人気ブログランキング |

motorrad kyoto staff blog

mtrkyoto.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ユーザーツーリング( 18 )


2019年 11月 12日

水曜ツーリング OHV限定/竹生島

水曜ツーリング OHV限定/竹生島_e0254365_15422451.jpg

こんにちは、スタッフのMr.Mです。
11月に入り寒さが急加速して来ましたね。
朝夕の気温差が大きく、
日中はまだ過ごし易い日もありますが日が暮れるとかなり寒いですね。
私の場合、暑さ、寒さを天秤に掛けるとまだ暑い季節の方が好きですね。
但し気温が35℃以下に限りますけどね。

今回のレポートは年に二回のみ行う水曜OHVツーリングのご報告でが、
今年はホントにバイクに乗れてなくて、
多分これが今年最後のツーリングになるのでは?との思いです。





水曜ツーリング OHV限定/竹生島_e0254365_15460865.jpg

集合場所はR161湖西バイパスの道の駅「妹子の郷」に午前8時です。
行き先は、琵琶湖の北部に位置する伝説とパワースポットの島と
名高い「竹生島」です。





水曜ツーリング OHV限定/竹生島_e0254365_15472679.jpg

午前9時30分のフェリーに乗る予定での集合時間でしたが、以外と
道路の渋滞に捕まり、少々慌てる場面もありました。フェリー乗り場から
少し離れた駐車場にバイクを止めました。





水曜ツーリング OHV限定/竹生島_e0254365_15492606.jpg

今回は湖西の今津から乗船しましたが、湖東の長浜からも乗船
可能です。どちらかと言うと、今津からの方がお客さんは少ないと
思います。





水曜ツーリング OHV限定/竹生島_e0254365_15502202.jpg

今津港で参加者全員で・・・。今回は私も含め11名の方にご参加
頂きました。天気はご覧の通り快晴です。降水確率は0%です。





水曜ツーリング OHV限定/竹生島_e0254365_15510769.jpg

フェリーはこのような雰囲気で快適です。土曜・日曜には、朱印帳を
持参された観光のお客さんで、かなりの賑わいとのお話でした。
竹生島へは私は2回目ですが、今日参加の皆さんは初めてとの事。
最初で最後の方もおられると思います。





水曜ツーリング OHV限定/竹生島_e0254365_15522727.jpg

前回来た時(10年以上前)には無かった?・・・。
最近は外国人観光客も増えているようです。




水曜ツーリング OHV限定/竹生島_e0254365_15543162.jpg

本堂への石段はかなりの急勾配です。でも今年はステーションラリーで
行った、筒石駅や土合駅で鍛えられたので問題なしでした。




水曜ツーリング OHV限定/竹生島_e0254365_15583152.jpg

宝巌寺の本堂です。御本尊は日本三弁才天の一つである
千手観音です。更に上には三重塔や宝宝殿も有りました。





水曜ツーリング OHV限定/竹生島_e0254365_16024403.jpg

観世音菩薩は西国三十三ヶ所観音霊場の第三十番札所として、
参拝の方の目的の一つでもあるようです。





水曜ツーリング OHV限定/竹生島_e0254365_16033528.jpg

龍神拝所からの眺めは絶景で、ここでは瓦に願い事を書き
湖面に突き出ている宮崎鳥居に投げた瓦が鳥居をくぐれば、
願い事が叶うと言われています。





水曜ツーリング OHV限定/竹生島_e0254365_16043700.jpg

フェリーの乗船場も、ここから見下ろすとなかなか風情がありますね。





水曜ツーリング OHV限定/竹生島_e0254365_16051350.jpg
本日ご参加頂いた車両です。
R75/5、R90S、R100S。





水曜ツーリング OHV限定/竹生島_e0254365_16070880.jpg

R80、R100RSが5台。




水曜ツーリング OHV限定/竹生島_e0254365_16060162.jpg

R100RT、R80GSベーシックの合計11台です。





水曜ツーリング OHV限定/竹生島_e0254365_16083692.jpg

今日は台数が多く、バイクの横並びの写真は無理でした。





水曜ツーリング OHV限定/竹生島_e0254365_16101494.jpg


海津大崎にて。





水曜ツーリング OHV限定/竹生島_e0254365_16112680.jpg

三々五々順次解散しましたが、名神高速の草津PAで最後の解散と
致しました。今回の走行距離は約220km位で、竹生島観光がメインと
なりました。トラブルもなく今回もヤレヤレです。次回は来年の4月です。




by motorradkyoto | 2019-11-12 16:14 | ユーザーツーリング | Comments(0)
2019年 04月 29日

水曜ツーリング OHV限定/常神半島・神子


水曜ツーリング OHV限定/常神半島・神子_e0254365_17011458.jpg


こんにちは、スタッフのMr.Mです。
今年のゴールデンウィークは10連休ですが、
平成から令和に年号が変わる歴史的なウィークになります。
10日連続で遊びの予定を組んでおられる方は羨ましい?限りですが、
まあ殆どの方がこの期間の数日を余暇に費やす計画でおられるハズなので、
結構分散され行楽地はそれ程混雑しないのではないかと思うのが私の予想です。
既にGWに突入しており期間中は毎度の事ながら業務に追われますが、
ご覧のスケジュールとなっておりますので、宜しくお願い申し上げます。




水曜ツーリング OHV限定/常神半島・神子_e0254365_17040287.jpg

さて今日は年に二回のみ行う水曜OHVツーリングのレポートです。
このツーリングの段取りは全て私の都合に合わせて頂き、お付合い
頂ける方には感謝しております。
今回のコースはほぼ一般道のワインディングがメインで、福井県の常神半島を
目指してのツーリングです。集合場所は京都縦貫道南丹PAです。





水曜ツーリング OHV限定/常神半島・神子_e0254365_17061676.jpg

京都の中部~北部は4月の中旬辺りが桜の見頃で、道中はなかなか
華やかなルートもありました。





水曜ツーリング OHV限定/常神半島・神子_e0254365_17065815.jpg

道の駅「名田庄」で小休止です。水曜日は閉館で、閑散として
いました。





水曜ツーリング OHV限定/常神半島・神子_e0254365_17094568.jpg

途中、皆さんとコーヒーブレイクです。





水曜ツーリング OHV限定/常神半島・神子_e0254365_17110738.jpg

恒例の集合写真も怠りはございません。少々逆光になりました。





水曜ツーリング OHV限定/常神半島・神子_e0254365_17114077.jpg

常神半島の神子へ来れば、必ずお世話になるのが民宿「松岡」さん
です。色々とリクエストにお応え頂き・・・・、





水曜ツーリング OHV限定/常神半島・神子_e0254365_17122573.jpg

アルコールは抜きですが、





水曜ツーリング OHV限定/常神半島・神子_e0254365_17130015.jpg

満腹になりました。





水曜ツーリング OHV限定/常神半島・神子_e0254365_17132702.jpg

夕方からの天気予報が余りにも悪く、雨を少しでも避ける為に
予定のコースを変更致しました。





水曜ツーリング OHV限定/常神半島・神子_e0254365_17141572.jpg

時折水滴がヘルメットスクリーンを過ぎりましたが、何とか雨は回避する
事が出来ました。雨はいいのですが、路面が濡れ出すと嫌なモノです。





水曜ツーリング OHV限定/常神半島・神子_e0254365_17150574.jpg

今回はショートカッとルートで帰路に着いた事もあり、走行距離が258kmと
緩いツーリングとなりました。桜も程好く気温も20℃前後で、概ね良い一日が
過ごせました。次回は10月です。












by motorradkyoto | 2019-04-29 17:16 | ユーザーツーリング | Comments(0)
2018年 10月 26日

水曜ツーリング OHV限定/丹波周遊

水曜ツーリング OHV限定/丹波周遊_e0254365_17551280.jpg

こんにちは、スタッフのMr.Mです。
10月17日の水曜日に、恒例の(年に2回のみ行なう)OHV限定ツーリングに行って参りました。
天気予報は晴れで絶対雨はないと思っていましたが、
ホンマかいなと言うくらいの雨にも遭遇してしまいました。
ここ最近は車両のトラブルを警戒して、概ね250km前後のツーリングに止めていますが、
今回も最後の最後でトラブルが発生し、結果としてはこれ位のゆる~いツーリングで良かったと思います。

何せ車齢25年以上のバイクばかりで、
皆が同じレベルでメンテナンスを施しておられる訳ではありませんからね。
日頃過剰な整備を施していても、思いもよらないトラブルに唖然とする事も覚悟しておかねばなりません。
でもそこはさすがBMW、OHV系の部品供給は概ね問題ありません。
古いからと言って労わった使い方はご法度です。適度に回してシゴキ上げて下さいね。





水曜ツーリング OHV限定/丹波周遊_e0254365_18020691.jpg

集合場所は中国自動車道(下り)の赤松PAに午前9時集合です。
私は初参加のH谷さんとモトラッド京都店を午前8時に出発し、
集合場所に着いた折には皆さん到着しておられました。





水曜ツーリング OHV限定/丹波周遊_e0254365_18031679.jpg

滝野社ICを下り、「日本のへそ公園」駐車場で集合写真です。
A4サイズに引き伸ばし、ラミネート加工を施して後日ご参加頂いた方に
お配りしておりますが、今回で10枚目になりました。本日のフルキャストです。





水曜ツーリング OHV限定/丹波周遊_e0254365_18043394.jpg

道の駅「杉原紙の里多可」で小休止です。ここまでは快晴でした。





水曜ツーリング OHV限定/丹波周遊_e0254365_18050535.jpg

続けて道の駅「あおがき」で停まり、





水曜ツーリング OHV限定/丹波周遊_e0254365_18053635.jpg

コーヒーを飲みながら談笑している内にみるみると雨雲が
立ち込めて来ました。





水曜ツーリング OHV限定/丹波周遊_e0254365_18063263.jpg

ご覧の通り結構な雨脚で、雨雲レーダーで予想すると30分位は
お付合いが必要と判明致しました。皆さんには、今日は一滴の雨も
降りませんと言っていただけに面目なしでした。





水曜ツーリング OHV限定/丹波周遊_e0254365_18072980.jpg

本日、昼食の予約を入れておいた「篠山観光ホテル」に到着
する頃には、雨はスッカリ止みました。





水曜ツーリング OHV限定/丹波周遊_e0254365_18081247.jpg

メニューは名物「デカンショうどん」です。丹波栗入りの味噌仕立ての
出汁は口あたりが良く、平日のお昼の時間帯でも超満員でした。
予約の折に、12時~12時30分を希望したら、午後1時にして欲しいと
言われた意味が判りました。





水曜ツーリング OHV限定/丹波周遊_e0254365_18091425.jpg

少々お値段は高いですが、納得のお味でしたね。





水曜ツーリング OHV限定/丹波周遊_e0254365_18094117.jpg

ホテルの駐車場にて。今日はGS系の参加者はおられませんでした。
今日の参加車は、R100RSが4台、R100S、R100トラッド、R80の
7台の布陣でした。





水曜ツーリング OHV限定/丹波周遊_e0254365_18121079.jpg

R372を経由してショートカットルートで園部から京都縦貫道に入り、
その後南丹PAで流れ解散となりました。次回は来年の4月を予定
しております。

追伸:解散後は最後尾を走り沓掛ICを下りた所で、白のR100RSで
   ご参加頂いたO倉さんが停まっておられました。所持品の確認でも
   されているのかなと思いきや、しばらくすると電話が入り、インカムの
   スイッチを押すとO倉さんからで、カウリングが脱落して走行が困難との事。
   取合えずIC出口からモトラッド京都店まで約1km程なので、何とか自走で
   走って来て頂きました。よくよく検証すると、メインのフェアリングブラケットの
   センター部分の溶接が綺麗に剥がれ落ち、カウルがメーターナセルや
   ヘッドライトケースと干渉してお話にならない状態でした。私も今まで
   R100RSのトラブル車両を数多く見てきましたがこれはさすがにお初でしたね。
   O倉さん曰く「今日出発してから少しカタカタと異音がし出してたけど、
   まさかこうなるとは・・・。」で、即入院となりました。
ホーンブラケットの振動による脱落はよく発生しますが、こんな事も
   あるんだと学習させて頂きました。でもトラブルが遠方でなくて良かった~。





by motorradkyoto | 2018-10-26 18:18 | ユーザーツーリング | Comments(0)
2018年 06月 09日

BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI モトラッド京都 ツーリング 後編!!レポート

皆さんこんにちは。
突然ですが6月の誕生石ってご存知ですか?
ムーンストーンなんかが代表ですが、ムーンストーンは、
悪霊を払い、予知能力を高め、ストレスを和らげ、
愛をもたらすと信じられてきた石だそうです。
どうして誕生石の話をしたかと言いますと・・・・
答えはこのツーリングの中に。
それでは、BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI
ツーリング後編です・・・。

BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI モトラッド京都 ツーリング 後編!!レポート_e0254365_18465584.jpg

初日を早く寝たおかげでしっかりリフレッシュ。朝風呂も満喫。
ビュッフェ形式の朝食も、おかわり2回+デザートと快調快腸。
ますます横に育ちそうです。
元気はつらつで千年亭を後にした我々が、最初に向かったのは
鳥取観光地では超ベタベタの鳥取砂丘です。





BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI モトラッド京都 ツーリング 後編!!レポート_e0254365_18535293.jpg

超ベタベタではありますが、意外と久しく行ってない方も多いのではないでしょうか?
かく言う私も、20年ぶりぐらいの訪問となりました。
昔は一頭しか見なかったラクダも三頭に増え、砂漠にはオアシスができて
いました。オアシスの周りは緑もちらほら見えてます。
このまま行くと30年後ぐらいには、ラクダが50頭、緑地は増えて森となり、
砂丘は公園の砂場ぐらいの面積になるかもしれません。
行ける時に行っておきましょう。





BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI モトラッド京都 ツーリング 後編!!レポート_e0254365_18574526.jpg

さて次に向かったのは、空の駅でも有名な餘部鉄橋です。
2017年11月にはクリスタルタワーと言うエレベーターが完成し、
上まで一気に上ることができます。

以前は斜面を歩いて上って行ったので、今回はかなり楽チンです。





BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI モトラッド京都 ツーリング 後編!!レポート_e0254365_18593973.jpg

エレベーターを待っている間、ドアの横にあるモニターでエレベーター
の内を見ることが出来ます。そこのあなた、見られてますよ!!(笑)





BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI モトラッド京都 ツーリング 後編!!レポート_e0254365_19002147.jpg

空の駅では旧軌道を少し残して展望台への道としています。
旧線路の上で記念撮影。
天気も良くて展望台から見る海も綺麗です。

こういう線路を見ると、平均台みたいに歩きたくなるのは
何ででしょうか?





BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI モトラッド京都 ツーリング 後編!!レポート_e0254365_19015134.jpg

お昼ごはんは豊岡にある『ホルモン武藤道場』さんです。

『お徳なのに、こんなにうまい』と
プロレスラー武藤敬司さんのお出迎えです。看板ですけどね。





BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI モトラッド京都 ツーリング 後編!!レポート_e0254365_19025195.jpg

お昼からがっつりお肉です。
お手ごろ価格でしっかりお肉がいただけます。
私はハンバーグランチをチョイス。
肉汁たっぷりふわふわのハンバーグ。うまかった!!
お腹にムーンサルトプレスです。





BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI モトラッド京都 ツーリング 後編!!レポート_e0254365_19321780.jpg

お腹を満たされた我々が次に向かったのは、
『玄武洞ミュージアム』です。2018年3月24日に、
リニューアルオープンされたばかりの綺麗な施設です。

入るなり大型アジアゾウ『ステゴドン』がお出迎え。





BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI モトラッド京都 ツーリング 後編!!レポート_e0254365_19332707.jpg

館内に展示してある花模様の石ですが、これは花を描いてあるのでは無く
石に含まれている自然の模様で、磨きあげ立体的な花に見える
ようにしてあります。因みにお値段は2,000万円だとか・・・。

他にも色々な原石が展示してあり、金・銀・銅・プラチナ・ダイヤは勿論、
冒頭で触れた誕生石も1月~12月まで、原石から加工されたものまで展示してありました。
男性の皆様、女性と一緒に行くとねだられる可能性あるので要注意。(笑)





BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI モトラッド京都 ツーリング 後編!!レポート_e0254365_19351449.jpg

そんな中、私が注目したのは写真の『さざれ石』です。国歌に出てきますね。
小さな石が集まり長い年月をかけ、やがて一つの巌になる。
その過程の状態がさざれ石なんですね。
国歌の意味って深いです。





BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI モトラッド京都 ツーリング 後編!!レポート_e0254365_19362131.jpg

予備知識を得た状態で、近くの玄武洞を見学します。
規則正しく積みあがったレンガ造りのような洞窟。
これは全て自然が生み出した奇跡なんです。
写真では伝えきれませんが、目の当たりにするとかなり迫力あります。





BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI モトラッド京都 ツーリング 後編!!レポート_e0254365_19373495.jpg

さて、実はこの日のツーリングのテーマは『山陰海岸ジオパーク』でした。
日本列島がアジア大陸の一部であった頃から現在至るまで、
多様に変化した地形・地質を直に感じていただこうという趣向だったのです。
鳥取砂丘や玄武洞は日本列島が出来る過程の産物です。
何万年もかけて出来上がるという、スケールのでかいとても珍しいものなんですね。

ところでこの旅の最初にお話していた『Shyness Space』(人見知り空間)は
その後どうなったかと言うと・・・・・
2日目の朝には写真のようにすっかり無くなっていました。
まさしくバイクの力で、『さざれ石の巌』となったようですね。
お後がよろしいようで。(笑)



by motorradkyoto | 2018-06-09 19:39 | ユーザーツーリング | Comments(0)
2018年 06月 07日

BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI モトラッド京都 ツーリング 前編!!レポート

皆さんこんにちは。いよいよ6月に入りました。梅雨にも入っちゃいましたね。
ここ最近は物凄く晴れて気温が上ったり、朝晩は震えるぐらいに寒かったり。
雨が降るときは滝のようだったりします・・・。
荒れ狂う気候のおかげでちょっと風邪引いてしまいました。
○○は風邪引かないらしいので、その疑いは晴れそうです。
さてここ数日ばたばたで、遅くなってしまいましたが
5月19~20日に鳥取県はわい温泉で開催された。
BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI ツーリングの模様を
前編・後編でお伝えいたします。
はわい温泉まで高速を使えば『あっ!!』という間に着いてしますので、
今回も一般道中心で走ります。


BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI モトラッド京都 ツーリング 前編!!レポート_e0254365_15462301.jpg

今回の集合地点も、モトラッド京都前です。
AM7:00出発前の集合写真をパシャリ!!
初めての顔合わせと言うこともあり、少し緊張ぎみの方も。
人と人の隙間が大きいですね。
これは、お互いの縄張り意識が自然に表面に出てくる心理的行動。
学会では『Shyness Space』(人見知り空間)といいます。
・・・・はい、適当にそれっぽく作ってみました。(笑)





BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI モトラッド京都 ツーリング 前編!!レポート_e0254365_15500414.jpg

天気は曇り。今にも降りそうで降らない。合羽を着るべきか悩みます。
雨は降らないですが、気温が下がってまあまあ寒い。
篠山辺りで15℃とバイクのオンボードコンピューターが教えてくれました。
道路に備え付けの気温計は13℃だったので、少し誤差がありますね。
冷えた体を多可郡にある『Borage』さんのモーニングセットで
暖めます。とてもおしゃれでスタッフの方の感じも良いお店です。





BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI モトラッド京都 ツーリング 前編!!レポート_e0254365_15522626.jpg

今回のツーリングは雨にこそ会わなかったものの、
ほぼほぼ道路は濡れていました。
国道29号線へ抜け『若桜街道』を北上。
この道は鳥取市に向かう快走路なのですが、標高の高い
所まで行くと更に寒い。10℃とメーターに表示されました。
誤差を考えると・・・8℃!?





BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI モトラッド京都 ツーリング 前編!!レポート_e0254365_15535845.jpg

写真には撮れませんでしたが、途中『イオンモール鳥取北 42km直進』という
何ともスケールのでかい看板を発見しました。
この辺りの人にとって、42kmはちょっとそこの感覚なんでしょうか。

PM1:00 海鮮市場『かろいち』に到着。
その中にある『いか太郎』さんで昼食です。





BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI モトラッド京都 ツーリング 前編!!レポート_e0254365_15561638.jpg

写真の丼が今日の一押し、『モサえび丼』です。
モサえびは甘エビより大きくて、とても美味しいのですが、
鮮度が落ちやすく、流通していないご当地名物です。
もともとは猟師さんが、船の上で食べていたぐらいの物だったようです。
このモサえび丼のえびの頭は、から揚げにしてありスナック菓子のような食感。
えびもプリプリして美味しかった。イカ太郎さんはイカ丼も美味しいらしいです。
次はイカ丼を食べる予定。





BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI モトラッド京都 ツーリング 前編!!レポート_e0254365_15590842.jpg

食事の後は、隣の『とっとり賀露かにっこ館』を見学。
入場料は無料で、海の生き物に触れられたり、いろんな種類の
蟹を見れたり、中々楽しい所です。

そこで我々が驚いたのは写真の松葉蟹です。形や大きさ・身のつまり具合
等々でランク付けされ、最高クラスを『五輝星』といいます。
『70万円の蟹・・・ETCも付いてないのに、G310と・・・』
そんな事を思ってしまいました。




BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI モトラッド京都 ツーリング 前編!!レポート_e0254365_16001217.jpg

隣の水槽には、日本近海の深海部で獲れるタカアシガニがいました。
もうこれは立派にエイリアンですね。産卵期には浅瀬に来るようですが
泳いでいて水中でこれを見つけたら溺れる自信があります。

触角だけヒクヒクさせジッとしてます。一体何を考えているんでしょう?
『あの松葉ガニが70万やと~。それならわしは300万じゃい!!』
って訴えてるのかもしれません。





BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI モトラッド京都 ツーリング 前編!!レポート_e0254365_16040226.jpg

タカアシガニの迫力に、ファインダー越しでも引いてしまいます。
タカアシガニ『オウ!!ワシはなんぼじゃい!!』
S本さん『さ、さんびゃくまんえん・・・。』
って絵に見えます。(笑)





BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI モトラッド京都 ツーリング 前編!!レポート_e0254365_16081468.jpg

かろいちを後にし、一行はハワイ温泉千年亭へ。
PM3:30到着すると、もうかなり車両は集まっていました。
駐輪場の自転車のごとくズラリと並べられているバイク。それが全て
BMWと言うのは凄い迫力です。
こういうイベントでしか中々見られない風景です。





BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI モトラッド京都 ツーリング 前編!!レポート_e0254365_16093914.jpg


温泉に入り気分爽快。PM 6:30宴会開始です。
ご馳走とお酒でテンション上ります。
『N脇君。これは五輝星の蟹か?』
N脇『え~~~っと、たぶん違うと思います。四輝星ぐらいです。』(笑)
写真撮る暇無いくらい、沢山の料理が出てきて食べるのに必死。





BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI モトラッド京都 ツーリング 前編!!レポート_e0254365_16250026.jpg


今回もマグロの解体ショーがありました。
油ののったマグロ。その大きさは40kg!!かなり迫力あります。
これが40kg、大間のマグロは400kgクラスもいるらしいです。
そう思うと400kgのそれは、もはやマグロじゃなく牛ですね。
取れたての新鮮なマグロをさばいてすぐ食べる。
美味しくないわけない。





BMW Motorrad Kansai Weekend in HAWAI モトラッド京都 ツーリング 前編!!レポート_e0254365_16284802.jpg

宴の終盤にはビンゴゲームも有りました。いつもの如く全然穴が開かないと思いきや、
けっこう序盤でリーチのリーチが3つほど出来上がり、今回はいけるのではと思いました。
結果、最後にコールされた数字でリーチが一つ完成・・・・・。逆に天晴れです(涙)

適度の疲れとお酒の力で、皆さん速攻で夢の中・・・  後編へ続く・・・








by motorradkyoto | 2018-06-07 16:32 | ユーザーツーリング | Comments(0)
2018年 05月 01日

水曜ツーリング OHV限定/六甲山周遊

水曜ツーリング OHV限定/六甲山周遊_e0254365_18041373.jpg


こんにちは、スタッフのMr.Mです。4月18日の水曜日に、年に2回のみ行なうOHV限定ツーリングに行って参りました。天気予報が1日単位でコロコロ変わり、前日の17日の予報では降水確率が70%となっていましたが、西から急速に天気が回復するであろうとの事で決行と致しました。行き先はあまりにも近場過ぎて案外行かれた事のない六甲山です。と言うのも、土曜・日曜・祝祭日は二輪乗り入れ禁止地域であり、ここ15年位の間に近辺が再開発されリニューアルされた施設が多く、皆さんを案内したかったからです。私は家内や彼女を連れて(嘘です)年に2回ばかり来る事があるので、近場にして満足度はかなりの高得点エリアです。





水曜ツーリング OHV限定/六甲山周遊_e0254365_18064195.jpg

集合場所は中国自動車道(下り)の西宮名塩SAに午前10時と
致しました。当初午前9時に予定していましたが、雨が午前8時頃まで
残りそうだったからです。





水曜ツーリング OHV限定/六甲山周遊_e0254365_18073792.jpg

私を含め8名での布陣です。ご参加される方の顔ぶれも固定化して
来ましたが、新たに参加されたい方もどうぞご遠慮なくお申し出
下さい。大歓迎ですよ。





水曜ツーリング OHV限定/六甲山周遊_e0254365_18083654.jpg

裏六甲を駆け上がり、出発してほんの30分程でガーデンテラスの
駐車場に到着です。二輪も有料ですがやはり平日は閑散としています。





水曜ツーリング OHV限定/六甲山周遊_e0254365_18091731.jpg

ガーデンテラスのデッキでコーヒーブレイクです。





水曜ツーリング OHV限定/六甲山周遊_e0254365_18094803.jpg

六甲山頂からは関西国際空港・神戸空港・大阪国際空港(伊丹空港)の
関西主要の3大空港が臨めます。





水曜ツーリング OHV限定/六甲山周遊_e0254365_18103186.jpg

せっかくなのでガーデンテラス内の高台にある自然体感展望台
「六甲枝垂れ」にも足を運んでみました。こちらも有料です。





水曜ツーリング OHV限定/六甲山周遊_e0254365_18112034.jpg

男性のガイドさんのエスコートもあり、知らない世界を知る事が
出来ました。自然界の力量を思い知りました。





水曜ツーリング OHV限定/六甲山周遊_e0254365_18120611.jpg

S口さんは「俺は行かん」との事で下界で待っておられたので、
ガイドさんに写してもらいました。





水曜ツーリング OHV限定/六甲山周遊_e0254365_18130259.jpg

昼食は歩いてすぐ近くの、見晴らしテラス内の「グラニットカフェ」さんで
頂こうかと思いましたが、私が何度も行っているので・・・・・、





水曜ツーリング OHV限定/六甲山周遊_e0254365_18135482.jpg

10分ばかりバイクで移動した所(六甲ケーブルの六甲山上駅の近く)
にある「テンランカフェ」さんで頂く事にしました。





水曜ツーリング OHV限定/六甲山周遊_e0254365_18151569.jpg

昼食後にコーヒーを飲みながら、店のデッキからの眺めは申し分
ありませんでした。お客さんは女性客かカップルのみで、我々
オッサン連中には予想通り場違いの店でした。天気も急激に良くなり
汗ばむ陽気になりました。





水曜ツーリング OHV限定/六甲山周遊_e0254365_18162826.jpg

表六甲下りの某駐車場で恒例の記念撮影です。





水曜ツーリング OHV限定/六甲山周遊_e0254365_18170306.jpg

左側から・・・・・、





水曜ツーリング OHV限定/六甲山周遊_e0254365_18173010.jpg

右側から・・・・・。





水曜ツーリング OHV限定/六甲山周遊_e0254365_18183744.jpg

帰路の阪神高速5号湾岸線を走行途中に、S口さんが突然ストップされました。





水曜ツーリング OHV限定/六甲山周遊_e0254365_18192311.jpg

ご覧の通り、オドメーターが一回りしたようですね。10万km達成です。
これで新車気分で気持ちも新たに乗り続けられるに違いありません。
空冷OHVボクサーは、部品供給が途絶えない限り100年は充分お乗り
頂けます。管理ユーザー様の中にはOHVボクサーで10万kmオーバーの方が
3人おられます。どの車両も輝きと風格が漂っていますね。





水曜ツーリング OHV限定/六甲山周遊_e0254365_18205289.jpg

天保山を経由して阪神高速16号大阪港線に入りました。
朝潮橋PAに立寄りこちらで解散です。走り足りないこの日のツーリング
でしたので、次回は今日の2倍位は走りたいと思います。本日の走行
約180kmで、「走る」 より 「話す」時間が殆どの一日でした。
次回開催は10月の予定です。





水曜ツーリング OHV限定/六甲山周遊_e0254365_18223345.jpg

追伸:さて今年の店舗主催のラリーは「うどん・ラーメン ラリー」ですが、
   毎度の如く私が店舗代表でエントリーしております。とある休日に
   先ずは近場の和歌山の「元車庫前丸宮」さんへ行って来ました。
   阪和自動車道の海南東ICまで高速で走り、





水曜ツーリング OHV限定/六甲山周遊_e0254365_18374782.jpg

マリーナシティー周辺を少し巡回しました。





水曜ツーリング OHV限定/六甲山周遊_e0254365_18382585.jpg

お店の正面です。こちらの店には過去に5回程立寄っていますが、
この日は初めてチャンポンとギョーザを注文しました。丸宮さんは
やはりシンプルな中華そばが一番美味しいと思います。





水曜ツーリング OHV限定/六甲山周遊_e0254365_18454964.jpg

場所はこちらです。帰路は和歌山城を横目に見ながら和歌山ICから
高速に乗りました。往復高速です。本日の走行283kmでした。
GW明けの3連休を利用して、中国・四国・九州の店舗を廻る
予定です。お店の営業時間と、GW明けの臨時休業等に遭遇したら
もう最悪ですが、アンテナを張り巡らせて行って来る予定です。












by motorradkyoto | 2018-05-01 18:47 | ユーザーツーリング | Comments(0)
2018年 04月 08日

ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その2

先日の雨で桜は終わってしまいましたね。今年は一気に咲いて、サッと散って行った気がします。4月も半ばに向かいGWも近づいてきました。皆さんご予定はいかがですか?前回我々が行った淡路島は小さい島ですが、結構見所がいっぱいあって面白いですよ。それでは、ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!! 後編です。





ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その2_e0254365_11302296.jpg


さて『いづも庵』さんでたまねぎ一個飲み込んだ我々が
次に向かったのが、南淡路伊毘港にある『マリノポート伊毘』さんです。
ここで目的の一つ『船に乗ってグルグルする』ため、渦潮クルージングします。

受付に到着しました。





ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その2_e0254365_11315177.jpg

見つめる先にあるのが・・・・





ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その2_e0254365_11325722.jpg

今回お世話になるクルージング船『ヘリオス』!!
定員24名ほどのクルーザーです。

手前のちっさいのは、船長のマイボートらしいです。
ヘリオスに30回乗った超上級者は、船長のマイボートに乗船して
渦に巻き込まれる、何とも荒々しい『海の藻屑体験』が出来ます。(嘘です)





ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その2_e0254365_11343396.jpg

約5分ほどで鳴門海峡へ到着。
写真は海から見上げる鳴門大橋です。
この辺りの波は穏やかですが・・・





ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その2_e0254365_11355434.jpg

橋の下辺りから潮の流れが速くなりまるで川のようです。

太平洋が満潮になると瀬戸内に向かって徐々に海面が上ります。
海面は大阪湾⇒明石海峡⇒瀬戸内海の順に上っていき、
瀬戸内の海面が上る頃に太平洋は干潮となり、そこに海面の
高さの差ができます。そして鳴門海峡で早い流速が生まれ
海底の地形等の影響で渦が発生します。
こんな現象が観られるところは世界的に見ても非常に珍しいらしいです。
写真をよく見ると、奥は瀬戸内海ですが穏やかでしょ。





ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その2_e0254365_11375908.jpg

このように、大小いくつもの渦が時間帯によって観る事ができます。

ところで皆さん、鳴門の渦潮って映画パイレーツオブカリビアンに出て
くる、巨大アリ地獄みたいなやつを想像してませんでした?
何を隠そう、私はそう言うのを想像していました・・・(汗)
吸い込まれたら、琵琶湖辺りから湧き出てくるものと・・・違いました。





ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その2_e0254365_11392007.jpg

この日は大潮で渦が沢山観れました。
船も揺れたのですが、船酔いさせる隙なんてありません。
みんな大盛り上がり!!





ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その2_e0254365_11420290.jpg

よく渦潮クルージングと言えば写真後ろに写っているような、
豪華客船みたいなので観覧される方が多いですが、
ヘリオスは凄い迫力!!手を伸ばせば渦に触れそうです。





ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その2_e0254365_11430498.jpg

クルージングを終えて、興奮冷めやらぬ我々はコンビニで小休止。
コンビニコーヒーでクールダウン。
ホット頼んだけど(笑)





ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その2_e0254365_11435411.jpg

コンビニを出発して、一行は淡路島南東の海沿いの道を走ります。
見通しの良い長い道が続きます。
この辺りは水仙郷が有名です。見ごろは12月~2月ごろ。
ちょっと遅い。





ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その2_e0254365_11450695.jpg

そして辿り着いたのが洲本城跡です。
目的の『殿様気分で絶景』をここの天守閣跡地からと思っていましたが
ハプニング発生。この日の淡路島は桜満開で、花見の人がいっぱい!!
天守閣跡地でのパノラマ風景は断念しましたが・・・駐車場から観えた桜が
とても綺麗で良かったです。思わず写真をパシャリ!!





ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その2_e0254365_11462364.jpg

洲本城を後に、次に向かったのはタコせんべいの里。
このせんべいを買って帰れば、嫌いな人も少ないので
いいお土産になります。

それにしても今回、終始BMWの旗をなびかせていたT木さん、
北海道のホクレンの旗を思い出しました。
ビシッと決まってますよ!!シブイッス!!





ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その2_e0254365_11475216.jpg

最後は道の駅淡路に向かいます。
途中サンセットラインという淡路島北西の海岸通を走るのですが、
残念ながらガスがかかっていて、夕日はあまり綺麗ではありませんでした。
今度もし走る機会があれば参考にしてください。

道の駅淡路で明石大橋をバックに記念撮影。
皆さんお蔭様で今回も楽しかったです。ありがとうございました。





ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その2_e0254365_11492323.jpg

因みに、この写真はM村店長と二人で下見した時のサンセットラインです。

たそがれ時・・・波打ち際で沈み行く夕陽を眺める・・・オッサン二人・・・・・
あれ?何でだろう!?涙が止まらないや。アハハハハ・・・・

さて、気を取り直してオッサンらしくダジャレで纏めますよ。
『橋と橋を繋いで端から端まで走りましたが、淡路は知りたい事まだまだいっぱいでした。』
淡路島の標語に採用されんかな???兵庫だけに・・・・フッ( ̄ー+ ̄)完璧

また走りに行きましょう!!
最後に動画を楽しんで下さい!



あ~面白かった。


by motorradkyoto | 2018-04-08 11:54 | ユーザーツーリング | Comments(0)
2018年 04月 05日

ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その1

皆さんこんにちは。四月に入りめっぽう暖かくなってまいりました。
心地よい春の陽気で眠たくなります。『ええなぁ~春って・・・』
ふと我に返ると、口を開けポケ~っと空を見ている自分に気付きました。
『マズイ!!アホに成りかけてる・・・』
そんな自分に渇を入れる為、今回も皆さんと一緒に旅をしてまいりました。
目的地は『淡路島』です。
内容が濃厚すぎるので、今回は2回に分けてお届けします。


今回は3月21日に雨で中止となったツーリングの振り替えです。
旅の目的は、淡路島である意味本物のたこ焼きを食べ、
体をぐらぐらと揺らされ、『たまねぎつけ麺』なのか?『麺つけたまねぎ』
なのか?どっちが主役かわからん物を食らい、船でグルグルしてから
殿様気分で絶景鑑賞すると言った盛り沢山の内容です。
ん!?意味分からんですか?それではツーリングレポートをご覧ください。





ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その1_e0254365_20440639.jpg

今回のスタート地点はモトラッド京都。
朝6時45分集合の7時出発ですが、6時半には殆ど来られていました。
意気込みを感じます。
N脇『淡路島に行きたいかー!!』 皆さん『イエーイ!!』
アメリカ横断ウルトラクイズみたいな掛け声してみたかったな~。
(えっ!?古い?)





ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その1_e0254365_20453483.jpg

この日は降水確率0%快晴だと思ったのですが、雲が多くて気温が
上らずけっこう寒い・・・・。
そんな中たどり着いた道の駅『東浦ターミナルパーク』。
ここで、一つ目の目的『ある意味本物のたこ焼き』を頂きます。
写真のコレです・・・。タコの焼○体・・・・





ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その1_e0254365_20465031.jpg

淡路島の海で獲れたタコを一匹丸ごとプレスでぺっちゃんこ。
プレスの時『プッキュィィィ~~』と断末魔のような音がします・・・(汗)
一匹を二人でシェアしてても結構なボリュウムです。

タコの姿焼きです。それにしても美味しい!!お酒のお供に最適です。
今回は飲めませんが、5月の羽合温泉一泊ツーリングでなら飲めます。
ぜひ一緒に行きましょう!!





ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その1_e0254365_20482289.jpg

さてここで、S1000RRオーナーM本さんとお別れです。
今年度から山口県でのお仕事となられ、最後に少し参加して
いただきました。今日はこのまま山口へ向かわれます。
M本さんは果敢にも当店名物鉄人ラリーにも参加&コンプリート
されたツワモノです。旅立つM本さんを皆でお見送り。
M本さん。新天地でも頑張って!!またいつか一緒に走りましょう!!





ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その1_e0254365_20500764.jpg

道の駅を後にして、一行は北淡震災記念公園に到着しました。
ここは阪神淡路大震災で出来た『野島断層』を
140mにわたり保存している施設です。

ここが2つ目の目的『体をぐらぐらと揺らされ』る場所です。





ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その1_e0254365_20511812.jpg

道の側溝がずれていますが、もともと平らに繋がっていました。
写真右側部分が持ち上がり、手前にスライドしたのです。
自然の猛威に対して我々人の力は微々たるものです。





ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その1_e0254365_20521190.jpg

一部断層が堀ってあり、地層の違いを目の当たりに出来ます。
この質の違う二つの地層がずれたのですね。





ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その1_e0254365_20525123.jpg

敷地内のメモリアルハウスに、当時の状況が再現してありました。

皆さんその当時を思い出し、いろいろと語っておられました。





ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その1_e0254365_20533552.jpg

最後に震災を体験できる装置に乗り込みます。
東日本大震災と阪神淡路大震災の違いを体感する事が出来ます。
揺れる事が分かっていても驚いてしまう強烈さです。

いつも破天荒なツーリングを企画する我々ですが、いろいろと体験し
大切なことを考えるのも、ツーリングの醍醐味ではないかと思います。
いま健康でバイクに乗れる事に感謝です。





ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その1_e0254365_20550221.jpg

たま~には真面目な事を言いつつ、次は少し早くお昼ごはんです。
淡路市にある『いづも庵』さんへ向かいます
ここの名物は『たまねぎつけ麺』です。
たまねぎ一個丸まる揚げてあります。
『たまねぎつけ麺』なのか?『麺つけたまねぎ』なのか???
主役はどっち?ってのがこれです。
料理が運ばれてきて、凝視するのはたまねぎではないでしょうか?





ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その1_e0254365_20564316.jpg

つけ麺なのにナイフとフォークが付いてきます。
先ずはこれでたまねぎを切るところから始まります。

皆さん必死。暫く言葉無く静かです。





ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その1_e0254365_20573118.jpg

特製のお出汁が、香ばしく甘みのあるたまねぎとからまり、
ちぢれ麺とも相まってとても美味しい!!
どんどん口に運ばれ早々に完食。ご馳走様です。
こうして皆さんの胃袋にたまねぎ一個が入っていきました。
一回の食事でたまねぎ一個はなかなか食べないですよね・・・。


お腹も満たされたところで、いよいよ船でグルグルしに行きます。

後編に続く・・・・



by motorradkyoto | 2018-04-05 20:59 | ユーザーツーリング | Comments(0)
2018年 02月 11日

ユーザーツーリングレポート/たこ昌・たこ焼き

ユーザーツーリングレポート/たこ昌・たこ焼き_e0254365_14283160.jpg

こんにちは、スタッフのMr.Mです。1月の最後の日曜日に、今年最初のユーザーツーリングを開催致しました。1月は寒く、天候や路面状況が極めて悪くなる可能性もあり、お客さんを募ってのツーリングは避けていましたが各方面からのリクエストも多く、一昨年より近場でのツーリングを企画するようになりました。かれこれ15年程前までは1月1日の元旦に「元旦ツーリング」と名を売って、毎年神戸のポートアイランドまで20名前後で走りに行ってましたが又復活させたいとも思っています。さて今回は丁度2年前にもお邪魔した、「大阪出るとき連れてって~」のCMでもお馴染みのたこ昌さんへたこ焼き懐石を食べに行って参りました。





ユーザーツーリングレポート/たこ昌・たこ焼き_e0254365_14403879.jpg

本来は2年と同じコースで行く予定でしたが、雪と寒さの影響でモトラッド京都店の駐車場が凍結する危険性が有り、急遽伏見区のパルスプラザ駐車場前に変更させて頂きました。それにしても同じ京都市内でも西京区と伏見区とではえらい違いで、大袈裟ではなく外気温が2℃~3℃程差があると思われます。少々山手にお住まいの方3名様が、凍結で家から出れないとの事で断念されました。





ユーザーツーリングレポート/たこ昌・たこ焼き_e0254365_14420404.jpg

ご参加頂いた方は私を含めて12名ですが、現地でお一人合流です。
京都パルスプラザ(京都府総合見本市会館)前で出発前のワンショットです。





ユーザーツーリングレポート/たこ昌・たこ焼き_e0254365_14423379.jpg

若干コース変更を行い、峠の山越えを避けて京都南ICから
高速に入りました。そして昨年の12月に一部開通した新名神高速の
茨木千堤寺PAで小休止を致しました。道路も貸切状態で、
休憩しているのも我々の軍団だけでした。





ユーザーツーリングレポート/たこ昌・たこ焼き_e0254365_14434414.jpg

新名神高速は関西圏の方にはお馴染みですが、現在三重県の
亀山から滋賀県の草津田上まで開通しており、昨年の12月に
高槻~川西が開通し、更に今年の3月18日に神戸まで繋がる事で、
中国道の宝塚付近の慢性渋滞が大きく緩和されそうです。





ユーザーツーリングレポート/たこ昌・たこ焼き_e0254365_14451697.jpg

今回のコースは箕面とどろみICを下りてR423を南下しました。
その後は二年前のコースと同じです。





ユーザーツーリングレポート/たこ昌・たこ焼き_e0254365_14455972.jpg

中国道の宝塚ICから再度高速に入り、西宮名塩SAでコーヒー
ブレイクです。





ユーザーツーリングレポート/たこ昌・たこ焼き_e0254365_14464538.jpg

六甲山の裏側の六甲有料道路(長いトンネル)入口前です。
2002年の夏に無料化された表六甲~裏六甲のワインディングは、
土曜・日曜・祝祭日はオートバイの通行が出来ません。
今日はアイさんをパッセンジャーに私はサイドカーで行きました。





ユーザーツーリングレポート/たこ昌・たこ焼き_e0254365_14475671.jpg

六甲山を下って来たR2の交差点付近です。やはり山手は
寒かった。





ユーザーツーリングレポート/たこ昌・たこ焼き_e0254365_14490407.jpg

たこ昌さん駐車場で、Nさんも合流して頂きました。





ユーザーツーリングレポート/たこ昌・たこ焼き_e0254365_14493714.jpg

今日のメニューはたこ焼き懐石で、このような内容(一部変更有り)
となっています。結構満腹になりますよ。





ユーザーツーリングレポート/たこ昌・たこ焼き_e0254365_14502153.jpg

私は大阪の堺市に親戚が居る事で何度もたこ昌さんへは
お邪魔していますが、2階のテーブル席でいただくのは初めて
でした。





ユーザーツーリングレポート/たこ昌・たこ焼き_e0254365_14511354.jpg

ご覧のような雰囲気です。





ユーザーツーリングレポート/たこ昌・たこ焼き_e0254365_14515765.jpg

帰路は堺ICから阪神高速に入りましたが雲行きが悪くなって来て、
雪もチラチラしていました。誰も立寄らないであろう湊町PAで
一次解散の為の小休止を取り・・・・、





ユーザーツーリングレポート/たこ昌・たこ焼き_e0254365_14530578.jpg

最後は第二京阪の京田辺PAで解散と相成りました。
今日ご参加頂いた皆様は殆どがGS系で、その人気度を改めて
感じる事が出来ました。
1月~2月に行なうツーリングは企画がなかなか難しいですね。
自宅近辺の路面状態の悪化で今回参加を断念された方、
本当に残念でした。次回は3月?日に???に行く予定です。

追伸:今年もお客様参加型の過酷なラリーを開催する予定です。
   今までとは趣向を変えて、日本の食文化を支えている
   あれとアレの食べ歩きラリーを検討中です。どうぞご期待下さい。







by motorradkyoto | 2018-02-11 14:55 | ユーザーツーリング | Comments(0)
2017年 12月 05日

BMW Motorrad 芸術と鳥焼肉ツーリング!!レポート

皆さんこんにちは。いよいよ12月に入り今年も残すところ数日となりました。今年一年はどんなバイクライフでしたでしょうか?しっかり楽しまれましたか?もう秋も終わり、ふと振り返れば今年の秋はスポーツも読書も芸術も何にもやっていない!やっている事と言えば年間通じて食欲だけ・・・。これでは私の溢れる品格が欠けてしまう!!と言うわけで、今回は無理やり芸術に触れるツーリングといたしました。テーマは、芸術→作品→陶芸→焼き物→焼肉→鳥焼肉・・・・・やはり食欲。もはや、こじ付けでしかない旅の始まりです。





BMW Motorrad 芸術と鳥焼肉ツーリング!!レポート_e0254365_19435548.jpg

さて、出発地点はモトラッド京都。ここで第一集合です。
2日前の天気予報の降水確率は60%だったのが、
前日になると10%となっていました。
今年のユーザーツーリングは全部晴れ!!
ちょっと神がかり的な気がします。来年の反動が怖い・・・。





BMW Motorrad 芸術と鳥焼肉ツーリング!!レポート_e0254365_19471621.jpg

大津のコンビニでさらに合流です。
まさか、このメンバーから世界的な芸術家が生まれるとは、
この時気付いていない訳で・・・・と言うことになるかも知れません。





BMW Motorrad 芸術と鳥焼肉ツーリング!!レポート_e0254365_19482569.jpg

大津のコンビニから一般道を使い、約一時間弱ほどで
信楽にあるMIHO MUSEUMに到着。
チケットを買って館内に行くには、桜並木・トンネル・吊橋と続く道を
進んでいきます。もうすでにそこから芸術が始まっています。
トンネルは声が響かないように吸音されていて、不思議な空間を
演出してます。





BMW Motorrad 芸術と鳥焼肉ツーリング!!レポート_e0254365_19520617.jpg


館内の美術作品は撮影できないので外観を撮影。
ここが美術館の建物、世界的に知られる I.M.ペイ氏のデザイン。
2017年ここでルイ・ヴィトンがファッションショーを開催したらしいです。
2018年にもするみたいですね。





BMW Motorrad 芸術と鳥焼肉ツーリング!!レポート_e0254365_19541350.jpg

そんな訳でファッションにうるさい我々も、ヴィトンに負けじと
このポージング。『今年の冬はこれでキメろ!!』
この調子ならパリコレに行ける!?





BMW Motorrad 芸術と鳥焼肉ツーリング!!レポート_e0254365_19550878.jpg

チケット売り場の建物から美術館までは徒歩で10分程ですが、
電気自動車も走っています。
何人かは僕を置いてけぼりに楽していました。
皆  『バイバ~イ!!N脇君。アハハハハ』
僕  『・・・・・』





BMW Motorrad 芸術と鳥焼肉ツーリング!!レポート_e0254365_19561930.jpg

世界中の美術品を一気に堪能し、芸術的センスを開花させる
事に成功したはず。
溢れる芸術パワーが体中にみなぎる皆さんを撮影!!
『芸術は爆発だ!!』





BMW Motorrad 芸術と鳥焼肉ツーリング!!レポート_e0254365_19572386.jpg

そしていよいよ陶芸教室にやってきました。
エプロンを着けていざ!!





BMW Motorrad 芸術と鳥焼肉ツーリング!!レポート_e0254365_19580167.jpg

真剣な眼差し。どんな作品を作るのか?
皆さん個性が出ていて色々な作品になりました。
それにしても、皆さん慎重で丁寧な方ばかりですね。
下見の時に当店スタッフMr.M氏は、ロクロの回転速度をMAXに
したり、あっという間に丼の形にしたと思ったら、崩れてしまって平皿状態へ。
無かったことにしようと、禁断の盛りなおし(即効先生に切り捨てられてました)
本当に荒々しい『芸術は爆発だ』を地で行ってました。見習ってはいけません。





BMW Motorrad 芸術と鳥焼肉ツーリング!!レポート_e0254365_19594906.jpg

陶芸ロクロ体験が終わって、次なる目的地は三重県鈴鹿。
ご当地グルメ『鳥焼肉』を食しに向かいます。
鳥焼肉は焼き鳥とは違い、牛や豚の焼肉ように網で焼いて食べます。
基本味噌ダレで食べるのですが、あっさり系の醤油ダレやシンプルに
塩で食べたり。とにかくご飯が進みます。





BMW Motorrad 芸術と鳥焼肉ツーリング!!レポート_e0254365_20010511.jpg

『鳥はじっくり焼かなアカンのや。』
『あっ、それもう黒焦げですよ。』
『それはビターテイスト。大人の味や。』
そんな会話が有ったような無かったような。(笑)





BMW Motorrad 芸術と鳥焼肉ツーリング!!レポート_e0254365_20021659.jpg

そこからは、一般道を使って伊賀市の道の駅あやまに向かいます。
道中久しぶりに国道一号線鈴鹿峠を走ってみました。
新名神が出来てから久しく走っていなかったですが、渋滞も無く
快走道です。これからは雪が怖いですが・・・。
そして、大原ダム横のビューポイントで休憩。N田さんの秘密兵器
ドローンが炸裂します。動画に反映していますよ。
ここで僕も含めて集合写真。イエイ!!

その後、大原ダムより30分ほどで道の駅あやまに到着。ここで解散!!今回もなかなか濃厚な内容の旅になりました。焼き物の完成は2ヵ月後です。そっとMIHO MUSEUMに並べようと思います。(笑)そして今年のモトラッド京都ユーザーツーリングはこれにて終了。来年も我々はBMW Motorrad を通じて、オートバイライフを楽しむお手伝いをさせて頂こうと思います。さて来年はどんなツーリング&珍道中になるのか。楽しみにしていてください。最後にこの動画を楽しんで下さい。








by motorradkyoto | 2017-12-05 20:15 | ユーザーツーリング | Comments(0)