motorrad kyoto staff blog

mtrkyoto.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 09日

たかがキーホルダー、されどキーホルダーの巻

日に日に涼しくなってまいりました。
バイク通勤がボチボチ辛くなる気配を感じているのは僕だけでしょうか?
僕は、彼岸花が終わり金木犀の香りがたちこめる数日間が、
一年を通じて一番好きな季節です・・・・。

ちなみに僕んちの玄関にも金木犀があり今年も花を付け良い香りで
少しの期間でしたが通勤を癒していただきました・・・・。
e0254365_19554863.jpg

どうです?きれいに花を付けているでしょ・・・・。
はさみを入れる時期を間違えると花の量が激減するとの事ですが、
今年も無事でしたので証拠写真を一枚提出・・・・。





e0254365_19575532.jpg

それとちびっ子ソテツを地植えしています・・・・。
中々大きくならないのですが、頑張って大きくなろうとしているようで
僕のお気に入りです。
以上で僕の個人情報を終了いたします。

それでは、本題に移るとしましょう・・・・。
今回は、おもしろい切り口でモトラッド京都の歴史を紐解いて見ましょう。
勿論この手の歴史を語らせるならこの人しかいないでしょう・・・・。
Mr.M氏宜しくお願いします。

こんにちは。スタッフのMr.Mです。
今年は本当に雨の日が多く、季節の移り変わりも早いように感じます。
ここ10日ばかり風邪に犯されて、鼻が詰まったままの今日この頃です。
さて本題ですが、今回は当社の過去30年程の、
キーホルダーの変遷を振り返ってみたいと思います・・・・。
e0254365_20113116.jpg

当社はオートバイで言うところのプレミアムブランド(BMW・H-D)を
扱っているにも関わらず、正直店舗オリジナルのキーホルダーは
高級感には欠ける・・・・?
並みのホルダーをお客様にお渡ししています。
が、が、が、がしか~し、!これが思わぬ場面で威力を発揮してくれます。

先ずはこの赤色のキーホルダーですが、’80年代中期より’90年代
初めまで使っていました。とても質素ですが丈夫でした・・・・。
当時としましては、このキーホルダーを付けてブイブイ言わしていた
バイクと言えば名車の代名詞R100RSとK100RSでした・・・・。





e0254365_20155339.jpg

続いて青色のキーホルダーですが、’90年代初めから’97年
まで結構長くこのホルダーを使っていましたね。二つ折のホック付きに
デザインが変わりました。
この頃になると今でも現役バリバリで走っているR1100RSとか
R1100RTなんかこのキーホルダーを付けて世に送り出したもんです・・・・。





e0254365_20315678.jpg

次の黄色のキーホルダーは、HD店が分離したのを機会に
文字を変更してみたタイプのものです・・・・。
’97年から’03年まで使っていたと思います。

そうです!ここまでくると皆さんお馴染みのR1150RT&K1200RSとかに
メンバーが変わってまいります・・・・。
今でも結構付けて頂いている車両が、整備で入ってきますよ!





e0254365_20365410.jpg

こちらの黒色にオレンジ文字のキーホルダーは実は失敗作です。
03年のHD洛西店のオープンに伴い新調したのですが、製作業者が
文字の色を間違えてしまったのです・・・・。
同時にHDのキーホルダーも発注しており
(HD用はオレンジ文字)、大きな勘違いが起こってしまいました。
本来はシルバー文字の予定でしたが、この時業者さんには、
イエローカードが出されペナルティーが課せられたのは、
言うまでもありません・・・・。
だけどせっかくなので’05年まで使いました・・・・。





e0254365_20442828.jpg

05年から'08年まで使ったキーホルダーが、こちらの黒色に
シルバー文字の物です。前述のオレンジ文字は、本来はこの姿に
なる筈でした・・・・。
で、遂に来ました!KING OF KING の R1200GS!
特にこの時代R1200GSにシルバー文字の
キーホルダーを付けて送り出したのが、印象的ですね・・・・。





e0254365_20512541.jpg

08年に現在のモトラッド京都店がオープン致しましたが、2店舗
体制をとっていた事もあり、このようなデザインに変更しました。
08年から'13年まで使いました・・・・。





e0254365_20522817.jpg

13年の店舗統合に伴い、最新のキーホルダーはこんな風に
なりました。最近、新車・中古車をお買い求め頂いたお客様には
これをお渡ししています。

初めにも記載した通り、どの時代のキーホルダーも
高級感は微塵もありません。
基本的な部分で、屋号と電話番号が入っているだけです。

多くの販売店さんも同様だと思いますが、お客さんがバイクのキーを
旅先で紛失される事が稀に発生する事があります。
そのような時に屋号と電話番号の記載があるだけで、
高い確率で連絡が入り、お客様の元に戻ったケースを
何度も経験してきました・・・・。

更に、緊急時の連絡先にも一役かっている事は言うまでもありません。
「たかがキーホルダー、されどキーホルダー」です・・・・。

実際、意外とこういうものは重宝されるんですよね・・・・。










     
[PR]

by motorradkyoto | 2014-10-09 20:58 | 番外編 | Comments(0)


<< ツーリングラリーレポート/伊勢...      お客様の愛車紹介 Vol 23 >>