motorrad kyoto staff blog

mtrkyoto.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 05日

BMW史上最大のキャンペーン

e0254365_14041645.jpg

こんにちは。スタッフのMr.Mです。
ここで改めてご紹介するまでもなく、BMWさんが物凄いキャンペーンを
打ち出して来ました。すでに多くのBMWフリークの方は
BMWモトラッドJapanのHPを閲覧されておられると
思いますが、発表された時には驚き以外の何物でもありませんでした。
私も長い間BMWモトラッドの販売に携わっていますが、このキャンペーンは
お客様向け施策としては過去最大級である事は間違いありません。
それに伴い加速度が付いたように、BMW-J在庫がなくなって来ております。
全国の販売店在庫も同様に減少の一途をたどっております。





e0254365_14070021.jpg

今回のキャンペーンのおさらいですが、水冷ボクサーエンジン
Rシリーズの対象車種が、メーカー希望小売価格から9.5%OFFで
ご購入頂けると言う、購入を検討されているお客様にとっては
願ってもないチャンスです。R1200GS、R1200GS-Aと、





e0254365_14091769.jpg

R1200RT、R1200RS、R1200Rの5車種全モデルと言う事になります。





e0254365_14093450.jpg

それと言うのもこのような画像や動画が配信され始め、現行モデルの
販売への懸念と、在庫を一掃して時期モデルへの移行をスムーズに
行いたいと思うのは、BMWさんだけでなく誰の目にも明確に判る事です。
R1250GSとR1250RTと思われますが画像を見る限り、全体の佇まいは
そのままに、エンジンだけを入れ替えたと言う印象ですね。これは
空冷のR1200シリーズが、ツインカムユニットに移行した時と同じ
手法ですね。





e0254365_14154317.jpg


ここで考える事は、完成された最終型のR1200系を選ぶか、
より進化するであろうR1250系を選ぶかです。私の経験から
申しますと、モデルチェンジ後の初期モデルはまあ色々と問題が
発生する事も多く(一般的に考えて誰もがそう思う)、市場に投入
してから改良を施して行くのがメーカーの考えです。

さてここからは熟しきったR1200シリーズの、当店在庫車のご紹介です。
R1200RSのフローズンブロンズメタリックが1台と、




e0254365_14191074.jpg


ブラックストームメタリックも1台ございます。





e0254365_14230226.jpg

GS系は、R1200GSラリーのプレミアムライン(針メーターの標準仕様)が
1台と、





e0254365_14234998.jpg

ライトホワイトのプレミアムライン(液晶メーターの標準仕様)が
1台、





e0254365_14243727.jpg

R1200GS-Aの人気のこのカラーでプレミアムスタンダード
(針メーターのローダウン仕様)が1台ございます。





e0254365_14252132.jpg

RTはライトホワイトが1台ありますが、BMW-Jにカーボンブラックも
少数ございます。マーズレッドメタリックは、入荷台数が少なかった事もあり、
9月の段階で完売となりました。





e0254365_14264346.jpg

先日追加オーダーを入れて何とか確保出来たのが、
R1200GSエクスクルーシブ・プレミアムスタンダード(液晶メーターの
ローダウン仕様)と、R1200RSのライトグレー/マゲラングレーの
各1台です。現在店舗在庫のないR1200Rは、アイスドチョコレートと
ライトホワイト/コルドバブルーが少数BMWさんにございます。
年末迄のキャンペーンなのに、年末を待たずして車両が完売に
なる事は必至です。悩んでいる暇はありませんよ~。





e0254365_14283750.jpg

さてここからは私の独り言ですが、
今回のキャンペーンは元より、今年のBMWさんのキャンペーンは
お客様にとっては大変お買い得感満載の、私の記憶にもない施策の連続です。
しかし、私が思うに我々販売店にとっては、史上最悪最低のキャンペーンの
連続であるようにも思います。BMWさんはもっとBMWブランドに
誇りを持つべき(常にディーラースタッフは、BMWさんからBMWブランドに
誇りを持って業務に接するよう説き伏せられている)で、価格勝負に
走る事に違和感を感じます。もっと高尚な企画はなかったのでしょうか?。





e0254365_14310819.jpg

来年BMWさんに是非やって欲しいキャンペーンは、例えば
「BMWモトラッドの新車を購入して、BMWの聖地ミュンヘンへ行こう」
と言ったキャッチコピーで年間を通したキャンペーンとし、抽選で
ペア50組100名の方を募った招待旅行を行うと言うキャンペーンです。
行程の中にはBMWミュージアムの見学は勿論、アウトバーン試乗とか、
ベルリン工場見学等も含めると最高ですね。
(1999年にBMW-Jが6ケ月の期間限定で新車を購入された方を対象に、
抽選で少数の方向けにドイツツアーが敢行された事がありました。但し10万円の
負担金が必要で、更に10万円プラスする事で現地にて1泊2日のツーリングにも
参加出来きました。当店のお客様も3人の方が当選されそして参加されました。
今でもあのドイツツアーは本当に良かったと言っておられますし、当然乗換えを
含めBMWに乗り続けてもらっていますし、内お二人は四輪もBMWに乗換えられました。)





e0254365_14342873.jpg

招待旅行に参加された方は今まで以上にBMWの崇拝者となり、
その方々がオピニオンリーダーとなってBMWファンを増やしてくれます。
さらに、BMWモトラッドの素晴らしさを色々な角度から体感された
お客様がその延長として車もBMWを選らばれれば、もうBMW冥利に
尽きるんじゃあないでしょうか。

現在どのメーカーも市場占有率を重視した数字に執着していますが、
もうそろそろ目を覚まして頂き、量より質に重点を置く販売方法に
切り替えて行くべきだと思いますよ。

こんな事を言っていると又BMWさんからお叱りの電話が入るかも
知れません。ああ~恐ろしや~。


[PR]

by motorradkyoto | 2018-11-05 14:44 | Event&Campaign | Comments(0)


<< BMW BMCJナショナルラリ...      水曜ツーリング OHV限定/丹波周遊 >>