motorrad kyoto staff blog

mtrkyoto.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 31日

「サービス工場」 日々の作業風景 Vol4


e0254365_16594719.jpg
e0254365_17000316.jpg


こんにちはスタッフのMr.Mです。
いきなりですが限定商品のご紹介です。
イギリスのスーパーバイクチャンピオンシップで活躍している
Tyco BMWモトラッド・レーシングチームのウエアーが限定販売される事になりました。
ジャケット・フリース・ポロシャツ・Tシャツの4アイテムの中から、
ジャケットとフリースをいち早くM村店長が仕入れました。
入荷数は多い物で75着で少ない物は18着しかBMWに入荷していません。

某ディーラーの買占め?等もあり、
ゲット出来たのはジャケットのXSサイズとSサイズ、
フリースのXSサイズとSサイズを各5着です。
「えらい小さいやん」と言うなかれ。
サイズはイギリスサイズで、
日本サイズで換算するならXSがS~M、SがM~Lに相当する大きさです。

172cm前後の方ならXSで、177cm前後の方ならSで十分対応可能と思われます。
気になるお値段ですが2017年のモデルでもあり、
ジャケットが¥10,800(税込み)でフリースが¥7,560(税込み)となっております。
限定モノに弱い私は直ぐに購入しようと思いましたが、
「あんたには売らん。お客様最優先。」と一喝。トホホホ・・・。
でもこれはイイ。質感も良く価格も超魅力的です。
この記事をご覧になられた方、直ぐにご来店の上試着してみて下さい。


さて今日はしばらく大変な状況が続いていた当店アフターサービス工場ですが、
少しばかりパワーアップの兆しが見えて来ましたので、
その様子をレポートしたいと思います。


e0254365_17142308.jpg

昨今我々の業界と言うか、自動車関連業界のサービスメカニック不足が
非常に顕著になっております。どちらの店舗でも一人でも多くの人員を
確保するのに苦労している状況ですが、その一人が一人前の
BMWサービスメカニックに育つには概ね10年を要する厳しい業界でも
ある訳です。
そのような状況の中BMWモトラッド・マイスター(BMWモトラッド
サービスメカニックの最高位)2人が、上がりの職場として当店に
加入してくれました。当店生え抜きのH本マイスターと共に、何と
3人のマイスターの豪華布陣となった訳ですが、日本全国を探して
見ても3人のマイスターを有している店舗は他にございません。





e0254365_17181046.jpg

まずはT中マイスター。
縁あって、兵庫県のBMWモトラッドディーラーさん
より移籍してもらいました。BMWの専門誌での
執筆でもお馴染みですが、この道約40年の超ベテランメカニックです。
こちらはR1100RSのブレーキラインの修理です。ここ最近整備する
R1100系の多くは、ブレーキホースが劣化して全交換を余儀なく
される車両が増えています。





e0254365_17195901.jpg

28年前のK100LTのハンドルユニットの交換作業ですが、若い
メカニックには未知の車両となってしまいました。





e0254365_17221358.jpg

初期型R1200RTの車検整備ですが、作業のスピードが違います。





e0254365_17240476.jpg

続いてI田マイスターですが、ここしばらくはBMW-Jからの依頼で
新店舗メカニックの技術指導をする事が主な業務だったのですが、
私もI田マイスターに相談する事が本当に多く、どうこうしている内に
「俺が手伝い行ったるわ~。」の一言で、当店で業務を行ってもらう
事になりました。I田マイスターはこの道40年以上で、更に全ての
BMWモトラッドメカニックの重鎮でもあり、さまざまなシステムに精通
しているところが頼りになります。
こちらはモノサスR100RSのブレーキホースの交換作業です。29年前の
車両になります。





e0254365_17301896.jpg

R1100Sの燃料ポンプの交換です。しばらく放置された車両は、ガソリンが
腐食してポンプをダメにしてしまう事がしばしばです。





e0254365_17330425.jpg

水冷R1200Rの定期点検もスムーズにこなしています。BMWの場合
各車両毎に、走行距離に応じたメンテナンススケジュールが組まれています。





e0254365_17360488.jpg

最後にH本マイスターですが、当店在籍32年にしてBMWモトラッド
マイスターの栄えある第一期生です。作業は基本に忠実で、とにかく
お客様に安心をプラスした良い作業を施す事を身上とするメカニックです。

こちらは水冷R1200GSの中古車整備とリコール作業です。’13年から
発売が開始された水冷R1200GSですが、当店でも一番入庫台数の
多い車両になりました。




e0254365_17390576.jpg


HP2エンデューロの転倒修理作業です。フロントフォーク回りは
特に慎重な診断が要求されます。





e0254365_17455632.jpg

最近の車両は専用テスターが不可欠で、PCと向き合う時間も
増えています。





e0254365_17483162.jpg

作業内容の打ち合わせと確認は常時行われます。
初期診断が重要になる事は言うまでもありません。





e0254365_17442074.jpg



整備作業のアプローチは各人異なりますが、フィニッシュは
同じところに納まります。





e0254365_17495543.jpg

完成車両の試乗は絶対に怠っては行けません。

当店では毎回お話ししている通り、サービス関連の宣伝活動は一切行なっておりませんが、
お客様の多くはアフターサービスを重視されています。
的確な診断・的確な作業・的確な工賃のバランスがとれていればお客様の満足度は向上します。
その点当店の3人のマイスターはバランスの良い作業を施してくれます。
マイスターになる為の厳しい過程をクリアーして来た賜物でもあり、
メンテナンス台数は計り知れません。

しかし仕事の出来るスタッフが加入したからと言って、
その店舗が上手く稼動して行く保証は何処にもありません。
むしろ悪くなるケースが多く、さまざまなしがらみや妬みが渦巻き、
今まで頑張って来たスタッフが退いて行く店舗を私は今までに数多く見て参りました。
在籍しているスタッフと、仕事の出来る新しいスタッフとの人間関係は勿論、
どのような方向に進んで行くかの判断を下すのが本当に難しい事になります。

手厳しい話ですが今回加入して頂いた2人のマイスターは、
他店ではなく当店でないと活躍してもらう事が出来ないと思っています。
それは明確でBMWの業務のベテラン勢が現役で残っている事で、
互いにリスペクト出来る関係が過去から現在まで継続されているからです。
これが確立されれば、後は良い流れで新しいサービススタッフを迎え入れる事が出来ます。
今からBMWモトラッドのサービス業務を志たい方、
他メーカーのサービスメカニックに従事していたがBMWモトラッドのサービス業務に転身したい方、
以前にBMWモトラッドのサービス業務に従事していたがもう一度返り咲きたい方、
そう言った方を広く募集しています。

今なら一人前になるのに10年を要する処が5年で素晴らしいメカニックになれるかもしれませんよ。
当店3人のマイスターは、旧タイプ以降(’68年以降)の車両から現行車両まで、
メンテナンスを施した事のない車両はないと言っても過言ではなく、
あらゆる世代のBMWモトラッドに対応出来ます。
その最高の技術を見て、盗んで、そして教えてもらえる絶好のチャンスです。
当店も今後は、且ってのようなサービススタッフが充実した「いぶし銀」のような
店舗を目指せれば良いかと思っていますし、
私がもう何年も前から提言している(Vol3の記事でもお伝えしました)メーカー主導型の
BMWモトラッドSF(サービスファクトリー)の構築が実現する事を願うばかりです。




e0254365_17592736.jpg

それにしても当店もよくこれだけ老練が揃いましたね。
旬を終えたスタッフばかりで遊びの提案も少なくなってしまいました。
I田マイスターと私はすでに老人会ですが、まだまだ引退する訳には行きません。
苦しい時期に当店を支えて下さったお客様と共にあと10年は頑張らないとね。
M村店長の舵取りも絶妙で誰も逆らう者もなく、
しばらくこの体制を維持出来そうです。

もう一人、2年前から週に3回午前中のみ営業のサポートをしてくれているCI嬢ですが、
もう少し稼動時間が増えそうです。
運のイイ方は接客を受けて頂いたかと思いますが、とてもチャーミングな大人の女史です。
それはと言うと、最近M村店長と私が交代で運輸支局に持込み検査に出向く事が多く、
ご来店頂く方の対応が手薄になっているからです。
オッサン連中の接客よりCI嬢の接客を受けた方が気持ちがイイに違いなでしょうからね。
















[PR]

# by motorradkyoto | 2018-08-31 18:03 | 番外編 | Comments(0)
2018年 08月 12日

夏期休業のお知らせ

こんにちは。スタッフのMr.Mです。
誠に勝手ながら明日8月13日より8月16日迄夏期休業とさせて頂きます。
8月17日からは通常営業致します。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い申し上げます。





e0254365_19553933.jpg


夏期休業に入るまでに、現在始まっているBMWモトラッドのキャンペーンを
再度ご紹介したいと思います。
新車が対象となりますが、0.95%(60回迄)ローンです。
G310シリーズとHP4RACEは対象外です。
「クレジットを利用しない場合はどうなるねん」のご意見にお応えする為に、
ボクサーシリーズ限定で・・・、更に8月限定で・・・、イイ事がございます。
大きな声では言えないので、ご商談の折にお話させて頂きます。





e0254365_19592509.jpg

R1200RTのオプション719、ブループラネットも入荷致しました。
モトラッド京都店の半期決算期と合致して、お買い上げの方には・・・。





e0254365_20034408.jpg

こちらのフル装備大型トップケースをプレゼントさせて頂きます。
8月限定の大判振る舞いです。お急ぎ下さい。





e0254365_20044160.jpg

さらに時間のないキャンペーンがこちらです。認定中古車
全モデルに適用されます。8月末まで1.95%の低金利ローンが
ご利用頂けます。





e0254365_20055067.jpg

最近入荷したR1200GS-Aです。





e0254365_20082160.jpg

「BMW Motorrad Days」も参加申込み受付中です。









[PR]

# by motorradkyoto | 2018-08-12 20:09 | お知らせ | Comments(0)
2018年 07月 31日

珍しい訪問者 クルマ編9 BMW M535iA

こんにちは。スタッフのMr.Mです。
地震や大雨の後は厳しい猛暑の連続で、京都市内も37℃オーバーの
猛暑日が連日続いています。
ここ一週間近くはにわか雨も全く降らない状況で、
あまりの暑さに夏の代名詞と言えるセミの鳴き声もなく、
蚊さえも飛んでいません。
私も最近は運輸支局に足を運ぶ事が多くなり、結構動き回っていますが連日汗びっしょりです。
動かぬ初老ではなく、動く初老を目指し業務に取り組んでおります。
皆さんも猛暑の中、お身体最優先でこの夏を乗り切って下さい。




e0254365_18083515.jpg

さて今日は約1年半振りとなる「珍しい訪問者クルマ編」をお届け
したいと思います。要はこの1年半の間に、私の目にかなうBMWの
四輪でのご来店がなかった事になります。そんな猛暑の中、
BMW-Jの四輪部門に所属され私と個人的に車関連で親交のある
HーIさんが、なかなか渋い車で来店されました。どんな車かと申しますと、
'81年~’88年まで販売された二代目5シリーズ(E28)で、M5を除く
シリーズトップモデルのM535です。8月から封切られるトム・クルーズ主演の
「ミッションインポッシブル/フォールアウト」にもこのシリーズの緑色の車が
登場するので要ご注目下さい。





e0254365_18113071.jpg

私はE28が、BMWの四輪の中では最も好きな車で、M535は過去に
2台、足掛け20年に亘り乗り続けていただけに非常に親近感が湧きます。
ボディーサイズは5ナンバー枠に収まる大きさですが、このM535は
オプションのMテクニックエアロパーツ付きで僅かなオーバーフェンダーの
影響もあり幅が1710mmになります。サイズは4620mmX1710mmX1395mmで、
箱型のボディーは見切りが良く大変扱い易い大きさとなっています。
排気量の小さい518や520は5ナンバーになります。





e0254365_18133976.jpg

 '60年代~’70年代にかけてBMWの定番マスクであった逆スラントの
シャークフェイス最後のモデルで、クラシカルな雰囲気を存分に味わえます。





e0254365_18144769.jpg

ヘッドライトはヨーロッパ仕様の通称「デカ目」(外側のライトが大きい)で、
日本仕様は保安基準の関係で内側のライトと同形の小型となります。
Mのエンブレムは前後標準装備で、Mスポーツモデルと言った方が
判り易いかも知れません。





e0254365_18161326.jpg

マフラーはやや右寄りのセンター出しで、当時のBMWの上級モデルの
一つのステイタスなパートでもあったように思います。





e0254365_18165987.jpg

ホイルは一見BBSに見えますが、こちらは三代目5シリーズ(E34)に
純正採用されたFPS製の15インチに換装されています。
標準はミシュランが当時世界標準規格を目論んだTRXで、サイズは
220/60/VR390でTRX専用ホイルにしてM535専用ホイルと
なります。現代に於いてミシュランTRXの存在を知る人は、車道楽を
相当楽しんで来られた方だけになってしまいました。
サスペンションは同型のM5同様ビルシュタインのガスプレッシャー式で、
ロッキングファクター40%のかなり強力なLSDも標準です。ワイディングも
かなり楽しめます。





e0254365_18192815.jpg

ハンドルはこの時代のスポーティーモデルに装着された皮巻き3本スポークで、
ミッションはZF製の4ATとなります。





e0254365_18201662.jpg

エンジンはビッグシックスと呼ばれるM30の3,500ccで、なんの変哲もない
OHCエンジンですが本当にレッドゾーンまで綺麗に回ります。
このM30系の6気筒エンジンを総称して「シルキーシックス」と呼ばれるようになりました。
燃料供給はボッシュのLジェトロニックDMEで、日本仕様で185psと29.5kgmを得ています。





e0254365_18214866.jpg

H-IさんのM535は外装は相応に綺麗ですが内装が特に綺麗で、
Mテクのスポーツシートもヘタリは感じられません。インパネも同様で
ダッシュボードもヒビワレの前兆さえもない気持ち良さです。
この車は’86年式との事ですので32年前の車と言う事になります。





e0254365_18230245.jpg

リヤシートも使用感がなく、Mバッジの日焼けも有りませんでした。





e0254365_18233246.jpg

4灯式ヘッドライトは在りし日のBMWそのもので、落ち着きと風格を感じます。
M535、機会があればもう一度所有したいBMWの中のBMWです。

H-Iさんはもう一台ポラリスシルバーのM535もお持ちで、さらにE30のM3も
所有される正にイイ意味での変人です。バイクや車に限らず、趣味を
追求するには金銭的な事は勿論、周りの方の(特にご家族の)理解が
必要不可欠です。最近は変人がめっぽう少なくなり悲しい限りですが、
H-Iさんの変人指数には最敬礼です。私も変人を目指していた頃は
この辺りの年代の車が4台有り、保管場所と税金、保険にもがき苦しみました。
後ろ指を指されつつ・・・、バカと呼ばれても・・・、変人万歳???。





e0254365_18244207.jpg

H-Iさんは抜かりなく、車の営業活動もされて帰られました。
前述の「ミッションインポッシブル/フォールアウト」とコラボして、
5シリーズの特別限定モデルも発売されているようです。
523iのセダンが¥7,950,000(税込み)で、ツーリングが¥8,280,000(税込み)
です。H-Iさんに相談すればかなり有利な条件で購入出来るかも・・・です。
ウ~ン。でもなかなか高額ですね。





e0254365_18285059.jpg

二輪とのコラボはございませんが、今回トム・クルーズが駆るのが
RnineTスクランブラーです。年末にかけて大ヒットの予感がします。
こちら入荷したばかりのクロススポーク仕様で、¥1,887,000(税込み)と
なります。これに乗れば貴方も直ぐに「トム・クルーズ」になった気分に浸れます。






[PR]

# by motorradkyoto | 2018-07-31 18:30 | マニアのお部屋 | Comments(0)
2018年 07月 21日

「うどん・ラーメンラリー」レポート/東北紀行

こんにちは、スタッフのMr.Mです。
西日本各地に大きな被害をもたらした豪雨により、お亡くなりになられた方々に
お悔やみを申し上げますと共に、被災された方々に謹んでお見舞い申し上げます。
私共の店舗周辺やスタッフの自宅等は運良く被害を免れましたが、
今回は河川の決壊は覚悟しておかないといけない位の長時間に及ぶ豪雨で、
台風を除く大雨が4日間に及んだ事は私の記憶にはありません。
6月の大阪北部地震の時も同様ですが、自然の力には我々人間は全く無力で歯が立ちません。


さて今日の本題に入ります。
今年の当店お客様参加型ラリー「うどん・ラーメンラリー」の全国制覇を目指し、
私、今年も東北へ足を運んで参りました。
昨年の「岬と湖のラリー」での東北遠征では2泊3日で2,850kmを走破し
かなりハードな行程でしたが、今年は同様の2泊3日で2,250kmと昨年より600kmも少ない余裕?の行程で、
うどん・ラーメン店を5店舗食して参りました。
今年のラリーでまだ東北に足を運んでおられない方も相応におられるようですので、
どうぞご参考にして頂ければ幸いです。以下そのレポートです。


e0254365_16165845.jpg

店舗の定休日にプラスして、6月某日の午前3時50分に京都南ICに入り、一路新潟を目指します。
6月は日中の時間が長く、午前4時30分頃から明るくなって来ますね。
毎回同じ事を言ってますが、ロングツーリングは6月に限ります。





e0254365_16294175.jpg

北陸自動車道をひたすら走り、新潟中央ICで降りました。
整備された新潟市内を少し走ると・・・・、





e0254365_16323902.jpg

今回最初の目的地、「角中うどん店」さんに到着です。お客様
情報により、本来は「越後うどん虎や総本舗」さん指定でしたが、
諸般の事情で急遽こちらに変更させて頂きました。





e0254365_16344434.jpg

メニューの中から選んだのが「角中ご馳走うどん」で、豚天と半熟玉子、
そしてネギ入りで、醤油仕立ての出汁はあっさり系で美味しかったですね。
麺は生めん風味でイケてました。店に入ったのが11時15分でしたが、
お昼近くにはどんどんお客さんが入って来られ、押し出された感じに
なってしまいました。





e0254365_16383753.jpg

場所はこちらになります。最短で行くのなら新潟東スマートICを
利用されると良いかと思います。





e0254365_16400041.jpg

日本海東北自動車道とR7を北上しすると、彼方に鳥海山が
臨めます。





e0254365_16410636.jpg

と言う訳で、鳥海ブルーラインも走り頂上の鉾立展望台で小休止
致しました。ワインディングの気持ち良さプラス、180度に広がる
日本海を眼下に見下ろせるのが、この道路の最大の魅力ですね。





e0254365_16433296.jpg

宿泊場所に明るい内に到着出来るのは久しぶりです。この日は
秋田県由利本庄市の「ホテルアイリス」さんでお世話になりました。
本日の走行816kmでした。





e0254365_16442651.jpg

二日目は午前6時30分行動開始です。天気は申し分ありません。





e0254365_16451513.jpg

2年前にも立ち寄った田沢湖です。





e0254365_19012109.jpg


こう天気が良いと予定を少し変更してR341を北上し、
八幡平アスピーテラインに入りました。過去2回は曇りだったり濃霧だったりで、
2年前も横をかすめたのですが時間の関係でスルー致しました。
大深沢展望台です。





e0254365_16484492.jpg

見返り峠の山頂レストハウス駐車場から、岩手山を臨みます。
道草をして良かったですよ。





e0254365_16454527.jpg

ワインディングを楽しませてもらった後は松尾八幡平ICから東北道に入り、
水沢ICまで南下致しました。





e0254365_16521073.jpg

今回2番目の目的地「銀蝶」さんに到着したのがお昼の12時過ぎ
でした。駐車場はどうやら店の左側のようでしたが、先ずは店舗前で撮影です。





e0254365_17010911.jpg

昭和を感じる店構えがヤケに落ち着きます。10人も入れば満席となりますが、
時間も時間でほぼ満員でした。こちらもゆっくり食べている余裕もなく、
中華そばの並を注文しそさくさとたいらげました。醤油ベースのあっさり味で、
クセのない美味しいラーメンでした。





e0254365_17022361.jpg

場所はこちらです。JR水沢駅にも近く、なかなか繁盛しているようですね。





e0254365_17044488.jpg

岩手県と秋田県を結ぶR397を西進し(このルートは初めて走りましたが
快適そのものでした)、3番目の目的地「佐藤養助総本店」に到着したのが
午後2時15分でした。うどん工場併設の大変立派な店舗で、
稲庭うどんの凄みを感じます。





e0254365_17030187.jpg

頂いたのは二味せいろで、メニューも多くなかなか悩みました。
うどんも輝いており、ツヤツヤのコシコシと言ったお味でした。
観光バスも2台~3台は入れる駐車場もあり、どなたと行っても
満足されるであろう貫禄の繁盛店でしたね。





e0254365_17071374.jpg

場所はこちらになります。





e0254365_17075757.jpg

その後はR13と東北中央自動車道の無料区間を利用し、
どんどん南下致しました。





e0254365_17084089.jpg

この日は山形県米沢市の「ホテルアルファーワン米沢」さんに
お世話になりました。この日も明るい内に到着しました。
本日の走行570kmでした。





e0254365_17095630.jpg

三日目最終日も午前6時30分の出発です。この日は終日雨の予報です。
R121を南下し、40分程で4番目の目的地「まこと食堂」さんに到着致しました。
福島県喜多方市の喜多方ラーメンは全国に知れ渡っており、至る所に
ラーメン店が軒を構えています。私的に外せないのが「まこと食堂」さんで、
午前7時30分の開店1番乗りを目指しましたが、最近は午前7時頃から
営業を開始しているとの事でした。





e0254365_17114164.jpg

一番オーソドックスな中華そばを注文致しました。醤油ベースの美味しい
ラーメンで、喜多方独特の太めのちじれ麺です。少々脂っ濃いのが特徴です。





e0254365_18201470.jpg


場所はこちらです。私は過去に3回お邪魔してますが、家内と一緒に初めて来た時は
1時間半も並びました。土曜・日曜・祝祭日は要注意です。





e0254365_17130574.jpg

雨も本降りとなって来たので高速道路メインでの移動に切り替えました。
会津若松ICから磐越道に入り、郡山JCTから東北道に入りました。
鹿沼ICを下りてほんの数キロ走ると、今回最後(5番目)の目的地である
「うどん茶屋いちょう庵」さんに午前11時30分頃に到着致しました。





e0254365_17142972.jpg
レインウエアーを脱ぐのも大変で、お店の方にもご迷惑をお掛け致しました。
選んだメニューは釜揚げうどんセットで、食後のデザート付きでした。
うどんは細目ですがコシも十分でなかなかの食感でした。麺1本1本がかなり
長く、少々食べ難い一面もありました。





e0254365_17154856.jpg

場所はこちらです。一見民家風で、なかなか落ち着けましたね。





e0254365_17162139.jpg

今回全てのミッションを遂行し帰路に着く訳ですが、さあどのルートで
帰ろうかになりました。東北道の鹿沼ICでのワンショット・・・。大雨です。





e0254365_17170555.jpg

携帯の雨雲レーダーを信じ、東北道~圏央道~東名~新東名ルートは
やたらと雨雲が多く避けました。雲の流れを予想し少々遠回りにはなりますが、
北関東道~関越道~上信越道~長野道~中央道に決めました。長野道の
姨捨SAです。雨は止んでいます。





e0254365_17193126.jpg

東方面から帰郷する際に、必ず最後の休憩場所にしている名神高速草津PAに
辿り着いたのが午後7時過ぎでした。まだほんのりと明るいですね。本日の走行866kmで、
三日間のトータル2,252kmでした。身体の疲れもユル~イ感じで、RTならまだまだ余力があります。
何度も申し上げておりますが、高速道路をメインとした長距離ツーリングはRTに限ります。
RTの真の実力は、軽く試乗しただけでは判りません。RTを真剣にご検討されている貴方・・・・・、
一日試乗も受付ておりますので是非お試し下さい。

ラリーにエントリーされている皆様、さあ、東北へ行きましょう。





[PR]

# by motorradkyoto | 2018-07-21 17:21 | Event&Campaign | Comments(0)
2018年 07月 08日

認定中古車/2台のご紹介


前回のブログでご紹介した低金利キャンペーンがスタートして
一週間が経過致しました。ご承知の通り、新車は0.95%、
そして認定中古車には1.95%の低金利ローンプログラムがご利用頂けます。
厳密にお話すると支払い回数60回迄が1.95%で、
61回~上限の84回迄は0.2%アップの2.15%となります。
どちらにしても相当魅力的なローンプログラムで、
夏のボーナスシーズンに合わせ新車は予算的に
厳しいけれど中古車なら予算内で収まるであろう?・・・。
2台の厳選認定中古車を今回はご紹介したいと思います。


e0254365_20241243.jpg

先ず1台目は、2015年4月登録のR1200GSです。
車体色はブラックストームメタリックで、当店管理ユーザー様の
お乗換えによるワンオーナー下取り車両となります。





e0254365_20261816.jpg

走行距離は3年で5,167kmで、平均すると年間約1,700km程しか
走っておられませんね。機外共に綺麗な状態で、何故こんなに
良いバイクをこれ位の走行距離で手放されるのか・・・・。本音を
言ってしまうと、我々の商売も上がったれですけどね。




e0254365_20274518.jpg

ETCはRシート下に装着済みです。





e0254365_20285841.jpg

BMWナビゲーション5も装着済みです。私も数年前までは「俺の
頭の中がナビなのさ」なんて事を言っていましたが、使い出すと
ハマリます。ナビゲーションの装着率も年々上昇しており、現行モデルの
ナビゲーション6はバックオーダーを抱えています。





e0254365_20305178.jpg

純正トップケースも装着済みで、2泊3日位のツーリングであれば
十二分に活躍してくれます。車両本体価格は1,789,000円で
検査整備費用別途の、車検2年付き販売となります。認定中古車
保証は、走行距離無制限の1年保証付きとなります。

e0254365_20341820.jpg


2台目は2017年10月登録のRnineTアーバンGSです。車体色は
デカール入りのライトホワイトで、R80G/Sのイメージを現代に継承しています。





e0254365_20350616.jpg

走行距離は何と77kmで、一見店舗の試乗車と間違われそうですが、
紛れもない当店管理ユーザー様のお乗換えによる下取り車です。
初代GSをイメージされご購入頂いたのですが、シート高とハンドル位置の
違和感を訴えられ、足付き性に優れた水冷R1200Rにお乗換え頂きました。





e0254365_20363542.jpg

足回りも新車そのもので凛としております。





e0254365_20370281.jpg


汚れの目立つオレンジシートもまっさらですね。
フルノーマルでオプションも一切装着されていませんが、ある意味
新鮮でこれが大事なのかも知れませんね。





e0254365_20381527.jpg

標準装備のビキニカウルがアクセントになっています。車両本体価格は
1,598,000円で、検査は2020年10月まで残っています。
走行距離無制限の認定中古車2年保証付き販売となります。


さあモジモジしている貴方、今すぐお電話下さい。奥様を筆頭に、
お家の方への言い訳はバイクのオプション以上に各種取り揃えております。











[PR]

# by motorradkyoto | 2018-07-08 20:40 | 特選中古車情報! | Comments(0)