motorrad kyoto staff blog

mtrkyoto.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 23日

「日本の道百選ラリー」レポート/九州紀行

e0254365_15533565.jpg

「日本が誇るスーパーコンピュータ「京」が「Graph500」で再び世界第1位に!」
なんて記事を目にしました・・・・。そういえば、
以前「1位じゃないといけないんですか?2位じゃダメなんですか?」なんて
フレーズが、過去話題になった事もありましたね。

そこで、噂の「京」、どんだけの計算処理能力があるのかチョコッと掘り下げて見ました。
なんと、驚きの能力!
「京」の計算能力は、1秒間に「10ペタ(10の16乗)=1京回」
(10ペタフロップス)の計算が可能だそうです。?????さっぱりわかんね~!

これは、地球上の全人口(70億人)が電卓を持って集まり、
全員が24時間不眠不休で1秒間に1回のペースで計算を続け、
約17日間かけてようやく終わるほどの計算だそうです。

「京」はこれをたった1秒でやってのけてしまうという、
とてつもなく速い計算能力を持っているという事です。
なんかよく分からないけどす、凄いでしょ!

とにかく、私たちが直面している数多くの課題の解決には、
世界中の英知を結集し、様々な分野において最先端の研究を加速することが
不可欠です。今、スーパーコンピュータによって、
様々なイノベーションへの扉が開かれようとしています。

実際、BMWも「京」ほどのコンピューターは、搭載されていませんが、
ハイテクノロジーの先端を行くマシーンには、代わりはありません。
このバイク界の「京」に乗って皆さんも是非、
イノベーションへの扉を開きそして体感して下さい。
・・・・・チョッと話を盛りすぎました・・・・。
さて、今回はこの夏休みを利用してMr.M氏が、九州ツーリングを
決行されましたので、その様子をリポートしていただきました。
それでは、Mr.M氏ヨロシクお願いします。

こんにちは。スタッフのMr.Mです。
「日本の道百選ラリー」も残すところ約2ケ月あまりとなって参りました。
私も今年は全ポイント制覇を目指し、6月の東北に引き続き
公言通り九州へも足を運んで来ました。

お供頂くのは今回も髭の師匠で、このラリーにはエントリーされていませんが、
観光?も織り交ぜてのツーリングと言う名目でお誘い致しました。
日程は私のお盆休みに合わせて8/16日~8/18日の
三日間に設定し、早速フェリーと宿泊場所の予約を取りました。
髭の師匠は何時でも時間が取れる身分の方
ですが、私はそうは行きませんからね・・・・。

九州のラリー指定ポイントは2ケ所(鹿児島と長崎)ですが、
一泊二日の2,000km強行軍で走り切れない事はありませんが、
年齢的・季節的な事から無理は避ける事に致しました。
関西圏から九州方面へ行くのは、東北方面に行くのと比較して
案外行き易い地域で、ツーリングをメインに楽しまれるライダーの殆どが、
一度は九州へ行かれていると思います・・・・。

e0254365_1442317.jpg

集合場所は第二京阪道の京田辺PAです。16日の17時55分
出航の志布志(鹿児島県)行きのフェリーに乗ります。
復路は自走で帰ります。

師匠は長距離専用フルATのVFR1200F-DCT
で、私は今回はR1200RTで・・・・。
これで高速巡航も互角に走れます。





e0254365_14432248.jpg

大阪南港のかもめ埠頭です。





e0254365_14491072.jpg

志布志行きです。





e0254365_14494283.jpg

この日は猛暑でした。日の入りです。
本日の走行は、自宅から南港かもめ埠頭までの約70kmでした。





e0254365_14502412.jpg

17日朝の下船直後様子です。お盆明けとは言えまだまだお休みの
方も多く、バイクは10台程でしたがツアーバス等に阻まれ、少々
下船に時間を要しました。9時10分頃にはスタート出来ると
思っていたのが、9時30分スタートとなり、11時出航のフェリーに
間に合うかどうか・・・。





e0254365_14511885.jpg

R448の内之浦廻りで行きたかったのですが、乗遅れたら15時まで
待たなければなりません。(平日は一日5便しかない)
大事を取ってR220で行く事にしました。





e0254365_14524937.jpg

R220は少々交通量が多かったですが、10時40分に到着出来ました。
こちら、大隅半島側の根占港です。





e0254365_14534797.jpg

船が入港して来ました。





e0254365_14541355.jpg

フェリーから臨む指宿の開聞岳は絶景で、鹿児島へやって来た
実感が湧いてきますね。開聞岳は薩摩富士とも呼ばれています。





e0254365_14544323.jpg

約50分の短い時間ですが、私、ロングツーリングには短距離フェリーを
利用する事が結構多いですね。薩摩半島指宿の山川港での
ワンショット。





e0254365_14575585.jpg

2009年に宮崎で開催された、BMW西日本ジャンボリーの時以来となる
長崎鼻パーキングガーデンにも立ち寄りました。





e0254365_14592182.jpg

長年観たかったこの景観、「開聞山麓自然公園」の展望台から
撮影しました。25年程前に旅の雑誌に、この場所から撮影された
写真が掲載されていましたが、鹿児島県の何処かである事だけ
しか判断出来ませんでした。前述の2009年にほんの近くに来ていながら
この場所が判りませんでしたが、その後に色々な方に教えて頂き
3年程前にようやく判りました。彼方に見えるのが長崎鼻です。





e0254365_1503383.jpg

開聞岳とトカラ馬とRT。写真コンテストに応募すれば入選するかな?。





e0254365_151598.jpg

今回の最大の目的である南九州市の知覧にある武家屋敷通りに
やって参りました。顕彰プレート前で撮影しました。





e0254365_1515340.jpg

知覧は「薩摩の小京都」とも呼ばれています。





e0254365_1522166.jpg

通りは大変綺麗で、車やバイクは進入禁止である事は言うまでもありません。
武家屋敷の内の7つの庭園が、名勝指定されているようです





e0254365_15359.jpg

ピンポイントでこちらになります・・・・。





e0254365_1554775.jpg

指宿スカイラインには頴娃ICから入りました。喜入の展望台より
JX喜入石油基地が一望出来ます。
こちらの基地は産油国から輸送された原油を一旦荷揚げし、
国や民間企業の備蓄中継機能を有しています。
その受払量は日本の石油消費量の約13%に相当するようです。





e0254365_15111383.jpg

指宿スカイラインから九州自動車道に入り、桜島SAで小休止です。





e0254365_15113637.jpg

そのまま一気に高速道路と一般国道を経由して、
この日は天草で宿泊致しました。
最近のプライベートツーリングでの宿泊パターンは、
ビシネスホテルにシングルユースで利用する事が多く、
夕食は近辺に食べに行き地元の方と話しをするようにしています。

疲れた身体には一番落ち着きますね。
しかしながら熊本市内各所には、まだまだ震災の大きな爪あとが残っています。
本日の走行は約370kmでした・・・・。





e0254365_15132957.jpg

明けて18日は早朝の5時スタートです。6時30分出航の
鬼池(天草)~口之津(島原)の短距離フェリーに乗ります。
所要時間は約30分です。





e0254365_15143581.jpg

鬼池港フェリーターミナル前に建つ天草四郎時貞の像。





e0254365_15145781.jpg

口之津港に着くと早速雲仙を目指します。
雲仙温泉近辺は硫黄の臭いの立ち込めるいかにも温泉と言った佇まいでしたね。





e0254365_15342743.jpg

雲仙と言えば仁田峠へ行かねばなりません。
開門が8時30分なのでしばらく待ちます。
後ろは雲仙のパブリックゴルフ場です。





e0254365_15153669.jpg

仁田峠の第二展望台から普賢岳を撮影してみました。





e0254365_15162511.jpg

普賢岳の噴火に伴う火砕流により、多くの犠牲者が出て早25年が経過しました。





e0254365_15164966.jpg

島原湾の向こうには熊本市内が臨めます。





e0254365_1517204.jpg

雲仙を後にして長崎へやって来ました。長崎市内にバイクで来るのは初めてですが、
高速道路網を含めアップダウンが結構あり、
関西圏で言うならば神戸のような雰囲気を感じますね。

こちらオランダ坂の石碑です。
観光で来られた方は皆さんこの前で記念撮影を
されています。





e0254365_15175691.jpg

オランダ坂の顕彰プレートは石碑の向い側にあり、事前準備が良かった事もあり
直ぐに見つかりました。プレートをバックに撮影してみました。





e0254365_1519445.jpg

顕彰プレートを見つけると何処へ行っても感激です。





e0254365_15414047.jpg

ピンポイントでこちらになります。





e0254365_15423827.jpg

髭の師匠のリクエストに応えるべく、佐世保まで足を伸ばしハウステンボス周辺にも
立ち寄りました。このテーマパークも開業から24年になります。師匠は20年程前に
奥様と訪れた事があるそうで、結構感慨深気でしたね。入場している時間もなく、
ハウステンボスの雰囲気を感じる所を探しているとイイ所がありましたよ。
JR大村線・ハウステンボス駅対岸辺りです。





e0254365_15434858.jpg

今回の予定を全て終了させ、後はひたすら高速道路で帰るだけです。
西九州自動車道の佐世保大塔ICから高速に入りました。
関門海峡手前のめかりPAです。ここで九州を離れますが、今回の
ツーリングはなかなか充実した内容でした。更に暑かったですが、
一滴の雨にも遭わなかった事もラッキーでした。
本州に入ってからは中国自動車道を選択し、二人なかなかのペースで走れました。

私の場合「日本の道百選ラリー」の残りポイントは6ケ所です。
今週末の、白馬モトラッドDAYSの帰りに2ケ所立ち寄る計画です。
本日の走行は約950kmでした。



























  
[PR]

by motorradkyoto | 2016-08-23 16:27 | Event&Campaign | Comments(0)


<< BMW Motorrad Da...      試乗インプレッション No12... >>