人気ブログランキング |

motorrad kyoto staff blog

mtrkyoto.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 04日

R1200GS乗ってみたいけど足が・・・の方に必見!

GWの後半戦に入ってからは、各地で大荒れの天気ですよね・・・・。
京都も例に漏れず雨です・・・・それに渋滞です・・・・・。
あるお客様からは、今日電話で「このGWで東北地方を目指そうと思ったけど
この様子だとあっち方面は、ヤバそうだから四国経由で九州にでも行くわ・・・」
なんてツーリング先から連絡を頂きました。

くれぐれもみなさんGWの後半戦疲れを振り切って遊ぶと後で痛い目に
あうので帰りは、休息をとりながらゆっくりと帰路について下さいね・・・・。

さて、本日は、タイトルにもありました様に「足がとどかない・・・・。」
とお悩みの方に必見の車両をご紹介しましょう!
実のところ当店の隠し玉と言っても決して過言では無い車両です!
e0254365_18364323.jpg

じゃ~ん!R1200GSトリプルブラック(TB)のローダウン仕様です。
GSのTBと言うだけでも中々ショールームに展示できないのに
なんと!それのローダウンです!あまりのレアさに僕もダウン・・・・?





e0254365_1841764.jpg

見てくださいこの魅力的な着座部分・・・・。いかにもホールド感と安心感を
約束してもらえる様なフォルムですよね・・・・。





e0254365_18504487.jpg

当然、サイドスタンドもローダウン専用のものになっていてFシリーズの
ローダウン仕様と違いセンタースタンドも専用のものが装着されています。
で、実際どの位差異があるのかと言うと・・・・

通常シートで 850/870㎜ ※通常のみ2段階の高さを選べる
ローシートのみで 820㎜
それと今回ご紹介のローダウン仕様のシート高は・・・・
脅威の790㎜を実現しております。





e0254365_18581548.jpg

またこのモデルには、ローダウンと同時装着のできないものがあります・・・・。
それは、ESA(電子制御サスペンション)です。
しかしながらASC(横滑り防止機能)や勿論ABS装置も搭載されています。

そのほかにもグリップヒーターやオンボードコンピューターなど
心強いデバイスが装備されているのでやはりR1200GSは、凄いですね!
気になる価格ですが、ESAが、装着されていない分抑え目の価格で
車両本体価格(税込) 2,185,500円です。

今なら現車を見る事はもちろんまたがって足付きのチェックもOKです!
「じゃ~一丁見に行こうか!」なんて思われた方は、是非、この連休中に
ご来店下さい。スタッフ一同心よりお待ちしております・・・・。





さて、この間から紹介しよう、紹介しようと思いながらタイミングを
図っていたグッズがあるのでご紹介したいと思います。
もう発売されて時間が、たつのですが、HIDと同等の色温度を持つとされる
アブソリュート社製のバルブ球です・・・・。
e0254365_198437.jpg

この商品は、個人的にも使用しているのですが、実際思った以上に
明るかったですね・・・・。4300ケルビンもの色温度が有り、さらに
車と違いバイクは、何かと衝撃が激しいのでそれに相応しい強度のある
石英ガラスを使用しているところなんかも安心のポイントですよね。

何人かのお客様にもオススメして付けて頂いています。
実際付けて頂いたお客様からの声も上々です・・・・。
興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
価格は、H4で税込4,515円  H7で税込5,040円です。
もっと詳しくお知りになりたい方は、ここからお入り下さい。





e0254365_1928312.jpg

アップする順序を間違えました・・・・。
ホントは、こんな感じからはじめようかな~・・・・と思っていたのですが・・・・。
でも自分で言うのもなんですが、ものすごく雰囲気出てるでしょ!





この画像チョッと面白いでしょ今整備で入庫中の車両ですが、奥から
R100GS-PD R80ベーシック それに現行のR1200GSと
中々こんな感じで入庫しないので記念に写真を撮っときました。
e0254365_19351636.jpg






最後にモトラッド京都の戦う整備士 T中君とN脇君です・・・。
ほんと、いつもよく頑張ってもらっています・・・・。感謝、感謝。
只今、戦士の休息中です・・・・。
e0254365_1946398.jpg


by motorradkyoto | 2012-05-04 19:48 | Comments(0)


<< <番外編>藤森神社の神輿(神幸祭)      おもしろい動画のご紹介 >>