人気ブログランキング |

motorrad kyoto staff blog

mtrkyoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 15日

お客様の愛車紹介Vol7

明日からいよいよ大阪モーターサイクルショーです!
e0254365_2032337.jpg

初日は、僕か出没しているので会場で僕を見つけたら是非声を
掛けて下さいね!それに怪しいから・・・と通報とかは、やめて下さい。

ちなみに天気予報は、晴のち曇と開催3日間で何とか太陽が見れるかも・・・。
出展車種も今話題の車両も当然見られるかと思いますので
僕も今から興奮しています!時間が有れば、勿論、リポートして来ます・・・。
見れない方のために色々僕目線で写真を撮ってきましょう!
どうぞ楽しみにして下さい。

さて、本日は、ハンス・ムートが、手掛けた希少車をご紹介しましょう!
スズキのGSX1100S(通称カタナ)をデザインした事であまりにも
有名なハンス・ムートでありますが、BMW在籍時代に手掛けた
最後期モデルとも言えるR65LSをご紹介致します。
その前に少し裏話をしましょう・・・・実は、「ハンス・ムート氏に依頼し…」
というのはスズキの公式なアナウンスであって、実際には
「ターゲット・デザイン代表ハンス・ムート氏に…」であったそうです。

時代的には前後するそうですが、ムートがBMWバイク部門でデザインの仕事を
している時に、スズキから次世代ツーリングバイクのデザインに関して
協力要請があり、そのオファーを受けムートがBMWを退社、
その時にBMWのデザイナーを二人誘いターゲットデザインを設立したそうです。

また、独モトラード誌のプロジェクト、その後にスズキのプロジェクトに
正式に加入し、GS650GとGSX1100Sを発表することになったそうです。
しかし、ムートがあくまで「ターゲットデザイン社代表」という形で
参加したにもかかわらず、スズキの公式発表は「ハンス・ムートデザイン」で
発表されハンス・ムートの思いは、伝わらなかった様です・・・・。

そのためターゲットデザイン社内でムートの立場がなくなり、
ムートはターゲットデザインを追われてしまう・・・・・・。
この事はあまり表沙汰になっていないそうで、三栄書房の
雑誌「カースタイリング」誌の本人のインタビューで
詳しく語られている見たいですよ・・・・・・。

さて話しを戻しましてR65LSのオーナーである田中さんは
25年以上もこのバイクと付き合っておられます。
e0254365_2133360.jpg

取り回しの良さと、ダルなエンジンフィーリングが
とても心地良いとの理由です。
スタイルもお気に入りで、このバイクの稀少性も見逃せません。
今回、撮影時にサイドカバーを外されていたのが悔やまれますが・・・。





e0254365_21111873.jpg

マフラーはブラッククローム仕上げで、このLSを精悍に見せています。





e0254365_21121134.jpg

メーターナセルがそのままウインドプロテクターの役割をはたしており、
かなり斬新なデザインであった事が手に取るように判るパートです。
走行は僅か、16,198kmです。





e0254365_2115377.jpg

このテールカウル廻りの処理は心憎いまでのフィニッシュで、とても
ドイツモノとは思えない仕上げです。R65LSのデカールもオシャレですね。
エンブレムの焼けが残念ですが、このバイクの歴史を感じる部分です。

ハンス・ムートはBMWモトラッドの代表的モデルである、
R90S・R100RS・R80G/S等にも係わり、
スズキのオファーを受けBMWを退いた後にカタナのデザインで
一躍トップデザイナーの仲間入りを果たしました。
このR65LSのデザインが、何処となく
カタナに似ていると思うのは私だけではないでしょうね・・・・・。

                                    byスタッフM氏

by motorradkyoto | 2012-03-15 21:26 | お客様の愛車紹介 | Comments(0)
2012年 03月 11日

携帯電話からも見れますよ~・・・・。

2012京都マラソンも無事に終わったみたいでやれやれデス・・・・。
幸い天気も良かったのでランナーの方は、きっと
エンジョイマラソンを大いに楽しんだ事でしょうね・・・・・。

当店は、マラソンコースから結構離れているので
どんな感じに盛り上がっていたのかいまいちピンと来ませんでしたけどね。
明日またニュースか新聞でチェックしときたいと思います・・・・。

さて、今日お客様から「携帯電話からもブログが、見れないんですか?」
とのお問い合わせを頂きましたので早速携帯電話専用アドレスを作成
貼り付けときました。なので利用される方は、是非使ってください。

携帯用アドレスhttp://mblog.excite.co.jp/user/mtrkyoto/

そう言えば、もう直ぐポイントラリー(スタンプラリー)が、始まります。
e0254365_20143010.jpg






今回採用されるポイントラリー用サンプルカードが、出来上がりました・・・・。
e0254365_2016336.jpg

まっ、大きさ的にはハガキサイズですね。もしくは、A6かな・・・・。





e0254365_20174196.jpg

こんな感じで現在製作中です・・・・・・。
皆さん参加される方は、がんばってくださいね!!

by motorradkyoto | 2012-03-11 20:20 | Comments(0)
2012年 03月 10日

噂をすれば、K1600GTLの入荷です・・・・。

今朝も朝一番から納車がありました。F800GSの30thです。
天気予報では、曇のち晴との予報でしたが、全く晴れず
お客様も「西に行きたいけれどこの空の色は、怖い・・・・。」と
美山方面は、断念されました。

今も日本海から帰ってきたお客様が、いたので
「雨どうでした?」と聞いたら「少し降られたけど合羽を着るほどでもないよ。」
と言っていました。でも確かに下ろしたてのバイクが、万が一
土砂降りにあうのは、いささか、気が引けますけどね・・・・。

さて、今日は、中々入荷してこないK1600GTLをご紹介しましょう!
e0254365_18443156.jpg

今回の入荷車両は、ロイヤルブルーメタリックです。
久しぶりに僕もこの色を見ました。やっぱりシャープでカッコイイですね!
実際右奥に写っている試乗車のミネラルシルバーメタリックに比べ
心なしか小さく感じられました。でも撮影の為、取り回したら
やっぱりK1600GTLでした・・・・。(重っ!)





e0254365_18482819.jpg

この色は、僕がお客様にご成約頂いた最初の色でもあり
当店で最初に試乗車で登場した色でも有ります。
なんて言うでしょうか・・・・やっぱりなんとも言えない美しいフォルムですね!
(結局何も言えてないですネ・・・・。)




e0254365_1852284.jpg

冒頭でも少し触れましたが、現在もなかなか入荷が少なく世界的に
品薄状態だそうです。日本でもご予約頂いた順にお出しするのが現状です。
実際、このリズムが速まるのはもう少し先になるかと思います・・・・。
K1600GTLのご購入を検討されている方は、いち早いご決断で
ご相談いただければ、少しでも速くお手元に届けることが出来るかも・・・・。





e0254365_18565742.jpg

スピードの出そうな雰囲気は今更ながらこの姿を見て納得させられます・・・・。
それにクルーズコントロールが、最高設定速度220 km/h と
設定されている事を考えればやはりその凄さに驚かざる得ないですね。





e0254365_1930567.jpg

話しは、全然違うのですが、こうして2台並べて写真を撮っていたら
なんとなく視線を感じたので
その視線の方向を恐る恐る振り返るとなんと国道で右折待ちの
車から一斉にこちらを見ているではありませんか!
おまけにその人たちとしっかり目が合い不覚にも
少し照れてしまいました・・・・。

別に僕を見てた訳では、無いとは思うのですが、そこはホレ
ひょっとしたらスカウトとか、万が一芸能界とか有るでしょ!・・・・?
はい、スミマセン全然無いでした・・・・・・・。

by motorradkyoto | 2012-03-10 19:59 | 本日の入庫車両紹介 | Comments(0)
2012年 03月 09日

お客様の愛車紹介Vol6

今日の雨は、昨日の雨に比べて空気が冷たくとても寒かったですね。
そう言えば、今日の夕方から九州へツーリングに出発された
お客様がいました。何やら夕方からフェリーで出発されるとか・・・・。
いい天気になったら良いんですけどね!

ところで一昨日も苦戦していた無線LANの設定が昨日もうまく行かず
ほとほと困り果てていた・・・・。
そんな時ふと「マニュアルをもう一回よく読もう・・・・。」と思い立ち
ガッツリ読んだところ、どうやら今まで使っていたデバイスでは、
無理という結論に行き着きました。

最初は、設定の間違いかなと思い黙々と失敗しては、やり直し
またまた失敗しては、やり直しと1時間位やったんですが、
「あ~もっ!新しいの買お!」と決断・・・・・・。

と言う訳ですぐさまアマゾンサイトで ”ポチッ” 新しい無線子機をGET!
それが来るまでしばし設定は、お休みさせて頂く事にしました。
「品番間違って注文してたらどうしよう・・・・・・。」

さて本日紹介するお客の様愛車は、K1200LTです。
グランドツアラーの分野において、H-DのFL系と
ホンダのゴールドウイングを頭に浮かべる方は多いと思いますが、
このセグメントに戦いを挑んで来たのが99年デビューのK1200LTなのです。

e0254365_20124767.jpg

今回ご紹介する豊田さんのK1200LTは、シリーズの最終モデルで、
各パートが完全に熟成されたかたちになりました。
更にクロームパーツも標準装備となり、BMW流儀の豪華さを
打ち出す大変インパクトの強い仕様となっています。
初期の98PSから116PSにパワーアップされた事も特筆される部分です。





e0254365_20161077.jpg

比較的重量の有るK1200LTは、リバースが標準装備されていて
ゴールドウイング同様にセルモーターを介して
バックギヤを動かす仕組みが施されています。
但し、リバースレバーがかなり下にある為、正直
小柄な方には実際のところ少々辛い面も有ったかと思います。





e0254365_20222730.jpg

メーター類は大変視認性が高く、乗り手の気持ちを
とても良く考えた設計になっています。
また、オーディオ関係もBMWの4輪で’90年代前半に
オプション設定されていたリヤトランク吊り下げ式を パニアケースに
押し込んだCD6連奏タイプが装備されていました。





e0254365_20301976.jpg

それにセンタースタンドオートリフターが装備されたのは
最後期モデルだけと言うのも魅力のひとつですね。
不思議な事に、K1200LTユーザーはなかなか手放したがらない傾向が強く
下取りや買取で入荷する事が殆どありません。

生産が、終了してもう7年になりますが、正直商業的には
お世辞にも良い成果を残せたとは、言えませんでした。

H―Dとゴールドウイングが排気量をアップし、商品価値を高めた事も
K1200LTを短命に追い込んだ要因であった事も事実です。

バブリーな時代には、カワサキのボイジャーやヤマハの
ベンチャーロイヤルそれにスズキのカバルケード等
国内メーカーもごそって参入しました・・・・。

しかしこの2台巨頭の牙城を崩す事は残念ながら出来ませんでした。
そこで今回BMWはK1200LTの市場を引き継ぐ為の旗艦、
K1600GTLで再度巻き返しを図っています。

車両の質感はK1200LTの方が1枚上手ですが、
新星グランドツアラーとして新たに生まれたK1600GTLは
今現在好調なセールスを確実に記録し続けています・・・・・・。

by motorradkyoto | 2012-03-09 21:01 | お客様の愛車紹介 | Comments(0)
2012年 03月 08日

今度は、赤です・・・・。

昨日は、きっと晴天に違いないと思っていたのに何故か一日
曇り空が続きけっきょく心が折れバイクをまたまた洗いそびれました・・・・。

おまけにこの日は、光回線のeoからNTTへの入替工事日だったんです。
入れ替えてくれたまでは、良かったのですがネット環境は、「自分でしろ!」
と言う事だったので必然的に再セットアップをやらなくては、
ならない試練が待ち受けていた訳です・・・。

なにせ、プロバイダーが、替わると言う事は、当然新しいアカウントでの
再セットアップもしなくちゃいけないと言う事なのです。
そもそも我が家は、パソコン2台と何故かゲーム機がDSも含め
4台もあり、それにテレビまでが、無線LANを使っているんです。
なのでセットアップに一日時間を使う事になってしまいホント疲れました・・・・。

それでも実は、まだメールとテレビが、残っているんですけどね・・・・。
あ~・・・・めんどくさい・・・・けど帰ったら頑張ってします。

さて本日は、先日入庫したR1200GS-Aの”アルピンホワイト/サンドローバー”
につづき”マグマレッド”の入庫となりました・・・・。
e0254365_19575995.jpg

どうです?なかなかの迫力でしょ~・・・。えっ?奥過ぎてわからない!
それはどうもスミマセン・・・・。
では、次の写真をじっくりご覧になって下さい。





e0254365_2002399.jpg

今度は、バッチリ迫力が、伝わって来たでしょ!
実は、以前にも”マグマレッド”の存在は、有りましたが、
前回の車両と少し様子が違うので同じ色でも受ける印象が、
微妙に違いますね・・・・。





e0254365_2033682.jpg

当然お気付きになったかと思いますが、そうです!その通りです!
シートのコントラストですね・・・・。当時は、赤と黒のツートンシート
でしたが、今回は、少しシックに黒とグレーできめてみた感が、ありますね!





e0254365_207943.jpg

インフルエンザが、流行っているので一応、アドベンチャーにも
マスクの装着をさせてみました・・・・?はい、それは無いです。
勿論、養生のための防護シールでした・・・・。

「へ~ビックリした~・・・・。」
なんて本気で思っていた人は、まさかいないでしょうね・・・・・?

話しは、コロッと変わりまして、いよいよ道の駅のラリーが始まります。
楽しみにしている人も多い事でしょう。
ちなみにこんなピクトグラムが、あったら楽しいでしょうね!
e0254365_20143722.jpg

3月24(土)から受付スタートです。トライされる方は、是非頑張ってくださいね!


















   

by motorradkyoto | 2012-03-08 20:21 | 本日の入庫車両紹介 | Comments(0)
2012年 03月 06日

K100がデビューした当時の雑誌紹介の巻

明日は、一週間に一度の定休日です。
せっかくの休みですが、自宅で使うインターネット回線の
入替工事があるので午前中は、潰れるんですよね~・・・・。
10年近く利用していた”eoネット”から”NTT”に変更です。

大意は、無いのですが、たまたまパソコンを買った時に
入替を勧められ「ガッツリ値引しときます!」なんて言われたので
ついフラ、フラ、フラ・・・・と手続きしちゃいました。
でも色々利用価値がありそうなのでとても楽しみです。

さて今回は、久しぶりに雑誌紹介などさせて頂きましょう!
e0254365_20364530.jpg

はい、言わずと知れた「MOTOR CYCLIST」です。
そこで表紙を飾るK100について少しお話しましょう。そもそも・・・・・
1984年1月号の別冊MCは、鳴り物入りでデビューしたK100を大きく
取り上げました。前年の12月より発売されたK100は、
クランクシャフトを縦置きとし更に90度左に寝かせる大胆な
レイアウトで、BMWが世に問う画期的なオートバイでした。





e0254365_2043683.jpg

試乗内容は絶賛されてはいますが、M氏言わく・・・・・
「何と格好の悪いバイクなんだ・・・・こんなの実際
市場で受け入れられるのだろうか・・・・。」と
当時かなりM氏は、心配いていたそうです。

しかしそこはBMWの凄いところでジワリ・・・・ジワリ・・・・と
新しいユーザーに浸透して行ったそうですよ。





e0254365_20483653.jpg

M氏は、当時をこう振り返っています・・・・。
「今思うと本当に整備性も良く非常に丈夫なエンジンでした。
それにとても、ふこやかなトルク感、まさにBMWのエンジンそのものです。
オートバイ初のABSも’88年にK100RSに装備され、
その後4V化され1200シリーズへと発展致しました・・・・・・。」





e0254365_20544989.jpg

さて、お馴染みの動力性能ですが、最高速は当時
211.8km/hで0~400mは12.19秒との結果が報告されています。
同じ時代に発売されていた日本製750ccとほぼ同等の性能ですね。

M氏は、言いました。「忘れられないのが当時の価格です。
発売当初のK100が170万円、この年の1月に発売された
K100RSが217万円でしたが、半年足らずでK100が149万円になり
さらにはK100RSが179万円と大幅な価格改定がありました。

これを目の当たりにした初期入荷車両購入のユーザー様からは、
当然のごとく苦情が殺到した訳です。

慌てたかどうかは、わかりませんがお詫びを含め、
BMW-JよりBMW純正のレザースーツが贈られた事を鮮明に憶えています。

それにしても凄まじい値下げでしたね・・・・。

さらにM氏は、続けます・・・・・
BMWがフラットツインを捨て、水冷4気筒に入れ替えると言う噂は
80年代に入り加速度的に広まりました。

BMW―AGの創立60周年を記念して発売された
その答えが、今回紹介するK100なのです。

そうだったんですか・・・・へ~ドラマですね~・・・・。

by motorradkyoto | 2012-03-06 21:26 | 雑学コーナー | Comments(0)
2012年 03月 05日

復活への道もうこれ以上は、脱げません・・・・。

それにしてもよく降りますね~・・・・・・。
今日も一日土砂降りの雨に もうごちそうさまって感じです。
明日もまだ少し雨が残るみたいですけど気温の方は・・・・
これがまた、嬉しい事に少しずつ高くなって来ています・・・・・。
みなさんもぼちぼち体中が疼きだして来たのではないでしょうか?

それが証拠に こんな雨の日にも関わらず
納車引渡しでご来店されたお客様もおられ
さらには、オイル交換でご来店されるお客様もいました。
いよいよ始動される寸前まで来た感じですね!

さて今回も昨日に引き続き「復活への道」をご紹介したいTと思います。
まずは、この動画をご覧ください・・・・・。

どうです?もうこれ以上脱げません!て感じでしょ!
僕の思うに多分ここからの整備となるとかなりクオリティーの高い
仕上がりになるのは、間違いないと思います。





e0254365_1914026.jpg

タンク下のマスターシリンダーから、漏れたフルードが、
フレーム、メインハーネスなどにも付着していた為外せるところまで
外した状態がこの写真です。





e0254365_19172190.jpg

ご覧のように鉄仮面の部分を外すとやはりフルードが毛細管現象で
エアクリーナーボックスさらには、セルモーターの辺りまで
侵入していました。





e0254365_19203788.jpg

どうです!接続端子部分を外してみると案の定腐食していました・・・・。
そもそも30年以上交換されていないので無理も無いですが・・・・。





e0254365_19231367.jpg

オルタネーターも当然全てチェック済みで悪い部品は、交換ですね。





e0254365_19241383.jpg

何かすっきりしていますよね~。よく見るとブレーキキャリパーが、
取っ払われています。コレで止まれたら言う事ないんですけどね・・・・。





e0254365_19261844.jpg

はい、そうです。メーターが無いんですね!よく解りましたね~・・・。
なんか昔の自転車みたいですね~・・・・。
現時点での分解は、ここまでです。
これからの分解予定としては、ステムベアリングの交換なども
有るようなので次は、前足の無い状態をご紹介できるかと思います。


それでは、またお会いしましょう!サイナラ、サイナラ、サイナラ・・・・。

by motorradkyoto | 2012-03-05 20:05 | お客様の愛車紹介 | Comments(0)
2012年 03月 04日

復活への道キャブオーバーホール1個完了!

今日は、午後から雨が降り出しご来店のお客様は、
さすがに少なかったですね・・・。
それでも以外に電話でのお問い合わせが、何時もの
日曜日に比べかなり多いような気がしました・・・・。

ところで当店は、おかげさまで無事4周年を向かえる事が出来ました!
これもひとえに皆様方のおかげであります。
これからも変わらぬご愛顧よろしくお願いいたします。

それに伴いまして来る3月24日(土)25日(日)を4周年記念企画としまして
春の大試乗会を開催いたしますので皆様お誘い合わせの上
ご来店下さる様心よりお待ちしております。
詳細については、改めてご案内させて頂きますのでしばしお待ちくださいね。

さてさて3月に入って最初の日曜日ですね。
思い起こせば、4年前の2008年3月1日が、
モトラット京都の誕生日なんです・・・。
そういえば、オープンの日も今日の様な雨が降っていました・・・・け?

気になったので調べてみると・・・「え~と、4年前の3月第一日曜日は・・・・」
”快晴”でした。なかなか映画の回想シーンの様にいかないもんですね!
ちなみに3月1日にオープンしてから日曜日に雨が降ったのが、
3月30日なんと最終日曜日と かすりもしませんでした・・・・・。

前置きが少し長くなってしまいすみません・・・・。
本日は、この間キャブをばらして・・・・まででしたね。
今日は、じゃ~ん!1個完成です。
e0254365_19591027.jpg

どうです?ベリ~美しいでしょう!勿論見た目だけでは、ございません。





e0254365_2002531.jpg

見てください!この美しすぎるスロットルバタフライを・・・・・。
ピッカ、ピカでしょ~。おまけに各パーツの動きもスムーズで
これぞ”オーバーホール”ですよね。
当然僕は、触っていません!安心してください。




e0254365_2034176.jpg

使っているネジ類も洗浄、交換でホレ見てチョ!ネジの頭がこの通りピカピカ!





e0254365_2055881.jpg

ちなみにもう一つは、洗浄中です・・・。洗浄用オイルシンクは、まるで戦場・・・
なんてネ!・・・・・・? ハイここは笑うところですよ。




e0254365_20102169.jpg

フロートなんかもこの際、新品でビシッと決めてみました!
かくしてキャブのオーバーホールは、この様に出来上がっていくのであった。

by motorradkyoto | 2012-03-04 20:25 | お客様の愛車紹介 | Comments(0)
2012年 03月 02日

カタログに載っていない小物・・・・。

毎年寒い季節になると知り合いからトロ箱一杯の牡蠣をわけて頂いてまして
約一週間位かけて家族総出で食べ続けるのです・・・。
生で食べ、焼いて食べ、最後に蒸して食べるのです。
e0254365_19295566.jpg

ちなみにこれが先日食べたラストの牡蠣です・・・・。
とても美味しくいただいたのですが、次の冬まで食べなくて大丈夫です。
                                      ゲップ!





さて、今回ご紹介する商品は、あまり知られていない物を紹介しましょう。
そもそも「BMWにもこんなの有るんだ~・・・。」て言うグッズです。
e0254365_1936665.jpg

”BMW”のロゴが刺繍されているタイダウンと言うか荷造りベルトですね!
参考までにBMW的正式名は、”ベルト”でした。そのまんまやん!





e0254365_1941299.jpg

なんか雰囲気は、こんな感じで使うんだと思うんですけど・・・・?
でも、さり気無くBMWベルトを持っていると他のBMWオーナーに
「えっ!そんなのあるの?」なんてチョッと優越感かも・・・・。
ちなみに長さは、約240㎝です。
それに気になるお値段は、なんと、税込1,050円 安っ!





まだ有りますよ!続いての「BMWにもこんなの有るんだ~・・・。」商品は、
e0254365_19564983.jpg

決して釣り道具では、ありません!
これも正真正銘BMWグッズです。
これもまた便利そ~・・・・。
ケースなんか装着されていてプラスアルファー荷物を積む時など
この長さが、ちょうど良い・・・?なんか車のCMで聞いた様なフレーズ・・・。






ちなみにイメージとしては、こんな感じかな・・・・。
e0254365_2033141.jpg

色は、なぜか、赤一色だけです。
長さですが、フック先端から中央の黒いリングまで約20㎝位です。
こちらも気になるお値段ですが、驚きの税込798円どえす。

by motorradkyoto | 2012-03-02 20:18 | Goods Presentation | Comments(2)