タグ:旧型車両 ( 20 ) タグの人気記事

こんにちは、スタッフのMr.Mです。GW期間中の5日の金曜日に無理やり休みを取って、色々と用事を済ませて参りました。我々サービス業の宿命でなかなかまとまった休みは取れませんし、それが当たり前の感覚で業務をこなして来ている訳ですが、今年は何としても毎年GW期間中に開催されるサイドカーフェスティバルの様子と現状を実際に見に行く事を最大の目的として出発致しました。その他あれこれと用事を作り、子供になった気分で有意義な一日を過ごして参りました。

e0254365_11350821.jpg

限られた時間の中で全ての予定を済ませるには、早朝から行動を
開始しなければなりません。午前4時前に名神高速の京都南ICに
入り諏訪を目指します。
今日の予定事は次の5点です。
①サイドカーフェスティバルの会場に立ち寄る。
②㈱広丘自動車研究所(モトラッド長野)さんに立ち寄る。
③岬と湖のラリーポイントの中網湖に立ち寄る。
④白馬47に立ち寄る。
⑤ローゼンハイム白馬さんに立ち寄る。





e0254365_11524477.jpg

休憩を2回取り、午前7時40分に中央道の諏訪ICを下車しました。
天気は申し分ありません。





e0254365_11534024.jpg

R152を北上し、白樺湖の景観の良い場所でワンショットです。





e0254365_11541506.jpg

少々渋滞にも遭遇し、午前8時30分に目的地に到着です。
今年のS/Cフェスティバルは、白樺湖の少し東方に位置する
「八子ケ峰ホテル」がメイン会場となっています。





e0254365_11555978.jpg

ザックリ200台ばかりのサイドカーが勢揃いしていました。
私もJSC(日本サイドカー連盟)の京滋支部の会員でもある訳ですが、
ほぼ幽霊会員化しており約15年振りの参加となりました。
しかし参加者の年齢層はオートバイ以上に高齢化が進み、
平均年齢65歳オーバーと言った感がします。これは非常に深刻です。





e0254365_11593077.jpg


本車(オートバイ)側・S/C側と様々なメーカーの車両が出揃っており、
同じ車両を見つける事が難しい位です。強いて言うならクラウザー・
ドマーニは直ぐに判別がつき、参加台数的にも一番多かったかも知れません。
こちらのベースはK1200RSです。





e0254365_12003457.jpg

目に留まったK1200S。





e0254365_12030654.jpg

旧タイプも含め、OHV系はまだまだ現役で活躍しています。
話が長くなるので簡潔にお話すると、様々な規制の大きな壁が
立ちはだかり、最新鋭の車両にサイドカーを装着する事が困難な
ご時世に陥っております。
HDの純正サイドカーも日本向けには2010年モデルを最後に姿を消してしまいましたし、
BMWのディーラー系列では、㈲バイクハウス阿部(モトラッド愛媛)さんが
自社オリジナルカーを精力的に販売されている以外はどちらも撤退を
余儀なくされています。当社のEML、㈱ダッツ(DATZ浜松)さんの
アーメック、㈱福田モーター商会(モトラッド東京ーBay)さんのGG等、
20年程前の外国製サイドカーの過ぎ去りし黄金時代が懐かしいです。





e0254365_12081370.jpg

と言った訳で、サイドカーの未来はどうなるのか???、と自分に
問いかけ会場を後にしました。





e0254365_12091412.jpg

ビーナスラインを経由して諏訪に戻り、長野道の塩尻北ICからR19を南下し、
㈱広丘自動車研究所(モトラッド長野)さんにやって来ました。午前10時30分
到着です。





e0254365_12114486.jpg

広大な敷地に広大な店舗です。数年前に店舗に面しているR19号の
拡張工事が行なわれ、HD店・DUCATI店・国産車店も全てリフレッシュ
されたようです。店長のIさん、旧知の仲のサービスのN君、御大のHさんも
お元気で何よりでした。GW期間中は休みなしで営業との事で、当店と同じ
スタンスでしたね。京都から来たと言って頂ければ手厚い接客が受けられると
思いますよ。たぶん・・・。





e0254365_12142584.jpg

R147は渋滞との情報だったので県道51号を通って北上致しました。
立山連峰はまだまだ残雪が残っています。





e0254365_12152387.jpg

今年の当店主催のラリー「岬と湖のラリー」の指定ポイントである
中網湖にも立ち寄りました。これで私も2ケ所を達成です。
南に位置する木崎湖や北側の青木湖の陰に隠れ全く目立ちませんが、
今回のラリーで全国区に踊り出る?に違いありません。





e0254365_12172477.jpg

この辺りで撮影致しました。





e0254365_12184752.jpg

白馬47にもやって来ました。ここで最新情報ですが今年1月のBMWさんの
全国会議に於いて、白馬モトラッドDAYSの2017年は中止との発表があり、
毎年楽しみにされていた方をガッカリさせる事になりましたが、つい先日
中止が撤回され開催される事になりました。
少し開催日がスライドされ、9月9日(土)・10日(日)の二日間です。
正式なアナウンスはまだですが、皆さん、予定に入れておいて下さいね。





e0254365_12212575.jpg

会場の駐車場は春スキーヤーの車で満車で、唐松岳・八方方面に向けて
撮影致しました。鯉のぼりが粋ですね。





e0254365_12245204.jpg

白馬に来たら「ローゼンハイム白馬」さんを素通りする訳には行きません。
9月の宿泊の予約を済ませ大ママのOさんからお土産も頂戴し、しばし談笑後に
出発致しました。





e0254365_12254739.jpg

R148をそのまま北上し糸魚川ICから北陸道に入りました。昨年末の
大規模火災が生々しく記憶に焼き付いていますが、着々と復興も進み
今日に至っているようです。





e0254365_12280294.jpg

北陸道から名神に入ると断続的に渋滞していました。
最後の休憩場所である草津PAに到着したのが午後8時40分で、すでに
トリップメーターは1,000kmをオーバーしていました。サイドカーでの一日
1,000km超えは随分久し振りで、今日一日の行程を考えるとなかなかのペースで
やり過ごせたと思います。お陰で両腕はパンパンで、明日からの業務が大変です。
本日の走行、1,069kmでした。




[PR]
by motorradkyoto | 2017-05-08 12:32 | 番外編 | Comments(0)


e0254365_11375684.jpg
こんにちは、スタッフのMr.Mです。
ゴールデンウィーク期間中は休まず営業致します。もうかれこれ15年程前からこのようなパターン
で、それまではGW期間中も世間に歩調を合わせて休んでいました。
ところが2002年のこの時期に、BMWのユーザー様がお二人、HDのユーザー様がお一人、大きな事故とトラブルが相次ぎ大変なご迷惑をおかけした経験から、サービス業の原点に立ち返りGW期間中のフル稼働がスタートした次第です。とは言え、家族サービスが責務となっているスタッフもいる訳で、内々で調整しながらGWはやり繰りさせて頂きます。



e0254365_11492248.jpg
さて今日は年に二回のみ行う水曜OHVツーリングのレポートです。
全て私の勝手きままな都合に合わせて頂き、ご参加頂く皆様には
毎回感謝致しております。
今回のコースは岐阜県の徳山ダムから、薄墨桜で有名な根尾を
目指してのツーリングです。集合場所は北陸自動車道の神田PAです。





e0254365_11513921.jpg

参加者の皆さんですが、Sさんは腰痛が酷く木之本ICを下りてから
そのままフェードアウトされます。





e0254365_12282315.jpg

本年当店企画の「岬と湖のラリー」指定ポイントの余呉湖にも
立ち寄りました。エントリーされている方の多くはすでに肩慣らしに
クリアーされ、画像を送信して下さっています。





e0254365_12313946.jpg
こちらでで撮影してみました。





e0254365_12322536.jpg
岐阜県に入り、道の駅「夜叉ケ池の里さかうち」で小休止です。
この辺りから天候が怪しくなって来ました。





e0254365_12332522.jpg
R303からR417を走り、徳山ダムにやって来ました。が・・・、
この辺りは雨風が激しく雨雲レーダーで検索すると、どんどん
雨雲が途切れる事なくやって参ります。レインウエアーを余儀なく
されました。





e0254365_12345586.jpg
私も初めて、皆さんも初めての「徳山会館」でコーヒブレイクです。
この辺りは寒いです。





e0254365_12354292.jpg
根尾に抜けるショートカットルートの県道270号線は通行止めで、
谷汲廻りで根尾を目指します。こちらは道の駅「夢さんさん谷汲」です。





e0254365_12364406.jpg
R157に出てそのまま北上し、うすずみ温泉「四季彩館」にやって
来ました。こちらで昼食を済ませました。




e0254365_12421774.jpg
恒例のバイクとの集合写真です。参加者の皆様が楽しみに
されています。





e0254365_12435184.jpg
帰路はR157を南下し、R21を経由して東海環状自動車道の大垣西ICから
高速に入りました。天気は回復しましたが横風が強烈で、バイクに強風は
天敵ですね。こちら名神高速の養老SAです。





e0254365_12445739.jpg
ここで解散です。どうも皆さん・・・・、





e0254365_12452736.jpg
お疲れ様でした。また今秋にご一緒致しましょう。

今回のツーリングの3日前に新型のR1200RTで鷲羽山へお客様とツーリングに行ってきたばかりでしたが、最新鋭のバイクに身体が慣れ親しんでしまうと古いバイクのフィーリングにはガッカリする事が多々あります。特にブレーキ性能の差が顕著で、安全マージンに余力が必要です。当たり前の事ですが、こんな風に思うと言う事は、私もいよいよ古い物との決別の日が近づいていると言う事なんでしょうかね。でもまだまだ頑張りたいよね。



[PR]
by motorradkyoto | 2017-05-01 12:49 | ユーザーツーリング | Comments(0)

今回の梅雨で九州地方、中国地方合わせて40万人の
避難指示が相次いでるニュースを目にすると
改めて今年の雨量の異常さと自然の怖さを痛感します。
一日もこの自然災害が、終わる事をただただ祈るばかりです・・・。

さて、本日は、約3ヶ月ほど前に「次回最終回をお楽しみに・・・・。」
的なコメントで締めくくった記事を皆さん覚えておられるでしょうか・・・・?
そうです!あのR100Sの事です。
e0254365_1918594.jpg

オーナーも勿論の事皆さんは、「あれから一体どうなったの・・・・?」
なんて思っている方も少なくないかと思われますが、

実は、色々ありまして、あれから作業が中断していました。
前回の記事を見て頂くとお解りになるかと思いますが、
後は車検を受けナンバーを付け何回かのテスト走行をすれば、
納車できる予定でした・・・・が、重大な事が発覚しました。
" 事件です! "
それは、自社工場にて速度計の検査をしている時の事です。
速度が、20㎞にも満たないうちにメーターの針が、0を指したまま
ピクリとも動かなくなってしまいました・・・・。

すぐさま、専門の計器業者に修理を依頼したのですが、
修理不能という最悪の回答が、あったのです・・・・。
そこからが、今日に至る長い時間を費やす事になるドラマの始まりです。

まず、30年以上前のメーターを探す事からの作業になります・・・・。
色々なところから、情報を集め入手を試みようとしたのですが、
当然、ほとんどが中古部品からの選択になり
正直どれもいろんな意味で非常に怪しく、とても取り寄せるには
リスクが高すぎると判断し、時間ばかりが過ぎていきました・・・・。

それにこの時代の車両は、微妙に文字の色やメーターの
ギア比なども色々種類があって部品を確定できない事も
入手困難の原因でもありました・・・・。

しかしこのままだと検査も受ける事ができず、今まで努力してきた事が
水の泡になりかねないので本当にこまりました。
そんな時当社のMr.BMWことMr.M氏に相談しましたら
有力な情報を頂き、早速問い合わせたところなんと、
なんと!
我々が、探していたメーターに限りなく近いものがあったのです!
おまけに新品でですよ!

とり合えず大急ぎで取り寄せました・・・。
勿論、自分のバイクじゃないんですが、部品が届いた時は
正直嬉しかったですね~・・・・。

でもってその時撮影したメーターの写真をご紹介しましょう!
e0254365_19445276.jpg

こんな感じで届きました。メーターが入っている中のウレタンは、
新品といえども作られて年月が、経っている分やや黄ばんでました。





e0254365_19464742.jpg

意味は、よくわからないのですが、18km控えて表示されてありました。
テスト走行分を差し引いているのでしょうか・・・・?
メーター下側に書かれている " W-670 " というのがギア比を
表す値です・・・・。これが合わないとまったく意味が無いんですね・・・・。





e0254365_19514181.jpg

ちなみに中々見ることのできない側面部の画像です・・・・。





e0254365_19531287.jpg

せっかくなので下からも1枚パシャリ!





e0254365_19541623.jpg

この画像は、後から撮ったものです・・・・。
黄色のマーカーで調整済みの印がされています。

後は、メータを再度計器業者に持ち込みメーターケースに収めてもらい
メーターの復活作業は、終了です・・・・。
この後、車両に取り付け無事検査も合格しナンバーも頂きました。

現在テスト走行も完了してこんどこそ納車待ちです・・・・。
お客様にお渡しするまでに青空の下、再度写真撮影が、
出来れば、改めてご紹介したいと思います・・・・・。

思い起こせば、去年の12月にお預して今は7月です・・・・。
イヤ~それにしてもレストアってホント時間が掛かりますよね~・・・・。
[PR]
by motorradkyoto | 2012-07-14 20:19 | お客様の愛車紹介 | Comments(2)

お客様の愛車紹介 Vol 11

それにしても降るといったら無茶苦茶降りますね・・・・。
これだけ凄い勢いで雨も降ると様々な事故や災害などが
発生しているみたいで皆様もホント気をつけてくださいね・・・・。

今は、京都も雨は、上っているんですが、上ったら上ったで
今度は、湿気が、尋常じゃないくらい立ち込めています。
梅雨のジトジトって意外と体力を奪い体がだるくなるんですよね・・・。

僕もだるさに立ち向い元気にご来店するお客様に
笑顔でお迎え出来る様頑張りますので是非、僕の笑顔を
確認しがてらご来店下さい。

さて、本日は、お客様の愛車紹介をさせて頂きます。
前々回の愛車紹介にもR100RSのツインサスをご紹介致しましたが、
今回も’84年登録の後期型のツインサスR100RSをご紹介致します。

この車両は昭和59年に池本さんが新車で購入されて以来、
大切に乗り続けて来られた貴重なワンオーナー車です。
検査も欠かさずキッチリと受けて頂き、
機外共にコンクールコンディションと言える素晴らしさです。

e0254365_20335617.jpg

パールホワイトの車体色は当時の人気色で、塗装の色艶も全く
褪せることなく輝いています。全体の佇まいは誰が見ても「オオ~」
と唸りたくなるそう言ったR100RSです。

後期型のツインサスは、ブレーキ周りの強化やフライホイールの
軽量化、エアクリーナーBOXの変更等大幅に手が入れられています。





e0254365_20355826.jpg

純正のシングルシートが装着されていますが、
スタイル面でのバランスは申し分ありません。
先日検査を受けて頂きましたが、走行距離は37,600kmでした。
日頃の管理が行き届いているので、何ら問題はありませんでした。





e0254365_20375461.jpg

ツインサスOHVボクサーの何気ないパーツには、手抜き?を
感じる部分がなく、モノサスのOHVボクサーと比較すると、その差は
悲しいかな歴然としています・・・・。
ちなみにこのステップ周りも憎いですね~。





e0254365_2040377.jpg

ワンオーナーの証、「京」ナンバー付きです。私の記憶では、
‘88年(昭和63年)の1月から「京」ナンバーから「京都」ナンバーに
変更されました。
ナンバーを固定するボルトも「京」の刻印入りです。

当時の車両には当時のナンバー、
これで車両の評価と貫禄が全然違って来ます・・・・。

R100RSに関しては多くを語る必要はありませんが、
歴代BMWの中でも名車中の名車と呼べるのではないでしょうか。
未だに安定した人気を維持し、
現役で走り回っている車両の数も半端ではありません。

池本さんに限らず現在R100RSにお乗りの方は、
今後も末永く乗り続けて下さい。
[PR]
by motorradkyoto | 2012-07-12 20:44 | お客様の愛車紹介 | Comments(0)

今日は、雨のはずなのに何故か、真夏の様な日差しが差し込む
一日になりました・・・・。来店されたお客様も「こんな天気なら
朝から走りに行ったらよかった・・・・。」など悔しがっていた
お客様も何人かおられました・・・・。

さて、本日はこんな感じで車両が揃う事は、なかなか無いと思い
せっかくなので店の前で " パシャリ! " と撮影いたしました。
e0254365_2163187.jpg

前回紹介しました。幻のK1300S-HPPです・・・・。
ちなみに本日ご成約となりました・・・・。





e0254365_219873.jpg

お~と!しばらく音沙汰がなかった復活への道号のR100Sです・・・・。
この車両は、まだ連載途中なので改めて続きを近いうちに
紹介したいと思いますのでお楽しみに・・・・。





e0254365_21285372.jpg

コレもまたレアな車両ですね・・・・。知る人ぞ知るHp2Sportです。
日本には、わずか140台しか入荷しなかった超希少車です・・・・。





そんな貴重な車両が揃ったので記念撮影でも・・・・。
「 ハイ、チ~ズ」 " パシャリ! " 
e0254365_21421445.jpg

豪華ですね~・・・・。
こんな感じで自分の車庫に並んでたら気分いいでしょうね~・・・・。
[PR]
by motorradkyoto | 2012-06-17 21:51 | Comments(0)

いや~それにしても暖かいと言うかどちらかと言えば暑いですよね・・・・?
昨日、一昨日と定休日だったので充分リフレッシュさせて頂きました!
噂によるとモータークラブのMr.M氏は、足が笑うほど、あちこち
バイクで走り回り何箇所か、道の駅でスタンプを押しまわって来たそうで・・・・。

僕の方はというとやっとバイクが、洗車できたのと
新しいソフトの攻略にもがき苦しんでいる二日間でした。
ところでバイクの方はと言うとやはり冬場の融雪剤のダメージが、
あちらこちらに来ていました・・・・。トホホホホ
おまけに洗車したばかりのバイクは、容赦なくツバメのウンチの餌食です。

さて、気をとりなおしまして復道ですが、いよいよ大詰めです。
そこでじらし続けていた全貌をご紹介いたしましょう!!
e0254365_20221539.jpg

はい、その通りです。R100Sで~す!





e0254365_2023406.jpg

なんとも味のあるデザインと美しさ・・・・。





e0254365_20244623.jpg

ここまで来るのにホント苦労しました・・・。





e0254365_20252747.jpg

あとは、検査を取って試運転をしてカウルを付ければ、完成です!





では、ここで調子の良いエンジン音をお聞かせしましょう!!

と言うわけでいよいよ次回は、最終回なのでどうぞお楽しみに・・・・。
[PR]
by motorradkyoto | 2012-04-19 20:29 | お客様の愛車紹介 | Comments(0)

さすがにここに来て桜もだいぶ散りはじめましたね・・・・。
来週あたりは綺麗なピンクの花びらが、青々とした葉桜に様子を
変えていくんでしょう・・・。そうなるといよいよゴールデンウィーク突入です!

そういえば、昨日で春の交通安全習慣も終わりでした。
皆さん取り締まられませんでしたか?僕は、もう少しで
取り締まられるところでした。対向車のパッシングのおかげです・・・・。

さて、本日は、僕もあまり見た事の無い珍しい色の車両をご紹介します。
稀少色のゴールドメタリックR100RSです!
1976年の秋から発売が開始されたR100RSは、一般市販車で
世界最初のフルカウルモーターサイクルでありました。

当時世界最高レベルの風洞実験室を有したBMWが、
空気力学実験により走行風や天候からライダーを保護するように
設計されたもので、以後のモーターサイクルシーンに
大きな影響を与える事は、この世界では、あまりにも有名な話ですよね・・・・。
e0254365_18355599.jpg

今回ご紹介する久保田さんのR100RSは、長い間放置されていたのですが、
「もう一度あの頃に戻りたい」との強い意向を受け
約3ケ月の月日をかけて復活させました・・・・。





e0254365_18381685.jpg

前期型のRSは、首振りキャリーパーと異名をとるアーテ社製のものが
装着されています・・・・。制動力は現在のレベルと比較すると、
見る影もないプアーなものです。でも、これはこれで良し・・・。





e0254365_1841116.jpg

前期型のフライホイールは大変重く、ドローンとした回転フィーリングが
たまりません・・・・。いかいにも高速巡航をメインとした設計で、
HDのショベルやグッチのルマン系同様に、このようなエンジンは
2度と造られる事はないでしょうね・・・・・。





e0254365_18431975.jpg

メーター廻りは不変で、モノサスのRSまで脈々と受け継がれました。
未だに人気の衰えないOHVボクサーは、私自身も外せない
BMWの1台でもあります・・・・・。by Mr.M岡

一部ノンオリジナルな部分もありますが、非常にインパクトのある
このゴールドメタリック、純正色である事は当然ですが、
とにかく目立つ事は、まちがいありません!
もちろんオーナーの久保田さんも大変気に入っておられます・・・。

それと・・・まだ少し早いのですが、blogをご覧になっている
皆様だけにフライング告知をしたいと思います・・・。
e0254365_198124.jpg

e0254365_19111689.jpg

と、こんな感じでGWは、皆様をお迎えいたします。
なのでGWのご予定が、ない人は、是非ご来店くださいね!!






 
[PR]
by motorradkyoto | 2012-04-16 19:19 | お客様の愛車紹介 | Comments(0)

昨日の夜から降り続いた雨は、今日のお昼には、すっかり上ってました。
午後からは、少し風があるものの太陽が雲の間より顔をだすと一気に
春の陽気が、辺り一面に広がります・・・・・。

皆さんは、もうゴールデンウィークのご予定は、立てられましたでしょうか・・・?
そういえば、以前も少し触れましたが、いよいよ新東名高速道路が
本日14日午後3時、御殿場(静岡県御殿場市)―三ケ日(浜松市)の
両ジャンクション(JCT)間を約162キロで先行して開通するんですよ!

東名高速と並行し交通渋滞の緩和のほか、災害時の代替ルートとして
期待されているみたいでさらには、2020年度に
海老名南(神奈川県海老名市)―豊田東(愛知県豊田市)の
全長約254キロが完成する計画になっているんだそうです・・・・・。

新東名は内陸側を通り、天候の影響を受けにくいそうなので
とても走り易そうな感じがしますよね・・・・。飛ばし過ぎに要注意ですよ!
e0254365_20401846.jpg

東名高速道路(手前)と並行して走る新東名高速道路を今月の7日に
静岡県沼津市で共同通信社のへリコプターが、 撮影した一枚です・・・・。





さて、復道も蘇生前の最終作業に突入です。まずコレをご覧いただきましょう!
e0254365_2172052.jpg

お解りですか?恐らく30年以上に亘り、道を照らし続けて来た
ヘットライトリフレクターです。下側なんかもうリフレクター機能を
していないので恐らく検査では、光量不足でアウトでしょうね・・・・。
それなら・・・・・・・・。





e0254365_2115444.jpg

じゃじゃ~ん!
どうです!新品です!コレもまたちゃんと部品がメーカーから出るんですね。
でわでわせっかくなので二つあわせて比べて見る事にしましょう・・・・。





e0254365_21181259.jpg

なんということでしょ~・・・・。コレだけの違いが出るんです!
ちなみに左側がBeforeで右側がAfterですよ・・・・。
まさか・・・・・・・逆とか思ってません?んな訳ないですよね!
なので~コレなら夜間走行の不安も解消される事でしょう・・・・。





e0254365_212644100.jpg

ATE社製のブレーキキャリパーも当然オーバーホール真っ最中!





e0254365_21315255.jpg

見てください!この黒々としたいかにも新しいですよ的なハーネスや
ケーブルの束!やっぱりレストアは、こうでなくっちゃ!





e0254365_21344156.jpg

点いてる、点いてる・・・・。全てのランプ類は、点灯OKです!

次回は、いよいよエンジンに火が入りますの巻・・・・・かも・・・・?
[PR]
by motorradkyoto | 2012-04-14 21:41 | お客様の愛車紹介 | Comments(0)

昨日は、お休みを頂いてのんびりと・・・・?そうは、言ってられませんでした。
暖かく天気も好かったのでここは、めんどくさいけど、
自分を奮い立たせて車の洗車をガッツリやっておきました・・・・。
「え~いこうなったらバイクも一気に洗っちゃえ!」と思っただけで
終わってしまいました。本当に僕ってなんて意志が弱いんだろう・・・・。

で、洗車もそこそこで切り上げ某電気屋さんにプリンターを
買いに行く事にしました。
パソコンは、有ってもプリンターが無い期間をかれこれ2年続けたので
もうだいぶ安くて良いものが出回っているだろうと思ったわけです。

すると見事僕の読みは、的中しました。
複合タイプで液晶カラータッチパネル付きおまけに無線RAN対応の
HP社製ジェットプリンターが、驚きの税込6,800円でした!
コレって安すぎでしょ! ま、今年の年末に年賀状が、刷れたら
壊れてもメーカーを責めない事にしよう・・・・・な~んてね!

さて、復道シリーズもいよいよ後半戦に突入です!
エンジンに火を入れるのも秒読み段階に・・・・くらいの感じになってきました。
e0254365_18441528.jpg

舵を取るために大変重要なハンドルが、、つきました。
ハンドルクランプの内側に貼ってある面ディングテープは、気にしないで下さい。
この時代の車両は、ハンドルの位置決めの印が、打たれていないので
任意できめた印です。これで試運転の時にハンドルの前後調整を
左右にずれる事無く行うために非常に重要な印のテープなのです・・・・・。





e0254365_18501385.jpg

どうです!ド~ンと前足が力強く前に伸びてきたでは、ありませんか!





e0254365_185127100.jpg

当然、前回説明した通りバッチリオーバーホール済みです!
シールの真新しいブルーが、眩しいですよね!





e0254365_1853871.jpg

ホイールのベアリングもまったくいけてなかったのでこれもまた
新品に交換いたしました・・・・・。





e0254365_18544973.jpg

ひどいもんでしょ? 写真だけでは、ただ汚れているしかわからないですが、
強烈に転がりが鈍かったんですよ・・・・。





e0254365_18562846.jpg

シールも当然まっさらです!そしてこの部分のオーバーホールは、
そもそも特殊工具が、必要で、残念なことにその工具は、もう現在では、
入手する事ができず困っていたんです・・・・・が、しかしそこは、ホレ、
器用なサービスのT中君!なんと特殊工具を自ら作成して作業を
やっちゃったんです!凄いですね~。ホント見上げたプロ根性でしょ!





e0254365_1964835.jpg

タイヤもこの通り新品タイヤです!事前にオーナーの方が、用意して
下さっていたものです・・・・。最初に履いていたのは、製造年月日が、
2002年のもので10年経っていました・・・・。なのでゴムと言うか
まるで、プラスティックでできたタイヤ・・・・・?見たいな~・・・・・・?





e0254365_19133855.jpg

ハンドルスイッチのハウジングもやはり年月と共に色あせ
写真でもお解りになるようにこんな感じで、あせあせでした・・・・。
せっかくバラバラにしたのでまたまたT中君が、チョチョイのチョイ!





e0254365_19165230.jpg

e0254365_19195336.jpg

じゃ~ん!約35年前の発売当時にタイムスリップしたのかな・・・・?
な、位にハンドル周りも美しく仕上がりました。
ハンドルグリップも新品を奮発しました!グリップ感が、サ・イ・コ・ウ・・・。

そうですね~・・・・
次の次辺り位にエンジンに火が入ったところの動画なんかを
アップ出来たらいいな~・・・・・と思います。
それでは、皆さん次回までさよならごきげんよう・・・・・。
[PR]
by motorradkyoto | 2012-04-13 19:35 | お客様の愛車紹介 | Comments(0)

この間のサイクリングに行った事は、皆さんご存知だと思いますが、
次の日、足がパンパンになり肉体的衰えを感じた事は、知らないでしょ~・・・・。
ですよね~・・・・。

そこでそんな僕が、非常に気になる商品を紹介しましょう!
ちなみにBMWの商品では、ないのでおまちがい無きようにね・・・・。
e0254365_2013043.jpg

どうです?なんか超カッコイイでしょ!
最高時速45kmの電動自転車 Specialized Turbo、無線規格ANT+対応
スポーツバイクで有名な Specialized が、電動アシスト自転車 Trubo を
発表したそうです。電動自転車といえば日本ではシティサイクルタイプのものを
よく見かけますが、Turbo は赤を基調としたクロスバイク寄りデザインです。

驚くのは、、アシストされる速度上限はなんと・・・・45km/h!!
人力のみの場合と比べだいたい通常の3倍くらいだそうですよ。
でもこれって公道の制限速度に注意だけですむのでしょうか・・・・?

仕様はリチウムイオンのバッテリー容量が 342Wh、クイック充電2時間。
ディスクブレーキにはマウンテンバイクで人気のMAGURA MT シリーズを
採用し、バッテリーへの回生充電も可能だそうですよ。ハブモーターはリア。

視覚面では、LEDを採用したバッテリーインジケーターのほか、
速度や距離などを計測する基本的なサイクルコンピューターも備わって
サイコンは無線規格 ANT+ に対応していて、心拍計の導入OKだって。
スタイリッシュな移動手段として魅力的な Turbo の価格は 5499 ユーロ、
現行レートで約59万円ほどだそうです・・・・。ホチイヨ~・・・・。

動画を入手したので興味のある方は、ご参考にして下さい。



Trubo


e0254365_20303832.jpg

「いきなりなんじゃこりゃ!」と思ったでしょ・・・・・。
コレは、見たままの古いハーネス関係ですよ。使える物は、使おうと
したもののやはりそこは、ホレ何が何でなんでしょう・・・・?
要するにせっかくここまでばらしたんだから気持ちよく新しいハーネスでね!





e0254365_2036596.jpg

Before端子もなかなかアンティーク調でやるでしょ・・・・。





e0254365_20401764.jpg

リレーも整備前は、あっさりケースが付いてませんでした・・・・。
左がBefore右が、Afterです。





e0254365_2042527.jpg

前足と後ろ足が、無い状態です・・・・え、見たらわかる!ですよね~・・・・。
当然、外したからには、必殺オーバーホールです!





e0254365_20451224.jpg

どうです?テーパーローラーベアリングの受け側ですが、
かなりくたびれてる感が写真からも見て取れますね・・・・・。
長く動かしていないとローラーの接点に錆が発生しこの様な状態に
なることが有ります・・・・。





e0254365_2058265.jpg

ローラー側もグリスの変色が、進みベアリングとしての機能を
殆んどされていない状態でした・・・・。





e0254365_2101899.jpg

フォークも分解して驚き殆んどオイルが、入っていませんでした。
実際、減衰機能をまったくと言って果たせずスプリングだけの
機能でしかなかった状態でした・・・・。蒸発したのかな~・・・・?
んな訳は、有りませんね。たぶんシールから漏れまくってたんでしょう・・・・。

そんな感じで次回は、ビューティーコロシアム的な変貌を小出し、小出しで
ご紹介いたしましょう! e0254365_21144340.gif
[PR]
by motorradkyoto | 2012-04-07 21:15 | お客様の愛車紹介 | Comments(0)