人気ブログランキング |

motorrad kyoto staff blog

mtrkyoto.exblog.jp
ブログトップ

2012年 01月 15日 ( 1 )


2012年 01月 15日

愛車紹介 " 特別編 "

本日は、K1200R-SPORTの納車がありました。
当店にて大事に保管していた登録済未使用車両です。
あまりに大事にしすぎたので車検が切れてしまいました・・・。
なのでお客様には、新たに検査を受けてお渡しさせて頂きました。
それにしてもあらためて青空の下お引渡しする車両を見てみると
なかなかカッコよいですね。

販売台数も非常に少なく殆んど中古車市場には、並んで無いと
思います・・・・。そこで朗報!チラッとW営業マンに聞いたのですが、
近々K1200R-SPORTのホワイトアルミが入荷するとかしないとか・・・・。
それに距離も5,000㎞位らしい・・・・。なんてことも言ってました。
なので新しい情報が、入り次第詳しく告知したいと思いますのでお楽しみに!

さて、今回は、いきなり特別偏といたしまして前回ご紹介させて頂いた。
林さんのR100RTに対しての愛情の深さが、感じられる貴重な
コレクションをご紹介したいと思います。

題して「林さんの宝物」
林さんの愛車、BMW R100RT が10万kmに達しようとしていた時、
その記念にとお嬢様の友人であるプロモデラーにお願いし、
1/12スケールのモデルを制作してもらうことにしたそうです。
その模型がこちらです・・・・・・・。
e0254365_20176100.jpg

何と言うことでしょ~♪みたいな感じでとても精巧にできているのに
この画像を編集しながら驚きました「ム~・・・実物が見てみたい・・・・。」



もともと、林さんの誕生日プレゼントにとお嬢様が考えていたそうですが・・・・・。
まっ、こう言う品には、色々エピソードがつきものですよね。
で、模型の話しに戻りましてベースは1999年発売のネイキッドバイクシリーズ
「BMW R100RT」だったそうですが、初期タイプだったという事もあり
殆んど作り直しが必要となったそうです。ここで作り直すという発想が、
僕からすれば、ただ、ただ、尊敬です・・・・。
e0254365_20281374.jpg

こんなにいろんな角度から写真を撮って・・・・本気度が、伝わってきますね。





それと凄いことに、後期タイプ用にパーツの作り直しから、キッドにはなかった
パニアケース、ホイールを新たに制作すると言う徹底ぶりが伺えます。
シート形状や模様の変更は当たり前、リアサスペンションをモノサスに
更には、リアブレーキをディスクからドラムブレーキに変更 ウヒョ~ッ!
フロントフェンダーやマフラー、サイドカバーなども形状を変更するなど
いったい何処まで行くのだろう・・・・。まだまだ行きますよ!続き・・・
カウル内の小物入れや空気取入れ口、メーター類なども追加制作。
細かいところでは、ミラーやブレーキパッド、ブレーキペダルの取り付け位置の
変更などなど・・・・・。
各種配線も追加してあり、驚くことになんとパニアケースに貼られている
ステッカーも実物を写真撮りし、プリントアウトしたものを貼ったと
言うから驚き桃の木山椒の木です。
e0254365_20403247.jpg

まるでテレビの番組のワンシーンみたい・・・。


e0254365_20423777.jpg

それにコレは、いったいなんでしょう?発売されてるのかな・・・・・・?



約一ヶ月の月日が流れ170時間を費やし出来上がったモデルは、
林さんのの大切なR100RTに限りなく近いものとなったみたいですね。
e0254365_20455627.jpg

最後にご本人さんから一言

「1月17日は私の誕生日、この時期に、「愛車紹介」の最初を飾らせて頂いた京都モータークラブと、制作してくれたプロモデラー小林氏に心から感謝を申し上げます。」

いえいえどういたしましてこちらこそ宜しくお願いします。
それとR100RT 1/1&1/12をこれからも大切にしてくださいね。












    

by motorradkyoto | 2012-01-15 21:00 | お客様の愛車紹介 | Comments(0)