人気ブログランキング |

motorrad kyoto staff blog

mtrkyoto.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 13日

珍しい訪問者 クルマ編2 アルピナ D3 Biturbo

やはり、朝夕は確実に寒くなってまいりました。
学生の皆さんは、体育祭や文化祭それに修学旅行と学校行事が、
目白押し見たいですね・・・。

僕もできればもう一回くらい修学旅行へ行きたいかも・・・・。
さて本日は、Mr.M氏の独断と偏見企画「クルマ編第 2弾」を
お届けしたいと思います。それでは、M岡さん張り切ってどうぞ!

こんにちは。
スタッフのMr.Mです。今回は久し振りにおとがめを受けそうなクルマ編です。
「何でお前がクルマの紹介記事を書くねん。」と
おっしゃる方もおられると思いますが、これも全てBMWの業界発展の為に、
一肌脱いでの事と思って頂ければ幸いです・・・・。
でも誰もそんな事思ってもくれないでしょうね~~。テヘッ!

21世紀のクルマを所有した事のない私は、新しい車には
殆ど反応しないのですがこのクルマはちょっとばかり違います。
昨今、BMWやメルセデス・ベンツが相当に力を注いでいるディーゼルターボで、
これがアルピナとくれば反応しない訳には行きません。

e0254365_19294592.jpg

輸入車を20歳台の頃より40台近く乗り継いで来られたA野さん
ですが、お歳から察すると、1年毎にクルマが入れ替わっている
計算で、「A野さん、又乗換えられたんですか。」と言わんばかりの
相当なクルマ好きです・・・・。





e0254365_19312099.jpg

E91/3シリーズ・ツーリングベースのD3ビターボ(ツインターボ)は、
4気筒2000ccで214ps、トルクが何と45.9kgmもあります。
新型のF31ベースの同車種は6気筒3000ccが搭載され、350psと
71.4kgmを稼ぎ出していますが、もうこれはディーゼルエンジンの
範疇ではありませんね。





e0254365_19331591.jpg

D3 BITURBO のエンブレム・・・・。
私も40歳台の意気盛んな頃は、4500cc車(38.5kgm)や
5000cc車(41kgm)の80年代車(勿論中古車ですが・・・)に
乗っていましたが、排気量が半分以下のこのアルピナの方が
トルクは上回っているので、ホント、「目から鱗」モノですよ・・・・。





e0254365_19352563.jpg

ハンドル廻りですが少々カメラの位置が悪く、メーター類が歪んで
写ってしまいました。どうもすみません・・・・。
ミッションは6ATの、スイッチ・トロニックです。





e0254365_19364695.jpg

ボンネットを開けるとエンジンの小ささにガッカリもしますが、
鼻先の軽さが魅力です・・・・。
最近A野さんは、ビッグトルクのディーゼル車やフランス車を好んで
乗っておられますが、やはりアルピナは別格との事。





e0254365_19493425.jpg

アルピナには最近新しいデザインのホイールを見かけるように
なりましたが、やはりこのホイールですね。オプションの19インチ、
クラシックスタイルが装着されています・・・・。





e0254365_1951567.jpg

アルピナのフロントのエアダムスポイラーはその昔からかなり深め
なので、段差のある場所や車止めには特に注意が必要です。





e0254365_19524821.jpg

A野さんは私に「M岡君、ちょっと乗ってきいな~。」と
何時も車が変わる度におっしゃって下さいます。
いや~・・・、でもこの車は乗らせてもらっておくべきでしたよ。

NAのアルピナは、良く一緒にツーリングに行く髭の師匠が過去に
何台か乗っておられ、良く運転させてもらっていたので何となくフィーリングは
判るのですが、このD3ビターボはどんな感じなのでしょうか。
A野さんが次の車に乗り換えられるまでに、機会があれば
是非試乗させて頂きたい車です・・・・。





e0254365_19551817.jpg

アルピナ社のターボエンジンの歴史を紐解くと、
アルピナがチューナーからメーカー(BMWからエンジン・ボディーの
供給を受け)へ転身したのが1978年ですが、
同時にE12(初代5シリーズ)ベースのB7ターボと、
E24(初代6シリーズ)ベースのB7ターボクーペが発売されました。
ビッグシックス3,000ccシングルカムで300ps/47.2kgmと、
当時世界最速の4ドアセダン(E12)と呼ばれていました。






e0254365_19585286.jpg

家にあるCG誌(’79年2月号)の、B7ターボとB7ターボクーペの
記事です・・・・。

私の記憶に間違いがなければビターボは、’89年の年末に発表のあった
E34(3代目5誌リーズ)ベースのB10ビターボです。
3,500ccシングルカムで、370PS・52kgm・最高速290km/hと
強力無比なパワーとトルクでした・・・・。

BMWのエンジンに強烈なスパイスを注ぎ込むアルピナ社。

イイですよね~・・・・。

欲しくなりますよね~・・・・。

来週の休みの日にでも、アルピナB3Sクーペを買いに行って来ますよ。
京商の1/43スケールのやつをね。クククククク・・・・・。

M岡さん。
ありがとうございました。

皆さんも僕と一緒でとっても勉強になったかと思います。
さすが、Mr.M氏はBMWのアンバサダーですね・・・・
































   

by motorradkyoto | 2014-09-13 20:06 | マニアのお部屋 | Comments(0)


<< BMW純正・コミュニケーション...      ヒートアップ ベストのご紹介 >>