたが、
仕事が出来るメカニックの特徴と言うのが次の2点です。

①小さい頃からとにかく機械いじりが好きで、
  探究心が旺盛であった経歴のある者。

②人一倍神経質(潔癖性とは意味が違います)で、
  身の回りや持ち物を常に綺麗に扱う者。  

如何ですか・・・・?。
何となく判りますよね。 
参考までに、モトラッド京都のサービススタッフは全員神経質です。







   
[PR]
by motorradkyoto | 2015-01-16 19:00 | 番外編 | Comments(0)

BMW R20

興味深い記事を見つけたのでチョッと照会しましょう。
   「曲がるのは仕様です・・・・。」
以前iPhone 6 Plusが曲がる、曲がらないみたいな騒動もありましたね。
アップルはなんと画期的な対策を考えてるみたいで
「折りたたみ可能なモバイルデヴァイスに関する特許」を取得したそうです。
e0254365_1727474.jpg

どうやらこの特許では、曲げることができる柔軟なシャーシや
ディスプレイのような外部パーツと、同じくフレキシブルな基板や
バッテリーのような内部パーツを利用することが
想定されているみたいですね・・・・。

ディスプレイには有機ELディスプレイを利用するあたり、
LGの曲がるスマートフォン「LG G Flex 2」と一緒ですね。






e0254365_18143796.jpg

またシャーシも硬いアルミではなく、プラスチックや薄いガラス、
それにファイバー素材やそれらの複合材の利用が想定されるそうです。
それと、端末が2つ以上の安定形状を保持することも可能みたいで
少し飛躍しすぎですが、例えばポケットに入れるときには折りたたみ形状で、
使うときには広げて、といった柔軟な使い方が可能になるかもしれません。
なんだか昔からよく聞く、未来のスマートフォンの技術って感じですね。

さらに、今回の特許では端末が曲がることを活かして
「曲げ動作による入力方法」についても解説されています。
例えば、端末を絞る動作をすればアプリが起動したり、電源のON/OFFを
おこなったり…といった具合です・・・・。
曲げ動作の感知には磁力や光学、あるいは近接センサーを利用するそうです。

iPhoneがぐにぐにっと曲げられるようになれば、コンパクトなボディにより
大型のディスプレイを搭載することができるかもしれませんね。
特許の取得と製品の登場は必ず結びつくわけではありませんが、
おもわず製品化を期待してしまいます。
(参考source: USPTO, Apple Insider 塚本直樹 )

さて、今回はとても古い車両についてMr.M氏よりお話があります。
年明け一発目の濃い記事で大いに堪能してください・・・・。

こんにちは。
スタッフのMr.Mです。
新年あけましておめでとうございます。昨年はBMWモトラッドにとって
大変良い年となり、新車の販売台数が日本全国をトータルして
過去最高と言う好成績を収める事が出来ました。

これもBMWモトラッドを愛して止まない皆様のお陰と深く感謝致しております。
今年も大挙ニューモデルが投入されますので、2月あたりからは
しばらく目が離せない1年になりそうですよ・・・・。

さて今年も色々と面白いネタを掘り下げて皆様にご紹介して行こうと
思っていますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
e0254365_18291994.jpg

昨年のツーリングラリーの指定ポイントとしてお世話頂いた
「江戸親伝」のF島さんより連絡を頂きました。
なんでも、店に展示してあるBMWのR20を売却したいとの事。





e0254365_18302663.jpg

アールズフォーク付きの旧タイプボクサーにかなり入れ込んで
おられるユーザーさんはそれ相応におられましたが、車両年齢
77歳のこのオートバイに興味を示される方が、果たして何人
おられるかが問題です・・・・。





e0254365_18313049.jpg

BMWの旧タイプシングルは250ccのアールズフォーク付き
R26・R27が一般的に知られていますが、このR20の存在は
殆ど知られていません。





e0254365_18322672.jpg

R20は1937年~1938年にかけて生産されたモデルで、
戦前の多くの車両は短命に終わった事がしばしばで、4年以上
生産が継続されたモデルはなく、1年間のみの生産で終わった
モデルも多く存在します。



e0254365_18333171.jpg

車両を拝見したところこのR20は当時からのオリジナル度が
非常に高く、走らせると言うよりは保存する意義が十分に
あると思います。





e0254365_18343854.jpg

ボアXストロークは60X68mm(192cc)で、パワーは8馬力です。
車重は135kgとやはり重めではあります。
私もお客さんのR26には数回試乗経験がありますが、
この車両は未知の領域です。

毎年秋に京都で開催される「古き二輪を愛でる会」には、
凄い大古車も多数持ち込まれますが、BMWのシングル系は
殆ど見かけなかった記憶があります。





e0254365_18354858.jpg

家にあるBMWプロファイルです。
1923年~1969年までの市販モデルが全て網羅されています。
しかしさすがに幻のスーパーバイクR7や500コンプレッサー、
RS54レンシュポルト等は掲載されていません・・・・。





e0254365_18372261.jpg

R20の主要諸元です。






e0254365_1839377.jpg

BMWシングルのルーツはR39から始まりますが、R2やR4は
シリーズ1からシリーズ5まで頻繁なモデルチェンジが繰り返されています。





e0254365_18404654.jpg

81年4月号の別冊MC誌です。BMW特集号です。
(この本は以前にも雑誌紹介で掲載した)





e0254365_18415273.jpg

注意深く目を通すとR20のコメントが出てきましたね。



R20にご興味のある方は今すぐ「江戸親伝」さんへ・・・・
CALL NOW! TEL/079―552-7866







  








  
[PR]
by motorradkyoto | 2015-01-11 18:50 | マニアのお部屋 | Comments(0)

今回のS1000RRかなり良さげですよ~・・・・。
とにかく国際A級ライダーとして全日本ロード、鈴鹿8時間耐久レースなど
豊かなレース参戦経験をもち、さらに4輪シーンにおいても

スーパー耐久シリーズを自らのチームを率いて出場するなど、
現在に至るまでに2輪4輪の現役プロレーサーも努めそして
モータージャーナリストとしての一面も持つ、
丸山浩さんのインプレッションしていただいてるんですが、

もう聞いてるだけで乗りたくなるくらいのトークです。
では皆さんもじっくり見入ってください。

ね、とっても欲しくなったでしょ!





e0254365_20372589.jpg

勿論、モトラッド京都ではバッチリ試乗車を用意する予定です!
皆さんも是非デビュー時には、試乗氏に来て下さいね。






  
[PR]
by motorradkyoto | 2015-01-09 20:40 | Comments(0)

e0254365_20432012.jpg

皆さん、明けましておめでとうございます。
新年のご挨拶が大変遅くなりまして申し訳ございません・・・・・。
モトラッド京都は、今年も元気に社員一同がんばっていきますので
本年も相変わりませずご愛顧のほど、切にお願い申し上げます。





e0254365_20493624.jpg

さて、いきなりですがNEW YEAR FAIR 開催!と言う訳で
2015年1月10(土)・11(日)・12(祝)の3日間での開催となります。
期間中にご商談・御見積いただいた方には「BMW Motorrad オリジナル
ステンレスボトル」をもれなくプレゼントいたします。
今週末は、ぜひモトラッド京都へお越しください。





e0254365_205589.jpg

ちなみにこんな感じのが、
貰えちゃいますのでこの機会に是非、BMW Motorradの
オーナーになっちゃったり、お乗換えになっちゃったりで
大いに盛り上がりましょう!





e0254365_2059916.jpg

そびえ立つ感じも一枚撮って見ました・・・・。
今年は、ほんとバリエーションに飛んだマシンが、続々と登場
するので購入には、絶好のチャンスかも・・・・。















   
[PR]
by motorradkyoto | 2015-01-08 21:03 | Event&Campaign | Comments(0)