人気ブログランキング |

motorrad kyoto staff blog

mtrkyoto.exblog.jp
ブログトップ
2019年 06月 21日

駅「ステーションラリー」レポート/東北紀行 

こんにちは、スタッフのMr.Mです。
前回に引き続き駅「ステーションラリー」のレポートをお贈りしたいと思います。
エントリーされている方の中で、
今回は珍しく東北に出向かれた方がいらっしゃらない状況で、
ここ3年ばかり6月に東北ツーリングを敢行している事も有り、
今年も奮起して行って参りました。





e0254365_17371933.jpg

今回は6月3日の23時5分発、新潟~秋田のフェリーに乗るので、時間的には余裕があります。
相棒は勿論R1250RTで、モトラッド京都店を12時30分に出発しました。





e0254365_17380272.jpg

北陸道を適度な休憩を織り交ぜて能生ICで下りました。
6月は日中の時間が長いので有り難いです。





e0254365_17385115.jpg

インターを下りて日本海沿いのR8を約10km程走り、やって来たのが
今回最初の目的地「筒石」駅です。





e0254365_17394208.jpg

「筒石」駅はえちごトキめき鉄道(ETR)日本海ひすいラインの駅で、
ホームは40m下のトンネルの中です。





e0254365_17402426.jpg

上から下を見下ろした様子ですが、周りに誰もいないので少々
怖気つきますね。





e0254365_17422828.jpg

ホームは上り側と下り側はスライドしています。2017年度の
1日平均乗車人員は23人で、今年の3月からは無人駅となった
ようです。





e0254365_17433268.jpg

場所はこちらです。この駅での滞在時間(地上と地下)はおよそ
1時間でしたが、乗降客を含め周辺の方にも、誰一人として出会う
事は有りませんでした。





e0254365_17443233.jpg

再び北陸道をひた走り、夜の新潟市内を駆け抜けて、
新日本海フェリーターミナルに到着致しました。





e0254365_17452059.jpg

秋田行きです。23時5分発で翌朝の5時40分に秋田に到着です。
約6時間半ですが、一風呂浴びて一杯やって寝ている間に移動
出来る事がフェリーの魅力でもあります。本日の走行は591kmでした。





e0254365_17461191.jpg

明けて6月4日の早朝は、定刻より少し早目に秋田港に到着です。
下船はオートバイが優先的に先に下りれます。





e0254365_17465192.jpg

秋田港でのワンショットです。





e0254365_17472526.jpg
R101を北上すると、ご覧のような巨大ナマハゲと遭遇出来ます。





e0254365_17481535.jpg

「男鹿」駅に到着したのが午前6時過ぎで、さすがに駅周辺も閑散と
していました。





e0254365_17485958.jpg

「男鹿」駅はJR東日本の男鹿線の終着駅で、2012年にナマハゲが
訪れる古民家をコンセプトに、駅舎がリニューアルされたようです。
駅自体も非常に綺麗で、清潔感溢れる駅舎だったのが印象的でした。





e0254365_17495413.jpg

場所はこちらです。男鹿半島の南の中心部に位置していますね。
ここから北東部にある入道崎にも行きたかったのですが、時間を考慮して
パスしました。





e0254365_17505752.jpg

秋田自動車道、東北自動車道、八戸自動車道を経由し九戸ICで下り、





e0254365_17512555.jpg

3番目の目的地である岩手県の太平洋側に位置する「久慈」駅に
やって来ました。駅前は綺麗に整備されています。





e0254365_17522536.jpg

「久慈」駅はJR東日本の八戸線と、三陸鉄道リアス線が乗り入れて
いる駅で、両線ともこの駅が終着駅になっています。さらに独立した
駅舎を持っています。





e0254365_17531970.jpg

入場券を購入してホームの様子も覗いて見ました。





e0254365_17534923.jpg

場所はこちらになります。





e0254365_17542198.jpg

少しばかり道草をして、北山崎にやって来ました。





e0254365_17544976.jpg

久慈から比較的近く、こんな時でないと立寄れません。
お馴染みのワンショットです。この日はここから山形県の長井市まで
走り、宿泊場所に到着致しました。本日の走行742kmでした。





e0254365_17565344.jpg

6月5日は午前6時30分から行動開始です。お世話になったビジネスホテル
「シンシア」さん前です。





e0254365_17573741.jpg

今回4番目の訪問駅、山形鉄道フラワー長井線の「荒砥」駅にやって来ました。
昨晩立寄れない事はなかったのですが、やはり明るい時間帯に越した事は
ありません。





e0254365_17583412.jpg

フラワー長井線は、山形県南陽市の赤湯駅から西置賜郡白鷹町の荒砥駅に至る
山形鉄道が運営しており、JR東日本の長井線を引き継いだ路線です。
フラワーの名称は、沿線に花の名所が多い事が由来のようです。





e0254365_17592676.jpg

ホーム側から撮影してみました。頭上のステンドグラスが泣かせます。
午前7時頃の様子ですが人影も殆どなく、ホノボノとした佇まいの駅舎でした。





e0254365_18001320.jpg
場所はこちらです。





e0254365_18010145.jpg

「荒砥」駅を後にして、米沢~喜多方~会津若松~R252~魚沼を相応の
ペースで走りました。小出ICから関越自動車道に入り、谷川岳PAで早目の
昼食を済ませました。





e0254365_18021091.jpg

水上ICで下りて約10km、最後の訪問駅である「土合」駅に到着しました。
休日にはこの駅を訪れる方も多いようですが、平日のこの時間帯は閑散と
しており、このアングルからだと廃墟のようにも見えますね。





e0254365_18030449.jpg

階段の前にやって来た時、もう下りるのは辞めようかと思いましたね。
周りには誰もいません。少しばかり恐怖を感じた瞬間でした。





e0254365_18035328.jpg

日本一のモグラ駅。この解説の通りですが、とても私の老体では10分で
上がり切れるハズがありません。





e0254365_18043456.jpg

「土合」駅はJR東日本の上越線の駅で、下りホーム(新潟方面)は
新清水トンネル内に有ります。1970年代には、谷川岳に登るハイカー達による
乗降客で賑わった黄金時代もあったようです。谷川岳に登る方々にとっての
ウォーミングアップとしての階段でもあったようですね。





e0254365_18054323.jpg

駅は無人です。ホームはこのような眺めです。





e0254365_18061542.jpg

上りホーム(東京方面)は地上駅です。





e0254365_18064625.jpg

上りのホームと下りのホームの高低差はなんと81mも
あるそうです。





e0254365_18073009.jpg

こちらが「土合」駅です。





e0254365_18080297.jpg

帰りは水上ICから高速に入り、相応なペースではしりつつ、
名神高速の集中工事をかわしながら何時もの草津PAに
到着致しました。
今回の東北ツーリングは、一滴の雨にも遭遇する事なく
ラッキーでしたね。
本日の走行935kmで、3日間の総走行距離は2,268kmでした。







by motorradkyoto | 2019-06-21 18:09 | Event&Campaign | Comments(0)


<< 認定中古車と認定外中古車のご紹介      駅 「ステーションラリー」レポ... >>