お客様の愛車紹介Vol.15

昨日から各天気予報で「寒い、寒い」と言われてましたが、
僕的には、もう充分過ぎるほど寒いのでこれ以上の寒さは、
ご勘弁いただきたいと日々願っている今日この頃です・・・・。

さて、本日の愛車紹介は「BMWには、シュッとしたカスタムが、一番!」
をテーマにご紹介したいと思います。
今回ご紹介する車両は、K1300RのPremium Line 2,214,500円

インテグラルABS、グリップヒーター、オンボードコンピューター、
ギヤ・シフト・アシスト、ESA II、ASC等が標準装備の豪華版です。

K 1300 Rは最高出力127kW(173ps)/9,250rpm、
最大トルク140Nm/8,250rpmを発揮する水冷並列4気筒エンジンを搭載。
圧倒的パワーを持つ最強のロードモデルと言えるでしょうね・・・・。

それに卓越した技術、人間工学に基づいたデザイン、
いつまでも心に残るスタイルでさまざまな魅力を備えながらも、
ABSおよびESA IIなどの装備により、安全面でも最高レベルのバイクです。

でもって前置きが少し長くなりましたが、これから紹介する
K1300RオーナーのT口さんは、以前よりご注文頂いていた
HPエンジンスポイラーの取り付けにご来店頂き
とてもカッコよく出来上がったのでご紹介させて頂く事にしました。
e0254365_14352227.jpg

完成したての写真です。カッコイイ~・・・・!





e0254365_1437850.jpg

ドライカーボン製のHPエンジンスポイラーは、写真で見るより
美しい仕上がりで存在感が、ありありの絶品です。





e0254365_144015.jpg

シートカウルも以前に購入していただいたんですが、コレも
オーナーのこだわりのひとつであえてボディーカラーに塗装・・・・。





e0254365_14423235.jpg

違和感の無いスマートなテールに仕上がりました。
さすがT口さん良いセンスしてますね・・・・。





e0254365_14444939.jpg

ナビゲータもご購入頂いたのですが、これもまた純正の取り付け
位置よりハンドル周りのほうが、よいという事でT口さんが
ひと工夫してこの様に装着されていました・・・・。





e0254365_1449446.jpg

パッと見は、解らないですが、オイルクーラーにも
プロテクターを装着。純正では無いのでパーツメーカーのパーツを仕様
僕の知る限りでは、この手のオイルクーラーガードには、
黒は存在しなかったように思うのですが、どうやらご自信で
塗っちゃったかと思われます。それにしてもよく出来ていますね・・・・。
これからも大切にお乗り下さい・・・・。

おまけ「2013 Perfection Of An Icon - The New BMW R 1200 GS」

[PR]
by motorradkyoto | 2013-02-24 15:07 | お客様の愛車紹介 | Comments(0)

雨です・・・・。昨日から京都は、すっかり雨模様です。
久しぶりに合羽を着ての出勤にわずらわしさを感じています・・・・。
それにグローブが、ぜんぜん乾きません・・・・。

この梅雨も始まったばかりでなんですが、早く明けて欲しいですね。
でも明けたら明けたで暑い夏の突入です・・・・。
僕的には、やはり1年は、四季ではなく二季の春と秋でお願いしたいで~す!

さて今回のお題目は、「こんな時の為にシリーズ第一弾!!」です。
まっ、実際シリーズ第一弾と書きましたが、シリーズ化する予定は、
正直あまり考えていません・・・・・。
なので皆さんは、そんなに当てにせず期待していてくださいね。

では、始まり始まり・・・・・・・・。
e0254365_2231619.jpg

今回は、BMW純正パンク修理キットのご紹介並びに
パンク修理実践実録秘話「営業マンは、見た・・・・。」で行きたいと思います。





e0254365_2262185.jpg

内容は、こんな感じで最後に注入する圧縮エアボンベも搭載しています。





e0254365_2283258.jpg

まずは、イメージとしてタイヤの溝に釘が、刺さった場合と・・・・





e0254365_2293196.jpg

接地面そのものに釘が、刺さった場合を想定してみました。





e0254365_22104964.jpg

それでは、戦闘開始!付属のこんなので釘あとをゴリゴリしながら
開いた穴を整えます・・・・。





e0254365_22122916.jpg

取っ手の根元が、鑢になっているのでそこを使ってゴリゴリゴリ・・・・。





e0254365_22133923.jpg

なにやら加工しやすそうなそれらしい穴になったでしょ!





e0254365_22142472.jpg

でもってゴリゴリ棒に接着剤をたっぷり付けて・・・・・。





e0254365_22162447.jpg

またまたゴリゴリゴリ・・・・と穴にしっかり塗りこみます。





e0254365_22171994.jpg

これでしっかり中まで塗れたので乾かないうちに次のステップへ・・・・。





e0254365_22184935.jpg

奇妙な形のものが登場!





e0254365_22194566.jpg

そうです!これが、栓になるゴムなのです。
そしてこんな感じでゴリゴリ棒に取り付けます。





e0254365_22221987.jpg

でもってたっぷり接着剤を塗り滑り込ますように一気に
ゴムもろとも差し込みます!





e0254365_22251659.jpg

「エイ、ヤーッ!」





e0254365_22262537.jpg

手を離すとこんな状態です・・・・。なんか痛そう~・・・・。





e0254365_22274434.jpg

ゴリゴリ棒を引っこ抜くとこんな感じでゴムだけ残ります。





e0254365_22283611.jpg

後は、付属のカッターで出ている部分を切れば完成です。





e0254365_22293414.jpg

なんていうことでしょう・・・・出来上がっちゃいました~・・・・・・。
なかなか簡単そうでしょ!





e0254365_2231121.jpg

ちなみに力を入れすぎちぎってしまった場合・・・・・。





e0254365_22322324.jpg

ご安心下さい!反対側を使えば大丈夫です。





e0254365_22332173.jpg

こんな感じでちゃんと穴に収まっちゃいました。
これも後は、出ている部分をカットすると・・・・。





e0254365_223514100.jpg

こんな感じでハイ、完成!!

最後に付属のボンベを使うのもいいですが、
最近紹介したこれなんか使うとラクラク空気が、注入できます。
e0254365_22371851.jpg

そうです!エアーマンです。





e0254365_22381993.jpg

勿論、全車両対応とは、行きませんが、使える車両は、超ラッキー!

さて、駆け足で " パンク修理実践実録秘話「営業マンは、見た・・・・。」 " を
お届けしましたが、如何でしたでしょう!

「転ばぬ先の杖」と言うことわざもあるので
是非、皆さん旅のお供に備えてみれば・・・・。

ちなみにBMW純正パンク修理キットは、税込4,410円です。
興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
[PR]
by motorradkyoto | 2012-06-09 22:52 | 雑学コーナー | Comments(0)

イイの発見・・・・・。

本日より3日間 " BMW S1000RR DEBUT. " 要するに
ニューBMW S 1000RRデビュー・フェア開催!! なので~
お手元に届いたハガキをご持参下されば、先着で
「BMW Motorradオリジナルマグカップ]を プレゼントしちゃいます。
e0254365_218571.jpg

まだまだたっぷり有るとは、言えませんが早く来ていただければ、
マグカップをもって帰って頂けるかもョ・・・・。

戦士にも休息が必要と昨日、一昨日とお休みを頂きました。
おかげさまで元気モリモリ充電完了です。
しかし、何故か口の中に違和感・・・・・。なんと歯茎に口内炎ができてました。
なので「痛い・・・・。」朝を迎え若干テンション下がり気味スタートです・・・・・。
普通でさえ無口な僕なのに ますます無口度が上ってしまうかも・・・・・?
しかしながらそこは、自称営業マンのプロなので一切お客様に悟られず
ポーカーフェイス!・・・・・・!・・・・・・?・・・・・・。

それでは、口内炎の話しはこれくらいにしておきまして
僕的に気になるパーツを紹介したいと思います。
そもそも我々の扱う車両(BMW Motorrad)は、日本の標準体格では、
お世辞にも足付き性が良いとは、言えません。もちろん欧米諸国の
体格の大きい方は、これが普通なんでしょうけどね。

そこで純正パーツでは、無いのですがサイドスタンドを立てている
状態よりスムーズに車両を起こしやすいよう工夫した
パーツが、色々出ています。その中でも今まで比較的
装着されているのが目立ったパーツは、「ハイトブラケット」なる商品です。
もちろんメーカーによって呼び名は、色々ですが・・・・。
要するにサイドスタンドの上げ底です。

これによってバイクにまたがり起こすのが格段楽になったとされています。
でも中には、やはりバイクは起こせてもサイドスタンドに足が届かず
サイドスタンドを格納するのに苦戦されているユーザーも沢山おられます。

ハーレーなんかには、「ビヨ~ン!」と伸びたサイドスタンドをアシス
するパーツを時々目にしますが、BMW Motorradのバイクには、
非常に数が少なく常々シュッとした物を探していました。

そんな時に MOTO BEAK社製のサイドスタンドアシストフックと
出会いました。早速、商品を手配して中身の確認です・・・・・・。
e0254365_21543919.jpg

素材は、ステンレス304を採用されブラックカチオン処理が施されています。




e0254365_21574774.jpg

早速、展示中のR1200RTに装着しました。印象としては、イイです!
ちっちゃくて黒くて目立たなくて・・・。画像は、格納している状態ですが、
サイドスタンドを目で探す事無く簡単にかかとで探り当てられます・・・。
それに当然スタンドが、出しやすいです。




e0254365_22243.jpg

さらにサイドスタンドを出した状態では、この様にすっきりしています。
取り付けについても簡単です。マニュアルも図面付で解りやすいです。

<参考>
適合車種:R1200GS/R1200GS-A     価格(税込) 3,800円

適合車種:R1200R/R1200RT/R1200ST 価格(税込) 3,600円

現物を見たい方は、いつでもお気軽にご来店下さい。
[PR]
by motorradkyoto | 2012-02-10 22:20 | Goods Presentation | Comments(2)

さすがに昨日辺りから朝夕は、気温が下がり秋らしく時折肌寒さを感じます。
せっかくのツーリングシーズン風邪などひかず元気に走り回ってくださいね!
そういえば、秋→冬となる訳ですが、当然そうなると雪とか、凍結といった
ライダーにとってコンディションも悪くなるわけでそれでも心が折れず
「冬でもガンガン行くで~!」てなライダーは、バイクのメンテナンスを
しっかりやっておきましょうね。ちなみに地面に直接的関係のある
タイヤなんか皆さん大丈夫でしょうか?ちなみにBMWユーザーには、
あまり関係ないですが、「チューブタイヤの交換ってこんなに早くできるの?
じゃー僕もやってみよ!」とトライのきっかけになった映像がコレです。


どうです?けっこうその気にさせるでしょ!

   
[PR]
by motorradkyoto | 2011-11-08 15:45 | 雑学コーナー | Comments(2)