人気ブログランキング |

motorrad kyoto staff blog

mtrkyoto.exblog.jp
ブログトップ
2021年 04月 16日

コロナ渦のサクラ

こんにちはスタッフのMr.Mです。
コロナウィルス終息の目途は全く誰にも分かりません。
現在、各地域の緊急事態宣言は解除されていますが、
蔓延防止処置が主だった地域で発令され、
緊急事態宣言とは微妙に違うものの、コロナウィルス感染状況の
4段階に分別される「ステージ3」相当に
分別されます。詰まるところ、あらゆる場面での自粛が必要です。

コロナ渦のサクラ_e0254365_18085493.jpg
このような状況下ではありましたが観光地と桜の状況の視察に、
長野県伊那市の高遠城址公園に先日の定休日を利用して、
弊社の老害コンビ二人で行って参りました。





コロナ渦のサクラ_e0254365_18091064.jpg

名神高速草津PAに午前6時に集合し、休憩を挟んで中央道の
中津川 ICで下りました。
R19木曽路(中山道)を北上です。天気は上々で、外気温は
13℃と少し肌寒いですが快適そのものですね。





コロナ渦のサクラ_e0254365_18102685.jpg

R361に進路を変え、伊那を経由して高遠を目指します。
2006年に開通した権兵衛トンネルは、伊那・諏訪地域と木曽地域が
短時間で結ばれるようになりました。





コロナ渦のサクラ_e0254365_18112323.jpg

高遠城址公園に到着しましたが、平日にもかかわらず、さすがに
かなりの人出ですね。
城址公園の入り口では、コロナウィルス感染対策が施されていました。





コロナ渦のサクラ_e0254365_18122682.jpg

高遠城にも大いなる歴史が刻み込まれている事は言うまでも
ありませんが、明治5年(1872年)に廃城となったようです。





コロナ渦のサクラ_e0254365_18130844.jpg

満開のピークは過ぎていましたが、まだまだ持ち堪えている桜も
かなりありました。高遠の桜は心なしかピンクが濃いように感じます。
こちらの桜は1500本あると言われ、桜の日本三大名所の一つにも
数えられています。





コロナ渦のサクラ_e0254365_18160961.jpg

残雪の中央アルプス(木曽山脈)と、桜のコントラストも素晴らしい
ですね。





コロナ渦のサクラ_e0254365_18165118.jpg

桜をバックにしてのワンショットです。
沿線の桜も満開で、満足度のかなり高いツーリングとなりました。





コロナ渦のサクラ_e0254365_18172738.jpg

復路はR152を南下して、大鹿村から進路を西に変えて中央道の
松川 ICから高速に乗りました。
この日はR1250GSとR1200GS-Aの2台でのツーリングでしたが、
R152の山間部の少々荒れた道も、相応のペースで気兼ねなく
走れるGSは本当に感心させられます。高速道路も同様で、何ら
ストレスを感じる事はありません。恐らく今後もこのセグメントに於いて、
他のメーカーの追従を許す事はないでしょうね。









# by motorradkyoto | 2021-04-16 18:19 | 番外編 | Comments(0)
2021年 02月 27日

R1250GS-Aが好調です

こんにちはスタッフのMr.Mです。
2021年がスタートして既に2ケ月が経過しようとしています。
コロナ渦に於いて、お客様の来店誘致も殆どおこなっておりませんが、
昨年同様に自然体で臨んでおります。
そうは言うものの、お客様も相当ストレスが溜まっておられる模様で、
我々の店舗だけではなくバイクショップさんの多くは
かなりの賑わいを見せているようです。
業界に携わる者としては、大変喜ばしい事は言うまでもありません。




R1250GS-Aが好調です_e0254365_18082969.jpg

年明けにGS40周年記念モデルのR1250GSとR1250GS-Aが
入荷しましたが、早々に売約済みとなりました。40周年記念モデルは
今後の入荷予定はございません。





R1250GS-Aが好調です_e0254365_18093425.jpg

それならば、通称「トリプルブラック」のGS-Aも引き合いがあり売約済みと
なっています。





R1250GS-Aが好調です_e0254365_18101310.jpg

右がプレミアムライン、左がプレミアムスタンダードです。
ご覧の通り、車高は40mmの差異があります。2021年のモデルは
多岐にわたる仕様変更や追加装備が施され、かなりの注目度ですね。





R1250GS-Aが好調です_e0254365_18112686.jpg

HPのラリーカラーや、





R1250GS-Aが好調です_e0254365_18131881.jpg

アイスグレーも売約済みとなりました。
今年はR1250GS-Aが、R1250GS以上のセールスを記録するかも
知れません。品不足が発生する可能性が大いにありますね。





R1250GS-Aが好調です_e0254365_18141748.jpg

2月1日から先行予約キャンペーンがスタートした注目のM1000RR、
4月30日が申し込みの締め切りだったのですが、何と一週間足らずで
入荷予定台数分に達してしまい、キャンペーンは終了となりました。





R1250GS-Aが好調です_e0254365_18151358.jpg

年内に日本国内に入荷する台数は概ね100台と言われています。
僅差で予約出来なかったお客様は、来年までじっくり充電しておいて
下さいね。他メーカーへの浮気は厳禁です。





R1250GS-Aが好調です_e0254365_18160932.jpg

つい先日ですが、ラゲッジケース半額キャンペーンもスタート
致しました。





R1250GS-Aが好調です_e0254365_18165086.jpg

新車をご購入頂く方への特典ですが、かなり魅力的なキャンペーン
ですね。最近は20歳代のお客様も増加傾向にあり、若い世代に
オートバイの楽しさが浸透しつつあるように思えます。

なかなか厳しい時節ですが、BMWモトラッドの快進撃は益々
加速しそうな気配です。





# by motorradkyoto | 2021-02-27 18:18 | 新車情報 | Comments(0)
2021年 02月 01日

2021年を見据えて

こんにちはスタッフのMr.Mです。
2021年のご挨拶が大変遅くなりましたが、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
昨年は誰もが経験した事のない新型コロナウィルスの感染拡大により、
全世界の日常が大きく変化してしまいました。
この状況が一気に正常化するとも考え難い現状に於いて、
しっかりと今を見つめ直しあらゆる事に取り組んで行かねばなりません。
そして今年はこの逆境を乗り越えて、素晴らしい年回りにしたいものです。





2021年を見据えて_e0254365_16265601.jpg

今年は車両ラインナップのフルモデルチェンジまでは行かないものの、
大きく仕様変更が施された車両がどんどん投入されます。

先陣を切ってこの2台。R1250GSとR1250GS-Aです。
本来ならば昨年に発売されているべき?GS40周年記念モデルです。
新年早々に入荷致しました。





2021年を見据えて_e0254365_16283911.jpg

こちらのR1250GS-A40周年記念モデルは、インターナショナル
標準シート高のプレミアムラインで、価格は¥3,009,000となります。
(既に売約済みです)





2021年を見据えて_e0254365_16294085.jpg

こちらのR1250GSもアドベンチャー同様にプレミアムラインとなります。
この車両にはオプション719ビレットパーツが装着されており、
価格は¥3,018,000となります。(こちらも既に売約済みです)





2021年を見据えて_e0254365_16304049.jpg

今月2月にはR18の派生モデル、R18クラシックも登場しそうです。
HDのFLST(ヘリテイジソフテイル)とFLSTC(ヘリテイジソフテイル
クラシック)のような関係で、R18の後追いで発売となります。

その他、RnineTシリーズにも要注目です。




2021年を見据えて_e0254365_16324536.jpg

3月にはツアラーの王道を行くR1250RTが大きく仕様変更が
成されます。
個人的には非常に楽しみですね。





2021年を見据えて_e0254365_16343746.jpg

ヘッドライト廻りを筆頭に、時流に合った液晶TFTメーターも
採用される模様です。





2021年を見据えて_e0254365_16352498.jpg

スパースポーツのセグメントでは、いよいよ5月にMの名を冠した
M1000RRがデビューする気配ですね。すでにWebでも話題と
なっていますが、お値段の方も¥4,280,000のプライスタグが
付きましたね。(プレミアムライン・Mコンペティションパッケージ)
本日2月1日から先行予約キャンペーンもスタート致しました。

コロナ渦を吹き飛ばす勢いのBMWモトラッドですが、まだまだ
これだけでは終わらないようですよ。



2021年を見据えて_e0254365_16412818.jpg

HDにも注目のモデルが投入されます。
電動スポーツバイクLive Wire(ライブワイヤー)は是非試乗して
みたいですね。





2021年を見据えて_e0254365_16421288.jpg

もう一台は、アドベンチャーツーリングのセグメントに参入する
PAN AMERICA(パンアメリカ)です。
昨今さまざまのオートバイメーカーが打倒BMWのGS系に
挑戦して来ていますが、BMWの牙城が崩せるかどうか・・・、
このモデルは非常に興味があります。










# by motorradkyoto | 2021-02-01 16:43 | 新車情報 | Comments(0)
2020年 12月 28日

年末年始のお知らせと、認定中古車2台のご紹介

こんにちは,スタッフのMr.Mです。
2020年は本当に大変な年でしたね。
誰もが経験した事のない新型コロナウィルスの感染拡大により、
全世界の日常が大きく変化せざるを得ない大変な事態に直面する事になりました。
この状況が一気に正常化するとも考えにくい現状に於いて、
しっかりと今を見つめ直しあらゆる事に取り組んで行かねばなりません。
2020年のブログ記事は今回で最後となりますが、
皆様も本当に良い新年を迎えて頂きたいと思います。

弊社は今年創立50周年の節目であったのですが、
何も出来ず何もやらずで幕を閉じます。しかし2021年は、
この逆境を乗り越えて素晴らしい年回りにしたいものです。

年末年始のお知らせと、認定中古車2台のご紹介_e0254365_16030488.jpg

2020年から2021年の年末年始はご覧の通りとさせて頂きます。





年末年始のお知らせと、認定中古車2台のご紹介_e0254365_16125025.jpg

営業は1月3日よりスタート致します。サービスは1月7日からと
なります。3日・4日・5日は営業時間が短縮され、8日から
平常通りとなります。

さて2021年の年始早々から認定中古車の低金利施策がスタート致します。
ローン金利は0.99%(60回迄)で、さまざまご購入プランもございます。

年末年始のお知らせと、認定中古車2台のご紹介_e0254365_16135349.jpg

それでは大変魅力的な2台をご紹介したいと思います。
先ず1台目は今年かなりブレークして品不足が続いている
F900XR(プレミアムライン)のレーシングレッドです。





年末年始のお知らせと、認定中古車2台のご紹介_e0254365_16150011.jpg

試乗車ではございません。管理顧客様のワンオーナー下取り車の
2020年最新モデルです。




年末年始のお知らせと、認定中古車2台のご紹介_e0254365_16160118.jpg

走行も僅か1,948kmと少ないです。





年末年始のお知らせと、認定中古車2台のご紹介_e0254365_16183930.jpg

オプションのリヤキャリアーが付いています。
検査は2023年3月迄で、価格は車両本体消費税込みで
¥1,198,000となっております。






年末年始のお知らせと、認定中古車2台のご紹介_e0254365_16200735.jpg

2台目は2018年登録のR1200Rの最終モデルです。
こちらも試乗車ではございません。管理顧客様のワンオーナー
下取り車です。










年末年始のお知らせと、認定中古車2台のご紹介_e0254365_16215799.jpg

白と青のコントラストが如何にもBMWらしいカラーです。
純正のエンジンガード・ウインドシールド・LEDフォグライト、トップケースが
装備され、かなり充実した車両です。





年末年始のお知らせと、認定中古車2台のご紹介_e0254365_16234674.jpg

走行もわずか1,120kmで、ただ所有されていただけと言う佇まいです。





年末年始のお知らせと、認定中古車2台のご紹介_e0254365_16243292.jpg

シート表皮に汚れやキズがあるハズもなく、大変綺麗な状態です。
検査は2021年12月迄で、価格は車両本体消費税込みで
¥1,350,000となります。

皆様、本年も大変お世話になりました。
2021年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
モトラッド京都 スタッフ一同












# by motorradkyoto | 2020-12-28 16:30 | Used Motorcycle | Comments(0)
2020年 11月 20日

BMW未来に向けて

こんにちは。スタッフのMr.Mです。
11月も半ばを過ぎ、いよいよ慌ただしくなって参りました。
今年はご存じの通り、新型コロナウィルス(COVID19)の影響を受け、
日本経済は大変な不況に陥り大変厳しい状況に直面しております。
この状態は今後も引き続き、
我々の業界にも更なる負担がかかる事は間違いありませんが、
もうひと踏ん張りしてこの1年を乗り越えたいと思っております。





BMW未来に向けて_e0254365_15572187.jpg

先日、BMW-AGからBMWの業務に携わる我々向けに、
「NXET GEN グローバル・マーケット・サミット2020」が配信されました。
要約すると、未来へのレビューであり、デジタル化への方向転換を
宣言するものでした。





BMW未来に向けて_e0254365_16013235.jpg

その中で非常に興味深かったのが「Definition CE04」です。
都会での毎日の乗り物としてユーザーのニーズを満たすための
コンセプトモデルです。





BMW未来に向けて_e0254365_16023375.jpg

デザインは、新しい都市の美学とスタイルの進化を体現したもので、
電動パワートレインシステムにより、従来のスクーターのスタイリングと
一線を画すデザインが可能になったという事です。





BMW未来に向けて_e0254365_16032831.jpg

スリムなバッテリーと後輪部分のコンパクトなドライブユニットが特長で、
ドライブユニット、冷却リブ、スイングアーム、スプリングストラットなどが
見える設計となっています。





BMW未来に向けて_e0254365_16045888.jpg

ヘルメットや小物等は、右側面からの出し入れが可能で、
BMWならではの設計思想が生かされていますね。





BMW未来に向けて_e0254365_16083401.jpg

10.25インチディスプレイを採用したメーターは、当然スマートフォンとの
連動が可能となっています。
但し、1日の走行距離12kmを目安とし都市部での通勤、
オフィスから近場への移動、近隣への買い物など、便利で身近な
モビリティとして開発されている事もあり、今後の市販に向けての
動向にも注目したいですね。





BMW未来に向けて_e0254365_16113481.jpg

私が密かに狙っているご存じC-evolution。今後一気に開花するかも
しれませんね。





BMW未来に向けて_e0254365_16125179.jpg

もう一台はBMWがこれまで「Vision iNEXT」と呼んでいたコンセプトカーの
EVを、「iX」として市場に展開して行くと発表した事です。発売は来年の
年末からを予定しているようですが、iXは従来のハイブリット車とは
違い、最初からEVにする為に専用設計されているのです。





BMW未来に向けて_e0254365_16144288.jpg

フロンのキドニーグリルがどんどん大型化されて来ましたが、
ここにはさまざまなセンサーがビルトインされているようです。
ルームミラーにこのフロントグリルが迫って来れば、道を譲らざるを
得ないでしょうね。かなり怖いですね。





BMW未来に向けて_e0254365_16162062.jpg

運転席の計器類ももはやパーソナルコンピューターですね。
通信も5G対応で、自動運転や駐車機能の向上を実現したとしています。





BMW未来に向けて_e0254365_16175742.jpg

BMWグループは常に自らを再発見する為の努力をしているのです。
CO2排出規制の荒波が押し寄せているヨーロッパでは、自動車メーカー
としては真剣に電動化に取り組まなければならないと言った、
切羽詰まった危機感があるようです。





BMW未来に向けて_e0254365_16192160.jpg

今回イギリス政府は、2030年までにガソリン車とディーゼル車の
新車販売を禁止するとの発表がありました。さらにガソリンと電気を
併用するハイブリット車も、2035年までに販売を禁止にするとの事。
ガソリン車の販売禁止政策は、アメリカやカナダでも相次でおり、
EV化が世界的に急加速して行く事は間違いありません。
10年後の自動車業界、そしてオートバイ業界に注目して共に歩んで
行きたいと思います。






# by motorradkyoto | 2020-11-20 16:21 | 雑学コーナー | Comments(0)