人気ブログランキング |

motorrad kyoto staff blog

mtrkyoto.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 12日

BMW純正ヘルメットの歴史FINAL

今日はBMWヘルメットシステム6にコミュニケーションシステム
を取り付けていました。「そうだ!コレは、写真にとって 
作業工程の解説をこんなんですよ~・・・。凄いでしょ~・・・。」て
ブログに載せてみんなに感心してもらう作戦だったのですが、
作業に夢中になり取り付け部品の写真を撮っただけで
気が付いたら完成させていました。
コレでは、掲載できないけど一応せっかく撮ったんだから
始める前の写真だけ掲載しておきます。
e0254365_18384849.jpg

それともう一枚・・・・。
e0254365_18393127.jpg

どうです?「これからやるぞ!」一応気合は、入っているでしょ。
そんな訳で次回またチャンスが、あれば紹介したいと思います。


さて、今回は、BMW純正ヘルメットの歴史の最終回を
お贈りする事にしましょう!
それにしても早いもので、回を重ねること今回でなんと8回目です。
そんなこんなでいよいよ「ヘルメット雑学FINAL」のはじまり、はじまり~♪

冒頭にもありましたが、BMWヘルメットの現行モデルといえば、
皆さんもおなじみのシステム6ですね。
コレは、今までのシリーズの中で安全性、デザイン、快適性・・・・と
総合的に完成度の高い製品と言っても問題ないでしょう。
当初は、システム5同様日本国内の販売が、危ぶまれましたが、
無事販売に踏み切ることができ、待っておられた大勢の人たちに
喜ばれたことでしょう。
ここから少し商品につい解説などさせて頂きます。
e0254365_19151823.jpg

ガラス繊維強化プラスチック(FRP)製ヘルメットシェルにダブルシールドで
外側シールドを耐久スクラッチコーティングまた、非常に広い視野が確保できている。
頭部及びシールドには、効果的なベンチレーションを搭載。
重量は、若干重く1,570gとなってしまいました。


e0254365_19162377.jpg

フリップアップ可能なチンガードは、4ジョイントメカニズム付きで
開いた状態でも実にコンパクトです。


e0254365_1920073.jpg

内装(アルカンタラ、デュポンクールマックス、ハイドロプラス)は
着脱式で洗濯可能というところが、凄くてありがたいですよね。
e0254365_1922837.jpg

無段階に調整可能なサンバイザーで光量をすばやく調整する事ができます。
使用時は、スライドレバーによって簡単操作となります。


こうして勢ぞろいしたヘルメットを見てると色々なところで
BMWの素晴らしい歴史を感じさせられますね。
e0254365_19252259.jpg

それにしてもまるで "ウルトラファミリー集合!" 的な感じですね。



   

by motorradkyoto | 2011-12-12 19:39 | マニアのお部屋 | Comments(0)


<< WEBではなく " ...      さすが純正部品! >>