人気ブログランキング |

motorrad kyoto staff blog

mtrkyoto.exblog.jp
ブログトップ

2012年 03月 27日 ( 1 )


2012年 03月 27日

お客様の愛車紹介 Vol 8

本日は、朝からとても天気が好く久しぶりにポカポカ陽気でしたね!
暖かくなってきたのかバイクでのご来店が、何時もより
多く感じられました。それに当店オリジナルカスタム車両の
評判も上々で写真なども沢山撮っていただきました。
後は、ご成約いただければ、バッチリなんですけどね・・・・。

ところで今日は、面白い記事を目にしたのでご紹介しておきましょう。
なにやら国土交通省は26日、自動車のナンバープレートを
新たに横長の形状に切り替えることを検討すると発表したそうです・・・・。

国交省は4月24日までドライバーや関係者から意見を募り、
今夏をメドに有識者でつくる懇談会で結論を出すそうです。
現在は横33センチ、縦16・5センチですが、新たなプレートは
横52センチ、縦11センチ程度を想定しているそうです。
アルファベットを使うことや図柄の表示を認めることも検討してるんだって・・・・。
また、全国各地で希望が多い「ご当地ナンバー」などに対応するため、
多くの文字を入れても見やすくする狙いがあるそうですよ。
それにドライバーの間では「海外のような横長の方が格好いい」
なんて意見もあるみたいですね・・・・。
ただ、切り替えに伴う混乱や、コスト負担などの問題もあり、新たなプレートを
導入する場合でも早くても5年程度はかかるらしいですよ・・・・。
では参考画像をお見せしましょう・・・・・・。
e0254365_2212436.jpg

どうです皆さん?なんか無理がありません・・・・?
もう少しデザインが改善されないと僕的には、NGかも・・・・・?

さて、本日は、「新たなユーザーを開拓したスタンダードモデル」です。
新世代フラットツインの3番手として(R1100RS・R1150GS)1994年の年末に
発売されたR1100Rは、多くの新規BMWユーザーを
開拓したバランスの良いモデルでした。

スタイルには賛否両論ありましたが、現行モデルの1200シリーズと
比較してもそれ程遜色のない走行性を有しています。

e0254365_22242713.jpg

今回ご紹介する小森さんのR1100Rは、2000年登録の最後期モデルに
なります。初期のモデルと比較すると各部の仕上げが豪華になっており、
足付き性の良さと、アップライトなポジションと相まって、かなり販売
台数を伸ばしたモデルだそうです。





e0254365_22272778.jpg

オドメーターにご注目下さい!
走行は、111,000kmをオーバーしています。
新車からのメンテナンスは全て当店で施し、検査も一度も切らすことなく
継続されています。機外共に好調ななのは言うまでもありません。





e0254365_22291668.jpg

当時モトコさんのカウルと人気を二分した動研さんのビキニカウルが
装備され、それを所有される小森さんは長距離をメインに
12年間乗り続けて来られました。まさにBMWオーナーの鏡ですね!





e0254365_2231471.jpg

フロントシートはRS・RT同様に、3段階の調整機能付きです。
聞くところによるとBMWは、近い将来に電動調整式シートや
油圧調整式シートを送り出して来るとの噂もあるそうですよ。
どんなんやろ~想像もつかないですね・・・・?

我々はこのエンジンを総称してR259と呼んでいますが、一般的に
考えるとこのエンジンの動弁機構はどのように表現したら良いのか
未だに判りません。現行Rシリーズは紛れもないDOHCですが、
このシリーズのエンジンはSOHCでもOHVでもありません。

カムシャフトが、シリンダー中央部に有り短いプッシュロッドで
ロッカーアームを動かすので、さしずめハイカムOHV?・サイドカムOHV?

参考までにBMWの方では、
(空冷ハイカムシャフト4バルブ水平対向2シリンダーエンジン)と
呼んでいますが・・・・。なんて言われちゃいました・・・・。
何れにせよもうチョッとスマートなネーミングが、欲しかったですね・・・・。

by motorradkyoto | 2012-03-27 22:49 | お客様の愛車紹介 | Comments(0)