こんにちは。スタッフのMr.Mです。「岬と湖のラリー」もいよいよ終盤戦に入って参りました。
今年は9月28日現在で完走者は3名で内2名の方が初完走と、
毎年上位を独占されるA級ツーリングライダーの方の勢いがどう言う訳か止まっております。
私も主催者側の責務と意地と根性で昨年初めて完走しましたが、モチベーションを維持しつつ
今年も完走を目指しています。

しかしながらこの段階でまだ8ケ所を残しており、
このままでは達成は出来ないと我に返り9月の第三週の19日・20日の連休に21日も休みを頂き、
6ケ所を廻る2泊3日の強行ツーリング(走行距離的にはたいした事はありませんが)に
行って参りました。今回の宿泊ツーリングも6月の東北同様にソロで行きましたが、
フェリーの時間のタイトさや指定ポイントの滞在時間等を考えると、
一人で行動しておいて良かったと思う場面が多々ありました。
中国~九州~四国の順に巡った以下がそのレポートです。

e0254365_16284861.jpg
9/19日の午前4時前に、自宅より程近い名神高速の大山崎ICより
西を目指して出発です。





e0254365_16303106.jpg
中国道の作用付近は濃霧でしたが順調に快走し、落合JCTから
米子道に入りました。溝口IC付近からの日の出と大山です。





e0254365_16311237.jpg
島根に来れば出雲大社です。2002年にはBMWの一大イベントが
出雲ドームで開催されました。





e0254365_16315437.jpg
大社の直ぐ南側に位置する、女性シンガーソングライターの
竹内まりや嬢の実家である老舗旅館「竹野屋」さん前にて。





e0254365_16324213.jpg
さて今回の目的であるラリーポイントの一番目は「神西湖」です。
エントリー頂いている方からの画像にも、湖の証らしき画像がなく、
殆どの方がこちらの道路標識を送って下さいます。





e0254365_16335187.jpg
しばしウロウロしましたが、湖を示す的確な物が見当たらず
養護施設に入り込んでしまいました。





e0254365_16344079.jpg
こちらが撮影場所です。





e0254365_16351691.jpg
進路をしばし東に向け、無料区間の山陰自動車道から
こちらも無料区間の松江自動車道に入りました。





e0254365_16361323.jpg
三次JCTから中国道に入り、昼食を済ませ下関ICまでやって
来ました。小月ICで下りようかと思いましたが、やはり山口県
ブランドの下関です。2013年に開催した「ロープウェイラリー」で、
すぐ近くの「火の山ロープウェイ」にお乗りになられた方もいらっしゃる
かと思います。





e0254365_16374302.jpg
R191を北上し、やって来たのが2番目の目的地である
本州最西端の「毘沙ノ鼻」です。こちらが駐車場です。連休明けの
平日でしたが、3台ばかり車が止まっていました。





e0254365_16392425.jpg
こちら展望台です。天気はうす曇で、視界はあまり良く有りません
でしたがなかなかの景観でした。





e0254365_16401024.jpg
こちらから撮影致しました。エントリーされている皆さんと同じです。





e0254365_16403651.jpg
中国道下り線の最後の休憩場所である壇之浦PAで小休止です。
まだ山口県内なのですが、福岡県のインフォメーションボードが
掲げられています。





e0254365_16412706.jpg
関門海峡大橋を渡れば福岡県ですからね。
そのまま九州自動車道を経由して東九州自動車道を南下し、今日の
宿泊場所のある佐伯ICで下りました。本日の走行938kmでした。





e0254365_16424573.jpg
明けて20日は午前5時起床の6時出発です。昨日は8時間以上の睡眠が取れ、
心なしか心身共に快調です。お世話になったJR佐伯駅前の
「ホテルサンルートイン佐伯駅前」の正面玄関です。
今回私がツーリングに出発する前日(東北~北海道は19日まで)まで
各地に被害をもたらした台風18号の影響で、特にこちら周辺の佐伯市や
津久見市は被害が大きかったようです。道路や家屋の冠水が発生した模様で、
営業を中止しているコンビニ等も目立ちました。





e0254365_16453663.jpg
今日は夕方のフェリーの時間を気にしながら3ケ所を廻らなければなりません。
距離的にも時間的にも余裕を持たせてありますが、何が起こるか判らないのが
ツーリングの醍醐味でもあります。
三番目の目的地、九州最東端の「鶴御崎」へやって来ました。
アクセスの道路幅も狭く、
なかなかペースが上がりませんでしたが無事に到着です。





e0254365_16494022.jpg
平日の早朝は、さすがに人っ子一人にも出会いませんでした。
展望台に「幸せの鐘」なる物があり、10回ばかり鳴らしました。
これで幸せな男になれる事間違いなしです。





e0254365_16504896.jpg

撮影場所はこの辺りです。なかなか良い岬でしたね。
行かれた方も同じ感想だと思います。
展望台からの景観も最高でしたね。





e0254365_16530292.jpg
東九州自動車道から宮崎自動車道に入ります。清武JCT付近です。
標識を見ると旅の旅情と共に、九州に来ている実感が湧きますね。





e0254365_16540352.jpg
宮崎道の高原ICで下り、4番目の目的地である「御池」にやって来ました。





e0254365_16575512.jpg
後方に高千穂峰が臨めます。この辺りから小雨が降って来ましたが、
レインウエアーは必要のない程度の雨です。
何しろ今回も無敵のR1200RTですからね。





e0254365_16584996.jpg
御池は火口湖で、天気の良い日には高千穂峰の威容を湖面に映しているようです。
この辺りで撮影致しました。





e0254365_16595647.jpg
当初の計画では桜島経由で大隅半島を南下する予定でしたが、
ナビの到着予想時間から逆算するとフェリーの時間に間に合わない事が判明し、
東九州自動車道の無料区間を南下し、
佐多岬ロードパーク(2012年に全区間が無料になった)の
入口までかなりペースを上げて辿り着きました。





e0254365_17014892.jpg
5番目の目的地である、九州最南端の「佐多岬」です。昨年の6月に建立されたモニュメント
前ですが、エントリーされている方からの送信画像も皆さんこちらの画像です。





e0254365_17025137.jpg
駐車場から臨む佐多岬灯台ですが、写真には入っていませんが、
北側の展望所のリニューアル工事も急ピッチで進んでいます。





e0254365_17034470.jpg
こちらの駐車場もGW前後に来られた方は、
まだ舗装工事の真っ最中ではなかったでしょうか?
以前来た時とは見違える素晴らしさです。
カジュマルの樹も健在です。





e0254365_17044039.jpg
次回、佐多岬へ足を運ぶ時が楽しみです。こちらで撮影致しました。
さて、17時55分発の大阪南港行きのフェリーに乗る為、志布志まで北上です。
錦江町から少し遠回りになりますがR448に入り、
内之浦のロケットセンターをスルーして出航30分前に志布志港に到着し、
この日はフェリーで一夜を過ごしました。本日の走行543kmでした。





e0254365_17064887.jpg
21日の大阪南港に降り立った直後の様子です。
午前7時40分に到着したのですが、
下船がオートバイは一番最後に回され約1時間以上待たされました。
出発は9時になりました。





e0254365_17074715.jpg
10時35分発の徳島港行きフェリーに乗りましたが、
和歌山ICから和歌山港まで大渋滞に巻き込まれ、
もうヒヤヒヤでしたが何とか間に合いました。





e0254365_17085425.jpg
2時間15分の休息と経費の節約が出来、徳島港に到着した時のワンショットです。





e0254365_17095365.jpg
そしてやって来たのが6番目の目的地である、四国最東端の蒲生田岬です。





e0254365_17104518.jpg
老体に鞭打って灯台を目指して行ってみましょうか。





e0254365_17114667.jpg
腰が抜けそうになる超急勾配な階段を登り切ると・・・・。





e0254365_17123568.jpg
そこには絶景が待っていました。登った甲斐がありましたね。
エントリー頂いている皆さんの中で、
ここまで登り切られた方は少数ですね。





e0254365_17140820.jpg
駐車場近くのこのモニュメントの画像を、
多くの方から送信してもらっています。





e0254365_17144561.jpg
撮影場所はこちらです。





e0254365_17152326.jpg
蒲生田岬に程近い高台に「かもだ岬温泉保養センター」があります。
こちらで仮眠も含め約2時間、ゆる~い時間を過ごしました。
蒲生田岬は今回のツーリングのトップに行くかラストに行くかで迷いましたが
余裕を持って最後に行った事が良かったと思っています。

2回のフェリーの時間にヤキモキしましたが、
これはフェリーを利用するに於いての
宿命です。本日の走行364kmで、
3日間で1,845kmと6月の東北ツーリングでの
3日間より1,000kmも少ない距離ですが、なかなか密度の濃いツーリングでした。
「毘沙ノ鼻」・「鶴御崎」・「蒲生田岬」は初めて訪れた場所で、
日本再発見が出来ました。

これで私は今回のラリーポイントも、
残す所あと2ケ所(潮岬・石廊崎)となり、いよいよ
完走も視野に入って来ましたね。
それにも増して、長距離ツーリングはやはりRTですね。













[PR]
by motorradkyoto | 2017-09-28 17:18 | Event&Campaign | Comments(0)

e0254365_15162602.jpg

今年は開催が二週間遅れ(9/9日・10日)となったBMW Motorrad Days 白馬に
行って参りました。二日間好天に恵まれた事は久し振りで、初日470km、二日目594kmと
ツーリングも楽しませてもらいました。
今回開催が危ぶまれていましたが、お客様の声や我々販売店の声が主催者のBMWさんの
首脳陣を動かした事は事実です。
こちらは二日間存分に楽しませて頂き、店舗に帰って来た直後の画像です。
何だかんだと言いながら、長距離のツーリングには私専用車のR1200RTを駆り出してしまいます。
以下、二日間のレポートです。





e0254365_15195337.jpg


集合場所は名神草津第二PAです。こちらで私を含め8名で
出発です。集合時間は午前5時ですが、8月と比較すると辺りは
暗いです。昨年より大幅に参加人数が減少しましたが、今年も
往路・復路のメンバーが入れ替わり、更に白馬での夜のBBQの
メンバーも入れ替わると言う、昨年程ではありませんが自由に
楽しんで頂く企画とさせて頂きました。毎年平均すると10人前後の
引率で、その方が皆さんも気が楽だとおっしゃっておられます。





e0254365_15222623.jpg

北陸自動車道の南条SAで休憩・・・。





e0254365_15225471.jpg

小矢部SAで休憩です。今年は早目に白馬へ入る予定です。





e0254365_15232724.jpg

初日の本隊は白馬の手前でコーヒーブレイクです。





e0254365_15240158.jpg

宿泊場所のローゼンハイム白馬さんで荷物を下ろし、会場に
向かう途中でセーフティー・ライダーパレードがスタートした直後で、
少しばかり寸止めを倉ってしまいました。i8が先導です。





e0254365_15440453.jpg

Hakuba 47の見慣れた光景です。





e0254365_15443188.jpg

出店ブースは相変らず賑わっています。普段お目にかかれない
お目当ての商品も沢山展示販売されています。純正のライダー
エクイップメントも、物によってはかなりお買い得な商品もありますね。





e0254365_15470624.jpg

新車ブースではK1600Bが展示されていました。





e0254365_15480887.jpg

カラーはブラック・ストーム・メタリックのみで、¥3,449,000の
プライスが付けられていました。10月6日からの発売で、只今
予約受付中です。





e0254365_15491149.jpg

G310GSも持ち込まれていました。フロント19インチで、シート高は
実際に跨ってみると以外と高く感じましたね。





e0254365_15495042.jpg

お待ちかねのBBQタイムも迫って来ました。





e0254365_15502360.jpg

こんな雰囲気で約3時間を過ごしました。今年は食材を多目に
仕入れたので、結構な量を押し込みました。





e0254365_15510739.jpg

毎度お馴染みのジャッキー朝倉さん、今年も例年に増して
パワフルでしたね。





e0254365_15514369.jpg

メイン会場の全景です。熱気球も上がっています。開催日時が
9月にスライドした事もあり、正式なアナウンスは聞いてはいませんが、
参加人数は例年より少なかったように思います。
斯くして初日の夜は更けて行きました。





e0254365_15525765.jpg

二日目の10日も朝から絶好の天気です。復路はツーリング
コースを設定して、私を含め本隊は9名の布陣です。
出発前の、ローゼンハイム白馬さん前でのワンショットです。





e0254365_15544877.jpg

長野道の信州中野ICを経由してR292(志賀草津道路)に
入りました。群馬県と長野県の県境に位置する皆さんご存知の
渋峠ホテルです。





e0254365_15554311.jpg

こちらでコーヒーブレイクです。





e0254365_15562036.jpg

渋峠の「日本国道最高地点 標高2,172m」の石碑前です。
写真では判りませんが、こちらの小さな駐車場は満車で、少し
離れた車道にバイクを置いて記念撮影を致しました。
廻りは人・車・バイクでごった返していました。





e0254365_15583519.jpg

今日ご参加の殆どの方が、「場所は知っているが行った事が
ない」とおっしゃる白根山の湯釜に立ち寄りました。
私も約30年振りになりますが、駐車場からこちらの展望台まで
這い上がる事約30分で少々疲れます。複数の火山湖が存在
しますが、一番大きいのがこちらの「湯釜」です。




e0254365_15591482.jpg


白根山は活火山であり、気象庁が2007年末より噴火警戒レベル
なるものを設定し、2014年6月から今年の6月までの3年間、
駐車場や売店も閉鎖されておりこの場所にも来れない状況でした。





e0254365_16001691.jpg

この景観に出会えて皆さんラッキーでしたね。ここに来るのが
最初で最後の方が殆どだと思いますけどね・・・・。
皆さんで記念撮影ですがY内さんが行方不明でした。




e0254365_16011035.jpg


草津温泉周辺で大渋滞に遭いましたが手際良くスルーし、
R144を駆け抜け、上田菅平ICから上信越道に入りました。
中央道の駒ケ岳SAで休憩し・・・・・、





e0254365_16064017.jpg

名神高速の養老SAで解散と致しました。19時20分撮影ですが、
もう真っ暗になっていました。





e0254365_16073292.jpg

白馬でのイベントも2005年にスタートして13年になりますが、
今回も大きなアクシデントに遭遇する事なく無事にやり繰り
出来た事を、ご参加頂いた皆様に感謝申し上げます。
2018年も白馬での開催が決定したようです。では、来年も・・・。






[PR]
by motorradkyoto | 2017-09-16 16:08 | Event&Campaign | Comments(0)

e0254365_17500705.jpg

こんにちは、スタッフのMr.Mです。
9月に入りましたね。ここ一週間の間に一気に季節が移り変わった感じで、空の色も正に
オータムブルーになっています。10月の中旬頃までは過ごし易い気候となりますが、
それはほんの束の間で、強烈な大型台風にも十二分な注意が必要となる季節でもあります。

更に日没の時間も早くなり、12月22日の冬至まではみるみる日中の時間が短くなります。
ツーリングに出かけられる方は、距離と時間の管理をしっかりと行なって下さいね。
私なんかはここ数年の間に視力の低下が顕著で、周りが暗くなってからは極力走らないように
気を付けてはいますがなかなか予定通りに行かないのが現実です。





e0254365_17531359.jpg

さて今日の本題ですが、以前から買おう買おうと思っていたBMWシステム6ヘルメットを
ようやく購入致しました。次期モデルの発売も迫っている今頃になってと思われますが、
日本国内未発売のシステム5を除く歴代のシステムヘルメットを着用してきた自負もあり、
今購入しておかないと買えないとの危機感?から色はホワイトシルバーを選びました。
(実は選択肢がもうこのカラーしか残っていません。
正確にはシステム6の進化版でありシステム6EVOが正式名称となっている。)





e0254365_18070925.jpg

2011年の2月頃から国内販売が開始されたシステム6ヘルメットですが、
すでに2009年末頃から海外では発売が開始されていました。
日本国内での認可がシステム5同様に取得出来ず規制緩和の恩恵もあり約1年遅れの
発売となりました。





e0254365_18081570.jpg

2011年の11月から12月にかけてこのブログで、「BMW純正ヘルメットの歴史」を
シリーズでお届けしましたが、もう一度復習をしたいと思います。
以下のヘルメットは実際に私が使用しその優秀性を実感して来た訳ですが、
今ではバイクガレージのオブジェと化しています。
システム1はフリップアップヘルメットのパイオニアで、左右にある赤いボタンを
押しながらアゴの部分を引き上げます。これは1983年に購入したヘルメットで、
高価な事もあり結構優越感に浸れたました。
今見るとツルッとしたシンプルなデザインに好感が持てます。





e0254365_18095712.jpg

システム2は1988年に購入致しました。システム1のデザインを継承しながら
ベンチレーションも考慮され、更にヘルメットの上部をゴルフボールの原理を
応用したディンプル加工を施すと言う、先進性満載のヘルメットでした。
電源ソケット(ヘラーソケット)からカールコードを介して行なう
熱線入りシールドも発売されていましが、シールドが変形するトラブル発生し
早々に廃止になりました。





e0254365_18144512.jpg

システム3は凄く気に入っていたヘルメットで、右側のグレーを1991年に購入したのですが、
すぐに左側のパールホワイトMライン入りの限定モデルが発売され、
限定物にめっぽう弱かった私は翌年の1992年にこれも購入してしまいました。
最終的にシステム3EVOに進化しましたが、ヘルメット自体のトータルバランスが絶妙で
カラーバリエーションも豊富であった事から、販売面でもなかなか好調だったと思います。
システム3には、当時世界最高の強度を誇った「ダイマーニ」を使用したエクスクルーシブも
限定発売され話題となりました。





e0254365_18184773.jpg

システム4は新時代を予感する斬新なヘルメットでカラーバリエーションも
システム3以上に多く、立体成型シールドが採用されたのもこのモデルからです。
実はこのヘルメットは某コンテストにて優秀な成績が認められ?、BMWさんから
副賞で頂いた物なんです。システム4からフリップアップが
片手で出来るようになり、後期型のEVOからは内装の一部が取り外せるようになりました。
カーボン素材を使ったシステム4エリートも発売されました。
シリーズで一番売れたのがこのシステム4で、
BMWライダーの必須アイテムとして浸透させてくれたヘルメットでもあった訳です。





e0254365_18211304.jpg

今回システム6EVOを購入する前にアライさんとのコラボレーションフルフェイスや、
シューベルトのC3を購入し長らく使い分けていましたが、C3もいよいよ限界に
差し掛かって来ました。
歴代のシステムヘルメットは全てシューベルト製と言う事もあり、
C3とシステム6は似ているようですが内装のセフティーさや被った時の
フィット感が段違いです。安全性の向上と共にヘルメットの重量が増加していますが、
これは当然の事であまり気にしないように致します。
今まで使用してきたヘルメットの中では素材も含めてナンバー1である事は
間違いありません。それは私の頭が良く判っています。





e0254365_18234257.jpg
次世代のシステム7ヘルメットもカタログに掲載され始めましたね。
導入時期や価格は未定ですが、来年早々にも発売されるかも知れません。

システム6を早い段階でご購入頂いた方の数人の方が、
二つ目の6をご購入して頂きました。ヘルメットは身の安全を守る為の消耗品です。
高価なだけに半永久的に使用出来るとお思いの方がおられるのも事実ですが、
一つの基準として内装のスポンジ類の劣化が始まったら
そろそろ買い替えの時期と思って下さい。

システム6にご興味のある方はお急ぎ下さい。在庫も残り僅かです。



[PR]
by motorradkyoto | 2017-09-05 18:42 | 雑学コーナー | Comments(0)