e0254365_18313616.jpg
東日本の夏の長雨が続いていますね。東京都心は8月1日からの連続降雨で、気象庁によるとこの長雨は40年前(1977年)の22日連続に次ぐ記録で、気象庁が統計を開始して以来2番目の長さになったようです。

今回の長雨は台風5号の影響に加え、オホーツク海高気圧の勢力が強くさらに太平洋高気圧の張り出しも弱く、「やませ」と呼ばれる北東からの冷たい風と、南からの暖かい風がぶつかり雨雲の発生を助長させているとの見解です。

日照不足や低温の影響をモロに受けるのが農作物で、すでに野菜類の収穫量が減りそれに伴い価格の高騰が始まっています。京都も東京程ではないにしろ今年はやたらと雨が多く、短時間に大量の雨が降るのが特徴ですね。雨が多いと地盤も緩み、恐ろしい二次災害や三時災害が起こらない事を祈るだけでしたが、播但連絡道や中央高速道に土砂崩れが発生してしまいましたね。20日現在、復旧の目途が立っていません。

e0254365_18374796.jpg

さてさて、そんなスッキリしないお盆休みを利用して、当社HD部門の営業の御大である善さんを
誘って能登半島の先端「禄剛崎」に行って参りました。

13日の午前5時に名神高速の草津PAにて集合~出発です。
私はR100GS-PDです。善さんはHDの業務に就いているにも関わらず無類のイタ車好きで、
それも超マニア系専門であるところが心憎いですね。今日は国内に何台登録されているのか
(20台位?)非常に興味のある、モトグッチのステルビオ1200で現れました。

グッチのルマンⅢ(これは判る)やグッチのセンタウロ(結構マニアックです)、
更に一時復活したラベルダのゴーストも平然と乗り回しているところが、
私なんかには真似が出来ない恐ろしいオッサンです。





e0254365_18412175.jpg
雨は降っても小雨ながら天気はあまり芳しくなく、北陸道の尼御前SAで小休止です。





e0254365_18421217.jpg
往路は小矢部砺波JCTから能越自動車道を通って七尾を
経由します。





e0254365_18431601.jpg
のと里山海道に乗り換えて「のと里山空港」にやって来ました。
隣接して日本航空高校石川や、日本航空大学があります。





e0254365_18440985.jpg
どんどん東進し恋路海岸に到着です。ここでようやく海と対面し、
能登にやって来た気分が味わえました。





e0254365_18450610.jpg
2005年に廃線となった能登鉄道の能登線を一部復活させて、
地域復興を図ったトロッコ鉄道の恋路駅です。





e0254365_18460330.jpg
何と自分の足でこいで進む小さな人力トロッコです。約300mの
短い旅です。





e0254365_18470157.jpg
日本三大パワースポットの一つと呼ばれている「聖域の岬」に
到着です。





e0254365_18490899.jpg
入場料が必要で、洞窟へは行きませんでしたが展望台へは
上がって見ました。





e0254365_18502142.jpg
真下には「ランプの宿」がスッポリと視界に入ります。
ここでパワーをもらったお陰で、後述する爆発事件が起こりました。





e0254365_18511289.jpg
僅かな観光も織り交ぜながら、道の駅「狼煙」に到着です。
駐車場にバイクを停めて・・・・・。





e0254365_18523472.jpg
岬への急坂(写真では平坦に写ってますが、かなりのキツイ坂
です)を登り切ると・・・・・。





e0254365_18534113.jpg
能登半島先端の禄剛崎に到着です。





e0254365_18543564.jpg
エントリー頂いている皆さんからもこの標識の画像が送られて
来ますね。





e0254365_18563394.jpg
復路は輪島経由で、のと里山海道を南下しました。





e0254365_18585721.jpg

日本海に面した「志雄PA」までは順調でしたが、出発する為に
GSのセルボタンを押した瞬間、「ドカ~ン」と言う爆音と共に
電源がシャットアウトしてしまいました。パワースポットへ行ったご利益が
こんな形で発揮されました。





e0254365_19400378.jpg
原因を調べるとご覧のありさまでした。バッテリーが爆発したにも
かかわらず、電解液が流れ出ないのは液がカラッケツになっていた
訳で、そう言えば昨年の東北ツーリングに行く前に液面を確認して
以降は全く確認を怠っていました。自業自得とはこの事で、お盆のこの
時期ロードサービスにも相当な時間を要する為、色々と同行の善さんと
策を講じた結果、オートバックスさんに運良く適合しそうなバッテリーの
在庫がある事が判り、善さんに往復約100kmの買出しに行ってもらいました。





e0254365_19473554.jpg
サイズもほぼピッタリで、純正同様の開放型で充電済みなので直ぐに
使えました。容量が32A(純正は25A)で少々強力でしたが問題はなく、
他の電気系統も正常で運が良かったです。草津PAに戻って来たのは
約3時間のロスもあり午前0時を廻っていました。今日は善さんに感謝です。
皆さんもバッテリーの点検を怠らないように気を付けて下さいね。
本日の走行915kmでした。





e0254365_19491395.jpg
以下追伸レポートです。
三日後の16日も名神草津PAに午前6時に集合です。この日はN脇君と
白馬MDの復路コースを走って来ました。R1200RTとR1200RSがお供です。





e0254365_19511870.jpg
横手山や・・・・・、





e0254365_19514452.jpg
渋峠をクリアーしましたが、視界10mの最悪のコンディションで、
ほぼ7割が雨でした。





e0254365_19522898.jpg
R144沿いの「ゆきむら夢工房」で休憩する頃にはもうバイクは
ドロドロのコテコテになっていました。





e0254365_19550207.jpg
適度な休憩と夕食を済ませ、何時もの草津PAに戻って来たのが
午後8時15分でした。本日の走行951kmで、ちょっと出かけるとなると
毎回こんな走行距離になってしまいます。今回RTとRSをN脇君と交互に
乗る事で、両車のキャラクターの違いを鮮明に理解する事が出来ました。
私もRTにぞっこんでしたが、今回のツーリングでRSの素晴らしさが
際立ちました。イェーイ、専用車の入替えじゃ~。







[PR]
by motorradkyoto | 2017-08-21 19:56 | Event&Campaign | Comments(0)

グッドモーニング走行会

e0254365_14443566.jpg
2017 BMW Motorrad Days の開催が1ケ月後に迫って参りました。年初の計画では、BMWモトラッドの全国規模のイベントは一旦リセットして来るべき新時代に向けての新たな展開と構築を行なうとの事でしたが、全国の販売店やユーザー様の開催への熱い要望が多く例年通り開催される事になりました。白馬での開催は2005年からなので今年で12回目になります。当店HPにも参加申込み概要を掲載致しましたので、皆様奮ってお申込み下さいますようお願い申し上げます。





e0254365_14481492.jpg

話変わって今日は、当店N脇君を中心に秘密裏のうちに行なわれて
いる早朝ツーリングの様子をレポートして来ました。
このツーリングの趣旨は、①バイク仲間とツーリングに行きたいが
時間が捻出出来ない。②のんびりとバイクのフィーリングを味わって
走りたい。③BMWモトラッドを通じて価値観を共有したい。
の3点に集約されます。この日はN脇君と私とタンデムの女性を含め、
8人で走って参りました。集合場所はモトラッド京都店です。





e0254365_14505367.jpg
日曜の早朝は交通量が平日とは比較にならない少なさです。





e0254365_14523323.jpg
有料道路は一切使いませんので大変リーズナブルです。





e0254365_14525890.jpg
行き先は京都中丹の日吉ダム周辺です。





e0254365_14532318.jpg
開店の少し前に帰って来る事を通例としており、短い時間ですが
「走った」感を持って頂けるとあり難いですけどね。





e0254365_14541411.jpg
別の日の出発前のワンショットです。この日はN脇君と私を含め
5人でのツーリングです。この日も飛び入り参加致しました。





e0254365_14550420.jpg
メインルートから外れ、あまり走行する事のない裏ルートを走る
事も多いようです。





e0254365_14554332.jpg
前回同様、日吉ダムにやって来ました。





e0254365_14560918.jpg
こうしてバイク談義を交すのもライダーの楽しみの一つです。
休憩時に缶コーヒーを1本飲むだけですが、とても幸せな気分になります。





e0254365_14572387.jpg
往復80km程の距離ですが、これ位の距離をこうして数人で
走ると凄く心地イイですね。参加者の仲間意識も芽生え
バイクライダーの増加にもお役に立てるかもしれません。

快走一般道と気持ちの良いワインディングを織り交ぜ、月に1回~2回
のペースで定期的に開催していますので、ご興味のある方は当店N脇まで
ご相談下さい。何時も一人で淡々と走っておられる貴方、一度
ご参加してみて下さい。新たな発見があるかも知れませんよ。

[PR]
by motorradkyoto | 2017-08-08 15:17 | ユーザーツーリング | Comments(0)