人気ブログランキング |

motorrad kyoto staff blog

mtrkyoto.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 08日

背割堤の桜

こんにちは。スタッフのMr.Mです。今年の近畿地方は桜の開花が例年より遅く、概ね一週間位の
差異があるようです。桜の季節はホント良いですよね。外気温も程好く、日照時間も適正で、夏に向けての
前哨戦的雰囲気を感じ取れる季節なんですよね。
さて今日は未だ3分咲き(4月5日現在)ではありましたが、京都府八幡市の「背割堤」へ桜の様子を見に行って参りました。
Webサイトの情報によると「背割堤」は京都府内ではダントツの第1位で、全国でも第3位に入ると言う
桜のロイヤルスポットとしてここ数年人気が急上昇しています。

e0254365_12095615.jpg
背割堤に到着するとご覧のような横断幕が掲げられていました。
このような案内も、年々エスカレートして豪華になって来ました。





e0254365_13540698.jpg
堤防両脇のソメイヨシノは約250本植えられ、先端まで1.4km程の
距離があります。平日でもあり観光客も疎らですが、東南アジア系の
外国人観光客も目立ちます。





e0254365_13552047.jpg
満開の時に訪れると、それはもう圧巻のナチュラルピンクに染まります。





e0254365_13562337.jpg
綺麗に咲き誇っている桜もありますが・・・・、





e0254365_13565838.jpg

堤防の下から眺めるとまだまだの状態ですね。
1970年代までは桜ではなく松並木だったのですが、松食い虫等の
虫害により現在のソメイヨシノに植え替えられ現在に至っています。





e0254365_13583873.jpg
背割堤の北側には天王山が望め、





e0254365_14003861.jpg
南側には男山が望めます。





e0254365_14014417.jpg
背割堤の終点です。私も娘達が小さい頃は自転車の前と後ろに乗せて
この先端まで来た事もありましたね。当時は桜の一般公開が始まったばかりで、
これ程までに背割堤がクローズアップされるとは思ってもいませんでした。





さて今日のハイライトは・・・・、このタワー?の上から背割堤を
眺める事です。昨年の夏頃から本格的な工事が始まり、アレよ
アレよと言う間に出来上がっていました。





e0254365_14123266.jpg
隣接する「さくらであい館」です。





e0254365_14131209.jpg
桜のシーズのみタワーの入場料金が発生する模様です。
これに関してはノーコメントと致します。





e0254365_14034789.jpg
展望台からの眺めです。360°の眺望はなかなか心地良いですね。
観光バスも数台入っていました。ピーク時には満車になるとの事。





e0254365_14161339.jpg
背割堤周辺地図です。三つの一級河川(北から桂川・宇治川・木津川)が
川のP&Aを繰り返し?大型化し、更に背割堤の西側で宇治川と木津川が合流し、
最後に桂川と合流して淀川と河川名を変えます。





e0254365_14173168.jpg
さて4月10日頃が満開の予報ですが、この記事を読まれて行きたくなった方は
是非ピンクに染まりに行って下さい。バイクで行かれる方は背割堤の河川敷に
駐車場があります。二輪と自転車の駐車場代は無料でした。





e0254365_14193823.jpg
車で行かれる方は、宇治川の対岸に誘導されます。駐車場代ではなく、施設協力金
名目で1,000円徴収されます。これに関してもノーコメントです。
まあ、最寄の公共交通機関を利用されるのが良いかと思います。京阪電鉄「八幡市駅」
下車、徒歩約10分程です。満開時にはちょっとばかり天気が優れないかも知れませんけどね。





e0254365_14212104.jpg
で、私は何に乗って来たかと言うとコレで来ました。混雑が予想される処へ行くには
この手のバイクが一番です。
そんな使い方をするバイクとして、今夏発売予定のG310RやG310GSが楽しみですね。
















by motorradkyoto | 2017-04-08 14:23 | 番外編 | Comments(0)


<< ユーザーツーリングレポート/岡...      新型アドベンチャー揃踏み >>