人気ブログランキング |

motorrad kyoto staff blog

mtrkyoto.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 03日

ポイントラリーレポートVol8 8月25日~26日編

9月に入りまして最初の月曜日でございます。
皆さん元気におい後とされていますか?
残暑もまだまだ続いておりますが、日に日に涼しく・・・・
なる様な気配は、まだ有りませんが間違いなく秋は、そこまで来ています!

ツーリングシーズンに向かって心身ともにこの残暑を乗り越えましょう!
ポイントラリーに参加されている方もラストスパートの季節です。
しっかり作戦を練り納得のいくゴールを目指してください。

さて、この間のモトラッドデイズレポートに引き続き、ちゃっかり
道の駅も廻ってこられたMr.M氏からの第二弾レポートです。
どんなところを廻ってきたのか皆さんと一緒に見る事にしましょう・・・・。

こんにちは。スタッフのMr.Mです。モトラッドDAYS白馬の参加に合わせて、
抜かりなく「道の駅」にも立ち寄りました・・・・。
参加者の方の多くもポイントラリーにエントリーして頂いておりますので、
お陰さまでブーイングは出ませんでした。・・・・ホッ。
当初、二日間で10ケ所を廻る予定でしたが3ケ所をカット致しました。
e0254365_16462171.jpg

麦草峠・渋峠(群馬県/長野県の県境)のハイマウンテンコースを
走り切り、R292の「北信州やまのうち」に到着したのが
午後4時となりました。

志賀高原ルートの出入り口となっており、結構賑わっています。
駐車場も広く、冬場のチェーン脱着所としても利用が可能との事です。
地元の新鮮野菜や果物がとにかく安い!





e0254365_1763120.jpg

上信越道の信州中野ICから高速に乗り、小布施PAに入りました。
最近多いのが、高速のPAと併設して出入り出来る道の駅です。
「オアシスおぶせ」も正にそれで、PAから出入りされる方も多く
噴水広場・大型遊具・テニスコートも備えた総合公園になっていました。





e0254365_179759.jpg

上信越道の長野ICで下車し、県道33号(通称オリンピック道路)
沿いの「ぽかぽかランド美麻」に立寄ったのが午後6時前になって
しまいました・・・・。

この美麻地区はカメラマンや画家が絶賛するほどの、
変化に富んだ自然と素朴な農村風景のある所なのです・・・・。
宿泊施設と温泉もあります。





e0254365_1711419.jpg

日付け変わって26日。モトラッドDAYSの会場にお昼前まで滞在し、
午前11時に出発しました。
会場近くの「白馬」に立ち寄りましたが、今回のイベントに参加された
BMWで結構満車状態でした。

長野オリンピックの舞台にもなったこの地の、情報発信基地にも
なっているようです。





e0254365_1713249.jpg


帰路は北陸廻りで帰りますが、その場合必ず立寄るのが「小谷」です。
駐車場も広く、天然温泉(深山の湯)は赤いお湯が自慢です。
施設も大変綺麗でレストラン等も良く整備されています。
R148を通られる時は是非お立ち寄り下さい・・・・。





e0254365_17145871.jpg

白馬のイベントで北陸廻りで帰る時は、必ず糸魚川から北陸道に乗る
のですが、今回はR8を少し走り「親不知ピアパーク」に立ち寄りました。
世界一のブロンズ製海亀像が目を引き、世界一のヒスイ原石も展示
されています。レストランでの海鮮料理が特に美味しいとの事。





e0254365_1717272.jpg

最後にやって来たのが「越後市振の関」です。ヤマザキショップとコラボした
コンビニがあり、道の駅らしからぬ雰囲気です・・・・。
但し、本館2Fからは雄大な日本海の絶景が望めます。
新潟県と富山県の県境に位置する道の駅です。

この二日間、白馬でのイベントを楽しんだと言うよりも、ポイントラリーの
「道の駅」巡りに精を出した感じになってしまいました。
中間報告の通り、もう私には入賞の見込みがないと言った様相ですが、
追加で色々と入賞者を増やす計画もあります。

エントリーされている皆さん、まだまだこれからですよ!!
9月・10月のオートバイのハイシーズンに向けて
頑張って走って下さい・・・・。

Mr.Mさん、どうもお疲れ様でした。
皆さんも沢山道の駅に付き合っていただきありがとうございました。
ポイントラリーに参加されている方は、引き続き頑張ってくださいね。

by motorradkyoto | 2012-09-03 17:27 | Event&Campaign | Comments(0)


<< 本場ドイツのBMW Motor...      Chris Pfeifferは... >>