motorrad kyoto staff blog

mtrkyoto.exblog.jp
ブログトップ

2018年 06月 09日 ( 1 )


2018年 06月 09日

BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI モトラッド京都 ツーリング 後編!!レポート

皆さんこんにちは。
突然ですが6月の誕生石ってご存知ですか?
ムーンストーンなんかが代表ですが、ムーンストーンは、
悪霊を払い、予知能力を高め、ストレスを和らげ、
愛をもたらすと信じられてきた石だそうです。
どうして誕生石の話をしたかと言いますと・・・・
答えはこのツーリングの中に。
それでは、BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI
ツーリング後編です・・・。

e0254365_18465584.jpg

初日を早く寝たおかげでしっかりリフレッシュ。朝風呂も満喫。
ビュッフェ形式の朝食も、おかわり2回+デザートと快調快腸。
ますます横に育ちそうです。
元気はつらつで千年亭を後にした我々が、最初に向かったのは
鳥取観光地では超ベタベタの鳥取砂丘です。





e0254365_18535293.jpg

超ベタベタではありますが、意外と久しく行ってない方も多いのではないでしょうか?
かく言う私も、20年ぶりぐらいの訪問となりました。
昔は一頭しか見なかったラクダも三頭に増え、砂漠にはオアシスができて
いました。オアシスの周りは緑もちらほら見えてます。
このまま行くと30年後ぐらいには、ラクダが50頭、緑地は増えて森となり、
砂丘は公園の砂場ぐらいの面積になるかもしれません。
行ける時に行っておきましょう。





e0254365_18574526.jpg

さて次に向かったのは、空の駅でも有名な餘部鉄橋です。
2017年11月にはクリスタルタワーと言うエレベーターが完成し、
上まで一気に上ることができます。

以前は斜面を歩いて上って行ったので、今回はかなり楽チンです。





e0254365_18593973.jpg

エレベーターを待っている間、ドアの横にあるモニターでエレベーター
の内を見ることが出来ます。そこのあなた、見られてますよ!!(笑)





e0254365_19002147.jpg

空の駅では旧軌道を少し残して展望台への道としています。
旧線路の上で記念撮影。
天気も良くて展望台から見る海も綺麗です。

こういう線路を見ると、平均台みたいに歩きたくなるのは
何ででしょうか?





e0254365_19015134.jpg

お昼ごはんは豊岡にある『ホルモン武藤道場』さんです。

『お徳なのに、こんなにうまい』と
プロレスラー武藤敬司さんのお出迎えです。看板ですけどね。





e0254365_19025195.jpg

お昼からがっつりお肉です。
お手ごろ価格でしっかりお肉がいただけます。
私はハンバーグランチをチョイス。
肉汁たっぷりふわふわのハンバーグ。うまかった!!
お腹にムーンサルトプレスです。





e0254365_19321780.jpg

お腹を満たされた我々が次に向かったのは、
『玄武洞ミュージアム』です。2018年3月24日に、
リニューアルオープンされたばかりの綺麗な施設です。

入るなり大型アジアゾウ『ステゴドン』がお出迎え。





e0254365_19332707.jpg

館内に展示してある花模様の石ですが、これは花を描いてあるのでは無く
石に含まれている自然の模様で、磨きあげ立体的な花に見える
ようにしてあります。因みにお値段は2,000万円だとか・・・。

他にも色々な原石が展示してあり、金・銀・銅・プラチナ・ダイヤは勿論、
冒頭で触れた誕生石も1月~12月まで、原石から加工されたものまで展示してありました。
男性の皆様、女性と一緒に行くとねだられる可能性あるので要注意。(笑)





e0254365_19351449.jpg

そんな中、私が注目したのは写真の『さざれ石』です。国歌に出てきますね。
小さな石が集まり長い年月をかけ、やがて一つの巌になる。
その過程の状態がさざれ石なんですね。
国歌の意味って深いです。





e0254365_19362131.jpg

予備知識を得た状態で、近くの玄武洞を見学します。
規則正しく積みあがったレンガ造りのような洞窟。
これは全て自然が生み出した奇跡なんです。
写真では伝えきれませんが、目の当たりにするとかなり迫力あります。





e0254365_19373495.jpg

さて、実はこの日のツーリングのテーマは『山陰海岸ジオパーク』でした。
日本列島がアジア大陸の一部であった頃から現在至るまで、
多様に変化した地形・地質を直に感じていただこうという趣向だったのです。
鳥取砂丘や玄武洞は日本列島が出来る過程の産物です。
何万年もかけて出来上がるという、スケールのでかいとても珍しいものなんですね。

ところでこの旅の最初にお話していた『Shyness Space』(人見知り空間)は
その後どうなったかと言うと・・・・・
2日目の朝には写真のようにすっかり無くなっていました。
まさしくバイクの力で、『さざれ石の巌』となったようですね。
お後がよろしいようで。(笑)


[PR]

by motorradkyoto | 2018-06-09 19:39 | ユーザーツーリング | Comments(0)