人気ブログランキング |

motorrad kyoto staff blog

mtrkyoto.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 09日

雑誌紹介/別冊MC誌 R1150RS

e0254365_18341921.jpg

毎日ジメジメとした天気いかがお過ごしでしょうか?
まだ梅雨は、始まったばかりとは分かっていてもそれでも
「もう終わらないかな~・・・・。」なんて思うのは僕だけでしょうか。

そこで気象庁のサイトにアクセス梅雨明け予測をズバリ聴いてみた!
と言うか閲覧してみた!するとこんな表を見つけました・・・・。





e0254365_18401379.jpg

この表で見ると梅雨明けは、やっぱりまだまだ先そうですね・・・・。
さて、今回は久しぶりに雑誌紹介です。
Mr.M氏宜しくお願いいたします。

こんにちは、Mr.Mです。
早いものでもう6月に入りましたね。
しかしながらここ2日~3日は朝晩の気温が急降下しており、
皆さん体調には充分気を付けて下さい。

私はいたって元気ですよ。75歳までは現役で仕事もバリバリこなし、
オートバイにも乗るつもりですからね。
(お客さんには何時も言ってるセリフです・・・・。)
さて今日はR1200RSの発売に託けて、
先代フラットツインR1150RSの雑誌記事をご紹介したいと思います。
e0254365_18462778.jpg

こちら、別冊MC誌の’01年11月号の表紙です。この年の秋に
R1150系の4番手として、かなり地味(あまり派手な宣伝は殆ど
なかった)なデビューでした。当時ツーリングモデルとして、
R1150RTの完成度と評価があまりにも良かっただけに、少々
日陰の存在とならざるを得なかったように思います・・・・。

カラーリングと価格は、チタンシルバーとパシフィックブルーが
185万(消費税抜き)で、ダークブルー/フロストブルーのツートンが
190万(消費税抜き)と、消費税を考えると今回発売された
新型R1200RSよりも高価だった訳です・・・・。





e0254365_18482380.jpg

4日間で2,000kmを走破し、
R1150RSの本質を暴くのがこの企画です・・・・。





e0254365_18492080.jpg

各部のキャプションも克明に説明がなされ、
なかなか気合が入っています・・・・。
R1150RSの発売にあたってBMW-AG(ドイツ本社)でも、好調な
セールスを続けるツアラーのRTや、デュアルパーパスのGSの影に
隠れてしまったRSの存在意義が問われていた時期でもあったと
断言していました・・・・。





e0254365_18504068.jpg

当時は純スポーツモデルのR1100Sもラインナップに存在し、確かに
RSのセールスは芳しくなかったと記憶しています。199万(消費税抜き)の
RTと比較すると、RSにオプションのパニアケースを付ければRTと
約4万円程の差しかなく、装備の充実度を考えると「RTでしょう。」
となった訳です。RSを購入されるお客さんは、皆さん「ご指名買い」
であったのが事実です。

過去のデータを掘り返してみましたが、当社でR1150RSを販売した
台数は’01年~’05年(前期型・後期型ツインプラグ)の間に
31台と少なかった事も判明致しました・・・・。
R1150RSの発売が、同系のGSやRTよりも早ければ流れが
変わっていたかも知れません・・・・。





e0254365_1853337.jpg

さて、10年振りに復活したRSがこちらです。前評判はかなり良く、
BMW関連(販売店も含め)のWebサイトはどちらも
RSの話題で持ちきりです・・・・。





e0254365_18542941.jpg

車両予約もかなり入っていますが、それに見合う台数が日本に
入荷致しません。とにかく早目のご予約をお願い致します。





e0254365_185576.jpg

「R1200RS」、先代のR1150RSと同じ「茨の道」?を歩まぬよう、大事に
温めて行きたいものです。





e0254365_18554136.jpg

「よ~し、ヤロウどもビシッと温めていこうぜ!」ワン・ワン・オー!






















  

by motorradkyoto | 2015-06-09 18:55 | マニアのお部屋 | Comments(0)


<< Company Philoso...      まもなく例のバイクがデビューし... >>