タグ:イベント ( 47 ) タグの人気記事

皆さんこんにちは。季節はもう秋ですね。秋になると気候は涼しくなり、
バイク乗りにとっては走りやすい季節です。各所様々なイベントも開催されます。
スポーツの秋・読書の秋・食欲の秋・芸術の秋・・・
目を閉じて耳を澄ませば、虫たちの奏でる声が聞こえてきます。
『リーン リーン・・・』『キリキリキリ・・・』『コロコロコロ・・・』
『プ~ン・・・』・・・心が癒されま・・・・・・・・ん!?プ~ンって何!?
蚊? 蚊にしては大きい。緑の虫・・・・・
お前はカメムシ!!・・・・・
アカン、もう既にたまらん香りが・・・何だか今年はカメムシが多い気がします。
カメムシが多い年は大雪になるとか言いますよね。
この冬は何回雪かきするのだろう?早くも心配です。


そんな秋の清々しい季節の中、
先日『BMCJ One Day Touring Mission in 鳥取』へ
行ってまいりましたので、その模様をお伝えいたします。
今回はBMW Motorradオーナーズクラブ様の企画のもと、
鳥取は米子でBBQを堪能し、大山麓の快走路を走ってまいりました。


e0254365_18371573.jpg


今回のお昼ご飯は米子でBBQなので、それに間に合うように出発します。
受付が9時半からで、BBQ開始が11時半と言うこともあり
中国道社PAに朝6時の集合。
僕が家を出るときは4時過ぎ・・・朝と言うよりまだ夜でした。
6時前、社PAに到着すると、やっと少し明るくなってきました。





e0254365_18400662.jpg


今回ご参加の皆様。ご覧のように防寒対策バッチリです。
もう最近は朝晩めっぽう寒くなってきました。
参加者の中には、既に150キロほど走ってこられた方も・・・
ここまでで既に結構ツーリングですね。





e0254365_18410395.jpg

社PAを出て勝央SAまで。
途中で霧ゾーンと晴れゾーンが交互に現れました。
朝も早いので気温も低く少々冷えます。
そんな訳で、勝央SAのレストランでコーヒーブレイク。
ほっと一息、笑顔もこぼれます。まだコーヒー来てないけど。(笑)





e0254365_18421922.jpg

米子道 湯原ICを出たところのガソリンスタンドで給油。
天気は快晴です。気温計を見ると18℃。随分と暖かくなってきました。
スタンドのおじさんに話を聞くと、
『今朝は8℃だったよ』との事・・・ひぇ~(汗)
最近はセルフスタンドが多くなって来ましたが、
スタンドの人と何気ない話をするのもいいもんですね。





e0254365_18435703.jpg

蒜山麓の快走路をひた走ります。
天気も良いし、気温も上がって風が気持ち良いです。





e0254365_18443777.jpg

大山を横目に見ながら広域農道を走ります。
途中あまりに大山がきれいだったので、バイクを停めて
記念写真!!良い感じです。





e0254365_18453024.jpg

予定通り10時半、目的地に到着です。
我々は結構早い到着のようでした。





e0254365_18461612.jpg

BBQスタートまで1時間ほどあったので、
動物たちと戯れようと思いましたが、柵より向こうは
別料金との事だったので、遠目から撮影しました。
ヤギじゃないのですよ、アルカパです。
もちろんBBQの食材ではありません。(笑)





e0254365_18475004.jpg

いよいよBBQのスタートです。
お茶でカンパーイ!!
みんなで食べると特においしいですね。





e0254365_18492008.jpg

そして、恒例のプレゼントジャンケン大会!!
いつもいつも中々勝てない我々。
今度こそ、今日こそは栄光を掴み取りたい!!
『よっしゃー!!いくぞー!!』
『じゃあぁぁぁん、けぇぇぇん、ぽぉぉぉぉーん!!!』
天高く拳を突き上げます。





e0254365_18524538.jpg

よ~し!3秒で着席!!
この潔さ、天晴れでございます。(涙)
『誰か一人景品もらったら、気まずいからね。
僕等はみんな同じや。』と、Y口さん。
そうです。チーム一丸となってはずしにいっているのです。
と言うことにしておきたいと思います。





e0254365_18540566.jpg

お腹も膨れて、帰りは米子道の西側の快走道を走ります。
殆ど信号はありません。コンビニや喫茶店もありません。
ただ、なだらかな道をひらひらと走ります。
米子道の大山側を走るのも良いですが、実はこちらも良い道多いのです。
途中の明地峠で大山をバックに記念写真。
抜けるような青空、眩しいほど明るい一日でした。





今回は朝早くの集合となりましたが、気持ちの良い秋晴れで日中は暖かく、
最高のツーリング日和となりました。
今年は、モトラッド京都ツーリングの晴れ率が怖いほど高いです。
これもひとえに皆様の日頃の行いのおかげでございます。
と言うわけで、晴れ男・晴れ女の皆様、またご一緒しましょう。宜しくお願いします。
(今年のモトラッドデイの下見約900km、ほぼ濡れていたスタッフN脇より)


[PR]
by motorradkyoto | 2017-10-16 19:14 | ユーザーツーリング | Comments(0)

伏見デルタ祭2017

こんにちは。スタッフのMr.Mです。9月24日の日曜日に、二輪専門教習所の「伏見デルタ」さんの伏見デルタ祭2017に出展して参りました。2年前までは一般公道を使ってのBMW試乗会を開催させて頂いていたのですが、管理体制の難しさが表面化し、昨年同様展示及び来場者の方の接客がメインとなりました。昨年は雨中の開催となりましたが、今年は終日好天に恵まれました。イベント事は晴天に限りますね。
e0254365_11382076.jpg


変わらぬ佇まいの社屋です。風格を感じます。





e0254365_11384930.jpg


出展ブースはコースの外側に整列です。





e0254365_11392025.jpg


開会の挨拶です。





e0254365_11402600.jpg


午前10時の開場と共に来場者の方が押し寄せて来られました。
今回持ち込んだ車両はクラシックシリーズのR-nineTカスタム車と、
R-nineTレーサーの2台です。





e0254365_11462466.jpg


しばらく時間が経過して落ち着くとこうなります。






e0254365_11473524.jpg


伏見デルタさんと言えば「バイクパレード」ですが、午前と午後の
2回、迫力のデモ走行が行なわれました。今回は18台と
ボリュームアップしていました。




e0254365_11490155.jpg


インストラクターの方の走りは何時見ても圧巻で、前後タイヤの
減り方が異様です。両サイドが磨耗し、真ん中が尖って来るん
ですね。





e0254365_11495845.jpg


京都府警さんからも現役で活躍中のパトカーと白バイの展示が
制限時間付きで持ち込まれました。





e0254365_11515767.jpg


操作方法を根掘り葉掘り聞いてみました。大変良い勉強に
なりました。





e0254365_11531017.jpg


白バイの廻りには沢山の方が集まり、結構女性の方に人気が
ありましたね。






e0254365_11540304.jpg


こちらも色々と質問をしてみましたが、かなりハイテク化が進んで
います。一日お借りしてツーリングに行きたいものですね。あかんかな~。





e0254365_11553642.jpg


ここ2年~3年、イベントの後半にレディース・トライアラーの
デモンストレーション走行が開催されます。
メーテル嬢(小谷芙佐子選手)とゴンちゃん(京藤一栄選手)が
登場すると、おっちゃん連中(私も業務をホッポリ出し)が
最前列にかぶりつきで陣取り出しました。





e0254365_11571319.jpg


私もホンダのTL125でウロウロする事はありますが、ここまでは出来ません。





e0254365_11575212.jpg


レディース・トライアラーの綺麗所です。





e0254365_11585262.jpg


昨年もお話したと思いますが、大型二輪免許を保有されている方は、
普通二輪免許保有の方を上回っています。数字のカウント方法が
問題ですが、免許の種類別統計数がほぼ正確な数字と思われます。
例えば、画像の上段と下段を比較した場合、
二輪免許に於ける二つの数字的統計は(普通自動二輪1)・(大型自動二輪2)
ではなく、(大型自動二輪2)で計算されます。そう、お判りの通り上位免許資格が
優先されると言う事になります。

大型自動二輪免許の変遷を過去50年位の範囲で振り返ると1960年以降は、
現在の大型二輪免許は「自動二輪免許」と呼ばれ、250cc以上のオートバイと
360cc以下の軽三輪と軽四輪が運転出来たようです。
1965年9月1日より、当時存在していた「軽免許」(250cc以下のオートバイと
360cc以下の軽三輪と軽四輪が運転出来た)が廃止され、
二輪免許区分が50cc以上に変更された事により、
小型特殊免許・原動機付自転車免許以外の運転免許保有者に
「自動二輪免許」が付帯免許として与えられました。

すなわち1947年以前に生まれて、運転免許取得年齢時に免許を取得された方の中には、
オートバイに乗った経験がないにも関わらず、
大型自動二輪免許を持っておられる場合があります。
前述の通り、普通二輪保有者より大型二輪保有者の方が多い一端は
ここにあると思われます。そして二輪免許の技能教習や試験は125cc車が
用いられるようになり、1972年からは350cc~400ccが用いられるようになりました。
1975年10月1日より、大型自動二輪免許は受難の20年間を迎える事になり、
運転免許試験場での技能試験か中型限定免許(400cc以下)からの
限定解除審査試験の合格者のみに(二輪教習所では中型限定まで)交付される事になりました。

合格率は全受験者数の1%程の難関で、限定のない二輪免許そのものが
ステイタス性を持つようになりました。1996年9月1日の免許制度改正から
「指定自動車教習所」で大型自動二輪免許の教習が受けられるようになりました。
しかし実際には準備期間や認可等の諸問題もあり、1997年3月からの開始となりました。
この規制緩和の背景には、国内のオートバイメーカーやバイクユーザーの意思表示ではなく、
HDやBMW等の海外オートバイメーカーの強い要望があったようです。
又、大型自動二輪免許と普通自動二輪免許が独立した免許となった為、
これ以前は中型限定で大型二輪を公道で運転した場合「免許条件違反」の罰則であったのが、
これ以後は「無免許運転」になりました。

上記内容には2005年6月より創設された「オートマチック限定免許」は省略させて頂きました。
私が自動二輪免許を取得したのが1974年で、受難の20年間を迎える1年前でした。
モトラッド京都の店長M村君やサービスのH本君は、大型自動二輪免許取得が
ホント大変だったようですね。
受難の時期に大型自動二輪免許を取得されたお客様も沢山おられますが、
公安委員会から何らかの表彰を受けてもおかしくない免許資格ですね。
ドーモ長話でスミマセン・・・・・。







[PR]
by motorradkyoto | 2017-10-10 12:14 | Event&Campaign | Comments(0)

e0254365_15162602.jpg

今年は開催が二週間遅れ(9/9日・10日)となったBMW Motorrad Days 白馬に
行って参りました。二日間好天に恵まれた事は久し振りで、初日470km、二日目594kmと
ツーリングも楽しませてもらいました。
今回開催が危ぶまれていましたが、お客様の声や我々販売店の声が主催者のBMWさんの
首脳陣を動かした事は事実です。
こちらは二日間存分に楽しませて頂き、店舗に帰って来た直後の画像です。
何だかんだと言いながら、長距離のツーリングには私専用車のR1200RTを駆り出してしまいます。
以下、二日間のレポートです。





e0254365_15195337.jpg


集合場所は名神草津第二PAです。こちらで私を含め8名で
出発です。集合時間は午前5時ですが、8月と比較すると辺りは
暗いです。昨年より大幅に参加人数が減少しましたが、今年も
往路・復路のメンバーが入れ替わり、更に白馬での夜のBBQの
メンバーも入れ替わると言う、昨年程ではありませんが自由に
楽しんで頂く企画とさせて頂きました。毎年平均すると10人前後の
引率で、その方が皆さんも気が楽だとおっしゃっておられます。





e0254365_15222623.jpg

北陸自動車道の南条SAで休憩・・・。





e0254365_15225471.jpg

小矢部SAで休憩です。今年は早目に白馬へ入る予定です。





e0254365_15232724.jpg

初日の本隊は白馬の手前でコーヒーブレイクです。





e0254365_15240158.jpg

宿泊場所のローゼンハイム白馬さんで荷物を下ろし、会場に
向かう途中でセーフティー・ライダーパレードがスタートした直後で、
少しばかり寸止めを倉ってしまいました。i8が先導です。





e0254365_15440453.jpg

Hakuba 47の見慣れた光景です。





e0254365_15443188.jpg

出店ブースは相変らず賑わっています。普段お目にかかれない
お目当ての商品も沢山展示販売されています。純正のライダー
エクイップメントも、物によってはかなりお買い得な商品もありますね。





e0254365_15470624.jpg

新車ブースではK1600Bが展示されていました。





e0254365_15480887.jpg

カラーはブラック・ストーム・メタリックのみで、¥3,449,000の
プライスが付けられていました。10月6日からの発売で、只今
予約受付中です。





e0254365_15491149.jpg

G310GSも持ち込まれていました。フロント19インチで、シート高は
実際に跨ってみると以外と高く感じましたね。





e0254365_15495042.jpg

お待ちかねのBBQタイムも迫って来ました。





e0254365_15502360.jpg

こんな雰囲気で約3時間を過ごしました。今年は食材を多目に
仕入れたので、結構な量を押し込みました。





e0254365_15510739.jpg

毎度お馴染みのジャッキー朝倉さん、今年も例年に増して
パワフルでしたね。





e0254365_15514369.jpg

メイン会場の全景です。熱気球も上がっています。開催日時が
9月にスライドした事もあり、正式なアナウンスは聞いてはいませんが、
参加人数は例年より少なかったように思います。
斯くして初日の夜は更けて行きました。





e0254365_15525765.jpg

二日目の10日も朝から絶好の天気です。復路はツーリング
コースを設定して、私を含め本隊は9名の布陣です。
出発前の、ローゼンハイム白馬さん前でのワンショットです。





e0254365_15544877.jpg

長野道の信州中野ICを経由してR292(志賀草津道路)に
入りました。群馬県と長野県の県境に位置する皆さんご存知の
渋峠ホテルです。





e0254365_15554311.jpg

こちらでコーヒーブレイクです。





e0254365_15562036.jpg

渋峠の「日本国道最高地点 標高2,172m」の石碑前です。
写真では判りませんが、こちらの小さな駐車場は満車で、少し
離れた車道にバイクを置いて記念撮影を致しました。
廻りは人・車・バイクでごった返していました。





e0254365_15583519.jpg

今日ご参加の殆どの方が、「場所は知っているが行った事が
ない」とおっしゃる白根山の湯釜に立ち寄りました。
私も約30年振りになりますが、駐車場からこちらの展望台まで
這い上がる事約30分で少々疲れます。複数の火山湖が存在
しますが、一番大きいのがこちらの「湯釜」です。




e0254365_15591482.jpg


白根山は活火山であり、気象庁が2007年末より噴火警戒レベル
なるものを設定し、2014年6月から今年の6月までの3年間、
駐車場や売店も閉鎖されておりこの場所にも来れない状況でした。





e0254365_16001691.jpg

この景観に出会えて皆さんラッキーでしたね。ここに来るのが
最初で最後の方が殆どだと思いますけどね・・・・。
皆さんで記念撮影ですがY内さんが行方不明でした。




e0254365_16011035.jpg


草津温泉周辺で大渋滞に遭いましたが手際良くスルーし、
R144を駆け抜け、上田菅平ICから上信越道に入りました。
中央道の駒ケ岳SAで休憩し・・・・・、





e0254365_16064017.jpg

名神高速の養老SAで解散と致しました。19時20分撮影ですが、
もう真っ暗になっていました。





e0254365_16073292.jpg

白馬でのイベントも2005年にスタートして13年になりますが、
今回も大きなアクシデントに遭遇する事なく無事にやり繰り
出来た事を、ご参加頂いた皆様に感謝申し上げます。
2018年も白馬での開催が決定したようです。では、来年も・・・。






[PR]
by motorradkyoto | 2017-09-16 16:08 | Event&Campaign | Comments(0)

e0254365_18313616.jpg
東日本の夏の長雨が続いていますね。東京都心は8月1日からの連続降雨で、気象庁によるとこの長雨は40年前(1977年)の22日連続に次ぐ記録で、気象庁が統計を開始して以来2番目の長さになったようです。

今回の長雨は台風5号の影響に加え、オホーツク海高気圧の勢力が強くさらに太平洋高気圧の張り出しも弱く、「やませ」と呼ばれる北東からの冷たい風と、南からの暖かい風がぶつかり雨雲の発生を助長させているとの見解です。

日照不足や低温の影響をモロに受けるのが農作物で、すでに野菜類の収穫量が減りそれに伴い価格の高騰が始まっています。京都も東京程ではないにしろ今年はやたらと雨が多く、短時間に大量の雨が降るのが特徴ですね。雨が多いと地盤も緩み、恐ろしい二次災害や三時災害が起こらない事を祈るだけでしたが、播但連絡道や中央高速道に土砂崩れが発生してしまいましたね。20日現在、復旧の目途が立っていません。

e0254365_18374796.jpg

さてさて、そんなスッキリしないお盆休みを利用して、当社HD部門の営業の御大である善さんを
誘って能登半島の先端「禄剛崎」に行って参りました。

13日の午前5時に名神高速の草津PAにて集合~出発です。
私はR100GS-PDです。善さんはHDの業務に就いているにも関わらず無類のイタ車好きで、
それも超マニア系専門であるところが心憎いですね。今日は国内に何台登録されているのか
(20台位?)非常に興味のある、モトグッチのステルビオ1200で現れました。

グッチのルマンⅢ(これは判る)やグッチのセンタウロ(結構マニアックです)、
更に一時復活したラベルダのゴーストも平然と乗り回しているところが、
私なんかには真似が出来ない恐ろしいオッサンです。





e0254365_18412175.jpg
雨は降っても小雨ながら天気はあまり芳しくなく、北陸道の尼御前SAで小休止です。





e0254365_18421217.jpg
往路は小矢部砺波JCTから能越自動車道を通って七尾を
経由します。





e0254365_18431601.jpg
のと里山海道に乗り換えて「のと里山空港」にやって来ました。
隣接して日本航空高校石川や、日本航空大学があります。





e0254365_18440985.jpg
どんどん東進し恋路海岸に到着です。ここでようやく海と対面し、
能登にやって来た気分が味わえました。





e0254365_18450610.jpg
2005年に廃線となった能登鉄道の能登線を一部復活させて、
地域復興を図ったトロッコ鉄道の恋路駅です。





e0254365_18460330.jpg
何と自分の足でこいで進む小さな人力トロッコです。約300mの
短い旅です。





e0254365_18470157.jpg
日本三大パワースポットの一つと呼ばれている「聖域の岬」に
到着です。





e0254365_18490899.jpg
入場料が必要で、洞窟へは行きませんでしたが展望台へは
上がって見ました。





e0254365_18502142.jpg
真下には「ランプの宿」がスッポリと視界に入ります。
ここでパワーをもらったお陰で、後述する爆発事件が起こりました。





e0254365_18511289.jpg
僅かな観光も織り交ぜながら、道の駅「狼煙」に到着です。
駐車場にバイクを停めて・・・・・。





e0254365_18523472.jpg
岬への急坂(写真では平坦に写ってますが、かなりのキツイ坂
です)を登り切ると・・・・・。





e0254365_18534113.jpg
能登半島先端の禄剛崎に到着です。





e0254365_18543564.jpg
エントリー頂いている皆さんからもこの標識の画像が送られて
来ますね。





e0254365_18563394.jpg
復路は輪島経由で、のと里山海道を南下しました。





e0254365_18585721.jpg

日本海に面した「志雄PA」までは順調でしたが、出発する為に
GSのセルボタンを押した瞬間、「ドカ~ン」と言う爆音と共に
電源がシャットアウトしてしまいました。パワースポットへ行ったご利益が
こんな形で発揮されました。





e0254365_19400378.jpg
原因を調べるとご覧のありさまでした。バッテリーが爆発したにも
かかわらず、電解液が流れ出ないのは液がカラッケツになっていた
訳で、そう言えば昨年の東北ツーリングに行く前に液面を確認して
以降は全く確認を怠っていました。自業自得とはこの事で、お盆のこの
時期ロードサービスにも相当な時間を要する為、色々と同行の善さんと
策を講じた結果、オートバックスさんに運良く適合しそうなバッテリーの
在庫がある事が判り、善さんに往復約100kmの買出しに行ってもらいました。





e0254365_19473554.jpg
サイズもほぼピッタリで、純正同様の開放型で充電済みなので直ぐに
使えました。容量が32A(純正は25A)で少々強力でしたが問題はなく、
他の電気系統も正常で運が良かったです。草津PAに戻って来たのは
約3時間のロスもあり午前0時を廻っていました。今日は善さんに感謝です。
皆さんもバッテリーの点検を怠らないように気を付けて下さいね。
本日の走行915kmでした。





e0254365_19491395.jpg
以下追伸レポートです。
三日後の16日も名神草津PAに午前6時に集合です。この日はN脇君と
白馬MDの復路コースを走って来ました。R1200RTとR1200RSがお供です。





e0254365_19511870.jpg
横手山や・・・・・、





e0254365_19514452.jpg
渋峠をクリアーしましたが、視界10mの最悪のコンディションで、
ほぼ7割が雨でした。





e0254365_19522898.jpg
R144沿いの「ゆきむら夢工房」で休憩する頃にはもうバイクは
ドロドロのコテコテになっていました。





e0254365_19550207.jpg
適度な休憩と夕食を済ませ、何時もの草津PAに戻って来たのが
午後8時15分でした。本日の走行951kmで、ちょっと出かけるとなると
毎回こんな走行距離になってしまいます。今回RTとRSをN脇君と交互に
乗る事で、両車のキャラクターの違いを鮮明に理解する事が出来ました。
私もRTにぞっこんでしたが、今回のツーリングでRSの素晴らしさが
際立ちました。イェーイ、専用車の入替えじゃ~。







[PR]
by motorradkyoto | 2017-08-21 19:56 | Event&Campaign | Comments(0)

こんにちは、スタッフのMr.Mです。梅雨明けと共に湿気の多い暑さが連日続いていますが、今年はここ数年の暑さと比較すると幾分か穏やかな気がするのは私だけでしょうか?。と言うのも、京都市内周辺では午後から天気が急変し、短時間でドッサリと雨を降らして回復する日が連日続いているからかも知れませんね。
この雨も程々ならまだしも各地に大きな被害を及ぼすから厄介で、最近では「ゲリラ豪雨」とマスメディアが表現し何故か一般的な新語になっています。ウィキペディアによると日本の気象庁は予報用語として「ゲリラ豪雨」は用いず、「集中豪雨」・「局地的大雨」・「短時間強雨」などの用語を、雨量などに応じて使い分けているようです。
新語である「爆弾低気圧」と同様に、「ゲリラ」や「爆弾」と言う言葉は軍事を連想させ不適切とする見方も多く、前述した同義・類義語がある中であえて使う必要はないとの判断のようです。経験がある方も多いと思いますが、ツーリング途中に(特に高速道路)雨の柱の中へ突進して行かねばならない場面はホント辛いですよね。皆さん、今年も「水も滴るイイ男」になりましょう。
e0254365_18275183.jpg
さて余談になりましたが、今日は先日開催されたBMWさん主催のモータースポーツフェスティバルの偵察に、静岡県の富士スピードウェイまで行って参りました。こちらが参加の証であるパドックパスです。





e0254365_18284841.jpg
私を含め6人でのエントリーでしたが、現地到着は午前10時過ぎでした。BMWの二輪・四輪の共同開催と言う事もあり、正面ゲートから入れたかどうかは不明ですが、混雑を避ける為西ゲートから入場しました。こちらは西ゲート前でのワンショットです。





e0254365_18295557.jpg
二輪の駐車場はこの様になっていました。





e0254365_18304594.jpg
参加者のN中さんに撮影して頂きました。一番奥の駐車スペースに
バイクを止めました。天気は概ね問題なく、雨の心配はなさそうです。





e0254365_18331598.jpg
イベント会場への入場口です。ここで冒頭のパドックパスを受取り
ます。





e0254365_18340690.jpg

S1000RRとM2が出迎えてくれました。





e0254365_18343661.jpg
場内は大小のゲームが行なわれ大勢の人で賑わっていました。





e0254365_18353672.jpg
ピットやパドックスペースには往年のBMWの名車も展示されていました。
以下は私の好きな’70S~’80SのBMWですが、全てオーナーカーと
思われます。私もこの年代の輸入車を矢継ぎ早に乗り換えていたので
いけないと思いつつ、ついつい目が行ってしまいます。
通称「バットモービル」と呼ばれているE9の3.0CSLです。
このようなイベントの時でないとお目にかかる事は出来ません。




e0254365_18365736.jpg

E26のM1も同様です。以前、このブログでもご紹介した事があります。
e0254365_18394505.jpg
E30のM3です。私の輸入車デビューもE30で、318の4ドア、
325の4ドア、320のMテクと3台乗り継ぎました。このM3はここ数年
中古車相場が高騰しており、もう手が出ません。





e0254365_18405019.jpg
E28のM5の正規輸入車は僅か35台(並行輸入車は不明ですが)
しか国内に輸入されていません。私も同型のM535に長い間乗って
いる事もあり、E28の5シリーズが一番カッコイイと思っています。





e0254365_18431071.jpg
駐車場で見かけたビッグバンパー付き最終型E24の635CSi です。
ミシュランのTRX専用のBBSホイールに、TRX-GTが装着されて
いました。私はこの車のオーナーを尊敬します。





e0254365_18443030.jpg
HP4Raceのお披露目も開催されていました。価格も発表され、
すでに予約も入っているとか・・・・。お一人で2台をオーダー
されている方もおられるようです。





e0254365_18483377.jpg
価格は消費税込みの¥10,000,000で、世界限定750台となって
おります。日本へは20台位入荷するとの噂ですが、サーキット専用
車両で保安部品はございません。今年の11月頃からデリバリーが
開始されます。





e0254365_18520107.jpg
エンジンも数機展示されていました。空水冷のK50シリーズの
カットモデルです。シンプル且つ合理的な設計がこのエンジンの
持ち味です。あと10年は基本設計は変えないでしょうね。





e0254365_18530992.jpg
空冷ツインカムのヘッド廻りです。カムシャフトがコンパクトに
収まっているのが良く判ります。BMWモトラッドの歴史に残る、
非常に完成度の高いエンジンです。





e0254365_18545786.jpg
オートバイの展示ブースはさながらモーターサイクルショーの
縮小版的な様相で、ほぼフルラインナップを揃えた展示となって
いました。こちらは最新のR-nineT UrbanG/Sです。





e0254365_18560789.jpg
R-nineT用に発売された、純正のサイドバッグです。積載能力に
乏しかったR-nineTシリーズにジャストフィットします。スクランブラーは
右側だけの装着となりますけどね。





e0254365_18570957.jpg
その他、お話しし切れない事も沢山ありますが、昼過ぎで切り上げると
決めていたので現地を出発致しました。この日の最後にスピードウェイの
パレードランもありましたが、時間の余裕がありませんでした。





e0254365_18581502.jpg
その後近辺のツーリングを少しだけ楽しみました。富士山スカイラインの
五合目までのルートは交通規制が入っているので、御殿場口登山道の
新五合目まで上がってみました。残念ながら富士山は雲に覆われて
いました。ここで宿泊組みと日帰り組みの解散です。





e0254365_19004599.jpg
日帰り組みは私とN中さんの二人で、4人の方は宿泊され富士山周辺を
楽しんでから帰られるようです。帰路は東名高速の富士ICから入りました。





e0254365_19013272.jpg
私のこの日の目的の一つが、「岬と湖のラリー」の指定ポイントである
浜松の「佐鳴湖」に立ち寄る事です。同行のN中さんはすでに完走
されておりこの日で2回目です。N中さんとは東北でも同行して頂き
この日もお付き合い頂き、今年はかなりご縁が有りますね。





e0254365_19052230.jpg
喫茶カフェリヤさんでコーヒーを頂き、この辺りで撮影致しました。
公私混同でドーモスミマセンね。





e0254365_19061220.jpg
今日の相棒はR1200RTで、もう高速をメインとしたツーリングには
離せなくなりました。ご購入を検討されている方は、半日ツーリングにも
貸し出し致します。ご遠慮なくご相談下さい。本日の走行793kmでした。







[PR]
by motorradkyoto | 2017-07-31 19:07 | ユーザーツーリング | Comments(0)

こんにちは。スタッフのMr.Mです。
「岬と湖のラリー」がスタートし、間もなく中盤戦を迎えますが公約通り今年も東北へ足を運んで参りました。GW明けはエントリーされている方も少々中弛みで、ポイントクリアーの報告がなかなか送られて来ません。そんな皆さんに活を入れる為に二泊三日、約2,800kmを走破致しました。今回は観光はお預けで、ラリー指定ポイントの「霞ヶ浦」・「大間崎」・「沼沢湖」・「榛名湖」を周る事が最大の目的で、本州の最北端に行くのなら「龍飛崎」・「恐山」も立ち寄る事に致しました。以下、そのレポートです。

これからラリーポイントの東北へ行かれる方のご参考になれば幸いです。昨年の東北(二泊三日)や九州(二泊三日)は髭の師匠にお供頂きましたが、今年はお家の色々な諸事情があって、宿泊のツーリングには付き合えないとの事。そうなれば一人で行くしかなく、日程も仕事に極力影響のない日を選択すべく第三火曜・水曜の連休を含め、19日の月曜日も休みを頂きました。まあ私が休んだところで業務に影響を及ぼす事は全くありませんけどね。窓際族はこんなもんですわ。
ハハハハハッ・・・・。

e0254365_15103155.jpg

6/19日の午前6時(ホントは午前4時迄に高速に入りたかったが)
に自宅を出発し、名神~新名神~東名阪~伊勢湾岸を快走し、
新東名の岡崎SAで一回、そしてこちら静岡SAで2回目の休憩を
取りました。今日の予定は首都高速を経由して茨城県の「霞ヶ浦」
に立ち寄り、その後、青森県の五所川原まで一気に走り切る事です。
今回の相棒は、勿論私専用車であるR1200RTです。





e0254365_20402314.jpg

こちら首都高速6号三郷線の加平PAです。天気は快晴です。





e0254365_20405065.jpg

「霞ヶ浦」にやって来ました。霞ヶ浦大橋の西詰です。





e0254365_20413305.jpg

霞ヶ浦ふれあいランドの駐車場です。京都から約550kmで、
休憩を3回取り約6時間を要しました。新東名では覆面Pに
注意を払い●40km~●80kmペースでしたが、概ね想定内ですね。





e0254365_20424153.jpg

撮影場所はこの辺りです。





e0254365_20430835.jpg

常磐道を北上し磐越道~東北道か、そのまま常磐道~東北道かを
いわきJCTで悩んだあげく、走った事のない常磐道~東北道コースを
選びました。東日本大震災後の復興道路の役割を担う高速ですが、
仙台までが対面2車線で、30分はロスしたと思います。
富岡~相馬間のR6が二輪車や歩行者がシャットアウトされている等、
まだまだ厳しい状況が続いている事に気が付くと共に、良い勉強を
させて頂いた高速道路でした。





e0254365_20445976.jpg

冨谷JCTから東北道に入ります。





e0254365_20452485.jpg

夕食を紫波SAで済ませ、青森県の浪岡ICを下りたのが21時30分で、
今日の宿泊場所の五所川原に到着したのが22時少し前でした。
本日の走行、1,201kmでした。





e0254365_20461846.jpg

明けて20日は6時30分スタートです。今日も好天の予報です。
お世話になった「ホテルサンルート五所川原」さんの正面玄関前です。





e0254365_20465873.jpg

道の駅「十三湖高原」に立ち寄りました。これを見ると青森に来た
実感が湧きますね。





e0254365_20473714.jpg

R339の竜泊ラインにさしかかる処です。龍飛崎までは豪快な
ワインディングが楽しめます。





e0254365_20481394.jpg

龍飛崎にやって来ました。





e0254365_20484755.jpg

龍飛崎は石川さゆり嬢の「津軽海峡冬景色」でご存知の方も多いと思いますが、
国の一大プロジェクトでもあり、着工から27年を要し1988年に開通した青函トンネルが
特に有名です。このはるか下に鉄道が通っています。





e0254365_20493972.jpg

直ぐ近くにR339の階段国道があります。階段を持つ日本で唯一の国道だそうです。





e0254365_20501682.jpg

津軽半島から下北半島への最短ルートは私得意のフェリーが一番です。この陸奥湾フェリーは
一日2便しかなく、9時20分発に乗り損ねたら全ての行程が終わってしまう危険性がありました。
まあ、余裕で間に合いましたけどね。蟹田のフェリーターミナルは随分綺麗になっていました。





e0254365_20514854.jpg

所要時間は1時間ジャストです。





e0254365_20522697.jpg

下北半島側の脇野沢フェリーターミナルでワンショット。





e0254365_20525884.jpg

R338の海峡ラインを北上し大間崎へ到着です。ここでエントリーされている
N中さんと無事合流出来ました。出発前日の18日にN中さんから電話があり、
「俺も沼沢湖と大間へ行くから20日は大間で合流や~」となりました。途中で
連絡を入れほぼ予定通りでした。今の通信機器はGPS機能等も有しており、どの辺りに居て
どれ位の時間を要するか、かなり正確に先が読めるようになりました。N中さんは2台
エントリーされていますが、今日は勿論長距離専用車の空冷ツインカムのR1200RTです。





e0254365_20545412.jpg

N中さんに撮影して頂きました。私、こんな感じです。N中さんの撮影はご法度です。





e0254365_20553976.jpg

撮影場所はお決まりの場所ですが、平成10年に周辺が整備されこのモニュメントが
建立されてからは、一気に観光地の様相が強くなりましたね。





e0254365_20562534.jpg

昼食はモニュメント向いの「かもめ食堂」さんで、マグロ・イクラ・ホタテの3色丼を
賞味致しました。私も大間は随分久し振りに訪れましたが、マグロ料理店が随分増えて
いるのに驚きました。





e0254365_20572920.jpg

夕方まではN中さんと行動を共にする事になり、「恐山」にやって来ました。
恐山は日本の三大霊場(比叡山・高野山・恐山)の一つに数えられていますが、
この周辺は荒涼とした景色で、硫黄の臭いが立ち込める不気味な雰囲気と融合し、
少しばかり格が違いますね。





e0254365_20584672.jpg

バイク専用駐車場も用意されていました。





e0254365_20591677.jpg

むつ市に入りR338を南下し、原子燃料リサイクル工場等、国のエネルギー関連施設が
集中している六ヶ所村も横目で見ながら三沢空港へやって来ました。民間の飛行場でありながら
航空自衛隊三沢基地も隣接している事から、航空自衛隊とアメリカ空軍も使用すると言う
異例な空港でもあり、ある意味「北の要」とも呼べる空港です。三沢と言えば元祖高校野球
球児のアイドルと呼ばれた太田幸司選手を思い出します。





e0254365_21005081.jpg

八戸自動車道~東北自動車道に入り、岩手山SAでN中さんと別れました。
N中さんは今回、私が21日に立ち寄る沼沢湖を19日にクリアーされ今日の大間と合わせ
16ケ所完全制覇されました。勿論エントリーされている方の中では一番手で、後はマイレージを
どれだけ延ばされるかです。N中さん、どうもお疲れ様でした。今日は北上近辺で一泊される
との事ですが、明日は気を付けてお帰り下さい。私は更に蔵王まで南下し、この日の宿泊場所に
到着したのが22時30分でした。本日の走行、714kmでした。





e0254365_21023490.jpg

今回のツーリングの最終日である21日は、どうやら雨との戦いになりそうです。
この日も6時30分に出発ですが、まだ雨は降っていませんが、レインウエアーを着ての出発です。
お世話になった「グリーンホテル大河原」さんの正面玄関です。最近のツーリングはビジネス系の
ホテルを予約する事が殆どで、更に大浴場があるかないかが選択のポイントとなっています。
今回の2つのホテルは大変清潔で大浴場も完備されており、ゆっくりと疲れを癒す事が
出来ました。





e0254365_21042071.jpg

東北道の郡山JCTから磐越道に入った辺りで雨が降って来ました。会津坂下ICを下り
R252を南下して「沼沢湖」にやって来ました。結構雨脚が強くなり視界も悪く、しばしの
休憩を余儀なくされました。近くに妖精美術がありちょっと寄ってみましたが、残念ながら
休館日でした。





e0254365_21054516.jpg

撮影場所はこの辺りです。「沼沢湖」も日本国内において、メジャー級の湖になって
欲しいですね。





e0254365_21063229.jpg

R252の只見湖~田子倉湖を抜け、福島県と新潟県の県境のワインディングは
天気が良ければ気持ちが良いハズなのですが、雨の影響で3回程ASCのランプが
点滅しました。関越道の小出ICから高速に入りました。





e0254365_21073869.jpg

渋川伊香保ICで下り、今回の目的地の最後となる「榛名湖」にやって来ました。
この近辺も雨と霧で視界が悪く、湖の直ぐ向こうに見える榛名山も全く見えない
状態で残念でした。榛名湖はかなり観光地化されており、伊香保温泉も近い事もあり
雨の平日にも関わらず結構賑わっていました。





e0254365_21085116.jpg

撮影場所はこの辺りです。この周辺はバイクで走るには絶好のルートも多く、
紅葉の秋に来ると大渋滞に巻き込まれます。





e0254365_21093098.jpg

当初の計画では少し北上してR145~R144を通り、上田菅平ICから上信越道に
入るつもりでしたが、南に下って松井田妙義ICから高速に入りました。
東部湯の丸SAで小休止です。後は高速でひたすら帰るのみです。





e0254365_21103150.jpg

名神高速の草津PAに着いたのが20時50分で、自宅到着が21時20分でした。
今回のツーリングで改めてR1200RTの実力を再発見致しました。無機質と言えば
それまでですが、不快な振動が一切なく(特にハンドルへの振動が殆どない)、
ウインドプロテクションも超一級品です。更に中間加速も速く、昼間の高速道路では
追い抜かれた事は一度もありませんでした。燃費もかなり良好でK1600系と比較すると
かなり軽量なので、今回のようなツーリングにはRTに勝るバイクはないでしょうね。
本日の走行、938kmでした。2泊3日で、2,853kmを走った事になりますが、疲れていますが
その疲れが心地良く、緩い感覚で残るところがBMWのBMWたる素晴らしさですね。









[PR]
by motorradkyoto | 2017-06-29 21:15 | 番外編 | Comments(0)

皆さんこんにちは。梅雨に入ってからかなりの日数が過ぎますが、全く雨が降らないですね・・・って思っていたら、21日の京都の朝は物凄かった・・・。梅雨というより台風の如く、『どひゅるるるる~』『ばしゅびゅるるる~』『バ~タバタバタバタッ』と言う、今まで聴いた事の無い雨風音で目を覚まし、ふと窓を見るとカーテンが大暴れ。窓が少し開いてました・・・(涙)

自然の猛威に驚きつつ、雨で濡れた床を拭きながら『戸締り用心』と呟いたN脇です。さてそんな梅雨の時季真っ只中、去る6月18日に開催しました潮干狩りツーリングの模様をお送りいたします。

e0254365_10575956.jpg

今回のツーリングは、『BMW のオートバイに乗って潮干狩りをやりに行く』という、
モトラッド京都初・・・いや、BMW Motorrad 史上世界初の試みだと思われる企画です。
お客様に『次のツーリングは何すんの?』って訊かれ、『潮干狩りです』
と答えると、だいたい『は?』と返ってきます。
潮干狩りといえども『狩り』であります。ハンターの血騒ぐ荒々しい企画に
参加されたのはこちらの面々。高ぶる気持ちを抑えて集合写真です。





e0254365_11014238.jpg

亀岡経由で少しデカンショ街道を走り、篠山からちょっと裏道を走って西脇市へ。
今回の休憩にマクドナルドで朝マックと、意外にやらないパターンでコーヒーブレイク。
到着が早かったからかほぼ貸しきり状態。





e0254365_11024374.jpg

皆さん縄張りを意識した?散り散りバラバラ大胆な席の取り方。
ハンターの荒々しさが伝わってきますね。





e0254365_11033474.jpg

お腹も満たされ、いざ戦地的形海水浴場へ!!
ここから中国道と播但道を使い、一気に的形海水浴場へ。
そういえば前々日まで40%の降水確率も、前日には0%になってました。
前回の大台ケ原ツーリングといい今回といい、
今年のモトラッド京都ツーリングは天候に恵まれております。
雨男返上ですな。





e0254365_11053513.jpg

この日は小潮で干潮が11時32分。干潮の前後1時間が潮干狩りの
タイミングとの事で、10時過ぎには到着したのですが
到着するともう既にライバルたちが!!出遅れたのか!?

今回収穫量トップ3にはちょっとしたプレゼントがあります。
制限時間は2時間。よーいドン!!





e0254365_11075127.jpg

出遅れたのであんまり獲れないのかと心配しましたが、
なんのなんの、小一時間でこの量!!
下見の時、M村店長と私が二人がかり一時間半かけて獲った量と変わらない(汗)





e0254365_11085835.jpg

フル装備でご参加のH尾さん。
本気度が違います。





e0254365_11094213.jpg

どうですか?
まさかツーリングの途中と、誰が想像できましょう?(笑)





e0254365_11102868.jpg

最初は休憩されていて終盤から参戦のS水さん。
『皆に悪いからハンディをあげるわ』という感じのただならぬオーラ。

ご、五分でその量ですか!?凄い・・・!!





e0254365_11134950.jpg

正直に言うと、本当は・・・・・・・
4つ・・・・    ですよね。(笑)

あれは借り物だったんですね。






e0254365_11121308.jpg

戦い終えて、お昼はおにぎり&きつねうどんの炭水化物セット。
こういうところで皆して食べると、格別においしいですね。





e0254365_11154700.jpg

e0254365_11170821.jpg

e0254365_11172002.jpg

トップ3の皆さん。
持って行ったジップロックがパンパンです。

トップのS本さんにいたっては、一袋に入りきらないほどの量でした。





e0254365_11192111.jpg

貝は家に持って帰って砂抜きをして食べてもらいます。
ここからは、貝が痛まないよう一気に高速を使って帰りますが、
その前に海岸をバックに記念撮影。う~ん不自然。(笑)

※決して合成写真ではありません






今回の世界初(だと思われる)BMW Motorrad で潮干狩りツーリングを
3分程の動画に編集してみました。







[PR]
by motorradkyoto | 2017-06-25 11:25 | ユーザーツーリング | Comments(0)

e0254365_20222595.jpg
今日の本題ではありませんが、噂のCevolutionの試乗車をご用意致しました。スタッフ全員が試乗しましたが、皆が感動致しました。





e0254365_20233050.jpg
音もなく異様ではありますがとにかく速い、車体のカラーリングもイケてます。このような新進気鋭のバイクを否定される方は論外として、新しいモノをどんどん取り入れられる向上心旺盛な方に是非お乗り頂きたいバイクです。すでに数人の方に試乗して頂きましたが、皆さんのご意見は「これエエわぁ~」とおっしゃって頂いております。ご購入頂くアプローチは我々の情熱が勝負ですね。近々試乗インプレッションもお届けしたいと思います。





さてさて本題に入りますが、今年の店舗主催のお客様参加型長期イベントでもある、「岬と湖のラリー」の近況報告をして欲しいとの依頼が多く寄せられております。エントリーの締め切り(5/26日)も終了した事もあり、その第一報をご報告したいと思います。エントリー頂いた方は89名で、内、この過酷なラリーに精力的に挑んでおられる方は約20名です。勿論私も店舗代表でエントリーしていますが、なかなか時間の捻出が出来ないのが悩みのタネです。
e0254365_20250860.jpg
こちらが4ケ所以上廻られている上位陣です。ご参考までに一番上段は私で、まだ2ヶ所しか廻れていませんが毎年上位を独占されるA級ツーリングライダーの方を尻目に、すでに14ヶ所を廻られた強者ライダーもおられます。





e0254365_20291134.jpg
16ヶ所の指定ポイントのおさらいです。





e0254365_20303690.jpg
掲載する画像は、全てエントリー頂いている方から送信して
もらった画像です。皆さんの個性溢れる保存版です。
石廊崎の画像ですが、これは大変綺麗です。
Iさんから送られてくる画像はどれもお見事です。





e0254365_20321504.jpg
大間にもすでに3人の方が行かれました。定番のモニュメント前の
画像もあれば、





e0254365_20325946.jpg
「兜カマ焼き」なる、豪快なマグロ焼きの画像も送られて来ました。





e0254365_20332961.jpg
今年のラリーのインフォメーションに使わせて頂いた、禄剛崎の
画像もチラホラと届いています。





e0254365_20341049.jpg
九州最南端の佐多岬へはGW期間中に数人の方が行かれた
ようです。現在岬周辺の駐車場を含めたリニューアル工事が
行なわれており、行けるハズだった展望台までは行けません。
この辺りで撮影して頂くと間違いないですね。





e0254365_20361893.jpg
本州最西端の毘沙ノ鼻です。こちらも数人の方がクリアーされています。





e0254365_20370106.jpg
榛名湖へのコースアプローチは非常に迷うところです。
関西圏からは日帰り圏内ですが、コースの選択次第で大幅に
時間を要するようです。





e0254365_20380386.jpg
四国最東端の蒲生田岬も、皆さん余裕の日帰りコースで
クリアーされています。
16ケ所の指定ポイントへは、多かれ少なかれ既に誰かが
行かれてクリアーされていますね。

さて私、6月の第三火曜日と水曜日の連休を利用し、更に19日の月曜日も休みを頂き、19日・20日・21日で関東~東北を4ケ所(霞ヶ浦・大間・沼沢湖・榛名湖)ばかり廻って来ようかと思っています。昨年の東北はR100GS-PDで行きましたが一般道はともかく高速道路が辛く、大変往生したので今年は勿論R1200RTで行く予定です。







[PR]
by motorradkyoto | 2017-05-30 20:40 | ユーザーツーリング | Comments(0)

e0254365_18174991.jpg

こんにちは、スタッフのMr.Mです。先月のユーザーツーリングに引き続き今月も私が幹事役を引き受け、店舗主催のツーリングに於いては初めてとなる、奈良県の大台ケ原へ足を運んで参りました。以前から山間部のルートを舐めてかかるとどえらいシッペ返しを喰らう事も多く、事前の道路情報の収集が不可欠となります。昨年の同時期に行った四国の瓶ケ森林道(UFOライン)の二の舞を踏むことなく、今回は用意周到で臨めました。





e0254365_18194721.jpg

集合場所は第二京阪道の京田辺PAです。早朝の5時30分出発予定ですが、毎回の如く、5時前に現地に到着する頃には殆どの方が今や遅しと待ち構えておられました。





e0254365_18210006.jpg
大阪や奈良方面からご参加頂く方もおられ、第二集合場所を
R166とR370の交差する道の駅「宇陀路大宇陀」に致しました。





e0254365_18220370.jpg
こちらで全員集合です。画像が出回ると具合の悪いNさんに
撮影して頂きました。私を含め、本日ご参加のフルメンバーです。





e0254365_18225362.jpg
そのままR370を南に下り、R169を経由して道の駅「杉の湯川上」で
2回目の休憩です。ツーリングの心得として、行程時間の30分程
早目に行動を開始する事で混雑を避ける事が出来ます。





e0254365_18235327.jpg
県道40号(昔の大台ケ原ドライブウェイ)に入り、頂上を目指します。
R169から頂上まで約17kmあり、1981年4月より無料化となりました。
17台になると結構な隊列になります。





e0254365_18245269.jpg
頂上の駐車場に到着です。大台ケ原は近畿圏でも年間を通して
最も雨量の多い地域との事ですが、今日は前回に引き続き絶好の
好天に恵まれました。この駐車場内に「大台ケ原ビジターセンター」があり、
ここを起点に複数の観光登山ルートが整備されています。





e0254365_18264331.jpg
こちらでコーヒーブレイクです。





e0254365_18271693.jpg
大台ケ原を下って、さらにR169を南下し下北山スポーツ公園内にある
「きなりの湯」で入浴と食事を済ませました。





e0254365_18280548.jpg
時間にも少々余裕があったので昼寝も出来ました。





e0254365_18283808.jpg
「きなりの湯」の駐車場で集合写真です。GW明けの土・日は
どちらの施設も結構空いていますね。天気も一番安定する頃合で、
毎年この時期のツーリングは快適です。





e0254365_18295873.jpg
帰路のルート変更も検討しましたが引率する台数の事や、
参加されている皆さんの車種構成も考え、予定通り大回りの
高速道路ルートで帰る事に致しました。こちら伊勢自動車道の
安濃SAです。





e0254365_18325674.jpg
第二名神の土山SAで最後の休憩です。今日も交通違反を含め、
事故・トラブル等も皆無で終える事が出来ました。ご参加頂いた皆さん、
どうもお疲れ様でした。次回はN脇君が担当にて6月18日に行なう
予定です。行き先内容等は近々に発表致します。





e0254365_18350539.jpg
今日の相棒は、先月準備したR1200GSエクスクルーシブです。
頻繁に使用するRTは勿論の事、GSはやっぱりイイですね。今日のような
ワインディングを主体としたルートや、少々道の荒れたコースの
ツーリングには無類の実力を発揮してくれます。
車体も非常に軽く感じ、大型バイクにお乗りの方にとっては
全く苦になる範疇ではないと思います。R1200GSは他の
どのバイクメーカーの技術者からも一目置かれているオートバイで、
乗って更なる歓びが得られる事は間違いありません。
本日の走行は456kmでした。




[PR]
by motorradkyoto | 2017-05-21 18:38 | ユーザーツーリング | Comments(0)


e0254365_11375684.jpg
こんにちは、スタッフのMr.Mです。
ゴールデンウィーク期間中は休まず営業致します。もうかれこれ15年程前からこのようなパターン
で、それまではGW期間中も世間に歩調を合わせて休んでいました。
ところが2002年のこの時期に、BMWのユーザー様がお二人、HDのユーザー様がお一人、大きな事故とトラブルが相次ぎ大変なご迷惑をおかけした経験から、サービス業の原点に立ち返りGW期間中のフル稼働がスタートした次第です。とは言え、家族サービスが責務となっているスタッフもいる訳で、内々で調整しながらGWはやり繰りさせて頂きます。



e0254365_11492248.jpg
さて今日は年に二回のみ行う水曜OHVツーリングのレポートです。
全て私の勝手きままな都合に合わせて頂き、ご参加頂く皆様には
毎回感謝致しております。
今回のコースは岐阜県の徳山ダムから、薄墨桜で有名な根尾を
目指してのツーリングです。集合場所は北陸自動車道の神田PAです。





e0254365_11513921.jpg

参加者の皆さんですが、Sさんは腰痛が酷く木之本ICを下りてから
そのままフェードアウトされます。





e0254365_12282315.jpg

本年当店企画の「岬と湖のラリー」指定ポイントの余呉湖にも
立ち寄りました。エントリーされている方の多くはすでに肩慣らしに
クリアーされ、画像を送信して下さっています。





e0254365_12313946.jpg
こちらでで撮影してみました。





e0254365_12322536.jpg
岐阜県に入り、道の駅「夜叉ケ池の里さかうち」で小休止です。
この辺りから天候が怪しくなって来ました。





e0254365_12332522.jpg
R303からR417を走り、徳山ダムにやって来ました。が・・・、
この辺りは雨風が激しく雨雲レーダーで検索すると、どんどん
雨雲が途切れる事なくやって参ります。レインウエアーを余儀なく
されました。





e0254365_12345586.jpg
私も初めて、皆さんも初めての「徳山会館」でコーヒブレイクです。
この辺りは寒いです。





e0254365_12354292.jpg
根尾に抜けるショートカットルートの県道270号線は通行止めで、
谷汲廻りで根尾を目指します。こちらは道の駅「夢さんさん谷汲」です。





e0254365_12364406.jpg
R157に出てそのまま北上し、うすずみ温泉「四季彩館」にやって
来ました。こちらで昼食を済ませました。




e0254365_12421774.jpg
恒例のバイクとの集合写真です。参加者の皆様が楽しみに
されています。





e0254365_12435184.jpg
帰路はR157を南下し、R21を経由して東海環状自動車道の大垣西ICから
高速に入りました。天気は回復しましたが横風が強烈で、バイクに強風は
天敵ですね。こちら名神高速の養老SAです。





e0254365_12445739.jpg
ここで解散です。どうも皆さん・・・・、





e0254365_12452736.jpg
お疲れ様でした。また今秋にご一緒致しましょう。

今回のツーリングの3日前に新型のR1200RTで鷲羽山へお客様とツーリングに行ってきたばかりでしたが、最新鋭のバイクに身体が慣れ親しんでしまうと古いバイクのフィーリングにはガッカリする事が多々あります。特にブレーキ性能の差が顕著で、安全マージンに余力が必要です。当たり前の事ですが、こんな風に思うと言う事は、私もいよいよ古い物との決別の日が近づいていると言う事なんでしょうかね。でもまだまだ頑張りたいよね。



[PR]
by motorradkyoto | 2017-05-01 12:49 | ユーザーツーリング | Comments(0)