motorrad kyoto staff blog

mtrkyoto.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 16日

お客様の愛車紹介 Vol 9

さすがにここに来て桜もだいぶ散りはじめましたね・・・・。
来週あたりは綺麗なピンクの花びらが、青々とした葉桜に様子を
変えていくんでしょう・・・。そうなるといよいよゴールデンウィーク突入です!

そういえば、昨日で春の交通安全習慣も終わりでした。
皆さん取り締まられませんでしたか?僕は、もう少しで
取り締まられるところでした。対向車のパッシングのおかげです・・・・。

さて、本日は、僕もあまり見た事の無い珍しい色の車両をご紹介します。
稀少色のゴールドメタリックR100RSです!
1976年の秋から発売が開始されたR100RSは、一般市販車で
世界最初のフルカウルモーターサイクルでありました。

当時世界最高レベルの風洞実験室を有したBMWが、
空気力学実験により走行風や天候からライダーを保護するように
設計されたもので、以後のモーターサイクルシーンに
大きな影響を与える事は、この世界では、あまりにも有名な話ですよね・・・・。
e0254365_18355599.jpg

今回ご紹介する久保田さんのR100RSは、長い間放置されていたのですが、
「もう一度あの頃に戻りたい」との強い意向を受け
約3ケ月の月日をかけて復活させました・・・・。





e0254365_18381685.jpg

前期型のRSは、首振りキャリーパーと異名をとるアーテ社製のものが
装着されています・・・・。制動力は現在のレベルと比較すると、
見る影もないプアーなものです。でも、これはこれで良し・・・。





e0254365_1841116.jpg

前期型のフライホイールは大変重く、ドローンとした回転フィーリングが
たまりません・・・・。いかいにも高速巡航をメインとした設計で、
HDのショベルやグッチのルマン系同様に、このようなエンジンは
2度と造られる事はないでしょうね・・・・・。





e0254365_18431975.jpg

メーター廻りは不変で、モノサスのRSまで脈々と受け継がれました。
未だに人気の衰えないOHVボクサーは、私自身も外せない
BMWの1台でもあります・・・・・。by Mr.M岡

一部ノンオリジナルな部分もありますが、非常にインパクトのある
このゴールドメタリック、純正色である事は当然ですが、
とにかく目立つ事は、まちがいありません!
もちろんオーナーの久保田さんも大変気に入っておられます・・・。

それと・・・まだ少し早いのですが、blogをご覧になっている
皆様だけにフライング告知をしたいと思います・・・。
e0254365_198124.jpg

e0254365_19111689.jpg

と、こんな感じでGWは、皆様をお迎えいたします。
なのでGWのご予定が、ない人は、是非ご来店くださいね!!






 
[PR]

by motorradkyoto | 2012-04-16 19:19 | お客様の愛車紹介 | Comments(0)


<< 復道・・・・遂に正体が、明らかにの巻      復道・・・・蘇生までもうチョイ!の巻 >>