人気ブログランキング |

motorrad kyoto staff blog

mtrkyoto.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 26日

BMW純正ヘルメットの歴史4

11月最後の週末です。来週は、いよいよ12月です!
世の中は、少しずつクリスマスムードに包まれてまいりました。
当店も負けずにクリスマスムードいっぱいでお客様をお迎えする準備が、
出来ております。もちろん今日からのファイナルセール
開催スタートいたしました。「このタイミングを待ってたんだよね~。」と
思われるお客様もおられる事とでしょう。そのお気持ちをそのまま
我々スタッフにお伝え頂ければどうでしょう?きっと良いお話が出来ると
思います。そしてBMWに乗って頂き駆け抜ける歓びを是非、体感してください。

はい、本日の宣伝は、ここまでにいたしまして一回お休みさせて頂いていた
BMW純正ヘルメットの歴史4をご紹介して行くことにしましょう。
それではヘルメット雑学Part4のはじまり、はじまり~。

今日紹介するヘルメットは、 ” システム3 ” です。
平成2年頃発売のシステム3ヘルメットは、スタッフM氏が最もおきに入りで、
最も長い期間被ったヘルメットだったそうです。
限定モノには、弱い方も多いと思いますが、特に弱いスタッフM氏が
買ったのがこの ” システム3ヘルメットMラインモデル ” です!
当時価格が悩みどころの70,000円だったとかどうだか見たいな感じで・・・・?
いずれにしても八百屋で大根・・・てな感じには、行かない価格ですね。
それでは、” システム3ヘルメットMラインモデル ” をご覧になって下さい。
e0254365_1837745.jpg

どうでしょ?とても近未来的でカッコイイですね~僕は、始めて見た時
「え~とスターウォーズの悪者の兵隊にこんなのいたんじゃなかったけ・・・。」
が、第一印象でした。アッ思い出した!ストームトルーパー部隊や!
すみません少し話が横にそれてしまいました。本題に車線変更しまして
レギュラーカラーは55,000円で、更に帽体素材に、当時世界最高の
強度を誇った " ダイマーニ ” を使用したエクスクルーシブ(85,000円)も
限定発売されていたそうです。システム3には前期モデルと後期モデル
そしてエボリューションがあり、限定モデルは前期のみだとか・・・。
e0254365_18493835.jpg

システム2にあった、ディンプル加工は廃止されましたが、
控えめなスポイラー加工が施され、風の抵抗を抑えていたようです。
製造はやはり前モデル同様シューベルト社製です。
e0254365_18521325.jpg

内装は、スタッフM氏が長期に亘り使用したことを感じさせてくれますね。
恐らく内張りが経年劣化で剥がれそれを貼り付けていた接着剤の後が、
結構ヤバイですね。決して◎◎◎では、無いと思います。
後で本人に確認することにしましょう・・・・。
e0254365_18591650.jpg

ヘルヘット自体の形・重さ・帽体の大きさと、非常にバランスの取れた
ものでした。オプションで、ヘルメットデカールも有り、カラーも
トータルで10色位あったと当時の記憶をたどって頂きました。
さらにスタッフM氏は、こう言う事も言っておりました。
「ヘルメットの再生が可能であれば、もう一度被りたい・・・。」
それほど思い入れが強くまたそう思わせるBMWライダーエクイップメントは、
本当に素晴らしいとあらためて思う今日この頃です。

by motorradkyoto | 2011-11-26 19:14 | マニアのお部屋 | Comments(0)


<< 極上品薄車両K1600GTL中...      BMW的リュックサック・・・・。 >>