motorrad kyoto staff blog

mtrkyoto.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 07日

今年も念の為、ご紹介しておきましょう・・・・。

ここ何日間で大雪のニュースをよく目にします。日本海側は、わかりますが
四国の大雪には、正直驚きました。雪で道が埋まり交通のマヒや
ライフラインの寸断など自然とはいえ生死に係る恐ろしい災害ですね・・・・。
e0254365_16584127.jpg

雪の日など四輪は、スリップはしても転倒などのリスクがないので
危険とはいえオートバイほどではないと思いますが、オートバイの場合
スリップ=転倒・・・・。につながるケースがかなり高いです。





e0254365_16591859.jpg

仮に雪道を走らなければならない状況に出くわした時は、
急発進、急制動は、絶対に避け最徐行での危険回避を心がけましょう。
また「自分には、無理かも・・・・。」と思ったときは、走行の続行は
お勧めしません。そんな時は、「助けて~!」と心で叫び
冷静にJAF等の救助を呼びましょう。





e0254365_1712076.jpg

さて、本題に入りましょう。
この季節になると毎回紹介してるみたいですが、例の商品郡です。
そうですよ!バッテリーの強い見方バッテリーチャージャーのご紹介です。

皆さんはもうよくご存知だと思いますが、寒い季節のバッテリーは、
非常に弱りやすく次ぎ乗るときには、「エンジンかからへ~ん・・・・。
なんて事が、頻繁に報告される季節なのです。
そこで、BMW純正バッテリーチャージャーグッズについて
順番にご紹介していきましょう・・・・。





e0254365_1721033.jpg

まずは、トップバッターです・・・・。
皆さんお馴染みのバッテリーチャージャーです。
9801 0438 800 税込9,180円 





e0254365_17362588.jpg

次にご紹介するバッテリーチャージャーは、小型軽量実現タイプ
容量質量ともに50%以上コンパクト化に成功。
軽量により落下衝撃にも強くなって新登場。
風穴「0」を実現それによってホコリ・水の浸入のだいたいを防止。
9801 2158 156 税込17,280円





e0254365_17435588.jpg

見ての通り充電用アダプター(ワニ口クランプ)です。
専用カプラでの装着が可能。充電器のみ購入の場合ヘラーソケット
だけが、付いてくるのでCAN-Busシステム採用車両は、必要となります。
9801 0031 874 税込1,782円





e0254365_17485218.jpg

この様に専用カプラになっているのでTPOに合わせて使い分けましょう。





e0254365_17501339.jpg

冒頭にも書きましたが、バッテリーにとっては、この季節非常に
厳しいです。保管の環境は、皆さん様々ですが、何とか工夫をして
週に一回、最大でも月に一回は、充電する事を強くお勧めします。

















  
[PR]

by motorradkyoto | 2014-12-07 18:04 | 雑学コーナー | Comments(0)


<< 真っ黒け車体カバー第二弾を実際...      ツーリングラリーファイナル・表彰式 >>