e0254365_15162602.jpg

今年は開催が二週間遅れ(9/9日・10日)となったBMW Motorrad Days 白馬に
行って参りました。二日間好天に恵まれた事は久し振りで、初日470km、二日目594kmと
ツーリングも楽しませてもらいました。
今回開催が危ぶまれていましたが、お客様の声や我々販売店の声が主催者のBMWさんの
首脳陣を動かした事は事実です。
こちらは二日間存分に楽しませて頂き、店舗に帰って来た直後の画像です。
何だかんだと言いながら、長距離のツーリングには私専用車のR1200RTを駆り出してしまいます。
以下、二日間のレポートです。





e0254365_15195337.jpg


集合場所は名神草津第二PAです。こちらで私を含め8名で
出発です。集合時間は午前5時ですが、8月と比較すると辺りは
暗いです。昨年より大幅に参加人数が減少しましたが、今年も
往路・復路のメンバーが入れ替わり、更に白馬での夜のBBQの
メンバーも入れ替わると言う、昨年程ではありませんが自由に
楽しんで頂く企画とさせて頂きました。毎年平均すると10人前後の
引率で、その方が皆さんも気が楽だとおっしゃっておられます。





e0254365_15222623.jpg

北陸自動車道の南条SAで休憩・・・。





e0254365_15225471.jpg

小矢部SAで休憩です。今年は早目に白馬へ入る予定です。





e0254365_15232724.jpg

初日の本隊は白馬の手前でコーヒーブレイクです。





e0254365_15240158.jpg

宿泊場所のローゼンハイム白馬さんで荷物を下ろし、会場に
向かう途中でセーフティー・ライダーパレードがスタートした直後で、
少しばかり寸止めを倉ってしまいました。i8が先導です。





e0254365_15440453.jpg

Hakuba 47の見慣れた光景です。





e0254365_15443188.jpg

出店ブースは相変らず賑わっています。普段お目にかかれない
お目当ての商品も沢山展示販売されています。純正のライダー
エクイップメントも、物によってはかなりお買い得な商品もありますね。





e0254365_15470624.jpg

新車ブースではK1600Bが展示されていました。





e0254365_15480887.jpg

カラーはブラック・ストーム・メタリックのみで、¥3,449,000の
プライスが付けられていました。10月6日からの発売で、只今
予約受付中です。





e0254365_15491149.jpg

G310GSも持ち込まれていました。フロント19インチで、シート高は
実際に跨ってみると以外と高く感じましたね。





e0254365_15495042.jpg

お待ちかねのBBQタイムも迫って来ました。





e0254365_15502360.jpg

こんな雰囲気で約3時間を過ごしました。今年は食材を多目に
仕入れたので、結構な量を押し込みました。





e0254365_15510739.jpg

毎度お馴染みのジャッキー朝倉さん、今年も例年に増して
パワフルでしたね。





e0254365_15514369.jpg

メイン会場の全景です。熱気球も上がっています。開催日時が
9月にスライドした事もあり、正式なアナウンスは聞いてはいませんが、
参加人数は例年より少なかったように思います。
斯くして初日の夜は更けて行きました。





e0254365_15525765.jpg

二日目の10日も朝から絶好の天気です。復路はツーリング
コースを設定して、私を含め本隊は9名の布陣です。
出発前の、ローゼンハイム白馬さん前でのワンショットです。





e0254365_15544877.jpg

長野道の信州中野ICを経由してR292(志賀草津道路)に
入りました。群馬県と長野県の県境に位置する皆さんご存知の
渋峠ホテルです。





e0254365_15554311.jpg

こちらでコーヒーブレイクです。





e0254365_15562036.jpg

渋峠の「日本国道最高地点 標高2,172m」の石碑前です。
写真では判りませんが、こちらの小さな駐車場は満車で、少し
離れた車道にバイクを置いて記念撮影を致しました。
廻りは人・車・バイクでごった返していました。





e0254365_15583519.jpg

今日ご参加の殆どの方が、「場所は知っているが行った事が
ない」とおっしゃる白根山の湯釜に立ち寄りました。
私も約30年振りになりますが、駐車場からこちらの展望台まで
這い上がる事約30分で少々疲れます。複数の火山湖が存在
しますが、一番大きいのがこちらの「湯釜」です。




e0254365_15591482.jpg


白根山は活火山であり、気象庁が2007年末より噴火警戒レベル
なるものを設定し、2014年6月から今年の6月までの3年間、
駐車場や売店も閉鎖されておりこの場所にも来れない状況でした。





e0254365_16001691.jpg

この景観に出会えて皆さんラッキーでしたね。ここに来るのが
最初で最後の方が殆どだと思いますけどね・・・・。
皆さんで記念撮影ですがY内さんが行方不明でした。




e0254365_16011035.jpg


草津温泉周辺で大渋滞に遭いましたが手際良くスルーし、
R144を駆け抜け、上田菅平ICから上信越道に入りました。
中央道の駒ケ岳SAで休憩し・・・・・、





e0254365_16064017.jpg

名神高速の養老SAで解散と致しました。19時20分撮影ですが、
もう真っ暗になっていました。





e0254365_16073292.jpg

白馬でのイベントも2005年にスタートして13年になりますが、
今回も大きなアクシデントに遭遇する事なく無事にやり繰り
出来た事を、ご参加頂いた皆様に感謝申し上げます。
2018年も白馬での開催が決定したようです。では、来年も・・・。






[PR]
by motorradkyoto | 2017-09-16 16:08 | Event&Campaign | Comments(0)

e0254365_17500705.jpg

こんにちは、スタッフのMr.Mです。
9月に入りましたね。ここ一週間の間に一気に季節が移り変わった感じで、空の色も正に
オータムブルーになっています。10月の中旬頃までは過ごし易い気候となりますが、
それはほんの束の間で、強烈な大型台風にも十二分な注意が必要となる季節でもあります。

更に日没の時間も早くなり、12月22日の冬至まではみるみる日中の時間が短くなります。
ツーリングに出かけられる方は、距離と時間の管理をしっかりと行なって下さいね。
私なんかはここ数年の間に視力の低下が顕著で、周りが暗くなってからは極力走らないように
気を付けてはいますがなかなか予定通りに行かないのが現実です。





e0254365_17531359.jpg

さて今日の本題ですが、以前から買おう買おうと思っていたBMWシステム6ヘルメットを
ようやく購入致しました。次期モデルの発売も迫っている今頃になってと思われますが、
日本国内未発売のシステム5を除く歴代のシステムヘルメットを着用してきた自負もあり、
今購入しておかないと買えないとの危機感?から色はホワイトシルバーを選びました。
(実は選択肢がもうこのカラーしか残っていません。
正確にはシステム6の進化版でありシステム6EVOが正式名称となっている。)





e0254365_18070925.jpg

2011年の2月頃から国内販売が開始されたシステム6ヘルメットですが、
すでに2009年末頃から海外では発売が開始されていました。
日本国内での認可がシステム5同様に取得出来ず規制緩和の恩恵もあり約1年遅れの
発売となりました。





e0254365_18081570.jpg

2011年の11月から12月にかけてこのブログで、「BMW純正ヘルメットの歴史」を
シリーズでお届けしましたが、もう一度復習をしたいと思います。
以下のヘルメットは実際に私が使用しその優秀性を実感して来た訳ですが、
今ではバイクガレージのオブジェと化しています。
システム1はフリップアップヘルメットのパイオニアで、左右にある赤いボタンを
押しながらアゴの部分を引き上げます。これは1983年に購入したヘルメットで、
高価な事もあり結構優越感に浸れたました。
今見るとツルッとしたシンプルなデザインに好感が持てます。





e0254365_18095712.jpg

システム2は1988年に購入致しました。システム1のデザインを継承しながら
ベンチレーションも考慮され、更にヘルメットの上部をゴルフボールの原理を
応用したディンプル加工を施すと言う、先進性満載のヘルメットでした。
電源ソケット(ヘラーソケット)からカールコードを介して行なう
熱線入りシールドも発売されていましが、シールドが変形するトラブル発生し
早々に廃止になりました。





e0254365_18144512.jpg

システム3は凄く気に入っていたヘルメットで、右側のグレーを1991年に購入したのですが、
すぐに左側のパールホワイトMライン入りの限定モデルが発売され、
限定物にめっぽう弱かった私は翌年の1992年にこれも購入してしまいました。
最終的にシステム3EVOに進化しましたが、ヘルメット自体のトータルバランスが絶妙で
カラーバリエーションも豊富であった事から、販売面でもなかなか好調だったと思います。
システム3には、当時世界最高の強度を誇った「ダイマーニ」を使用したエクスクルーシブも
限定発売され話題となりました。





e0254365_18184773.jpg

システム4は新時代を予感する斬新なヘルメットでカラーバリエーションも
システム3以上に多く、立体成型シールドが採用されたのもこのモデルからです。
実はこのヘルメットは某コンテストにて優秀な成績が認められ?、BMWさんから
副賞で頂いた物なんです。システム4からフリップアップが
片手で出来るようになり、後期型のEVOからは内装の一部が取り外せるようになりました。
カーボン素材を使ったシステム4エリートも発売されました。
シリーズで一番売れたのがこのシステム4で、
BMWライダーの必須アイテムとして浸透させてくれたヘルメットでもあった訳です。





e0254365_18211304.jpg

今回システム6EVOを購入する前にアライさんとのコラボレーションフルフェイスや、
シューベルトのC3を購入し長らく使い分けていましたが、C3もいよいよ限界に
差し掛かって来ました。
歴代のシステムヘルメットは全てシューベルト製と言う事もあり、
C3とシステム6は似ているようですが内装のセフティーさや被った時の
フィット感が段違いです。安全性の向上と共にヘルメットの重量が増加していますが、
これは当然の事であまり気にしないように致します。
今まで使用してきたヘルメットの中では素材も含めてナンバー1である事は
間違いありません。それは私の頭が良く判っています。





e0254365_18234257.jpg
次世代のシステム7ヘルメットもカタログに掲載され始めましたね。
導入時期や価格は未定ですが、来年早々にも発売されるかも知れません。

システム6を早い段階でご購入頂いた方の数人の方が、
二つ目の6をご購入して頂きました。ヘルメットは身の安全を守る為の消耗品です。
高価なだけに半永久的に使用出来るとお思いの方がおられるのも事実ですが、
一つの基準として内装のスポンジ類の劣化が始まったら
そろそろ買い替えの時期と思って下さい。

システム6にご興味のある方はお急ぎ下さい。在庫も残り僅かです。



[PR]
by motorradkyoto | 2017-09-05 18:42 | 雑学コーナー | Comments(0)

グッドモーニング走行会

e0254365_14443566.jpg
2017 BMW Motorrad Days の開催が1ケ月後に迫って参りました。年初の計画では、BMWモトラッドの全国規模のイベントは一旦リセットして来るべき新時代に向けての新たな展開と構築を行なうとの事でしたが、全国の販売店やユーザー様の開催への熱い要望が多く例年通り開催される事になりました。白馬での開催は2005年からなので今年で12回目になります。当店HPにも参加申込み概要を掲載致しましたので、皆様奮ってお申込み下さいますようお願い申し上げます。





e0254365_14481492.jpg

話変わって今日は、当店N脇君を中心に秘密裏のうちに行なわれて
いる早朝ツーリングの様子をレポートして来ました。
このツーリングの趣旨は、①バイク仲間とツーリングに行きたいが
時間が捻出出来ない。②のんびりとバイクのフィーリングを味わって
走りたい。③BMWモトラッドを通じて価値観を共有したい。
の3点に集約されます。この日はN脇君と私とタンデムの女性を含め、
8人で走って参りました。集合場所はモトラッド京都店です。





e0254365_14505367.jpg
日曜の早朝は交通量が平日とは比較にならない少なさです。





e0254365_14523323.jpg
有料道路は一切使いませんので大変リーズナブルです。





e0254365_14525890.jpg
行き先は京都中丹の日吉ダム周辺です。





e0254365_14532318.jpg
開店の少し前に帰って来る事を通例としており、短い時間ですが
「走った」感を持って頂けるとあり難いですけどね。





e0254365_14541411.jpg
別の日の出発前のワンショットです。この日はN脇君と私を含め
5人でのツーリングです。この日も飛び入り参加致しました。





e0254365_14550420.jpg
メインルートから外れ、あまり走行する事のない裏ルートを走る
事も多いようです。





e0254365_14554332.jpg
前回同様、日吉ダムにやって来ました。





e0254365_14560918.jpg
こうしてバイク談義を交すのもライダーの楽しみの一つです。
休憩時に缶コーヒーを1本飲むだけですが、とても幸せな気分になります。





e0254365_14572387.jpg
往復80km程の距離ですが、これ位の距離をこうして数人で
走ると凄く心地イイですね。参加者の仲間意識も芽生え
バイクライダーの増加にもお役に立てるかもしれません。

快走一般道と気持ちの良いワインディングを織り交ぜ、月に1回~2回
のペースで定期的に開催していますので、ご興味のある方は当店N脇まで
ご相談下さい。何時も一人で淡々と走っておられる貴方、一度
ご参加してみて下さい。新たな発見があるかも知れませんよ。

[PR]
by motorradkyoto | 2017-08-08 15:17 | ユーザーツーリング | Comments(0)

こんにちは、スタッフのMr.Mです。猛暑の夏に着るバイクウエアーはライダーにとっては
ホトホト悩みのタネで、どんなに素晴らしいアピールをしても快適なウエアーと
言うのは殆どないのが現実ですね。

暑いからと言って半袖・短パンでバイクに乗るなどとは以ての外で、BMWにお乗りの
ライダーは間違っても羽目を外してはいけません。
真夏であってもBMWライダーはオンロード系の最高峰ウエアーである
「ストリートガードスーツ」や、「アトランティススーツ」を、更にエンデューロ系では
「ラリースーツ」や「エンデューロガードスーツ」を平然と着こなしておられます。
そのBMW魂を見る度に、「さすが~」と私は何時も最敬礼しています。
さて今回は安全性と快適性にはやや劣るものの、それ程気合を入れず比較的リーズナブルに、
尚且つ初秋まで問題なく着用出来るBMW純正の最新ジャケットを4点ご紹介したいと思います。
e0254365_16364049.jpg

先ず最初は[デニムジャケット」です。2017ライフスタイルコレクションの
1つで、安全性や機能はさておき、スタイルと気軽さを重視した
どちらかと言うとアウトドアジャケットですね。





e0254365_16392835.jpg
左腕にはさり気無く目立たないロゴも入っています。





e0254365_16395371.jpg
パッド類は一切入っておらず通気性も良いとはいえませんが、
レザーに似たユーズド感がイイ雰囲気を出していますね。防水性など
気にしてはいけません。素材はコットン100%です。





e0254365_16405803.jpg
レディースが用意されているところも心憎いですね。





e0254365_16431174.jpg
こんな雰囲気でラフに着こなして頂くと、直ぐにカッコイイ女性ライダーに
なれます。カラーはメンズ・レディース共にブラックコーティングのみで、お値段は
メンズが税込み¥26,568で、レディースが税込み¥25,488となります。

このジャケットはM村店長の手腕が発揮され、BMWさんから課せられた
某レポートで優秀賞を獲得し、モトラッド京都のスタッフ全員が副賞として
頂いたジャケットでもあります。





e0254365_16454702.jpg
次にご紹介するのが「ロゴソフトシェルジャケット」で、こちらも
2017ライフスタイルコレクションの1つとなり、アウトドアジャケットに属します。





e0254365_16464649.jpg
左腕にBMWの刺繍ロゴがあり、素材はポリエステル100%です。





e0254365_16473907.jpg
内側はフリースですが、夏は涼しく冬は暖かい仕立てになっています。
デニムジャケット同様パッド類は一切なく近距離のライディングや
タウンユースに持って来いですね。





e0254365_16485694.jpg
貴方もこれを着てナイスミドルを目指して下さい。カラーはブルーのみで、
お値段はメンズが税込み¥20,520で、レディースが税込み¥18,360となります。





e0254365_16501991.jpg
続きましては「Tokyoジャケット」のご紹介です。「Kyotoジャケットは
ネーのかよ~」と言いたいところですが、夏の気温に適したメンズのみの
コミュータージャケットです。素材はポリエステルで、防汚撥水加工が
施されています。





e0254365_16515958.jpg
エアーベントシステムとしての2ウェイ式フロントファスナーが採用され、
内側はメッシュ素材となっています。肩と肘に軽くて取り外し可能な
NPLプロテクターが装備されています。(別売りのバックプロテクターもあります)





e0254365_16534775.jpg
ジャケット自体の防水性はありませんが、ポケット内に財布やスマートフォンを入れる防水袋が
付属されています。デザインもシックで、オシャレな普段着やレジャージャケットとしても
大活躍してくれそうですね。見た目は暑そうですが実際にご使用頂くと、真夏の必須アイテムに
変身するかも知れませんよ。カラーはメンズのブラックのみで、お値段は税込み¥46,116となります。





e0254365_16561170.jpg
最後はスポーティーなデザインが受け、S系オーナーさんの支持を受けている「レースジャケット」です。
耐摩耗性に大変優れたポリアミドとポリエステル素材を使い、肩と肘に脱着式のNPLプロテクターを
装備しています。バックプロテクターがない分動きは軽快ですが、必要であればオプションで装着も
可能です。





e0254365_16594936.jpg
左右の腕にはBMWのロゴも入っています。全体の佇まいは高級感があり上品です。





e0254365_17002352.jpg
内部はパーフォレーション加工のインナーライナーが施され、僅かながら
肩ファスナーからのベンチレーションも効果を発揮してくれます。背中は
通気性のある3Dスペーサーファブリックとなっており、昨年のモデルとの大きな相違点はありません。
真夏の着用は当然暑いですが、走行している限りは平気です。
安全性に関しましては、今回ご紹介する4点の中ではトップランクとなります。
カラーはブラック/レッドのメンズのみで、お値段は税込み¥50,868となります。





e0254365_17035967.jpg
最近のBMW純正ジャケットの中で、全く目立たないのに人気が急上昇(当店だけか?)した
ジャケットがこちらです。昨年のモデルですが、ライフスタイルコレクションの
「GSジャケット」です。このブログでご紹介するのは2度目ですが、ジャケット
前面のオープンタイプのポケットが4つありとても重宝致します。
アウトドア系ジャケットで、安全性・防水性等のレベルは低く、更に
作業着然とした風合いが泣かせます。





e0254365_17071306.jpg
私も購入して頻繁に着用している事もあり、「それ何ィ~」の一言でお買い上げ頂いています。
こんな感じになります。カラーはネイビーのみで、お値段は税込み¥38,880です。
在庫はMとLの2点しか残っていません。着ると良さが判ります。ご興味のある方はお急ぎ下さいね。





e0254365_17084634.jpg
遅くなりましたが2017白馬モトラッドDAYSのTシャツの予約を
承っております。
半袖(各サイズ税込み)¥3,000
長袖(各サイズ税込み)¥3,500
BMWさんへの発注申込みの都合上、当店では8月6日(日)を
締め切りとさせて頂きます。お早目にご予約下さい。








[PR]
by motorradkyoto | 2017-07-17 18:11 | BMW用品のご紹介 | Comments(0)

e0254365_18340341.jpg

こんにちは、スタッフのMr.Mです。前回のブログでほんの少しだけ予告をしていた、
C-evolutionの試乗をして参りました。
モトラッド京都店のスタッフは当然ながら隣のHD店のスタッフも興味深々で、
さらにHDの伏見店からもスタッフが乱入し、皆が試乗し皆が感動致しました。

直線的なラインもスタイリッシュで、エッジの効いたこのようなスタイルも
巡り巡って復活の予感がします。
カラーリングの名称(アイオニックシルバー/エレクトリックグリーン)も
このC-evolution(以下C-evo)にピタリとマッチしていますね。

各メディアに一斉に取り上げられつつあるC-evoですが、何時も通り雑誌記事や
Webサイトのような難しい内容は一切ございませんので、どうぞご参考にして下さい。





e0254365_18432236.jpg

日本に入荷するC-evoは全てフルパワー仕様で、サイドパネルの
グラフィックで判別が出来るようです。





e0254365_15514362.jpg

出力には定格出力(維持し続けられる出力)と最高出力(瞬間的に
出せる出力)があり、電動バイクの場合、定格出力が1kWを超える車両
については道交法の区分では普通自動二輪、運転免許の区分では
軽二輪検査外のナンバー(126cc~250cc)となり、普通自動二輪免許で
乗る事が可能となります。C-evoの最高出力は35kWで定格出力は
19kWとなっています。一般的にドイツ物は二輪・四輪を含め定格出力
が優れている事から、品質及び耐久力が一枚上手だと言われています。
私も良くセールストークのフレーズに「BMWのオートバイは、最高速度
イコール巡航速度ですよ」と熱弁していた時期がありましたが、
正にその通りです。





e0254365_15590950.jpg

正面からも撮影してみました。ハイビーム点灯時です。





e0254365_16003564.jpg

充電は200Vの専用コンセントが必要となります。最近の一般家庭には
分電盤までは200Vが引き込まれていますので、電気工事業者へ依頼して
施工して頂くのが間違い有りません。





e0254365_16032597.jpg

モトラッド京都店では、サービス工場横のスペースにコンセントを設置しました。
勿論プロの方にお願い致しました。
満充電での航続距離はカタログデータ上で約160kmとなっています。
但し、四輪のような急速充電が出来ません。





e0254365_16123550.jpg

リアシート下に収納スペースがあり、フルフェイスタイプのヘルメットであれば
1個入ります。収納時にヘルメットの入れ方を工夫する事で、殆どのメーカーの
フルフェイスヘルメットに対応しています。





e0254365_16133536.jpg

ハンドル廻りはご覧の通りです。現行モデルの各種スイッチ類は
共通ですので、操作に悩む事はありません。





e0254365_16142221.jpg

四輪では一般化しつつある液晶メーターパネルが採用され、新しい
時代が確実にスタートしています。走行モードも4つの選択肢があり
体感出来る度合いが顕著に判ります。ROAD・ECO-PRO・DYNAMIC・SAIL が
選べます。





e0254365_16155084.jpg

それでは一般道からスタートです。アクセルを開けた瞬間から
ムムム・・・これは速いと実感出来ます。電気の特性で一気にトルクが
加わり、腰の辺りから加速する体感的な速さはなかなかのモノです。
これもカタログデータ上となりますが、0-100km加速は6.8秒となっています。





e0254365_16194922.jpg

車が殆ど往来しない何時もの秘密のワインディングも走行しましたが、
車重(275kg)が災いしてか軽快感はありません。リーンウィズで基本通り素直に
バンクさせる事が一番ですし、コーナーを攻めるバイクではない事は周知の
通りですからね。





e0254365_16205512.jpg

一般道・ワインディングの後は高速走行ですが、今日は最高速テストも兼ねて
みました。カタログデーター上の最高速度は●29km/hと表示されているので、
大体想像がつきましたが、トンネルの中のやや下りの直線で●39km/hまで出ましが
それ以上は上がりませんでした。そのまま少し巡航しましたが高速直進安定性は
全く問題ありませんでした。固定式ウインドシールドは、風の巻き込み等も
計算され尽した高さと幅になっているのに違いありません。高速道路でのモードは
DYNAMICで、一般道はROADに設定して走行致しました。





e0254365_16225959.jpg

足廻りは標準的なテレスコの倒立タイプで、動きもしなやかです。





e0254365_16374875.jpg

リアサスのプリロードは7段階調整が可能ですが、ストックのままの一番柔らか目で
走行しました。それでも少々ハードです。しかし前後共に不安な要素は見受け
られませんし、程好いダンピングを維持していると思います。





e0254365_16385370.jpg

リバース機能も標準装備で、これはかなり便利ですね。





e0254365_16391039.jpg

総評として、C-evoを一般的なオートバイ(スクーター)と思って乗らない方が
賢明かも知れません。私的には「新しい時代の革新的な乗り物」と思っています。
すなわち、(Newepoch Innovation Vehicle) NIVとなりますかね????

使い方とすれば、日常の街乗り専用車として航続距離以下の範囲で走り、
荷物を積んで移動すると言った欲張りな事を考えない事です。
C-evoのような新種の乗り物に対してかなり否定的な方もおられるとは思いますが、
一度試乗されたらきっと感動されると思いますよ。「C-evoに試乗しないと
新時代は語れない」と、私は思っています。

気になる部分の筆頭はズバリ歯の浮く高周波音(個人差がありますが)ですね。
金属とベルトが擦れて発せられような、あまり心地の良くない音です。これはある程度
距離が延びると和らいで来ると思われますが、他の音が耳に入らないだけに
以外と強調されてしまってますね。

BMWの技術力の誇示や、世界的環境問題へのアピールも見え隠れしますが、
スクーターにしては価格が高額(1,487,500円)な事もあり、当面はエグゼクティブ
御用達車になるんじゃないかな~と思います。
逆説になりますが、これ程プレミアムな乗り物がこの価格で購入出来ると言う事は、
それはそれで大変有り難い事かもしれませんね。




[PR]
by motorradkyoto | 2017-06-11 16:46 | 試乗インプレッション | Comments(0)

e0254365_20222595.jpg
今日の本題ではありませんが、噂のCevolutionの試乗車をご用意致しました。スタッフ全員が試乗しましたが、皆が感動致しました。





e0254365_20233050.jpg
音もなく異様ではありますがとにかく速い、車体のカラーリングもイケてます。このような新進気鋭のバイクを否定される方は論外として、新しいモノをどんどん取り入れられる向上心旺盛な方に是非お乗り頂きたいバイクです。すでに数人の方に試乗して頂きましたが、皆さんのご意見は「これエエわぁ~」とおっしゃって頂いております。ご購入頂くアプローチは我々の情熱が勝負ですね。近々試乗インプレッションもお届けしたいと思います。





さてさて本題に入りますが、今年の店舗主催のお客様参加型長期イベントでもある、「岬と湖のラリー」の近況報告をして欲しいとの依頼が多く寄せられております。エントリーの締め切り(5/26日)も終了した事もあり、その第一報をご報告したいと思います。エントリー頂いた方は89名で、内、この過酷なラリーに精力的に挑んでおられる方は約20名です。勿論私も店舗代表でエントリーしていますが、なかなか時間の捻出が出来ないのが悩みのタネです。
e0254365_20250860.jpg
こちらが4ケ所以上廻られている上位陣です。ご参考までに一番上段は私で、まだ2ヶ所しか廻れていませんが毎年上位を独占されるA級ツーリングライダーの方を尻目に、すでに14ヶ所を廻られた強者ライダーもおられます。





e0254365_20291134.jpg
16ヶ所の指定ポイントのおさらいです。





e0254365_20303690.jpg
掲載する画像は、全てエントリー頂いている方から送信して
もらった画像です。皆さんの個性溢れる保存版です。
石廊崎の画像ですが、これは大変綺麗です。
Iさんから送られてくる画像はどれもお見事です。





e0254365_20321504.jpg
大間にもすでに3人の方が行かれました。定番のモニュメント前の
画像もあれば、





e0254365_20325946.jpg
「兜カマ焼き」なる、豪快なマグロ焼きの画像も送られて来ました。





e0254365_20332961.jpg
今年のラリーのインフォメーションに使わせて頂いた、禄剛崎の
画像もチラホラと届いています。





e0254365_20341049.jpg
九州最南端の佐多岬へはGW期間中に数人の方が行かれた
ようです。現在岬周辺の駐車場を含めたリニューアル工事が
行なわれており、行けるハズだった展望台までは行けません。
この辺りで撮影して頂くと間違いないですね。





e0254365_20361893.jpg
本州最西端の毘沙ノ鼻です。こちらも数人の方がクリアーされています。





e0254365_20370106.jpg
榛名湖へのコースアプローチは非常に迷うところです。
関西圏からは日帰り圏内ですが、コースの選択次第で大幅に
時間を要するようです。





e0254365_20380386.jpg
四国最東端の蒲生田岬も、皆さん余裕の日帰りコースで
クリアーされています。
16ケ所の指定ポイントへは、多かれ少なかれ既に誰かが
行かれてクリアーされていますね。

さて私、6月の第三火曜日と水曜日の連休を利用し、更に19日の月曜日も休みを頂き、19日・20日・21日で関東~東北を4ケ所(霞ヶ浦・大間・沼沢湖・榛名湖)ばかり廻って来ようかと思っています。昨年の東北はR100GS-PDで行きましたが一般道はともかく高速道路が辛く、大変往生したので今年は勿論R1200RTで行く予定です。







[PR]
by motorradkyoto | 2017-05-30 20:40 | ユーザーツーリング | Comments(0)

R nineT Racer 初診

こんにちは、スタッフのMr.Mです。少々ご紹介が遅くなりましたが、R nineT Racer が入荷致しました。BMWモトラッドの進化の逆を歩むR-nineTシリーズの4番バッターとして、昨年末よりその注目度と話題性(一部の好き者の方だけかもしれないが???)はかなりのレベルに達していました。今年1月のBMWさんの会議の折に実車にお目にかかって以来となりますが、今回は初診断と言う意味で画像を交えて少しご紹介したいと思います。

e0254365_17133079.jpg


今年の2月20日に掲載させて頂いた「ロケットカウルの今と昔」をお読み頂いた方もおられるかと思いますが、私も少なからずロケットカウルの崇拝者でもある訳ですがロケットカウルを見て何を想像されるか?。その造形から真っ先に男性自身を頭に描かれた方は偉いと思います。そうです、正に男の力や強さに憧れる事は、バイク乗りの男子にとって無くては成らない感性であると私は思っているからです。おいおい、また訳の判らない話が始まったと思ってはいけませんよ。この事は医学的にも正常な男子の理性と感性である事が立証されています。女性ライダーの方でロケットカウルに憧れる方は、ウ~ン、大きな声では言えないので皆さんのご想像にお任せ致します。





e0254365_17191776.jpg

さて、ここからが今日の本題になる訳ですが、
アドベンチャーの入荷時と同様に同じ車両が3台並ぶと壮観
ですね。この角度から見るとロケットカウルの突き出しがより顕著に
感じます。車体色は、ライトホワイトにMカラーデカール入りの
ワングレードのみとなっています。





e0254365_17241435.jpg


リアビューは凛とした佇まいで、R-nineT Racer である事が
直ぐに判ります。これが大事です。





e0254365_17252078.jpg

メーターとハンドル廻りはご覧の通りです。速度計と回転計を
備えるのはR-nineTシーズの中ではこのRacerとRnineTの2機種と
なります。ハンドルがもう少し絞られるとポジションはかなり良く
なる筈ですが、切れ角等の弊害も生まれここが妥協点に
違いないように思います。





e0254365_17281390.jpg


カウルのブラケットも強靭な造りで、ドイツ物の真骨頂ですね。





e0254365_17293783.jpg


R-nineTシリーズに於いては、性能のウンチクを語ってはいけません。
このスペックで必要にして十分過ぎる位です。
空冷のツインカムユニットは、厳しさを増す二輪のEU排ガス規制
(今年からユーロ4規制となっている)をクリアーしており、先を
見据えたエンジンの開発力はさすがはBMWと言えますね。
更にトラブルも殆どなく、味わい深く、BMWモトラッドの歴史に残る
素晴らしいエンジンです。このエンジンを搭載したRTやGSを、
私もとことん乗り尽くして来たので間違いはありません。





e0254365_17344553.jpg

すでに実車に跨られた方は「おや?」と感じられたと思いますが、
車体がサイドスタンド側にかなり寝ています。昔の縦置き4気筒の
K100シリーズ並みで、最近のBMWにしては珍しい設計ですね。





e0254365_17355348.jpg

R-nineTと比較すると実測で約30mm短いサイドスタンドですが・・・・、





e0254365_17362623.jpg

どうやらRacerにしか装備されていないバックステップのブラケットに
原因があるようです。他のR-nineTより約80mm後退しています。
このサイドスタンドの傾き角度は改善の必要がありそうです。





e0254365_17374692.jpg

フロントフォークは一般的な正立フォークですがR-nineTシリーズの
各モデルは、ステアリングヘッドアングルとキャスターに微妙な違いが
あります。

e0254365_17394031.jpg

この3台はお客様の元に嫁いで行きますので、試乗車がご準備
出来ません。よって私も試乗が出来ません。
走った時のポジションが問題ですが、ご購入頂く方の多くは
そんな事は全く関係のない話であるに違いありません。
冒頭でも取り上げた通りこのバイクに乗るんだと言う感性の
問題であり、とにかく皆さん一流のライダーの如くカッコ良く
乗りましょうね。身も心もシャキッとして・・・・。





e0254365_17513106.jpg

ちょっとばかりこのようなパーツも仕入れてみました。
上からリヤアクスルカバー ¥25,272
下段左から スイングアームベアリングカバー ¥17,496
アングルギアベアリングカバー ¥9,590
オイルフィラーネックカバー ¥9,590






e0254365_17525434.jpg

シリンダーヘッドカバーは左右2個セットで¥256,608です。





e0254365_17532283.jpg


エンジン前部のベルトカバーは¥118,152となります。





e0254365_17535948.jpg


R-nineTシリーズ用にプロデュースされたMachined パーツ群です。







[PR]
by motorradkyoto | 2017-04-25 17:57 | 新車情報 | Comments(0)

こんにちは、スタッフのMr.Mです。
関西圏で満開が遅れていた桜も散り初めを迎え、今度は新緑のシーズンを迎えます。
しかしながら4月は昔から「菜種梅雨」と言う言葉が定着している通り結構雨が多く、
すっきりしない日が続くのが特徴です。天気の週間予報もあまり当てにはならず、
予想外の天候に悩まされたご経験のある方も多いかと思います。
さて16日の日曜日にお客さん共々岡山県の鷲羽山に行って参りましたが、
一週間前の予報が晴時々曇り、3日前の予報が曇り時々雨、前日の予報が晴・・・。と
言ったような予報で、皆様方へのご案内は雨天中止としていただけに、
どうするかの判断にホトホト悩まされました。
(でも本当は雨でも決行するつもりでしたけどね。)

e0254365_15450793.jpg


山陽自動車道の三木SAに午前7時に集合です。
早朝の天気予報は降水確率0%となっており、
気温も25℃位の夏日になる予報です。
参加者皆さんの気合も自ずと変わって来ますね。
雨を予想して他の予定に切り替えられた方には予想外の好天で、
私を含めて10名でのツーリングとなりました。





e0254365_15472623.jpg


R250の道の駅「みつ」で小休止です。こちらは景観も良く、
あと30分も時間がずれると車やバイクがどんどん入って来ます。
ここから相生までのワインディングもなかなか楽しいですよ。





e0254365_15510895.jpg


今日一番のワンショット。二階のテラスで参加者の皆さんを撮影
させて頂きました。大物俳優達が映画のロケを終えて、和やかな
雰囲気をかもし出しているイメージで写してみました。
(気持ちだけね。)





e0254365_15545440.jpg


R250からブルーラインに入り、道の駅「一本松展望園」で
コーヒーブレイクです。こちらの高台にある「カフェ・オン・ブルー」
さんで毎回コーヒーを飲むのですが、残念ながら昨年の12月で
店を閉められたようです。





e0254365_16010382.jpg


と言う訳で駐車場横のレストランでコーヒーを頂きました。





e0254365_16014440.jpg

R2に出て、早島ICから瀬戸中央道に入りました。





e0254365_16025966.jpg


鷲羽山へは過去に何度も訪れていますが、殆どがスカイラインの
終点から児島ICを経由して帰る事が殆どでした。
今回は少しばかりルートを変更して下津井まで下りてみました。
こちらの石碑は瀬戸大橋の下津井側の付け根?です。





e0254365_16052486.jpg


下津井瀬戸大橋を間近に臨める以外なスポットです。
道路の下はJR瀬戸大橋線が走っています。





e0254365_16070835.jpg


今日の昼食はこちらの料理旅館「下津井亭」さんでお世話になりました。
お店の前で、私も写真に収めてもらいました。





e0254365_16083980.jpg


こんな感じです。お味の方は、私が思った事と同じ事を皆さんも
感じておられるに違いありません。





e0254365_16095542.jpg


久し振りに鷲羽山の展望台にも登ってみました。
小柳ルミ子嬢の「瀬戸の花嫁」なんかを口ずさみたくなりますね。





e0254365_16103147.jpg


鷲羽山展望地点の案内図です。





e0254365_16110605.jpg


橋をバックにワンショットです。





e0254365_16114357.jpg


帰路は児島ICから高速で帰ります。山陽道の吉備SAで1回休憩。





e0254365_16140964.jpg


三木SAで解散と致しました。でも今日は終日快晴で文句なしの
好天でした。気温も相当に高くなり、汗ばむ陽気となりホント
良かったですよ。
次回はユーザーツーリングでは初めてとなる、奈良県と三重県の
県境に位置する大台ケ原へ行く予定です。5月14日ですよ。





e0254365_16154277.jpg


さて今日の相棒は、私専用車として4台目のR1200RTです。
エボニー/クォーツブルー/サンマリノブルーに続き、
プラチナブロンズです。何時乗っても平均点以上の高い走行性能を
発揮してくれます。ワインディングから高速道路まで文句なしで、
私との相性はピッタリです。今年は新色のカーボンブラックと
アルピンホワイトも加わり、更なる熟成が図られています。
本日の走行は498kmでした。













[PR]
by motorradkyoto | 2017-04-21 16:24 | Event&Campaign | Comments(0)

こんにちは、スタッフのMr.Mです。
いよいよ3月も終わりに近づき4月の桜の季節に入りますが、
まだまだ寒い日も多いですね。私はおかげさまで症状がないのですが、花粉症の方にとっては地獄の日々が始まっているようですね。素晴らしい特攻薬も色々とあるようですがその分副作用も多く、自身の身体に合う合わないが顕著に現れるようです。私も昨年から喉が少々つまり気味で、来年あたりに恐怖の大王が襲ってくるかも知れません。
さてそんな3月の年度末も押し迫った日に、なかなかお目にかかれない車両が3台勢揃い致しました。それは2017年モデルカラーのR1200GS-Aです。

e0254365_20451478.jpg

全て売約車両ですが、BMWさんからの配車日がかなりタイトに
詰まり、店頭に3台勢揃いする事になりました。





e0254365_20461740.jpg

私の記憶では未登録の新車が3台、それもイヤーモデルの
現行色が同時に店頭に出揃う事はなかったと思います。
GS系イベント等に集結する車両と比較してはいけませんが、
新車には新車の香り漂う独特のオーラがあります。





e0254365_20472500.jpg

今年一番人気のブラックストームメタリック/ダークスレートメタリックマット/
アハトグレーです。正式カラー名称が長く、通称トリプルブラックと
呼んでいます。タンクサイドの「GS」のロゴが渋いです。





e0254365_20482094.jpg

シートも各色三様で、手間暇を掛けています。黒にはやはり黒が
似合います。





e0254365_20485730.jpg

レーシングレッドマットは光沢のないマット系の高級塗装が施され、
離れて見ると吸い込まれそうになる赤です。昨今、ヨーロッパの
高級スポーツカーにもこのような塗装を纏った車を見かけるように
なりましたが、なかなか手入れが大変な反面、その存在感には
圧倒されます。





e0254365_20501465.jpg

シートは黒/赤のツートンとなります。





e0254365_20505329.jpg

最もオーソドックスなカラーがライトホワイトです。ソリッドの光沢の
ある塗装で、価格も一番お安い設定となります。
私的にはこのライトホワイトが一番良いかなと思います。
白は膨張色なので車体が大きく感じますね。





e0254365_20515505.jpg

シートは灰/黒のツートンです。





e0254365_20522643.jpg

最近のGS系にはミシュランのアナーキⅢが装着され入荷して
いますね。ちょっとした荒れた道にも充分対応が出来、
一般の舗装道路に於いてもかなり次元の高いグリップ性能を発揮
してくれます。私も自分のGSにはアナーキⅢを装着しています。





e0254365_20535048.jpg

後ろからの眺めは迫力満点です。’70年代後半に流行した
ディスコミュージックに、マッチョマン(ヴィレッジ・ピープル)と言う曲が
ありましたが正に「Macho Bike」。女・子供を寄せ付けない男の 
バイクそのものです。



e0254365_20553963.jpg
店長M村君自記筆のイラストです。ご参考までにこのブログに時折現れる
コミカルなイラストは、全てM村君の作品です。
どうです、アドベンチャーのイメージ通りでしょう???。

今度の土・日(4月1日~2日)辺り迄なら、この3台をご覧頂く事が可能です。
男のくせに男になり切れない貴兄に・・・、自分自身のご褒美に・・・、
是非R1200GSアドベンチャーを購入して下さい。直ぐに男の中の男になれるぜよ。

[PR]
by motorradkyoto | 2017-03-28 20:59 | 新車情報 | Comments(0)

皆さんこんにちは。最近はかなり暖かくなり春の到来を感じますね。
毎年この季節になると何故かちょっとした事に感動して、
随分と涙もろくなり目が赤く腫れます。
鼻も詰まって時々無性に気合の掛け声を発したくなります。
『ブエックショーイ!!』って・・・・。
ドイツ語で『頑張れ!!』って意味ならいいなと思っているN脇です。
『春』それは、出会いと別れのきせ・・・ブエックショーイ!!
さてそんなわけで、遅ればせながら去る3月12日に三重県鳥羽浦村まで、
牡蠣を食べに行った時の模様をお送りいたします。

e0254365_14511452.jpg
朝の6時半。モトラッド京都に集合。
6時ともなると、空はすっかり明るくなっています。
本日の天気は晴れ!!降水確率10%有るか無いかです。
間違いなく晴れ!誰がなんと言おうが晴れ!!
そう言いながらも、しっかりカッパを持っていた小心者の私です。






e0254365_14513151.jpg
道の駅『あやま』で一回目の休憩。
ここで、メンバー皆さん全員と合流したので記念撮影。
ここまで走って来る途中、ノンカウルのバイクにお乗りの方に
試練が待っていました。外気温計が・・・・・詳しくは動画をチェック!!






e0254365_15024558.jpg
二回目の休憩は、伊勢自動車道の嬉野PA。
ここに来る途中は、軽快な伊賀上野のコリドールロードをスイスイと走りました。
信号もあまり無くて軽快な道。ちゃんと調べてないと迷うので注意。






e0254365_14520244.jpg
嬉野PAから約一時間。三重県鳥羽市浦村町へやってまいりました。
そして、実は一日前の3月11日に今まで有料だった、
『伊勢二見鳥羽ライン』が無料になったとのこと。
本当に無料かドキドキしながら走行・・・・大丈夫でした。






e0254365_14520827.jpg
さていよいよ今回のメイン、90分一本勝負焼き牡蠣食べ放題が
始まりました。「焼きがき処かき善」さんは自分で焼かせてくれます。
煮汁が軍手に染み込み逃れられない熱さに悶え、
焼きすぎた殻の破片が『パーン!!』と言う破裂音と共に飛んできたり、
焼けてると思って手に取ったけど全然貝が開かず、
誰にも勇み足を気付かれないように、そっと元に戻したり・・・。
なかなかの修羅場です。
でも、自分で焼いたものを開いて食べる!その工程も楽しいです。






e0254365_14521360.jpg
もう食べるのそっちのけで、開けることに燃えてきた方もおられました。
開けては配り、開けては配り・・・。『はい、N脇君。どんどん食べや〜。』
お、お気持ちは有難いのですが・・・ギ、ギブアップで・・・







e0254365_14521762.jpg
最後になると、皆さん手馴れた手つきになってました。
当店店長M村の話によれば、食べ終わってから3時間がボーダー
ラインとの事・・・。もちろんしっかり焼きましたよね・・・・。
何はともあれ、皆さん楽しんでいただけたようで良かったです。






e0254365_14522244.jpg
今回、調味料も色々と持ち込んでみました。
オリーブオイル、ガーリックパウダー、柚子胡椒、もみじおろし、
醤油、クレイジーソルト、ポン酢等など。
結局のところ、私が一番美味しかったのはレモン果汁でしたね。
中にはタルタルソースを持って来られた方も。少し頂いてみると
意外にも結構いけました。






e0254365_14522799.jpg
食べ終わりお店を出て、少しパールロードを走って鳥羽展望台まで。
やはり快晴!!
私は心の中で叫びました。
『どうですか〜〜〜ミスタ〜エムゥゥゥゥ〜
これが、これこそが晴れってやつですよぉぉぉぉぉぉ!!!』
他のライダーも多かったな〜。






e0254365_14523375.jpg
そして一行は、パールロードを走り抜け、道の駅『伊勢志摩』へ。
そこで少し休憩。
お腹も膨れてたので、少し眠くなったかもしれませんね。
いい天気だし(笑)






e0254365_14523813.jpg
最後に、三重県津市のはち蜜まん本舗へ。
実はここが今回の隠れメインスポット。
そんなに大きいお店では無いので、予約もできなかったのですが、
突然来た私たちにも、お店の方は気持ちよく対応してくださいました。
津のソウルフード『はち蜜まん』。味ももちろんですが、
本当に気持ちのいい対応、ぜひまた来たくなります。
後日、お土産で持って帰られた方からも、ご家族に好評だったとお聞きしました。
ここを教えてくれたT岡さん、ありがとうございます。

今回のツーリングですが、2分ほどの動画にギュッと凝縮してみました。
牡蠣と同じように濃厚な内容です。瞬きせずにご覧下さい。






[PR]
by motorradkyoto | 2017-03-26 15:43 | Event&Campaign | Comments(0)