人気ブログランキング |

motorrad kyoto staff blog

mtrkyoto.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Event&Campaign( 152 )


2016年 06月 24日

モトラッド京都オリジナル/スペシャルS1000XRのご紹介

いきなりですが、「こんなの欲しかった!」的なPCアクセサリーを
紹介いたしましょう!お名前は、リングマウス
e0254365_20431955.jpg

PCやスマートフォンなどの周辺機器を扱うサンワサプライ
さんは、指に装着してPCを操作できる「リングマウス2 400-MA077」を、
2016年6月20日に直販サイト「サンワダイレクト」で発売しました。

付属のUSBレシーバーをPCに取り付け、親指1本でマウスポインターを
操作できちゃう優れもの!
中央に左クリック兼用のカーソルセンサー、ドラッグボタン、右クリックボタン、
スクロールモード・カウント切り替えボタン、戻るボタンを装備。
装着したままキーボードの操作や、PCから離れてのアクティブなプレゼンテーション、
寝転がりながらの操作などが可能だそうです。

USBタイプAコネクターを備えたWindows PC(10/8.1/8/7)、
Mac(OS X 10.3~)に対応見たいですよ・・・・。
サイトからダウンロードできるWindowsのみ対応の
ドライバーソフトをインストールすれば、各ボタンの割り付け、
500~2000dpiまでの4段階でポインターの速度を調節する
「カウント切り替え機能」を使用できるのがまた凄い・・・・。

容量80mAのバッテリーを内蔵し、連続作動は約10時間。
電源オンや充電状況がひと目で分かるLEDを備える。
充電用USBケーブル、携帯用ポーチが付属する。
直販価格は5480円(税込)だそうです。
                    買おっと・・・・。



Challenge the city - The new BMW G 310 R

間も無くデビュー・・・・といいたいところではありますが、
今しばらく時間が掛かると思われます・・・・。
僕の想いとしましては、寒くなるまでに登場していただきたいですね。

さて、今回はもっとも町を疾走するのが絵になるマシーン
「S1000XR」の紹介です。
それでは、Mr.M氏宜しくお願い致します。

こんにちは、スタッフのMr.Mです。
以前フェイスブックでチラッとご紹介した、S1000XRの
特別装備車両が完成いたしました・・・・。

「S1000XRの使い方が良く判らん」とおっしゃる方には、
大変参考になる事間違いなしです。
そうです。ロングツーリングに使って頂く仕様にしてみました。
全てBMWの純正品を使用し、カッコ良く仕上げてみました。

オートバイの楽しみ方は千差万別です。
基本的には「ツーリングに始まり、ツーリングに終わる」・・・・。
と囁かれますが正にその通りだと思います。

e0254365_18564996.jpg

ベース車両はXRのレーシングレッド(プレミアムライン)です。
どうです、軽快とは言えませんがグランドツアラーに生まれ変わりました。





e0254365_20175216.jpg

ウインドスクリーンのスモークを装着するとこんな雰囲気になります。





e0254365_20181650.jpg

視界を大きく妨げる事はありませんが、BMWのスクリーンは、
あくまでも風圧を避ける為の物で、スクリーンを通して
前方を見る物ではありません・・・・。





e0254365_20194353.jpg

パニアケースも左右装備してみました。片側31Lで、左右で62L
が確保されます。





e0254365_20201660.jpg

こちらトップケースです。容量は30Lです。
トップケースは使い出すと大変便利です。





e0254365_20211365.jpg

アクラボビッチのスポーツマフラーも外せないアイテムですね。
車検対応で、排ガスや騒音の心配も無用です。





e0254365_20214723.jpg

ナックルガードは殆どのXRオーナーさんが装着されてます。





e0254365_20221286.jpg

ここまでやればHPスポーツシートとも思い装着してしまいました。
シート高は標準シートと同じ840mmです。





e0254365_20224930.jpg

後ろから・・・。





e0254365_2023916.jpg

前から・・・。

紹介する順番が、逆でしたでしょうか?





e0254365_20252610.jpg

オプションパーツの詳細は以下の通りとなります。(全て税込み)
①スモークウインドシールド ¥34,560
②パニアケース左右(取り付けブラケット等全て含む) ¥152,344
③トップケース(取り付けブラケット等全て含む) ¥105.861
④アクラボビッチスポーツマフラー ¥124,200
⑤ハンドプロテクター ¥16,200
⑥HPスポーツシート ¥47,520
合計 ¥480,685(取り付け作業費用別途) となります。
更に、ナビゲーション・ETC車載器を取り付ければ完璧です。





e0254365_20271732.jpg

安くはありません。良い物は高価です。
ま~それでは面白くないので、この車両を特別価格でご提供致します。
冷やかし大歓迎です。我々の商品のご購入は冷やかしから始まります。
但し、ご商談時のみのご提示とさせて頂きます・・・・。





e0254365_2028168.jpg

さて話変わって、
Hさんよりご注文を頂いているR1200GS-A(オーシャンブルーMM)が
ようやく入荷して参りました。今年から日本へ入荷するプレミアムスタンダード
(ローダウン仕様車)で、足付き性はかなり良くなっています。





e0254365_20285344.jpg

今までアドベンチャーに乗りたいけれどシート高に不安のあった貴方、
もう大丈夫、ご安心下さい。続けてライトホワイトも入荷致します。
アドベンチャー人気に益々拍車がかかりそうですね・・・・。






  
   

by motorradkyoto | 2016-06-24 20:29 | Event&Campaign | Comments(0)
2016年 06月 12日

「日本の道百選ラリー」レポート/東北紀行

こんにちは。スタッフのMr.Mです。
「日本の道百選ラリー」がスタートし、なかなか足を運び難い東北の
3ポイントを廻られている強者エントリー者の方もポツポツ現れて参りました。
そんな事もあって今年は是が非でも東北に行こうと思い立ち、

一ケ月程前の朝の朝礼時に皆にお願いを致しました。
「M岡さん、東北に行くってぇ~・・・・、ドーゾ~、
どうせ店に居てもやる事がないだから好きにすれば~。」と、
窓際族の私としては大変嬉しいお言葉。と言うより、これは悲しい事なのか・・・・。
でも関西圏から東北や北海道へ行くには、少々思いっきりが必要になります。

今回はラリーの指定ポイントを3ケ所廻る事が最大の目的で、
周辺の観光スポットはあくまでもオプションと考えて走る事、
高速道路・有料道路は極力利用して、タイムイズマネーで時間を短縮する事、
1泊2日は至難のワザなので2泊3日で走り切る事をテーマに、
早速準備に取り掛かりました・・・・。

一人で行くのも何なので、自動車販売・整備会社を手広くやり繰りされる
髭の師匠に今回もお供頂く事になりました。
日程は6月6日~8日とし、往路はフェリー、復路は自走と決定致しました。
e0254365_16585591.jpg

6日の10:00時出航のフェリーに乗る為、集合場所は北陸道の
敦がICです・・・・。





e0254365_1754045.jpg

敦賀のフェリーターミナルです。なかなか綺麗です。





e0254365_176281.jpg

秋田行きです。新潟と秋田を経由して苫小牧東へ行く便で、
以前は週に3便あったのですが、現在は週1便(月曜)のみです。





e0254365_1764417.jpg

この日の天気はまずまずの好天でした。日の入りです。
本日の走行は約140kmでした。





e0254365_1771860.jpg

7日の早朝の下船前の様子です。バイクも15台程ありましたが、
秋田でほぼ全てのバイクが下船したようです。北海道へ行くのに
わざわざ新潟・秋田を経由するフェリーに乗られる方は少ないで
しょうからね。6時からのスタートです。





e0254365_1781623.jpg

秋田港でのワンショット。一般道はともかく、高速道路での巡航速度が
30km/h~50km/h違うこの2台。関西方面は一日雨模様だった
ようですが、こちらは終日快晴でした・・・・。





e0254365_1792024.jpg

田沢湖へやって来ました。案内図はご覧の通りです。
日本のバイカル湖とも呼ばれているようです。





e0254365_1795352.jpg

辰子像を挟んで撮影してみました・・・・。





e0254365_17102663.jpg

R341を北上し、玉川温泉を覗いてみました。強酸性泉で、
単一の湧出口からの湧出量としては日本一を誇るようです。





e0254365_171105.jpg

癌患者の聖地とも言われ、スキルス胃癌で他界したサービス
スタッフのH本君もしばらく湯治場として滞在していました。
にも関わらず、テレビの取材を受けて、インタビューに受け答え
していた精神力にはビックリでしたよ・・・・。





e0254365_17123188.jpg

鹿角八幡平から高速に乗り、青森県黒石市に到着です。
「こみせ」の町並みは江戸時代前期から続くアーケード状の通路で、
このような形で残されているのは例がないと言われているようです。





e0254365_17131318.jpg

顕彰プレートは難なく発見出来ました。感激・・・・。





e0254365_1713344.jpg

どうです、絵になってますか・・・・?。





e0254365_1714759.jpg

ピンポイントはこの地図の位置です。但し、町中が東西南北に
一方通行箇所が多く注意が必要です。





e0254365_17143945.jpg

少しばかり観光も織り交ぜないと師匠もうるさいので、
十和田湖へも立ち寄りました・・・・。
R394~R103のゴールドラインは過去に何度か走っているので、
R102を選択しました。
御鼻部山展望台からの十和田湖は絶景です。





e0254365_17154896.jpg

奥入瀬渓流です。国の特別名勝及び天然記念物に指定されています。





e0254365_17162968.jpg

十和田湖と言えば、高村光太郎の晩年の渾身作である「乙女の像」です。
この像は、逆光で撮影する方が神秘的で良いかと思います。
湖に映し出された妻・智恵子の姿だと言われています。





e0254365_171710100.jpg

宿泊は、到着時間が読めない場合はビジネス系のホテルに限ります。
JR福島駅近くの福島グリーンパレスに到着したのが21:00頃でした。
地下駐車場があったのでこちらを選びました。
本日の走行は約720kmでした。





e0254365_17175472.jpg

8日は6時30分からのスタートです。磐梯吾妻スカイラインの浄土平を
目指した訳ですが、GWの後にこちらに来られたY内さんの情報通り、
北側の高湯から浄土平までは通行止めです。
南の土湯からしか浄土平へは行けませんので要注意です。
路肩が崩落した模様です・・・・。





e0254365_1719593.jpg

磐梯吾妻スカイラインは、高湯から土湯へ抜けないとあまり面白くありません。





e0254365_17193031.jpg

顕彰プレートは直ぐに見つかりました。なにやら工事中で、
ひょっとしたら高野山のように移動するのかな?





e0254365_1723197.jpg

ピンポイントでこの地図の通りです。
7月下旬まで工事が続くようなので、それ以降に
行かれた方が良いかもしれませんね。
GW期間中に行かれた方はセーフだったようです・・・・。





e0254365_1723594.jpg

秋元湖の北側のレイクラインを快走し、桧原湖をスルーして
喜多方へやって来ました。
朝食は喜多方ラーメンと思い早めに入店しましたが、どんどんお客さんが
入って来てゆっくり出来ませんでした。今回は喜多方警察署近くの「喜一」さんで、
シンプルな塩ラーメンを賞味致しました・・・・。





e0254365_17265433.jpg

R121をどんどん南下し日光の「いろは坂」へたどり着きましたが、
このルートは結構大型トラックが多く(休日は少ないと思いますが)、
ペースが上がりませんでした。 こちら顕彰プレートです・・・・。





e0254365_17275968.jpg

感極まりないわたくし・・・。
残念だったのが、顕彰プレートに落書きが多かった事です。





e0254365_17285169.jpg

日光の「いろは坂」は上りと下りがあり、顕彰プレートは上りの黒髪平展望台の
小さなパーキング内にあります。見落とすと厄介なので左車線(上りは2車線ある)を
慎重に走った方が無難かも知れませんが、比較的見つけ易いと思います。
ピンポイントでこちらの場所です・・・・。





e0254365_17402770.jpg

「いろは坂」を抜けると中禅寺湖に出て来ます。
この日も概ね天気は良かったのですが、
この辺り周辺は雲が多かったですね・・・・。





e0254365_17411314.jpg

R120は「日本ロマンチック街道」と粋な名前で呼ばれており、
菅沼~丸沼を越えた辺りまでは良い雰囲気です。
でも休日はかなり交通量が多いと思います。
2013年のロープウェイラリーを開催した折に、
日光白根山ロープウェイに行かれた方も多かったと思います。





e0254365_17422277.jpg

関越自動車道沼田IC近くの道の駅「白沢」です。
こちらも2010年のスタンプラリーを
開催した折の指定ポイントにしていました。





e0254365_17565188.jpg

最短コースで帰りたかったのですが、
師匠が同業者から車の買い付けの仕事を1件入れられており、
新潟の長岡市へ行く事になりました。名神高速も集中工事でまともに
走行出来ないので北陸道経由で帰る事にしました。
こちら、関越自動車道の越後川口SAの展望台からの風景です。
魚野川と信濃川が合流する付近で、なかなか素晴らしい景観でした。





e0254365_17581453.jpg

二日共に天気にも恵まれ、何匹の虫君を殺ってしまったか?。
夕方からの650kmの高速走行は大変で、
PAで軽く仮眠を取りながら帰宅は8日には着けず9日になっていました。
本日の走行は約1,030kmでした・・・・。

ラリーにエントリーされている皆さん、
これから東北方面へ行こうとお考えのご参考に
なったでしょうか。2泊3日よりは余裕を持って観光も
織り交ぜ3泊4日位で行って下さいね。

やはりロングツーリングは新型のR1200RTがイイですね。
師匠と巡航速度があまりにも違いすぎ、大変迷惑を掛けてしましました。
東北自動車道は何度となく走行していますが、
今回改めて感じた事は(特に仙台より以北)、
運転マナーの良さと巡航速度の速さでした。

●20km程で走っているとどんどん追い越されて行きます。
大型トラックを除き、走行している車はほぼ全車が
●30km~●50kmで走っています。

女性ドライバーも多く、その流れに乗って走っておられるから驚きでした。
追い越した後は何時までも追い越し車線に留まる事なく、
走行車線に戻りその速度を維持したまま走っておられる様子を見て、
高速道路の高速道路たる走りだと感心しました。

交通量の少なさもありますが、日本の高速道路は
こう有るべきだと思いますね。でも取り締まりには要注意です。

次回は8月に九州の2ポイントに行ければと思っています。






























    

by motorradkyoto | 2016-06-12 18:17 | Event&Campaign | Comments(2)
2016年 05月 28日

水曜ツーリング OHV限定/高野・龍神

「BMW MOTORRAD DAYS JAPAN 2016」
e0254365_17384348.jpg

今年のモトラッドデイズは、いつもの長野県白馬村で
8/27【土】〜8/28【日】の二日間開催される予定です。
行かれる方は、お楽しみに!

こんにちは、スタッフのMr.Mです。
年に2回(春・秋)の定例行事になってしまった、水曜OHV限定ツーリングを
18日の水曜日に敢行致して参りました・・・・。
私自身のツーリング週間(5/12日・5/15日・5/18日)も今日で最後です。
水曜日にご参加頂く方の多くは、私のように仕事が定休日ならいざ知らず
皆さん余裕シャクシャクですね・・・・。

e0254365_17471472.jpg

集合場所はS口さんのリクエストがあり、阪和自動車道の
岸和田SAです。天気は快晴で申し分ありません・・・・。
今日の布陣は私を含め8名で、R100RSが3台、R80が2台、
R100トラッド・R100GSPD・R80GS-Bが各1台です。





e0254365_17491068.jpg

京奈和自動車道の無料区間を経由して高野山へ入りますが、
花坂ドライブインで小休止です・・・・。





e0254365_1953115.jpg

バイパスも完成していますが真言密教の聖地に敬意を表し、
金剛峯寺の前をスルーしてから高野龍神スカイラインに入りました。
道の駅「ごまさんスカイタワー」です。こちらは2012年の3月末に
道の駅に登録されました・・・・。





e0254365_17504687.jpg

現在地が良く判るイラスト地図です。私、何処へ行っても撮影しています。





e0254365_17515061.jpg

二階の喫茶ルームでコーヒーブレイクです。





e0254365_17522161.jpg

ルートも快適そのもので、車やバイクも殆ど遭遇致しませんでした。





e0254365_17525827.jpg

道の駅「水の郷日高川龍游」で小休止です。





e0254365_17532487.jpg

R424に戻り、昼食場所の「鶴の湯温泉」にやって来ました。





e0254365_1754918.jpg

駐車場での記念撮影です・・・・。





e0254365_17544716.jpg

この日は新緑が眩しすぎましたね・・・・。





e0254365_17555317.jpg

昼食を終えて帰路に着きますが、阪和自動車道のみなべICから
一気に帰ります。
吉備湯浅PAで休憩を取りましたが、綺麗な花壇が癒してくれました。





e0254365_17563866.jpg

今日ご参加の最古参は、K口さんの’77のR100RSです。
RSの初期の車両で、アーテのブルーブレーキキャリーパーやスポーク
ホイルリムのブルーライン等、オリジナルに拘ったかなりイケてる車両です。
純正のシングルシートも良い雰囲気ですね・・・・。





e0254365_17574910.jpg

しばらく最後尾を走り、皆さんのバイクを後ろからみて思った事は何と
Rタイヤの細い事か。自分のバイクも含めて
「おいおい、大丈夫かいな」でした・・・・。





e0254365_17584711.jpg

岸和田SAで解散です。SAの綺麗なお姉さんに撮影してもらった集合が
こちらです。私、相当古い純正ウエアーを引っ張りだして着て行きましたが、
何だか1人浮いていましたね。でもGS-PDには良く映えます。

本日の走行420kmでした。次回は紅葉の秋に・・・・。

私のツーリング週間も終わりましたが来月は東北へ行く予定です。
15日に新型GSで800km程走った後だっただけに、
何とOHVのホノボノした事か。
それにも増して、今日もトラブルなしで何よりでしたよ。良かった~~。





e0254365_1812449.jpg

追伸です。
「日本の道百選ラリー」にエントリーして頂いている皆さん、
すでにクリアーされた方はさておき、高野山道路の顕彰プレートが
何時の間にか移動されていました・・・・。





e0254365_1822797.jpg

高野山大門の前にある筈なのに、何処にも見当たりません。





e0254365_1833171.jpg

殆どのWebサイトもこちらの位置をピンポイントで示していますが、
こちらにはありませんので要注意です。
かつらぎ方面に1kmばかり戻って下さい。
今から行かれる方、気を付けて下さいよ~。





e0254365_1843467.jpg

追伸の追伸です。
4月28日のブログでご紹介した、OHVメンテナンスブックの復刻版が
入荷して参りました・・・・。





e0254365_1852019.jpg

お値段はかなりお高くなりました。消費税込みで¥7,344です。





e0254365_1854434.jpg

紙面の印刷のクオリティーは落ちてはいますが、
復刻版と言う事でご容赦頂きたいとの事・・・・。
10冊のみですよ。OHVファンの方急いでね~。
























  

by motorradkyoto | 2016-05-28 18:06 | Event&Campaign | Comments(0)
2016年 05月 24日

「四国縦断ツーリングになってしまった・・・・。」の巻き

今朝、寝ぼけてたのでよく覚えてないのですが、朝刊か雑誌に
こんな記事が載ってました。
「スイスの高級時計ブランド、タグ・ホイヤーは、2016年7月23日(土)に
日本限定の新作「アクアレーサー ファントム
ワンピース スペシャル エディション」を発表します・・・・。
e0254365_2123942.jpg

人気のダイバーズウォッチ「アクアレーサー」をベースに、
「ワンピース」のルフィや仲間たちの情熱を表すレッドと海を象徴するブルーを
アクセントに、ワンピースの世界観を表現したデザインです。





e0254365_2124414.jpg

ダイヤルと裏蓋には9人のキャラクターの集合シルエットが描かれ、
ベゼルは方位磁石をイメージするなどディティールにもこだわり、
高級感と楽しさが融合したスペシャルモデルです・・・・。」とまあこんな感じです。






「あのタグ・ホイヤーが・・・・。」と正直以外でした。
タグ・ホイヤーといえば僕の思い出の中では、だんぜんコレですよ!
e0254365_21252737.jpg

そうです!アイルトン・セナ「史上最速のF1ドライバー」の
アイルトン・セナ エディションですね。





e0254365_21292087.jpg

もう20年以上前になりますが、当時とてもあこがれていた一品です。





でもってこの件について調べていたらなんと昨年10月に
アイルトン・セナをタグ・ホイヤーアンバサダーとして復活させるとともに、
タグ・ホイヤーの「フォーミュラ1 クロノグラフ」
「カレラ キャリバー16 クロノグラフ」にアイルトン・セナ エディションを
発表していたのです!

では、その気になる現行モデルをご紹介しましょう・・・・。
e0254365_21341580.jpg

タグ・ホイヤー フォーミュラ1 クロノグラフ
アイルトン・セナ エディション(写真右から
「CAZ1013.BA0883」「CAZ1012.BA0883」)





e0254365_21362520.jpg

左からタグ・ホイヤー カレラ キャリバー16 クロノグラフ
アイルトン・セナ ブラック エディション(CBB2080.FT6042)

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー16 クロノグラフ
アイルトン・セナ エディション(CBB2010.BA0906)
いかがでしょうか?当時と比べるさらに洗礼されたデザインが、
印象的ですね・・・・。
興味のあるか是非購入いただき出来れば、僕に見せて頂ければ、
とっても嬉しいです・・・・。

さて、やっと本題に入りたいと思います。
それでは、Mr.M氏宜しくお願い致します・・・・・。
e0254365_21462112.jpg

こんにちは。スタッフのMr.Mです。
GW明けの最初の日曜日(5月15日)に、皆さんと一緒に
ツーリングに行って参りました。集合場所は山陽自動車道の
三木SAに早朝5時に集合です。
午前3時起床の4時に自宅を出発しました。





e0254365_21471963.jpg

私を含め11名でのツーリングですが、色々と
Webサイトにお顔が出ると具合の悪いN中さんに
撮影して頂きました。以下の集合写真は、全てN中さん撮影となります。





e0254365_21482565.jpg

山陽自動車道を福山西ICで下り、しまなみ海道を走ります。
天気も申し分なかったのですが・・・。
生口島の瀬戸田PAで小休止です。





e0254365_21492227.jpg

現在地が良く判るイラスト地図は、大変宜しいかと思います。





e0254365_21514724.jpg

来島海峡の第二大橋と第三大橋です。





e0254365_21522350.jpg

こちらのSAでコーヒーブレイクです。
その後今治に入った辺りから天候が怪しくなって来ました。
松山からR33を下って四国カルストへ行くか、予定通りのコース
を走るか非常に悩みましたね。





e0254365_21531826.jpg

悩んだ結果は、予定通りのコースを選択しご覧の有様です。
瓶ケ森林道入り口は雨です・・・・。





e0254365_2154365.jpg

視界10mと最悪・・・・。





e0254365_21542832.jpg

おまけにウォーキングイベントが行われており、更に14:30分まで
通行止めではありませんか。この看板の撮影時間が11:07分で、
少々休憩を取り過ぎたようです。





e0254365_21551197.jpg

全て私の責任で、この様子だと四国カルストも同じような天候と
判断してコース変更を致しました。
こちら、寒風山を下って来た高知県側です。左のトンネルは
R194の寒風山トンネルです。





e0254365_21563331.jpg

瓶ケ森~石槌山~四国カルストのコースから、R194を南下する
四国縦断コースになってしまいました。
こちら道の駅「633美の里(むささび)」で、休憩と昼食を
済ませました・・・・。





e0254365_2157448.jpg

伊野ICから高知自動車道に上がり、南国SAで休憩です。
雨は何とか止みました。京都は快晴との事・・・・。





e0254365_21583783.jpg

帰りは淡路島経由で帰りますが、その前に鳴門北ICで下りて
「日本の道百選ラリー」の指定ポイントへ立ち寄らねばなりません。





e0254365_2204521.jpg

歩道橋から鳴門大橋が臨めます。





e0254365_221236.jpg

顕彰プレートは直ぐに発見出来ませんでしたが、歩道橋の
傍らにありました。見つけるとやはりウレシイ気分になれます。





e0254365_2212980.jpg

顕彰プレートはこの辺りにありました。
本日ご参加の方の内、4名の方にもエントリー頂いています。





e0254365_222079.jpg

神戸淡路鳴門自動車道の緑PAで最後の集合写真です。
N中さんは写っておられません。
明石海峡大橋を渡り、7号神戸線を経由して解散となりました。





e0254365_2224080.jpg

今日の相棒はR1200GSでした。天候の思わしくない日の
マウンティンコースはやはりGSがイイですね。サスペンション
ストローク量も十二分で、少々荒れた道でのフットワークは
涙物ですね。RTも良いけどGSもイイ。

本日の走行810kmでした。
予定のコースだと950kmだったのですが、
今日はコース変更で逆に良かったかもね。











  

by motorradkyoto | 2016-05-24 22:04 | Event&Campaign | Comments(0)
2016年 05月 15日

「日本の道百選ラリー」レポート/大山道路

皆さんこんにちは。
つい最近まで寒いかなと思っていたら、何の何の
気がつくと汗ばむ暑さじゃありませんか!
僕は、常々「春と秋だけあったらいいな~・・・・。」派なので
先が思いやられる今日この頃です。

さて、唐突ではありますが最近とても気になっているバックパックを
ご紹介したいと思います。それがコレです。
e0254365_18552925.jpg

Mystery Ranch(ミステリーランチ)は
『機能性』『背負い心地』『品質』そして『耐久性』の伝統の
基に築かれています・・・・。
2000年からミリタリー、ハンター、森林消防隊、登山家の為に
過酷な現場で本当に使える職人手製のバックパックと
荷物運搬システムを作り続けています。
米国モンタナ州ボーズマンを拠点にグローバル展開を広げています。

ミステリーランチのオーナーであるデイナ・グリーソンと
レネー・シペルベイカーは1978年にデイナがレネーを
縫い子として雇った時から共に働いてきました。
それはデイナが最初に立ち上げたブランド
“Kletterwerks(クレッターワークス)”の時代でした。
2人のビジネスパートナーとしての関係は、クレッターワークスからその後に
プロカメラマン向けの特別仕様でモノづくりをした
Mojo System(モジョシステム)、Quest System(クエストシステム)時代を
通じてより強固なものになりました。

1985年にデイナとレネーはバックパックに代表される
荷物運搬システムのカテゴリーで業界基準となるほどの
評価を受けるDana Design(デイナデザイン)を立ち上げました。
デイナがデザインしたアークフレックスフレームはより高い荷重分散効果を
発揮するために、数種類のマテリアルのそれぞれの特性が
最大化されるよう組み合わされた最初のフレームでした。
90年代初頭には“デイナデザイン=背負いやすく高品質”という
評価が定着し羨望の的となりました。

隆盛を極めた頃、モンタナ州に3つの生産拠点が整備され従業員は
200名を超えました。
そして世界各国のアウトドアギアショップで販売されましたが、
ちょうどその頃により広いマーケットへ進出する為の資本力と
急成長する会社の屋台骨を支える為にデイナとレネーは
1995年、K2による買収に応じました。

スキーやバックパッキング三昧の満ち足りた早めのリタイアだと思って
数年を過ごしましたが、程なくして、デイナもレネーも自分達のいるべき
場所がまだモノづくりの世界にあると気が付きました。
娘のアリスにヒップバッグを作って欲しいと頼まれデイナが
デザインルームに戻った時、まだそこには陽の目を見るべき
素晴らしいパックたちがいたのです。





e0254365_19293990.jpg

デイナとレネーは2000年に正式にミステリーランチを設立し、
パック業界に舞い戻りました。
デイナがアリスの為に作ったヒップバッグは特許を取得した
ミステリーランチのウエストベルトシステムの原型となり、
ナイスフレームやSATLというブランドを代表するモデルへと
受け継がれました。
デイナは一貫してアウトドアマーケットに根差していましたが、
2004年にネイビーシールズ(アメリカ海軍特殊部隊)から特別仕様の
パック製作の依頼を受けました。
それをきっかけにミリタリーとの親交が深まり、
それまでのビジネスモデルやデザイン戦略に変化が出てきました。

デイナとレネーは使い手へ直接販売する方法に切り替えることで
特殊なカスタマーの要求に対してより柔軟で素早く製品開発することを
重要視しました。
ミリタリーや特殊部隊員からのフィードバックはカスタマーの具体的な
要望やそれに応えるためのベストな方策を考えることに非常に役立ちました。
デイナとレネーは彼らとの連携で生み出した優れたデザインや構造を全ての
パックに落とし込みました。
ミステリーランチのパックはいかなるミッションも遂行します。

これはアウトドアマーケットの昔ながらのホールセールビジネスモデルからの
脱却であり、ミステリーランチにミリタリー・森林消防隊・ハンター・登山家
といった最高レベルを要求するカスタマーと
より密に関わる機会を与えました。
こうして生まれた革新はデイナがそれまでに培った丈夫で背負い心地のよい
バックパック作りのノウハウに加え、デザイン面や部材に関する
テクノロジーを含めたそれまでの常識を覆す創造的自由をもたらしました。
そしてミステリーランチの全てのパックにユーザー目線のデザインを与えました。






こんな感じの注目ブランドです・・・・。
去年、一昨年くらいからキャンプツーリングが、静かなブームとなり
気がつくと結構周りの人達もやってるではありませんか・・・・!




e0254365_19382774.jpg

e0254365_19384670.jpg

因みに僕は、こんなのが欲しいのです・・・・。
価格帯は、中々なもんですがとても欲しいです。
種類は、他にも沢山あったかと思うので気になる方は、
是非一発買ってみて下さい!で、僕に見せびらかしに来て下さい・・・・WWW
お~っと、だいぶ遅くなりましたが、本題に入りたいと思います。
それでは、Mr.M氏宜しくお願い致します・・・・。

こんにちは。スタッフのMr.Mです。
GW明けの5月9日から12日までお休みを頂戴しておりました。
色々と計画があったのですが残念ながら11日までは雨の予報で、
晴れ間が覗くのは12日のみとの予報・・・・。

こんな時は髭の師匠にお付き合いして頂くしかありません。
今年の店舗イベントの「日本の道百選ラリー」の
ポイントを目指し大山の「大山道路」へ行って参りました・・・・。
e0254365_2074033.jpg

中国自動車道の某所で師匠と合流です。師匠はお気に入りの
VFRで来られました。 高速道路はあまりにもスピードレンジが
違い過ぎる2台なので、何時もミスマッチのコンビです。





e0254365_2083871.jpg

大山へのアクセスは米子自動車道の溝口ICで降りて、そこから
お山へ向かって走るのが通例です・・・・。





e0254365_20131825.jpg

先ずは顕彰プレートを探さなければなりませんが、Webサイトや
お客さん情報でポイントで場所の特定は出来ていたのですが、
うっかりやり過ごしてしまい少々焦りました。





e0254365_20135098.jpg

プレートはこちらの標識の下付近です。雑草がかなり伸びて判り難い
状態になっていました。





e0254365_20142251.jpg

ピンポイントでこの辺りです・・・・。





e0254365_20145711.jpg

私、今日は、検査とタイヤ交換したばかりのR100GSP/Dです。





e0254365_20153377.jpg

こちら顕彰プレートです。現地で見つけるとホント嬉しいものですね。
「あった~」と言った宝探しのような感じですね。





e0254365_20161341.jpg

大山の中腹に延びる道は一部眩しい位に輝いていました。





e0254365_20163738.jpg

彼方に美保湾も臨めます・・・・。





e0254365_2017633.jpg

大山環状道路を走り鏡ケ成の駐車場へやって来ました。
平日でもあり殆ど車はありません。バイクも我々だけです。





e0254365_20175332.jpg

駐車場内の周辺地図です。





e0254365_20181460.jpg

「自然保護憲章発祥の地」の碑文は以下のような内容です。
  自然をとうとび,自然を愛し,自然に親しもう。
  自然に学び,自然の調和をそこなわないようにしよう。
  美しい自然,大切な自然を永く子孫に伝えよう。
  昭和49年6月 自然保護憲章が制定されたようです。





e0254365_20191727.jpg

R482号の鳥取県と岡山県の県境付近です。

用瀬に出て、無料区間の鳥取自動車道~中国自動車道を
経由して帰路に着きました。
わたくし、この日を含め、今週はツーリング3連発の
ツーリング週間に入ります・・・・。









   

by motorradkyoto | 2016-05-15 20:25 | Event&Campaign | Comments(0)
2016年 04月 21日

ユーザーツーリングレポート/福井県・常神半島・神子

こんにちは。スタッフのMr.Mです。
地震による災害で、熊本県が大変な事になってますね。
九州でこんな大規模な地震が発生するのは殆ど記憶にありませんが、
同業のフリーマン熊本店さんも
しばらく営業を中止されるようです。

古くからのスタッフ仲間もいるので凄く心配ですが、現状なにも
出来ないのが残念です。熊本方面のBMWユーザーさんが
京都に来られる事があれば、後のケアーはしっかりとさせて頂きたいと思っています。





e0254365_20141761.jpg

さて、何時ものブログの冒頭は店長のM村君の高尚な話題から始まるのですが、
今日は私の大変ためになる話から始めさせて頂きます・・・・。

先日の休日に家内と夕食を食べていると、
「あなた、{まごわやさしい}て言葉知ってる?」と問いかけてきました。
私は「孫には優しく接しろと言う事やろ・・・」と返答すると、
「それは当たり前の事だけど、全然違う事なのよ。

それは日本人の伝統的な食生活の基本的なキーワードなのよ」と、
教えてくれました・・・・。
家内曰く、「私は何時も{まごわやさしい}に気を配りながら食事の
メニューを考えているんだから」と豪語され、
さらにPCで調べた結果がご覧の通りです・・・・。





e0254365_2017239.jpg

これらをバランス良く食する事で、
健康を維持出来ると言う事が古来からの常識だそうです。
家内は美容畑をずっと歩んで来ており、20歳台前半の頃は
某化粧品メーカーの美容部員(今はビューティーアドバイザー、
略してBAと言うらしい)を皮切りに、コスメティック部門から
エステティック部門に移った頃に栄養学の勉強を必死でしてましたね。

食材の名前や種類にも詳しく(アルコール類にも詳しい)、
私にとってはホント良きパートナーです・・・・。
皆さんも自身の健康管理に於いて、「まごわやさしい」を
しっかり覚えておいて下さいね・・・・。





e0254365_20191172.jpg

今回の本題ですが、10日の日曜日にお客さん共々22名で
ツーリングに行って参りました・・・・。
集合場所はモトラッド京都店です。
天候はスッキリしませんが、雨の心配はなさそうな予報でした。
行き先は4年振りにお邪魔する、福井県常神半島の民宿「松岡」さんです。





e0254365_20202067.jpg

京都市内を抜けてR367を北上します。
大原付近でお一人合流の予定でしたがおられない。
さあ困った・・・・・。でも今の時代、通信機器の充実と進歩もあり
そう慌てる事はありません・・・・。





e0254365_20212425.jpg

無事に道の駅「くつき新本陣」で他のお三方共々合流出来ました。
この辺りはまだ桜が満開でしたね。





e0254365_20221627.jpg

R27を横切りR162に入り、桜の綺麗な場所を見つけて
小休止です・・・・。





e0254365_20233762.jpg

皆さんとのコーヒーブレイクも楽しみの一つです。





e0254365_2024210.jpg

本日お集まり頂いたフルメンバー(私も含め)での集合写真が
こちらです・・・・。





e0254365_20245032.jpg

松岡さんでの会食。アルコールはございません。





e0254365_20251166.jpg

今回も半島周辺の遊覧をお願い致しました。
半島周辺の桜は、ほぼ散り初め状態でしたね。





e0254365_20254540.jpg

あいにくの曇り空で、海の色もどんよりしていたのが残念です。





e0254365_2026631.jpg

帰りは全線開通から今年で2年目となる、舞鶴若狭自動車道を
利用致しました。対面区間が多く、北陸道~名神経由の方が
やはり早く走れるかも知れません・・・・。





e0254365_20264554.jpg

今日の相棒はS1000XRです。最近はこの仕様でXRにばかり
乗っています。色んな場面でとにかく楽しいバイクです。
SシリーズはやはりRRに注目が集まっていますが、ツーリングにも
十二分に使えるXRは侮れない1台ですね。是非皆さんも試乗
してみて下さい・・・・。

次回は5月15日(日)にハードなツーリングを行います。
近々にHPにアップ致しますので要チェックしておいて下さい。





e0254365_20283829.jpg

現在当店で今年の企画として行っている、「日本の道百選ラリー」の
指定ポイント(三方五湖周遊道路)にも立ち寄りました。
今回ご参加の皆さんの中にも、数人の方にエントリーして頂いています。





e0254365_20291676.jpg

K1600GTL-EXでエントリー頂いているT中さん(画面左)と
わたくし・・・・。

顕彰プレートはこの辺りにありました。
エントリーの締め切りは5月1日迄ですよ~。















   

by motorradkyoto | 2016-04-21 20:30 | Event&Campaign | Comments(0)
2016年 03月 26日

3月13日香川県うどんハシゴツーリング

いよいよ春めいてまいりました・・・・。
桜も南から少しずつ開花しているようでホント一日、一日春の訪れが、
楽しみな今日この頃です。しかしながら、暖房器具をそろそろ片付けたり、
冬服を片付けるなどこれはこれで色々忙しい季節でもありますね・・・・。

冬眠とまでは、行かないまでも寒い冬は殆んどバイクを動かして
いないライダーの皆さんもいよいよ活動開始です!
そんな中活動開始イコール2台同時納車させて頂きましたK藤ご夫妻です。
e0254365_17585250.jpg

向って左のマシーンが、奥様の乗られるS1000RRそして
ご主人のマシーンが、右側のR1200RSです・・・・。
どちらもBMW Motorradでは、中々入手困難なバイクなので
K藤ご夫妻には、長く待っていただきました。
これからは、思う存分乗って頂く事を期待しております・・・・。





さて、少し時間が経ってしまいましたが去る3月13日のツーリングレポートを
ご紹介させていただきます。それでは、N脇くん!宜しくお願いします。

こんにちは。皆さん覚えておいでですか?
ブログに殆ど出ない隠れキャラ的存在。スタッフN脇です。
今回2度目のブログを担当させていただくという事で、
やはりとても緊張しております・・・・・。

緊張のあまり昨晩は9時間しか眠れませんでした。
朝ごはんもドンブリ3杯しか喉を通らなかった・・・?
そんな食の細い私が、今回お客様と行ったツーリング先は香川県!!
香川と言えば、そう!讃岐うどん!! 
うどん屋3軒ハシゴのツーリングへ行って参りました・・・・。
e0254365_18372590.jpg

午前5時45分、名神吹田SAに集まった皆さん。
気温はまだまだ寒かったですが、ちょうど日の出の時間帯。
景色が明るくなるのに比例して、テンションも上がっていきます。
今から、『暫くうどんはいらない』と思うようになるツーリングが始まります。
それでは、いざ讃岐へ!!





e0254365_18381663.jpg

次の休憩地点は、淡路ハイウェイオアシス。
ここでK林様と合流。全員が揃ったところでハイチーズ!!





e0254365_18385699.jpg

いつも思うのですが、共通の趣味は年齢性別の壁を簡単に
超えますよね。初めて一緒に行かれる方も、すぐにうち溶けますね。
『あ〜バイクと言う物に巡り会えて良かった』と思えます。

そして、BMWのバイクはまた格別ですね。
だって、BMWのバイクってコンセプトがしっかりしていて、人間工学が・・・
いっ、いかん!!BMWのバイクの魅力を書き出すとページが
たりなくなってしまう。





e0254365_1840939.jpg

ハイウェイオアシスを出発すると、次の目的地は1軒目のうどん屋
『うどん処しんせい』さん。そこまで130Kmほどノンストップの予定
だったのですが、少々寒い事もあり、目的地2km手前でトイレ休憩。
膀胱が破裂するのを未然に防ぐことができました。





e0254365_18404753.jpg

8時半ごろ『うどん処しんせい』さんに到着。
注文はトレーを持って順番に並びます。
この光景は何だか学食を思い出します。
『おばちゃ〜ん日替わり定食。大盛り〜』って感じですね・・・・。





e0254365_1841463.jpg

皆さん朝ごはんを抜いておられたようで
一心不乱に食されております。
空腹と寒さも相まって、一層美味しく感じられたのではないでしょうか。





e0254365_1842214.jpg

こちらが一番人気の、とり天ぶっかけうどんです。
そこへ更に、当店M村店長の心を射止めたイイダコの天ぷらを
乗せると、このようなビジュアルになります。(汗)
もう、うどんには見えません。実際食べると、うどんになかなか到達
しませんでした・・・・。





e0254365_18431483.jpg

食後のくつろぎタイム。『いや〜食った食った』
・・・皆さん、まだ1軒目ですよ。





e0254365_18434858.jpg

この日の天気は曇りと言うことで、前回引率させていただいた
羽合温泉の2日目が脳裏をよぎりましたが、
本日は大丈夫のようです。『ありがたや〜ありがたや〜』





e0254365_18443496.jpg

それでは記念のワンショット。
『1軒目制覇!!』





e0254365_184526.jpg

しんせいさんを出発して、黄ノ峰の県道180号線を経由し
1時間半ほど走って、『長田in香の香』さんに到着。
お昼前の11時ごろの到着でしたが、お客さんが並び始めていました。

ここで、行列の前の方に並んでおられたR1200RS Y口さんの
ファインプレーが炸裂!!店員さんに13名の団体とお話をされ、
バラバラに並んでいたメンバーが、一気に団体部屋へ案内されました。





e0254365_18462483.jpg

今回はお店の性質上、予約一切なしの出たとこ勝負だったので、
Y口さんの機転と、お店の配慮に感謝です・・・・。





e0254365_1847517.jpg

席に着いてほっと一息、新型R1200RTで参加のO智さん。
どうですか、新型RTでしたらこの距離は余裕でしょ。
今回シンガリをお願いしたT田さん。K1600GTがだんだ板に
ついてきて、さらっと装備も使いこなしておられますね。





e0254365_18474966.jpg

いつも当店のツーリング企画に、颯爽と参加していただいている
S本さん。新しいR1200GSの調子はどうですか?
ハイウェイオアシスで合流のK林さん。一人で皆を待っている間は
本当に来るか不安になりませんでしたか?
安心してください合流できましたよ!!





e0254365_18484662.jpg

今回親子にて参加された、S木(Dad)さん&S木(Son)さん。
ときどき二人のバイクを、交換しながら走っておられました。
世の男親子が羨む、共通の趣味を分かち合える親子さんです。





e0254365_18493755.jpg

今回私が初めてご一緒させていただいた方のうちの一人。S水Sさん。
このような乱暴な企画に、勇気を振り絞りご参加いただき有難う
ございます。これに懲りず、またご参加くださいね。

ファインプレーのY口さん。ナイスな機転のおかげで、
皆して一緒にうどんをいただく事ができました。
バイクのカスタムやウェアのセンスも、シュッとしていてナイスですね。





e0254365_18502938.jpg

最近ニューマフラーを取り付けられたM木さん。流石はアクラポビッチ。
重低音で品がある良い音で、カッコいいですね。
空冷R1200Rでご参加いただいたK枝さん。
私が生まれた時にはもうライダー。結構タイトなコーナーも有る
ルートだったのですが、安定したベテランの走り。流石でした。





e0254365_1852953.jpg

RnineTで参加していただいた、S水Aさんと、Hさん。
オートバイらしいシンプルなフォルムのRNINETで、
高速道路では風を体全体で受け止める走りでした。
風を切り裂いて走る!!
そこに『漢』を感じますね。そしてお二人共いい笑顔をされてます。





e0254365_18525514.jpg

『長田in香の香』さんは、N脇オススメのお店で、
釜揚げうどんはシンプルでうまし!!イリコのだしでさらっと完食。
シンプルだけに奥が深い。うどん界のRNINETと言う感じですね。
ごちそうさまでした・・・・。





e0254365_18534158.jpg

お店を出ると、さっきの倍ほど人が並んでいました。Σ(゚д゚lll)
よ、よかった〜・・・・。
そこで、並んでいる人たちを横目に、ハイチーズ!!
たまたま近くを歩いているオジさんにお願いして、僕も写真に
入らせていただきました。
ここで、夕方から用事のあるHさんは、先に帰られることに。
お忙しい中ご参加有難うございました・・・・。





e0254365_18551695.jpg

次の目的地は荘内半島内にある、『紫雲出山頂公園』
ここは、桜の名所で景色も良く中々のビューポイントです。
しかし、流石に桜には早かったですね。





e0254365_18555196.jpg

紫雲出山の展望台でワンショット!!
もう、アレです。皆さんEXILEみたいです。(笑)





e0254365_18561999.jpg

これは、下見の時に撮った、パノラマ写真です。
もっと天気が良ければ、こんな景色が広がりました。
今回は少し曇っていて残念・・・・。





e0254365_18571741.jpg

次に訪れたのは、銭形平次でも有名になった、『銭形砂絵』
パワースポットとしても有名で、この銭形を見れば健康で長生きし、
しかもお金に不自由しないと伝えられています。





e0254365_18575122.jpg

皆さんが見つめるその先は・・・・・・・・・・・・?





e0254365_18583565.jpg

寛永通宝の銭形砂絵が!!
N脇は細い一重の目を全開に見開き凝視しておきました。





e0254365_1859728.jpg

どうですか?パワーを感じていただけましたでしょうか?
ご利益を感じられたら、どうぞ当店で増車してください。(笑)
ここで、Y口さんが帰られることに。なんと、Y口さんは家から
集合場所までが100Kmほどの距離で、遠方より参加して頂きました。
そして道中に一言『N脇さんの企画したツーリングでしょ。参加しないとね。』
って・・・。泣いていいですか?





e0254365_190457.jpg

そして最後のうどん屋さん『もり家』さんに到着。
お昼の時間を外して、3時頃の到着でしたが、
しっかり行列が・・・
まさか、この辺りではおやつにうどんが普通なのだろうか?





e0254365_1913527.jpg

このお店は、NHKのテレビにも出たことがありとても有名なお店です。
そしてかき揚げも有名です・・・・。
流石に今日はうどんばかりで『もうええわぁ〜』と言う声も出ました。
そうは言いつつも着席される皆さん。
『どんなうどんが来るんだろ〜』期待と不安、そして満腹が
入り混じった気持ちで、うどんを待ちます。





e0254365_1924852.jpg

ハイ、やってまいりました!!強烈なかき揚げです。
もう、うどんがチラ見せ状態です。(;´Д`)





e0254365_1932046.jpg

『T田さん蓋じゃないです。食べ物ですよそれ。
ええ、鍋敷でもないです。』





e0254365_1935416.jpg

本日最後のうどんです。
S木さん親子も果敢にアタック。
『今日のメインはバイク?うどん?どっち???』と聞かれたら
私はこう答えます。『もう、うどんです』と・・・





e0254365_1943981.jpg

『うおりゃ〜!!』と声が聞こえてきそうなO智さん。
凄くいい食べっぷりです。






最後に約3分程度のムービーを制作したので見てチョウダイ!
これからどんどん動画のクオリティーが、上がっていく予定なので
乞うご期待!

次回ユーザーツーリングもお楽しみに・・・・!






  

by motorradkyoto | 2016-03-26 19:07 | Event&Campaign | Comments(0)
2016年 03月 21日

2016大阪MCショーたっぷりBMWブースだけ!

前回、紹介させていただいた僕の私物「RAVPower Solar Charger」
僕にとっては、大いに利用価値がありそうです・・・・。
e0254365_14511843.jpg

サイズといい重さといい僕にとって丁度いいです。





e0254365_145354100.jpg

こんな感じで店の二階で充電テストこの時は、曇っていましたが
問題なく充電完了!





e0254365_14553411.jpg

タブレットサイズで作りも思った以上にしっかりしてますね・・・・。





e0254365_14564933.jpg

この位の充電器なら割と早い時間で充電が出来ちゃいました。
今後の出番に期待したいと思います・・・・。






さて、今回は大阪モーターサイクルショーについてのレポートです。
19日からスタートした2016大阪モーターサイクルショーも今日で最後です。
初日こそ朝方天気がいまひとつだったものの昨日、今日と気温は少し
低かったけれど、とっても好い天気に恵まれました・・・・。

3,4年前までは、来場客も減少気味で一時期「もう大阪でのモーターショーは、
無くなってしまうのではないだろうか・・・・?」なんて噂もありましたが、
昨年辺りから、また盛り返してきたような感じで今年に至ってはどのブースも
足の踏み場が無いほどの大盛況ぶりだそうです。

と言う訳で今回は、よそのブースに行ってる間が無かったので
BMWブースを一部切り取って、たっぷりご紹介することに致しましょう!
e0254365_14595159.jpg

6時21分発の電車で地元を出発「雨もチョコッと降ってるし寒いし・・・・。」





e0254365_1515042.jpg

・・・・・で、そうこう言ってるうちに「弁天町」に到着!





e0254365_153412.jpg

8時過ぎに無事中ふ頭に到着しました。
何とか雨がやみました。
「好かったこれで何とかショーに勢いが付くかも・・・・。」





e0254365_156148.jpg

お~っと!開催会場が見えてきましたよ・・・・。





e0254365_1572683.jpg

これを右に曲がると正面玄関がお迎えしてくれます・・・・。





e0254365_1582922.jpg

じゃ~ん!どうですこの閑散とした様子気持ちがいいくらい寂しいでしょ!
本当にこれからショーが、始まるんでしょうか・・・・?





e0254365_15103538.jpg

早い時間帯ではあるけれど無人のチケット売り場、やっぱり不安・・・・。





e0254365_15115524.jpg

今年は、何故かB級フードグランプリみたいに露店が出てました。





e0254365_15132896.jpg

それで何で献血車・・・・?





e0254365_15144266.jpg

おお、人がいたぞ~!チョッと安心・・・・。




e0254365_15163136.jpg

こんな感じで入場ゲートが貼られていました。





e0254365_15181511.jpg

毎年、開催初日は、楽団とダンスチームの催しが行われているみたい・・・・。





e0254365_15195814.jpg

はい、いきなりですが何時もの場所に陣取ったBMWブース登場!





e0254365_15213140.jpg

閑散としたBMWブース・・・・。これが、嵐の前の静けさか~・・・・。





e0254365_15234330.jpg

こうして見るとBMWブースは、どこよりもすばらしいな~と思わず納得!





e0254365_1527384.jpg

これが例の奴です・・・・。
例のホレ、アレですやん・・・・。GなんたらR・・・・そうですアレです!





e0254365_15295242.jpg

正面からブース内に入ったDJスタジオセット横に受付カウンター・・・・。
綺麗どころが、びっしり並んでお出迎えですぞョ~・・・・。





e0254365_15324637.jpg

向かって右からの一枚・・・・。
どの車両にもゆっくり滞在出来る様に導線を昨年より大きく変更・・・・。





e0254365_15343572.jpg

こんな風に何箇所かでアクセサリー展示ケースが、設営されてました。
しかし、残念ながらこのケースは、なんと、アンケートを書く台として
違う意味で大きく役立っていました・・・・?





e0254365_1536582.jpg

ここは、例のアレの真裏にある兄貴分のS1000RとF800Rコーナーです。





e0254365_15381752.jpg

反対を振り向くと右からR1200Rコーナー・・・・。
このR1200Rは、結構ご来場された皆さんの関心を引いていたのが、
とても印象的でした・・・・。THE BMWって感じなんでしょうかね・・・・。





e0254365_15414020.jpg

お隣に行きまして王者の風格漂うご存知K1600GTLです。
お立ち台に乗っているのは、僕が思うに恐らくボコボコにされるのを
防ぐための作戦じゃないかと睨んでいます・・・・。





e0254365_15441430.jpg

僕も初めて生で見ました!
R1200GS & R1200GS-Aのジャパンスタンダードです!
そうです皆さんの言うとおりローダウン仕様なのです!
足つき抜群のアドベンチャーだなんて・・・・。
夢みたい・・・・。





e0254365_1548579.jpg

出ました!昨年国内で最も販売台数を伸ばしたのが、このS1000RRです。
国産勢を抑えてでのトップは、ホントすばらしい!





e0254365_15514158.jpg

今だ衰え知らずのこだわり野郎タイプRnineTです。
相変わらず注目度は、現在でも代わり映えないですね・・・・。





e0254365_16343347.jpg

つい最近フェイスリフトしたばかりのCシリーズです。
デザインもより都会的に洗礼され走りも格段によくなりました。





e0254365_16375551.jpg

来年発売が、予定されているURBAN MOBILITY。
四輪でもI8やI3といった電動モータ-、パワーエレクトロニクスを
早くから市場に流通している中、一日も早いデビューが望まれますね・・・・。





e0254365_16434851.jpg

ウェアーも新たなアパレル部隊の導入で様々なシーンで着こなせる
品揃えになっています・・・・。





e0254365_16471831.jpg

今回のBMWブースのサポートをしてくれるスタッフです。
オープン前の緊張感が、ここまで伝わってきます・・・・。





e0254365_16564446.jpg

ジャ~ン!お待たせしました。本邦初公開!
例の奴です!そうです生G310Rだ~!





e0254365_16582980.jpg

僕たちディーラーの人間も見るのが初めてだったので
開演前に大急ぎでポジションチェック!「よしっ。」
「これでだいぶ前から知ってたぞ的にお客様に説明できるぞ~・・・・汗。





e0254365_1711265.jpg

こんな風に各車両の前には、商品説明用タブレットが、置かれています。





e0254365_1741910.jpg

遂に大型スクリーンに映像が、映し出されました・・・・・。
迫力のある映像とスクリーンそれに隣接する特設スタジオで
様々なトークショーや商品説明が展開されるのであった・・・・。





e0254365_1772918.jpg

これも今回発お目見えのTrasニューマシーンです。





e0254365_1795197.jpg

でもってライダーの児玉勇太さんが丁度そこにいたので 
お願いしてマシーンと一緒に撮影させていただきました。
2016年もTeamTrasからBMW Motorrad Japan様の
オフィシャルチームとして、全日本ロードレース選手権JSB1000クラスに
フル参戦の児玉勇太さん、今年も是非がんばって下さいね!





e0254365_1713116.jpg

で、開演が始まるとこんな感じであっと言う間に人だらけ・・・・。
後はよく覚えていません・・・・?





e0254365_17171718.jpg

いかがでしたでっしょうか?今回のモーターサイクルショーは、
BMWブース入場前だけに拘って紹介いたしました。
皆さんも見ててさぞ疲れたことと思います・・・・。
閲覧どうもお疲れ様でした。





  

by motorradkyoto | 2016-03-21 17:20 | Event&Campaign | Comments(0)
2016年 03月 06日

「日本の道百選」ラリー

何か気持ちが悪いくらいここ二三日あたたかいですね。
このまま春になったら補充したばかりの灯油がもったいない・・・・。
なんてことばかり、考えてしまう今日この頃です。

本題に入る前に面白いものを見つけたのでご紹介しときます。
e0254365_20281032.jpg

さて、みなさまスマートフォンやタブレット向けの
持ち運び式充電器なんてお持ちでしょうか・・・・?
乾電池式や充電式など充電器の
タイプはさまざまでありますが、いざという時に限って充電しておくのを
忘れていたり、乾電池が切れていることがありませんか?
出先でコンセントも見当たらず、焦った事もあったでしょう・・・・。




e0254365_20311755.jpg
 
そこで今回は、新しい形態のコードレス充電器
「RAVPower Solar Charger」にチョコッと注目・・・・。
なんと、珍しく高速充電も可能の優れものソーラー充電器!





e0254365_20362990.jpg

RAVPowerは太陽光の力を使って充電をする充電器です。
使い方は簡単で広げて太陽光が当たる場所においておくだけ。
小型かつ軽量なので旅先に持っていくこともできます。
太陽光発電のためコンセントにつなぐ必要がないので、
地震などの災害や停電の際にも使用できちゃいます。





e0254365_20385377.jpg

充電時間は少し長くなるそうですが曇りの日でも充電可能。
リュックサックの後ろにぶら下げていれば常に充電できるので
街中でも使用でき、テントや木などにぶら下げられるので、
アウトドアでも大いに威力を発揮します。
価格的には、1万円を切る値段で販売されていて
アマゾンでは5,599円と非常に良心的な価格紹介されていました。
因みに僕も早速購入してみました・・・・。

さらに優れている点として、どんな機器でも
フルスピードで充電できることが挙げられます・・・・。
たとえばAndroid専用の充電器を利用してiPhoneへ充電する際、
充電時間が通常より倍かかってしまうように、
充電の速さはデバイスに合わせた電流が
供給できるかがカギになっています・・・・。

しかしこのRAVPowerはiSmart機能を搭載し、接続されたデバイスを
自動的に検知し、各デバイスに適した電流を送ることができるそうです。
そのため、ほぼすべての機種に対しスピードが制限されることなく
充電することができちゃうのです。
さらに逆流防止機能もついているので、デバイスが壊れる
心配もなく安心して充電することができるとの事です。





e0254365_2044338.jpg

勿論、メリットがあればデメリットもあります・・・・。
弱点は、蓄電ができないという点です。
電気をためておきたいならば充電式充電器が必要となるし、
天候に左右されるという欠点もあります・・・・。
晴れの日、曇りの日には対応可能でありますが、
雨の日は使用することができないため、充電式充電器との
併用がベストでしょうね・・・・。

もともとRAVPower は登山や災害、車中や自転車の旅先などで
コンセントがない場所で好まれて使われてきたそうで、
登山時は充電器を持っていく予備、もしくは緊急事態用として
使用されることが多かったそうです・・・・。
なので僕も「欲しい!」と思い買っちゃいました! 終わり・・・・。

さて、今回はラリーイベントについてMr.M氏より紹介いがあります。
それでは、Mr.M氏宜しくお願いいたします・・・・。

こんにちは、スタッフのMr.Mです。
3月に入りましたね~・・・・。
結構暖かい日が続いていますが、先日テレビの天気予報を見ていると、
今年は「三寒四温」ならぬ「0寒七温」と言う苦し紛れの表現をしていました。

それ程暖かい日が多いだろうと言う事でしょうね。
さて、今年の店舗主催のラリー「日本の道百選ラリー」の概要と、
指定ポイントが決定致しました。
エントリーの受付は3月19日(土)からですが、今から計画を立ててくださいね。
店舗代表で、わたくし、勿論エントリー致します。
何とか頑張って半分位は廻りたいですけどね・・・・。
e0254365_2182790.jpg

エントリーの概要はこのようになっております。





e0254365_2185365.jpg

指定ポイントの15ケ所はご覧の通りです。





e0254365_219278.jpg

磐梯吾妻スカイラインやら、





e0254365_2194985.jpg

日光のいろは坂やら





e0254365_21102188.jpg

長崎のオランダ坂もございます。
走り応え十二分です・・・・。

今年は私、何とか時間を捻出して東北へ行きたいと思っています。
震災の前年、JR福島駅近くの某ダイニングで食べた「ごはん定食」が
忘れられません。
頑張って行くぞ~・・・・。

さてさて、今週末(3/11・12・13)は
NEW URBAN MOBILITY DEBUT FAIRです。
e0254365_21131232.jpg

ブラックストームのGTはすでに入荷済みですが、





e0254365_21134988.jpg

バレンシアオレンジメタリックマットのSも入荷致しました。





e0254365_21142176.jpg

細部に渡り変更が加えられていますが、直ぐに判るのが
サイレンサーです・・・・。





e0254365_21145199.jpg

樹脂のインナーパートの表面加工が、なかなか凝った処理が
施されています。

と、ご紹介はここまでです。
実車の品定めは店頭までお越し下さい・・・・。














   

by motorradkyoto | 2016-03-06 21:15 | Event&Campaign | Comments(0)
2016年 02月 14日

さて、今年のラリーは・・・

昨日の夜から明け方にかけて恐ろしい大雨の直撃を受けた
モトラッド京都は、何とか崩壊を免れ元気に営業をしております。
なので皆さん「安心して下さい、やってますよ!」

さて、今年は昨年お休みを頂いたのでラリーの復活です・・・・。
そうです、例の奴です・・・・。
モトラッド京都名物恐怖のデスラリーです・・・・?
いいえ違います。ただの過酷なポイントラリーです。

そんな楽しいイベントの全貌が、少しずつ見えてきたので
Mr.M氏より簡単に紹介していただきましょう。
それでは、Mr.M氏宜しくお願いいたします・・・・。

こんにちは。スタッフのMr.Mです。
今年の長期予報では暖冬との事ですが寒い日もある反面、
概ね暖かい日が多いように感じます・・・・。
お陰様で例年よりも来店のお客様も多く(バイクでの来店が多い)、
我々の業界にとってはこれ幸いな冬ですね。
e0254365_15352770.jpg

そんな暖かめのこの時期に、BMWさんから願ってもない暖かな
施策が発表されました・・・・。
S1000XRとR-nineT(限定モデルは除く)の新
車をご成約(ご登録)頂くと、なんと108,000円(消費税込み)分の
アクセサリークーポンを進呈致します。

ウ~ン、この時期にしてはなかなか思い切った施策で、
こう言ったキャンペーンがスタートすると直ぐに車両がなくなります。
ご来店されるお客さんの殆どは、何時でも希望する車両が
あるものだと言う感覚でお話を頂きますが、
おっとどっこい、在庫が無いのが当たり前なのが
輸入オートバイ業界の常識です。

このチャンスを逃す手はありません!
今すぐCALL NOW・・・。
ご参考までに当店には現在、S1000XRのレーシングレッドが1台と
R-nineTブラックストームが1台ございます・・・・。
3月末迄ですよ~・・・・。





e0254365_15444555.jpg

さて今日の本題ですが、毎年お客様参加型のラリーイベントを
行っていますが
(昨年は西日本のディーラー合同ラリーに参加した為中止)、
今年は店長M村君のひらめきと発案で一風変わった
ラリーを計画しています・・・・。
M村君の愛読書の一つ「Pen」の前回号の表紙ですが、
「日本の道百選」に選定されている富山県の
「八尾町道諏訪町本通り線」で撮影されたものです・・・・。





e0254365_15471679.jpg

で、どう言うラリーにするかと言うと
「日本の道百選」に選定されている道には、必ずこのような
顕彰プレートが何処かに掲げられています。





e0254365_15482511.jpg

そのプレートと自身の勇姿をカメラ付き携帯でこのように自撮り
(見苦しい姿ですみません)して頂き、
その画像をメール送信してもらいます・・・・。
但し、このプレートが何処にあるかはエントリーして頂いた方が
さまざまな情報を駆使して探して頂く事になります。





e0254365_15494585.jpg

更にその指定ポイントへ行った証として、周辺の風景を2点
添付して(合計3枚の画像)送信して頂く予定です。





e0254365_15503511.jpg

先日、3月のユーザーツーリングの下見を兼ねて、モトラッド京都の
スタッフ全員で香川県へ行って参りました。
前述のプレートの画像は高松市の「中央通り」ですが、
周辺の様子も撮影してみました・・・・。

こちら、中央通りに面した百十四銀行本店です。

エントリー概要は現在進行中ですが、3月の中旬頃から
スタートしようかと考えています・・・・。
指定ポイントは15ケ所で離島と沖縄・北海道を除く、
北は青森県から南は鹿児島県までの何時もながらのハードラリーに
する予定です。クックックッ・・・。

今回のラリーのポイントを店長のM村君に尋ねたところ、
「先進の技術を駆使したBMWに相応しい、先進のラリーに
するんや」と、どや顔でまくし立てられた私でした・・・・。

そもそも日本の道100選は、道の日の制定を記念して、1986年度および
1987年度に、建設省と「道の日」実行委員会により制定されたそうです。
日本の特色ある優れた道路104本を全てとは、
言わないまでもライダーとしていくつか知っておいても
損は無いかと思いますよ・・・・。

e0254365_1620100.jpg

最初の顕彰プレートは、こんな感じでシブかったですが、





e0254365_163094.jpg

近年は、もっぱらこんな風に顕彰プレートが、
石碑に埋め込まれています・・・・。





e0254365_1654897.jpg

選定された道路は、各年の道の日に建設大臣から顕彰されるとともに
亀倉雄策氏が、デザインした顕彰プレートが交付されました。





e0254365_168171.jpg

亀倉 雄策(かめくら ゆうさく)は、日本のグラフィックデザイナー。
(1915年4月6日 - 1997年5月11日)

代表作に1964年東京オリンピックのポスターに
サンケイアトムズ、ヤクルトスワローズのユニフォーム
更には、フジテレビジョンの旧シンボルマーク(8マーク)や
日本電信電話(NTT)のマーク(ダイナミックループ)、
などがあるそうです・・・・。

その様な日本を代表するグラフィックデザイナーの
顕彰プレートを探しながらの旅は、優雅でとても贅沢な
ツーリングの楽しみ方だと思います・・・・。

多少過酷な部分も見え隠れするかも知りませんが、
そこはホレ、モトラッド京都ですから・・・・。
とにかく参加は、勿論自由なので
イベント発表を楽しみにしておいてください・・・・。













   

by motorradkyoto | 2016-02-14 16:22 | Event&Campaign | Comments(0)