e0254365_15162602.jpg

今年は開催が二週間遅れ(9/9日・10日)となったBMW Motorrad Days 白馬に
行って参りました。二日間好天に恵まれた事は久し振りで、初日470km、二日目594kmと
ツーリングも楽しませてもらいました。
今回開催が危ぶまれていましたが、お客様の声や我々販売店の声が主催者のBMWさんの
首脳陣を動かした事は事実です。
こちらは二日間存分に楽しませて頂き、店舗に帰って来た直後の画像です。
何だかんだと言いながら、長距離のツーリングには私専用車のR1200RTを駆り出してしまいます。
以下、二日間のレポートです。





e0254365_15195337.jpg


集合場所は名神草津第二PAです。こちらで私を含め8名で
出発です。集合時間は午前5時ですが、8月と比較すると辺りは
暗いです。昨年より大幅に参加人数が減少しましたが、今年も
往路・復路のメンバーが入れ替わり、更に白馬での夜のBBQの
メンバーも入れ替わると言う、昨年程ではありませんが自由に
楽しんで頂く企画とさせて頂きました。毎年平均すると10人前後の
引率で、その方が皆さんも気が楽だとおっしゃっておられます。





e0254365_15222623.jpg

北陸自動車道の南条SAで休憩・・・。





e0254365_15225471.jpg

小矢部SAで休憩です。今年は早目に白馬へ入る予定です。





e0254365_15232724.jpg

初日の本隊は白馬の手前でコーヒーブレイクです。





e0254365_15240158.jpg

宿泊場所のローゼンハイム白馬さんで荷物を下ろし、会場に
向かう途中でセーフティー・ライダーパレードがスタートした直後で、
少しばかり寸止めを倉ってしまいました。i8が先導です。





e0254365_15440453.jpg

Hakuba 47の見慣れた光景です。





e0254365_15443188.jpg

出店ブースは相変らず賑わっています。普段お目にかかれない
お目当ての商品も沢山展示販売されています。純正のライダー
エクイップメントも、物によってはかなりお買い得な商品もありますね。





e0254365_15470624.jpg

新車ブースではK1600Bが展示されていました。





e0254365_15480887.jpg

カラーはブラック・ストーム・メタリックのみで、¥3,449,000の
プライスが付けられていました。10月6日からの発売で、只今
予約受付中です。





e0254365_15491149.jpg

G310GSも持ち込まれていました。フロント19インチで、シート高は
実際に跨ってみると以外と高く感じましたね。





e0254365_15495042.jpg

お待ちかねのBBQタイムも迫って来ました。





e0254365_15502360.jpg

こんな雰囲気で約3時間を過ごしました。今年は食材を多目に
仕入れたので、結構な量を押し込みました。





e0254365_15510739.jpg

毎度お馴染みのジャッキー朝倉さん、今年も例年に増して
パワフルでしたね。





e0254365_15514369.jpg

メイン会場の全景です。熱気球も上がっています。開催日時が
9月にスライドした事もあり、正式なアナウンスは聞いてはいませんが、
参加人数は例年より少なかったように思います。
斯くして初日の夜は更けて行きました。





e0254365_15525765.jpg

二日目の10日も朝から絶好の天気です。復路はツーリング
コースを設定して、私を含め本隊は9名の布陣です。
出発前の、ローゼンハイム白馬さん前でのワンショットです。





e0254365_15544877.jpg

長野道の信州中野ICを経由してR292(志賀草津道路)に
入りました。群馬県と長野県の県境に位置する皆さんご存知の
渋峠ホテルです。





e0254365_15554311.jpg

こちらでコーヒーブレイクです。





e0254365_15562036.jpg

渋峠の「日本国道最高地点 標高2,172m」の石碑前です。
写真では判りませんが、こちらの小さな駐車場は満車で、少し
離れた車道にバイクを置いて記念撮影を致しました。
廻りは人・車・バイクでごった返していました。





e0254365_15583519.jpg

今日ご参加の殆どの方が、「場所は知っているが行った事が
ない」とおっしゃる白根山の湯釜に立ち寄りました。
私も約30年振りになりますが、駐車場からこちらの展望台まで
這い上がる事約30分で少々疲れます。複数の火山湖が存在
しますが、一番大きいのがこちらの「湯釜」です。




e0254365_15591482.jpg


白根山は活火山であり、気象庁が2007年末より噴火警戒レベル
なるものを設定し、2014年6月から今年の6月までの3年間、
駐車場や売店も閉鎖されておりこの場所にも来れない状況でした。





e0254365_16001691.jpg

この景観に出会えて皆さんラッキーでしたね。ここに来るのが
最初で最後の方が殆どだと思いますけどね・・・・。
皆さんで記念撮影ですがY内さんが行方不明でした。




e0254365_16011035.jpg


草津温泉周辺で大渋滞に遭いましたが手際良くスルーし、
R144を駆け抜け、上田菅平ICから上信越道に入りました。
中央道の駒ケ岳SAで休憩し・・・・・、





e0254365_16064017.jpg

名神高速の養老SAで解散と致しました。19時20分撮影ですが、
もう真っ暗になっていました。





e0254365_16073292.jpg

白馬でのイベントも2005年にスタートして13年になりますが、
今回も大きなアクシデントに遭遇する事なく無事にやり繰り
出来た事を、ご参加頂いた皆様に感謝申し上げます。
2018年も白馬での開催が決定したようです。では、来年も・・・。






[PR]
by motorradkyoto | 2017-09-16 16:08 | Event&Campaign | Comments(0)

e0254365_18313616.jpg
東日本の夏の長雨が続いていますね。東京都心は8月1日からの連続降雨で、気象庁によるとこの長雨は40年前(1977年)の22日連続に次ぐ記録で、気象庁が統計を開始して以来2番目の長さになったようです。

今回の長雨は台風5号の影響に加え、オホーツク海高気圧の勢力が強くさらに太平洋高気圧の張り出しも弱く、「やませ」と呼ばれる北東からの冷たい風と、南からの暖かい風がぶつかり雨雲の発生を助長させているとの見解です。

日照不足や低温の影響をモロに受けるのが農作物で、すでに野菜類の収穫量が減りそれに伴い価格の高騰が始まっています。京都も東京程ではないにしろ今年はやたらと雨が多く、短時間に大量の雨が降るのが特徴ですね。雨が多いと地盤も緩み、恐ろしい二次災害や三時災害が起こらない事を祈るだけでしたが、播但連絡道や中央高速道に土砂崩れが発生してしまいましたね。20日現在、復旧の目途が立っていません。

e0254365_18374796.jpg

さてさて、そんなスッキリしないお盆休みを利用して、当社HD部門の営業の御大である善さんを
誘って能登半島の先端「禄剛崎」に行って参りました。

13日の午前5時に名神高速の草津PAにて集合~出発です。
私はR100GS-PDです。善さんはHDの業務に就いているにも関わらず無類のイタ車好きで、
それも超マニア系専門であるところが心憎いですね。今日は国内に何台登録されているのか
(20台位?)非常に興味のある、モトグッチのステルビオ1200で現れました。

グッチのルマンⅢ(これは判る)やグッチのセンタウロ(結構マニアックです)、
更に一時復活したラベルダのゴーストも平然と乗り回しているところが、
私なんかには真似が出来ない恐ろしいオッサンです。





e0254365_18412175.jpg
雨は降っても小雨ながら天気はあまり芳しくなく、北陸道の尼御前SAで小休止です。





e0254365_18421217.jpg
往路は小矢部砺波JCTから能越自動車道を通って七尾を
経由します。





e0254365_18431601.jpg
のと里山海道に乗り換えて「のと里山空港」にやって来ました。
隣接して日本航空高校石川や、日本航空大学があります。





e0254365_18440985.jpg
どんどん東進し恋路海岸に到着です。ここでようやく海と対面し、
能登にやって来た気分が味わえました。





e0254365_18450610.jpg
2005年に廃線となった能登鉄道の能登線を一部復活させて、
地域復興を図ったトロッコ鉄道の恋路駅です。





e0254365_18460330.jpg
何と自分の足でこいで進む小さな人力トロッコです。約300mの
短い旅です。





e0254365_18470157.jpg
日本三大パワースポットの一つと呼ばれている「聖域の岬」に
到着です。





e0254365_18490899.jpg
入場料が必要で、洞窟へは行きませんでしたが展望台へは
上がって見ました。





e0254365_18502142.jpg
真下には「ランプの宿」がスッポリと視界に入ります。
ここでパワーをもらったお陰で、後述する爆発事件が起こりました。





e0254365_18511289.jpg
僅かな観光も織り交ぜながら、道の駅「狼煙」に到着です。
駐車場にバイクを停めて・・・・・。





e0254365_18523472.jpg
岬への急坂(写真では平坦に写ってますが、かなりのキツイ坂
です)を登り切ると・・・・・。





e0254365_18534113.jpg
能登半島先端の禄剛崎に到着です。





e0254365_18543564.jpg
エントリー頂いている皆さんからもこの標識の画像が送られて
来ますね。





e0254365_18563394.jpg
復路は輪島経由で、のと里山海道を南下しました。





e0254365_18585721.jpg

日本海に面した「志雄PA」までは順調でしたが、出発する為に
GSのセルボタンを押した瞬間、「ドカ~ン」と言う爆音と共に
電源がシャットアウトしてしまいました。パワースポットへ行ったご利益が
こんな形で発揮されました。





e0254365_19400378.jpg
原因を調べるとご覧のありさまでした。バッテリーが爆発したにも
かかわらず、電解液が流れ出ないのは液がカラッケツになっていた
訳で、そう言えば昨年の東北ツーリングに行く前に液面を確認して
以降は全く確認を怠っていました。自業自得とはこの事で、お盆のこの
時期ロードサービスにも相当な時間を要する為、色々と同行の善さんと
策を講じた結果、オートバックスさんに運良く適合しそうなバッテリーの
在庫がある事が判り、善さんに往復約100kmの買出しに行ってもらいました。





e0254365_19473554.jpg
サイズもほぼピッタリで、純正同様の開放型で充電済みなので直ぐに
使えました。容量が32A(純正は25A)で少々強力でしたが問題はなく、
他の電気系統も正常で運が良かったです。草津PAに戻って来たのは
約3時間のロスもあり午前0時を廻っていました。今日は善さんに感謝です。
皆さんもバッテリーの点検を怠らないように気を付けて下さいね。
本日の走行915kmでした。





e0254365_19491395.jpg
以下追伸レポートです。
三日後の16日も名神草津PAに午前6時に集合です。この日はN脇君と
白馬MDの復路コースを走って来ました。R1200RTとR1200RSがお供です。





e0254365_19511870.jpg
横手山や・・・・・、





e0254365_19514452.jpg
渋峠をクリアーしましたが、視界10mの最悪のコンディションで、
ほぼ7割が雨でした。





e0254365_19522898.jpg
R144沿いの「ゆきむら夢工房」で休憩する頃にはもうバイクは
ドロドロのコテコテになっていました。





e0254365_19550207.jpg
適度な休憩と夕食を済ませ、何時もの草津PAに戻って来たのが
午後8時15分でした。本日の走行951kmで、ちょっと出かけるとなると
毎回こんな走行距離になってしまいます。今回RTとRSをN脇君と交互に
乗る事で、両車のキャラクターの違いを鮮明に理解する事が出来ました。
私もRTにぞっこんでしたが、今回のツーリングでRSの素晴らしさが
際立ちました。イェーイ、専用車の入替えじゃ~。







[PR]
by motorradkyoto | 2017-08-21 19:56 | Event&Campaign | Comments(0)

グッドモーニング走行会

e0254365_14443566.jpg
2017 BMW Motorrad Days の開催が1ケ月後に迫って参りました。年初の計画では、BMWモトラッドの全国規模のイベントは一旦リセットして来るべき新時代に向けての新たな展開と構築を行なうとの事でしたが、全国の販売店やユーザー様の開催への熱い要望が多く例年通り開催される事になりました。白馬での開催は2005年からなので今年で12回目になります。当店HPにも参加申込み概要を掲載致しましたので、皆様奮ってお申込み下さいますようお願い申し上げます。





e0254365_14481492.jpg

話変わって今日は、当店N脇君を中心に秘密裏のうちに行なわれて
いる早朝ツーリングの様子をレポートして来ました。
このツーリングの趣旨は、①バイク仲間とツーリングに行きたいが
時間が捻出出来ない。②のんびりとバイクのフィーリングを味わって
走りたい。③BMWモトラッドを通じて価値観を共有したい。
の3点に集約されます。この日はN脇君と私とタンデムの女性を含め、
8人で走って参りました。集合場所はモトラッド京都店です。





e0254365_14505367.jpg
日曜の早朝は交通量が平日とは比較にならない少なさです。





e0254365_14523323.jpg
有料道路は一切使いませんので大変リーズナブルです。





e0254365_14525890.jpg
行き先は京都中丹の日吉ダム周辺です。





e0254365_14532318.jpg
開店の少し前に帰って来る事を通例としており、短い時間ですが
「走った」感を持って頂けるとあり難いですけどね。





e0254365_14541411.jpg
別の日の出発前のワンショットです。この日はN脇君と私を含め
5人でのツーリングです。この日も飛び入り参加致しました。





e0254365_14550420.jpg
メインルートから外れ、あまり走行する事のない裏ルートを走る
事も多いようです。





e0254365_14554332.jpg
前回同様、日吉ダムにやって来ました。





e0254365_14560918.jpg
こうしてバイク談義を交すのもライダーの楽しみの一つです。
休憩時に缶コーヒーを1本飲むだけですが、とても幸せな気分になります。





e0254365_14572387.jpg
往復80km程の距離ですが、これ位の距離をこうして数人で
走ると凄く心地イイですね。参加者の仲間意識も芽生え
バイクライダーの増加にもお役に立てるかもしれません。

快走一般道と気持ちの良いワインディングを織り交ぜ、月に1回~2回
のペースで定期的に開催していますので、ご興味のある方は当店N脇まで
ご相談下さい。何時も一人で淡々と走っておられる貴方、一度
ご参加してみて下さい。新たな発見があるかも知れませんよ。

[PR]
by motorradkyoto | 2017-08-08 15:17 | ユーザーツーリング | Comments(0)

こんにちは、スタッフのMr.Mです。梅雨明けと共に湿気の多い暑さが連日続いていますが、今年はここ数年の暑さと比較すると幾分か穏やかな気がするのは私だけでしょうか?。と言うのも、京都市内周辺では午後から天気が急変し、短時間でドッサリと雨を降らして回復する日が連日続いているからかも知れませんね。
この雨も程々ならまだしも各地に大きな被害を及ぼすから厄介で、最近では「ゲリラ豪雨」とマスメディアが表現し何故か一般的な新語になっています。ウィキペディアによると日本の気象庁は予報用語として「ゲリラ豪雨」は用いず、「集中豪雨」・「局地的大雨」・「短時間強雨」などの用語を、雨量などに応じて使い分けているようです。
新語である「爆弾低気圧」と同様に、「ゲリラ」や「爆弾」と言う言葉は軍事を連想させ不適切とする見方も多く、前述した同義・類義語がある中であえて使う必要はないとの判断のようです。経験がある方も多いと思いますが、ツーリング途中に(特に高速道路)雨の柱の中へ突進して行かねばならない場面はホント辛いですよね。皆さん、今年も「水も滴るイイ男」になりましょう。
e0254365_18275183.jpg
さて余談になりましたが、今日は先日開催されたBMWさん主催のモータースポーツフェスティバルの偵察に、静岡県の富士スピードウェイまで行って参りました。こちらが参加の証であるパドックパスです。





e0254365_18284841.jpg
私を含め6人でのエントリーでしたが、現地到着は午前10時過ぎでした。BMWの二輪・四輪の共同開催と言う事もあり、正面ゲートから入れたかどうかは不明ですが、混雑を避ける為西ゲートから入場しました。こちらは西ゲート前でのワンショットです。





e0254365_18295557.jpg
二輪の駐車場はこの様になっていました。





e0254365_18304594.jpg
参加者のN中さんに撮影して頂きました。一番奥の駐車スペースに
バイクを止めました。天気は概ね問題なく、雨の心配はなさそうです。





e0254365_18331598.jpg
イベント会場への入場口です。ここで冒頭のパドックパスを受取り
ます。





e0254365_18340690.jpg

S1000RRとM2が出迎えてくれました。





e0254365_18343661.jpg
場内は大小のゲームが行なわれ大勢の人で賑わっていました。





e0254365_18353672.jpg
ピットやパドックスペースには往年のBMWの名車も展示されていました。
以下は私の好きな’70S~’80SのBMWですが、全てオーナーカーと
思われます。私もこの年代の輸入車を矢継ぎ早に乗り換えていたので
いけないと思いつつ、ついつい目が行ってしまいます。
通称「バットモービル」と呼ばれているE9の3.0CSLです。
このようなイベントの時でないとお目にかかる事は出来ません。




e0254365_18365736.jpg

E26のM1も同様です。以前、このブログでもご紹介した事があります。
e0254365_18394505.jpg
E30のM3です。私の輸入車デビューもE30で、318の4ドア、
325の4ドア、320のMテクと3台乗り継ぎました。このM3はここ数年
中古車相場が高騰しており、もう手が出ません。





e0254365_18405019.jpg
E28のM5の正規輸入車は僅か35台(並行輸入車は不明ですが)
しか国内に輸入されていません。私も同型のM535に長い間乗って
いる事もあり、E28の5シリーズが一番カッコイイと思っています。





e0254365_18431071.jpg
駐車場で見かけたビッグバンパー付き最終型E24の635CSi です。
ミシュランのTRX専用のBBSホイールに、TRX-GTが装着されて
いました。私はこの車のオーナーを尊敬します。





e0254365_18443030.jpg
HP4Raceのお披露目も開催されていました。価格も発表され、
すでに予約も入っているとか・・・・。お一人で2台をオーダー
されている方もおられるようです。





e0254365_18483377.jpg
価格は消費税込みの¥10,000,000で、世界限定750台となって
おります。日本へは20台位入荷するとの噂ですが、サーキット専用
車両で保安部品はございません。今年の11月頃からデリバリーが
開始されます。





e0254365_18520107.jpg
エンジンも数機展示されていました。空水冷のK50シリーズの
カットモデルです。シンプル且つ合理的な設計がこのエンジンの
持ち味です。あと10年は基本設計は変えないでしょうね。





e0254365_18530992.jpg
空冷ツインカムのヘッド廻りです。カムシャフトがコンパクトに
収まっているのが良く判ります。BMWモトラッドの歴史に残る、
非常に完成度の高いエンジンです。





e0254365_18545786.jpg
オートバイの展示ブースはさながらモーターサイクルショーの
縮小版的な様相で、ほぼフルラインナップを揃えた展示となって
いました。こちらは最新のR-nineT UrbanG/Sです。





e0254365_18560789.jpg
R-nineT用に発売された、純正のサイドバッグです。積載能力に
乏しかったR-nineTシリーズにジャストフィットします。スクランブラーは
右側だけの装着となりますけどね。





e0254365_18570957.jpg
その他、お話しし切れない事も沢山ありますが、昼過ぎで切り上げると
決めていたので現地を出発致しました。この日の最後にスピードウェイの
パレードランもありましたが、時間の余裕がありませんでした。





e0254365_18581502.jpg
その後近辺のツーリングを少しだけ楽しみました。富士山スカイラインの
五合目までのルートは交通規制が入っているので、御殿場口登山道の
新五合目まで上がってみました。残念ながら富士山は雲に覆われて
いました。ここで宿泊組みと日帰り組みの解散です。





e0254365_19004599.jpg
日帰り組みは私とN中さんの二人で、4人の方は宿泊され富士山周辺を
楽しんでから帰られるようです。帰路は東名高速の富士ICから入りました。





e0254365_19013272.jpg
私のこの日の目的の一つが、「岬と湖のラリー」の指定ポイントである
浜松の「佐鳴湖」に立ち寄る事です。同行のN中さんはすでに完走
されておりこの日で2回目です。N中さんとは東北でも同行して頂き
この日もお付き合い頂き、今年はかなりご縁が有りますね。





e0254365_19052230.jpg
喫茶カフェリヤさんでコーヒーを頂き、この辺りで撮影致しました。
公私混同でドーモスミマセンね。





e0254365_19061220.jpg
今日の相棒はR1200RTで、もう高速をメインとしたツーリングには
離せなくなりました。ご購入を検討されている方は、半日ツーリングにも
貸し出し致します。ご遠慮なくご相談下さい。本日の走行793kmでした。







[PR]
by motorradkyoto | 2017-07-31 19:07 | ユーザーツーリング | Comments(0)

e0254365_18174991.jpg

こんにちは、スタッフのMr.Mです。先月のユーザーツーリングに引き続き今月も私が幹事役を引き受け、店舗主催のツーリングに於いては初めてとなる、奈良県の大台ケ原へ足を運んで参りました。以前から山間部のルートを舐めてかかるとどえらいシッペ返しを喰らう事も多く、事前の道路情報の収集が不可欠となります。昨年の同時期に行った四国の瓶ケ森林道(UFOライン)の二の舞を踏むことなく、今回は用意周到で臨めました。





e0254365_18194721.jpg

集合場所は第二京阪道の京田辺PAです。早朝の5時30分出発予定ですが、毎回の如く、5時前に現地に到着する頃には殆どの方が今や遅しと待ち構えておられました。





e0254365_18210006.jpg
大阪や奈良方面からご参加頂く方もおられ、第二集合場所を
R166とR370の交差する道の駅「宇陀路大宇陀」に致しました。





e0254365_18220370.jpg
こちらで全員集合です。画像が出回ると具合の悪いNさんに
撮影して頂きました。私を含め、本日ご参加のフルメンバーです。





e0254365_18225362.jpg
そのままR370を南に下り、R169を経由して道の駅「杉の湯川上」で
2回目の休憩です。ツーリングの心得として、行程時間の30分程
早目に行動を開始する事で混雑を避ける事が出来ます。





e0254365_18235327.jpg
県道40号(昔の大台ケ原ドライブウェイ)に入り、頂上を目指します。
R169から頂上まで約17kmあり、1981年4月より無料化となりました。
17台になると結構な隊列になります。





e0254365_18245269.jpg
頂上の駐車場に到着です。大台ケ原は近畿圏でも年間を通して
最も雨量の多い地域との事ですが、今日は前回に引き続き絶好の
好天に恵まれました。この駐車場内に「大台ケ原ビジターセンター」があり、
ここを起点に複数の観光登山ルートが整備されています。





e0254365_18264331.jpg
こちらでコーヒーブレイクです。





e0254365_18271693.jpg
大台ケ原を下って、さらにR169を南下し下北山スポーツ公園内にある
「きなりの湯」で入浴と食事を済ませました。





e0254365_18280548.jpg
時間にも少々余裕があったので昼寝も出来ました。





e0254365_18283808.jpg
「きなりの湯」の駐車場で集合写真です。GW明けの土・日は
どちらの施設も結構空いていますね。天気も一番安定する頃合で、
毎年この時期のツーリングは快適です。





e0254365_18295873.jpg
帰路のルート変更も検討しましたが引率する台数の事や、
参加されている皆さんの車種構成も考え、予定通り大回りの
高速道路ルートで帰る事に致しました。こちら伊勢自動車道の
安濃SAです。





e0254365_18325674.jpg
第二名神の土山SAで最後の休憩です。今日も交通違反を含め、
事故・トラブル等も皆無で終える事が出来ました。ご参加頂いた皆さん、
どうもお疲れ様でした。次回はN脇君が担当にて6月18日に行なう
予定です。行き先内容等は近々に発表致します。





e0254365_18350539.jpg
今日の相棒は、先月準備したR1200GSエクスクルーシブです。
頻繁に使用するRTは勿論の事、GSはやっぱりイイですね。今日のような
ワインディングを主体としたルートや、少々道の荒れたコースの
ツーリングには無類の実力を発揮してくれます。
車体も非常に軽く感じ、大型バイクにお乗りの方にとっては
全く苦になる範疇ではないと思います。R1200GSは他の
どのバイクメーカーの技術者からも一目置かれているオートバイで、
乗って更なる歓びが得られる事は間違いありません。
本日の走行は456kmでした。




[PR]
by motorradkyoto | 2017-05-21 18:38 | ユーザーツーリング | Comments(0)

こんにちは、スタッフのMr.Mです。
関西圏で満開が遅れていた桜も散り初めを迎え、今度は新緑のシーズンを迎えます。
しかしながら4月は昔から「菜種梅雨」と言う言葉が定着している通り結構雨が多く、
すっきりしない日が続くのが特徴です。天気の週間予報もあまり当てにはならず、
予想外の天候に悩まされたご経験のある方も多いかと思います。
さて16日の日曜日にお客さん共々岡山県の鷲羽山に行って参りましたが、
一週間前の予報が晴時々曇り、3日前の予報が曇り時々雨、前日の予報が晴・・・。と
言ったような予報で、皆様方へのご案内は雨天中止としていただけに、
どうするかの判断にホトホト悩まされました。
(でも本当は雨でも決行するつもりでしたけどね。)

e0254365_15450793.jpg


山陽自動車道の三木SAに午前7時に集合です。
早朝の天気予報は降水確率0%となっており、
気温も25℃位の夏日になる予報です。
参加者皆さんの気合も自ずと変わって来ますね。
雨を予想して他の予定に切り替えられた方には予想外の好天で、
私を含めて10名でのツーリングとなりました。





e0254365_15472623.jpg


R250の道の駅「みつ」で小休止です。こちらは景観も良く、
あと30分も時間がずれると車やバイクがどんどん入って来ます。
ここから相生までのワインディングもなかなか楽しいですよ。





e0254365_15510895.jpg


今日一番のワンショット。二階のテラスで参加者の皆さんを撮影
させて頂きました。大物俳優達が映画のロケを終えて、和やかな
雰囲気をかもし出しているイメージで写してみました。
(気持ちだけね。)





e0254365_15545440.jpg


R250からブルーラインに入り、道の駅「一本松展望園」で
コーヒーブレイクです。こちらの高台にある「カフェ・オン・ブルー」
さんで毎回コーヒーを飲むのですが、残念ながら昨年の12月で
店を閉められたようです。





e0254365_16010382.jpg


と言う訳で駐車場横のレストランでコーヒーを頂きました。





e0254365_16014440.jpg

R2に出て、早島ICから瀬戸中央道に入りました。





e0254365_16025966.jpg


鷲羽山へは過去に何度も訪れていますが、殆どがスカイラインの
終点から児島ICを経由して帰る事が殆どでした。
今回は少しばかりルートを変更して下津井まで下りてみました。
こちらの石碑は瀬戸大橋の下津井側の付け根?です。





e0254365_16052486.jpg


下津井瀬戸大橋を間近に臨める以外なスポットです。
道路の下はJR瀬戸大橋線が走っています。





e0254365_16070835.jpg


今日の昼食はこちらの料理旅館「下津井亭」さんでお世話になりました。
お店の前で、私も写真に収めてもらいました。





e0254365_16083980.jpg


こんな感じです。お味の方は、私が思った事と同じ事を皆さんも
感じておられるに違いありません。





e0254365_16095542.jpg


久し振りに鷲羽山の展望台にも登ってみました。
小柳ルミ子嬢の「瀬戸の花嫁」なんかを口ずさみたくなりますね。





e0254365_16103147.jpg


鷲羽山展望地点の案内図です。





e0254365_16110605.jpg


橋をバックにワンショットです。





e0254365_16114357.jpg


帰路は児島ICから高速で帰ります。山陽道の吉備SAで1回休憩。





e0254365_16140964.jpg


三木SAで解散と致しました。でも今日は終日快晴で文句なしの
好天でした。気温も相当に高くなり、汗ばむ陽気となりホント
良かったですよ。
次回はユーザーツーリングでは初めてとなる、奈良県と三重県の
県境に位置する大台ケ原へ行く予定です。5月14日ですよ。





e0254365_16154277.jpg


さて今日の相棒は、私専用車として4台目のR1200RTです。
エボニー/クォーツブルー/サンマリノブルーに続き、
プラチナブロンズです。何時乗っても平均点以上の高い走行性能を
発揮してくれます。ワインディングから高速道路まで文句なしで、
私との相性はピッタリです。今年は新色のカーボンブラックと
アルピンホワイトも加わり、更なる熟成が図られています。
本日の走行は498kmでした。













[PR]
by motorradkyoto | 2017-04-21 16:24 | Event&Campaign | Comments(0)

こんにちは。スタッフのMr.Mです。早や3月に入りました。
日中の時間もかなり長くなり三寒四温を繰り返しながら本格的な春になる訳ですが、
そろそろツーリングに出掛けたくなる季節になって来ましたね。
今年も例の如く例のラリーをおっぱじめようかと思っています。

私も色々と全国を走り廻って来ましたが、まだまだ行きたい処が沢山あります。
そんな訳で、今年は「岬」と「湖」に的を絞ったラリーを開催致します。
岬は国内でも結構メジャー級な場所を選びましたが、
湖は知らなかった的なローカルな場所も選んでみました。

勿論北は青森から南は鹿児島までで、「北海道へも行きたい」との
リクエストもありましたが悪しからず見送らせて頂きました。
昨年はエントリー費用を頂戴致しませんでしたが、今年は1,000円のエントリー費用を頂きます。
その見返りとして、エントリー頂いた方に色々な特典を付加させて頂きます。

e0254365_12031514.jpg

エントリーの概要は昨年とほぼ同じです。昨年の手法をそのまま
'掌握し、クリアーした指定ポイントの画像を送って頂きます。




e0254365_12032648.jpg

ポイントは昨年より1ケ所増えて16ケ所になりました。ご覧の通りです。




e0254365_12033629.jpg

本州最北端の大間崎(10年振りに行きたいですねぇ)や、





e0254365_12034720.jpg

九州最南端の佐多岬(ここは行く価値有りです)もあります。
岬へのアプローチは歩いて辿り着くのも楽しみの一つです。





e0254365_12035260.jpg

榛名湖と榛名山(榛名富士とも呼ばれています)、




e0254365_12040113.jpg

そして近場の余呉湖(肩慣らしを兼ねて直ぐに行けます)も
設定しておきました。

エントリーの受付は3月17日(金)から、5月26日(金)迄です。
勿論私もエントリーしますよ。今年はトップ3を目指して頑張って
みようかな。
さあ皆さん、今年のツーリング計画に組み込んで下さい。
16ケ所全てクリアーしようとは思わずに・・・、無理をせずに・・・、
ご自身のペースで廻って下さい。
これでお家の方にも、ツーリング仲間の方にも、走る口実が出来ますね。

さあ、今すぐエントリーを・・・・・。








[PR]
by motorradkyoto | 2017-03-14 12:31 | お知らせ | Comments(0)

本日よりしばらくは、しとしと鬱陶しい雨が降るようなので
平日お休みのライダーたちは、ストレスが溜まるでしょうね・・・・。
そんな時は、モトラッド京都で用品なんかショッピングすると
少しは、スカッとするかもしれませんよ・・・・?

ちなみに明日は、定休日でお休みを頂きますので間違って来店されると
本当のウインドショッピングになっちゃうのでご注意下さい・・・・。
さて、今回は、またまた飽くなき挑戦を続ける男Mr.MことM岡さんの
" 今年もがんばるど~ロープウェイラリー・・・・。"
と言う訳で第一回目のレポートをご紹介していただきましょう!
ではMr.M氏はりきってどうぞ~!


こんにちは。スタッフのMr.Mです。
モトラッド京都の今年の企画、「全国ロープウェイラリー」にすでに
エントリー頂いている方も相当数いらっしゃる中今年も懲りずに

恥ずかしながらこの私、今年もエントリーしております・・・・。
全国16ケ所の内、果たして何ヵ所廻れるかは判りませんが、
その都度レポートをお届けしたいと思っています。

心が折れそうな時は、皆さんの活躍ぶりを是非、お聞かせ下さい・・・・。
必ず気持ちを奮い立たせ一箇所、そして又一箇所とポイントをクリアーして
エントリーされている皆様と達成感をともに共有できるよう頑張りたいと思います・・・・。
e0254365_17153497.jpg

一人で行くのが億劫な時は必ずと言ってよい程、髭の師匠を
お誘いして一緒に行くのが恒例となっています。
某所に集合して、久美浜から城崎までのショートカットルート、
三原峠~飯谷峠を越えてAM.11:00過ぎに現地に到着致しました。
師匠はM900モンスター・私はR100GS-PDと、何時もながらに
不釣合いなコンビです・・・・。





e0254365_17173645.jpg

駐車場のオヤッサンが気を利かせてくれて、無料のスペースに
誘導してくれました・・・・。





e0254365_17182896.jpg

駐車場からの入り口を入るとご覧のような石段があり、登り切った
所が山麓駅の改札口です。





e0254365_17195751.jpg

料金は、山頂駅往復で880円です。





e0254365_17222671.jpg

改札口と反対側にある太田垣士郎資料館は、
城崎ロープウェイの歴史そのものです・・・・。





e0254365_17355646.jpg

ゴンドラの先頭に陣取っての撮影です・・・・。





e0254365_17365037.jpg

中間駅(温泉寺駅)があり、こちらまでの往復は540円との事。
ここで下車すると、温泉寺や城崎美術館にアクセス出来ます。





e0254365_17374115.jpg

中間駅を過ぎると、山頂駅まではもうすぐです。





e0254365_17382491.jpg

展望台からの眺めはこんな感じです。





e0254365_17385477.jpg

「カニ塚」もあり、カニ供養も行われています・・・・。





e0254365_174152.jpg

城崎温泉は松葉ガニが有名で、多くの観光客の食の一つと
なっている事から、その感謝が込められているようです。





e0254365_17424716.jpg

慈母観音像は、災害のない平和な世の中の為に建立されたようです。
こうした周辺の歴史を紐解くと、奥が深いのがよく判ります。





e0254365_174413100.jpg

昼食は、城崎マリンワールドで取りました・・・・。





e0254365_17451758.jpg

平日なので閑散としていますが、綺麗な施設で休日には
駐車場も満車になるようです・・・・。





e0254365_1748767.jpg

この日は天気も文句なしで、日本海の海の色も輝いていました・・・・。

次回は6月12日に水曜ツーリングに託けて、天気が良ければ
新穂高へ行こうかと思っています・・・・。
「今年のラリーはお金が掛かる」との苦情?も聞きますが、ロープウェイに
乗る事の経験はお金では買えませんよ。????。

はい、Mr.Mさんレポートお疲れ様でした。
ホントその通りですよね・・・・。
まぶたの奥に焼き付ける想い出は、生がいちばんです!

どれだけ美しい景色を映像で見たところでそこに生きたストーリーはありません。
自身で足を運びそしてその風景を五感で感じ
100%オリジナルな思い出をより多く心に刻んでください・・・・。
[PR]
by motorradkyoto | 2013-05-28 18:09 | Event&Campaign | Comments(2)

本日午後3時に待望の京都第二外環状道路
通称「にそと」が遂に開通いたしました・・・・。
当店のお客様も、もうすでに「走ってきま~す!」とか「走ってきたぞ!」
など何人かおられました・・・・。

さすがに初日なのか走ってこられたお客様に聞くところ
「結構にそと渋滞がありましたよ・・・・」なんて皆さん
興味津々みたいだった様ですね。

Mr.M氏も今日は、営業が終わり次第走りに行くそうですよ・・・・。
僕も次のお休みにでも走ってきたいと思います。
さて、今日はこれから「にそと」デビューするMr.M氏の
先日の17日水曜日に行われたツーリング・リポートを紹介したいと思います。

では、Mr.Mさん宜しくお願いします。

みなさんこんにちは、スタッフのMr.Mです・・・・。
今年最初のユーザーツーリングは、水曜ツーリングからのスタートと
相成りました。平日の一般道路は、
市街地以外は本当に走り易く休日とはまるで表情が違います。

昨年の自店主催のポイントラリーで、雨の為中止にした
岡山県の鷲羽山へリベンジツーリングを行いました・・・・。
一日どんよりした天気でしたが幸い雨にも遭わず、
帰りの道中ではすっかり晴天になりました・・・・。
今回は、新型R1200GSの試乗レポートも織り交ぜて
お届け致しますので一言一句お見逃しなく・・・・。

e0254365_18393421.jpg

中国道の西宮名塩SAに7:00時集合予定で6:40分頃に
到着したのですが、すでに参加予定の4人の方はお待ちかねでした・・・・。
私を含めて5人でのツーリングです。




e0254365_18421855.jpg

今日は、今話題沸騰中の新型R1200GSで私は参加です。
一日乗れば、この新型GSの素性が概ね判りますからね・・・・。





e0254365_18425821.jpg

姫路の市街地で通勤ラッシュに遭遇しましたが、R250に
入ってからは交通量も極端に減り、もう快適そのものでした。
道の駅「みつ」で小休止です。

新型GSはR250のワインディングも軽快そのもので、空冷GSよりも
格段にレスポンスが良くなっています。クラッチ操作も今までの
乾式の概念を払拭しなければなりません。
ドライブシャフトも左側に移され、
ボクサー特有のリアクションも逆になっており、
少々戸惑いを感じます・・・・。





e0254365_1847950.jpg

ブルーラインの一本松展望園でコーヒーブレイクです。
ここへ来ると間違いなく「カフェ・オン・ブルー」でコーヒーを
飲みます。休日は何時も満員で、大変繁盛しているお店です。
景色も良いので、是非一度行ってみて下さい・・・・。





e0254365_1849058.jpg

ここで、新型GSの試乗もして頂きました。各機能のセットは
実際にGSのオーナーとなり、色々と使い分けてこそ解明出来る
部分が多く存在します。





e0254365_18524467.jpg

随分前から無料となっている、鷲羽山スカイラインのワインディングを
駆け抜けました。新型GSは走行モードの切り替えや更に進化した
ESAにより、乗り手自身のセッティングが難しい面があります。

特にESAのソフトモードは、空冷GSよりもハードな印象を受けました。
ツーリング主体であれば、走行モードはレインかロードで必要十分です。





e0254365_18544016.jpg

昼食は「せとうち児島ホテル」の最上階で・・・、ご覧のような感じです。





e0254365_1856479.jpg

瀬戸大橋の眺望もイイですね。
天気が良ければ文句なしです・・・・。
ガラス越しの撮影ですので、少し移り込みました。





e0254365_18565583.jpg

帰路は高速一本で一気に帰ります。
走行モードをダイナミックに変えてアクセルを目一杯開けると、
?20km/h位は出たかな?。中間加速も息が長く、
スポーツバイク顔負けの速さですね。
上の伸びも大幅に向上していますが、
停滞時に感じましたが1速がワイドレンジになっており、

湿式クラッチと相まって極低速の扱いやすさは空冷GSの比では有りません。
新型GSの総評は、「どこまでやるんだBMW」が、私の回答です。
混雑を避ける為、山陽道の権現湖PAで解散しました。
トラブルもなく、参加の皆様お疲れ様でした。
次回の水曜ツーリングは今年の「ロープウェイラリー」を睨んで、
6月に新穂高へ行こうかと思っています・・・・。

はい、どうもお疲れ様でした。
次回の新穂高も楽しいリポート期待しています・・・・。
[PR]
by motorradkyoto | 2013-04-21 19:12 | Event&Campaign | Comments(0)

ここ最近毎日のように夕方になると "ゴロゴロピカピカ" にぎやかです
おまけに大雨付きのセットメニューのようですね・・・・。
昨日も地元では、ゲリラ豪雨で浸水するほどでは、無いですが
あっちこっちで冠水していました・・・・・。

今日も夕方、いきなり空が真っ暗になったかと思うと
またまた "ゴロゴロピカピカ" がはじまりました・・・・。
大急ぎで大雨に備えたのですが、結局降らずすかされました・・・・。

皆さんも雷が鳴ったら大きな木の近くには、行かないようにしましょう!

さて、今回はあまり平日にしていないユーザーツーリングのレポートです。
水曜日の定休日に試みた今回の企画は、好評であれば定期的に
続けるかもしれませんね・・・・。
そして、今回もMr.M氏のナビゲーターでご案内しましょう・・・・。

こんにちは、スタッフのMr.Mです。
予てより計画していた水曜ツーリングですが、今回ようやく実現出来ました。
6月の計画は雨で流れ、私自身の都合も有りこの日になりました。
当初、参加表明されていた方が12名程おられましたがキャンセルが相次ぎ、
最終的に私を含め6名でのツーリングとなりました。

e0254365_206620.jpg

何時も通り名神高速の草津第二PAに集合し、第二名神~
伊勢湾岸道~東海環状豊田環八IC~R153を走り、稲武の
道の駅でコーヒーブレイク前のショットです。

天気も上々で交通量も少なく、平日の郊外ルートは快適そのもの
ですね・・・・。
早目の昼食をとるべく、冶部坂峠付近にあった隠れ家的な
立ち寄り温泉が閉館となっておりガックリでした・・・・。





e0254365_20103623.jpg


e0254365_2011597.jpg


e0254365_20111962.jpg

昼神温泉をかすめて、観光を兼ねて妻籠で昼食をとりました。
妻籠宿観光の入り口、「尾又橋」でのワンショット。
平日はご覧の通り、観光客もまばらです。
妻籠での食事は「藤乙旅館」がお奨めです。





e0254365_20221693.jpg

R1200GS-Aでご参加のHさんと、R1200RTにお乗りのKさん
です。KさんはGSアドベンチャーに食指が動いておられるようです。
GSアドベンチャーはある意味「乗り手限定車」であり、
その存在感は他車を圧倒しますね。





e0254365_20295321.jpg


e0254365_2030245.jpg

馬篭はやはり妻籠とセットとなります。
馬篭へ来た場合、この高札場前の石碑で写真を必ず撮っています。
この日も例に漏れずのワンショットとなりました。
この上の展望台から眺める恵那山も綺麗ですよ・・・・。

天候にも恵まれ皆さんと大変良いツーリングが出来ました。
今後も定期的に行いたいと思っています。
名神の養老SAで解散後、雨に遭わずにヤレヤレと思っていましたが
彦根~八日市間でゲリラ豪雨にやられてしまいました。
ほんの5分程度でしたがもうずぶ濡れ状態で、最近の雨の凄さには
もう参ってしまいますね・・・・。

Mr.Mさん、今回もお疲れ様でした・・・。
そして参加された皆さんもお疲れ様でした。
これからもう少したつと山の色も少しずつ褐色に染まっていきますね・・・。

季節の移り変わりを目で見て草木の香を楽しみさらに肌で感じられる
素晴らしいツールとしてBMW MOTORRADは、皆様のよきパートナーとして
これからも永くお付き合いされる事をスタッフ一同心より
願っております・・・・。
[PR]
by motorradkyoto | 2012-09-07 20:43 | Event&Campaign | Comments(0)