人気ブログランキング |

motorrad kyoto staff blog

mtrkyoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 06日

MaxiScooter DEBUT X-Dayは11月9日発売

私事でありますが、遂に買っちゃいました・・・・。
そうです!
e0254365_20592362.jpg

じゃ~ん!![i pod touch 5]です・・・・。
予約しても何時になるか分からないとか言われてましたが、
10日くらいで手に入れることが出来たので嬉しさのあまり
ご紹介させて頂きました・・・・。





e0254365_2131384.jpg

ちなみの僕の購入した色は、赤で携帯電話のケースの色と同じです。
さ~どれだけ使いこなせるのだろうか・・・・?





さて、本日は、11月9日にデビューするMaxiScooterの
C600SPORTをご紹介したいと思います。
前回は、C650GTに続きしっかり情報を吸収して下さいね・・・・。

ちなみに、本日も1台入庫したんですが、忙しくって撮影できず
今回の紹介には、間に合いませんでした・・・。
どうしても見たい方は、京都モータークラブで展示しているので
是非、見に行ってください・・・・。
それでは、先日入荷したチタンシルバー・メタリックです。
e0254365_21133142.jpg

いつもの様にパネルバンからのお出ましです・・・・。
この時は、一緒にR1200GS-AとK1600GTが到着しまた。





e0254365_21153626.jpg

どうでしょう・・・・?
とてもシャープな印象を受けますね・・・・。
正面から見ると何処となく " アイアンマン " 的な感じが・・・・。
e0254365_21215992.jpg

僕は、このキャラクターの大ファンなのでとても好感度です・・・・。





e0254365_21235580.jpg

横から見た感じもとてもスマートで注目度もかなりのものだと思います。





e0254365_212535100.jpg

どうですこのアングルますますアイアンマン・・・・。





e0254365_21262968.jpg

こうして見るとチタンシルバーて有ですね・・・。
近未来なデザインと恐ろしくベストマッチングしています。





e0254365_21294152.jpg

ストレージコンパートメントもGT同様、ちゃんと電源ソケット付です。





e0254365_2131175.jpg

右側も脱落防止の仕切り板がはめてあるので安心・・・・。





e0254365_21322990.jpg

はい、ライダーから見たコックピットです・・・・。
シンプルな中に機能美が、詰め込まれてあるところが、また憎い・・・・。





e0254365_2134304.jpg

シート下のスペースは、GTに比べてシャープな分だけ
狭いですが、それでも心配御無用!ちゃんとヘルメットは、2個
入るように考えてあります。では、次の写真をどうぞ・・・・。





e0254365_21378100.jpg

オリャ~・・・・?
スペースが一気に拡大したのがお解りでしょうか・・・・。
では、超分かりやすい横からの画像をどうぞ・・・・。





e0254365_21383872.jpg

まるで鞴(ふいご)の様な感じですよね・・・・。





e0254365_21433284.jpg

側面にあるこのレバーを動かす事によって新たなスペースが、
出来る仕組みになっているんですよね・・・・。
勿論、下げたままでは、走らないように安全装置も働きますよ!





e0254365_21491326.jpg

そしてメーターの左右にあるこのノブをグリグリ回して・・・・・。





e0254365_21504750.jpg

一番上のポジションで固定すると、何と言うことでしょう~♪





e0254365_21522072.jpg

こんな感じから・・・。





e0254365_21531218.jpg

こんな感じになっちゃいました・・・・。
さすが、BMW使える機能が沢山搭載されていて
お気に入りの一台になること間違いなし・・・・みたいな感じになると思います。

まだまだ説明したらないんですが、きりがないのでひとまずこの辺で
ご勘弁下さい・・・・。
オプションエクイップメントも沢山ありますよ~・・・・。

そうそうとてもいいニュースがあります・・・・。
モトラッド京都では、今ご紹介した車両を
試乗車として使う予定なので完成した暁には、是非皆さん
ご試乗にご来店くださいね・・・・。

by motorradkyoto | 2012-11-06 22:01 | 新車情報 | Comments(0)
2012年 11月 05日

懐かしの雑誌紹介 " BMW特大号 "

近所にカレー屋さんとラーメン屋さんがほぼ同時にオープンしました。
カレー屋さんは、大手カレーチェーンのXX1番さんです。
ラーメン屋さんもチェーン店?ぽい店でした。

近いうちにラーメン店から攻めてみたいと思います・・・・。
僕は、無類の麺好きで和そばから始まりタイのホーに至まで
なんでもOKです。
「あ~美味しかったらいいのにな~・・・・?」

さて、さて、今回は、久しぶりに雑誌の紹介などしましょう・・・・。
その紹介する雑誌ですが、
別冊モーターサイクリストの’93年8月号です・・・・。

この号(19年前の代物です・・・・。)は、
BMW特大号と名打っての特集号でした・・・・。
巻頭から80ページに及び読み応え十分で、表紙とは裏腹に
保存版として残しておく価値のある内容となっています。
e0254365_1957226.jpg

BMW特集の特大号ならば、表紙も当然のことながらBMWで
あって然りだと思うのですが、なぜかユル~イ感じになっています。
なんとも水着の女の子が艶かしく気になりますね~・・・・。





e0254365_19591213.jpg

1993年は20年に1度の大改革モデルチェンジの幕開けの年で、
当時のラインナップを見ても新旧入り交じった車種構成となって
います・・・・。 

新世代ボクサーのR1100RSがこの年の7月に発売され、
OHVモノレバーのR100RTや、パラレバーの
R100GSもまだ健在でしたね。

K1000LTもあればK100RSやK75のABS付き最終
モデルもあります・・・・。
K1もこの年が最後だった記憶があります。





e0254365_2014072.jpg

当時の新型R1100RSのメカニズムが、
イラストを交えて説明されています。
現行のR1200シリーズはこのモデルがベースに
なっている事は言うまでもありません。

我々が最も驚いたのは、フロントの
テレレバーサスで、この発想はBMWならではかも知れません。
足回りは四輪も含め、なかなか凝ったシステムが特徴です。





e0254365_2033550.jpg

76年のデイトナスーパーバイク・プロダクションレースの記事です。
スポーツバイクのイメージには程遠いR90Sで、
当時のホンダ・カワサキの4気筒に常勝し、
この年のメーカーチャンピオンを獲得しました・・・・。

バトラー&スミス社からエントリーされた83番が、
初代スーパーバイクチャンピオンに輝いた
スティーブ・マクラーフィンです。
デイトナオレンジのR90Sはカッコイイですよね~。

R1200GSが水冷化され、いよいよ日本でも来年発売が予定されています。
おのずとRシリーズは順次水冷化されますが、
2013年は冒頭でも述べた20年に一度の大改革の年になりそうです。
我々販売に携わる者にとっても大変興味深い年でもあり、
BMWも90周年の節目の年となります・・・・。

by motorradkyoto | 2012-11-05 20:17 | 雑学コーナー | Comments(0)
2012年 11月 03日

C650GTのチョッと外したり、電源入れたり偏

ここ最近は、朝夕ぐぐぐい~と冷え込み秋の深まりが
より深くなりどちらかと言うと初冬を思わす寒さですね・・・・。
この近辺も朝夕は、10度を下回る気温となっております。
我が家も遂に最終兵器の "おこた" を登場させてみました・・・・。

しかしながら残念なことに電源コードが見当たらず
な~んちゃって"おこた"で昨日は終わってしまいました。
今日こそは、電源コードを発見しポカポカおこたでうたた寝だ~!!

さて、電源つながりと言う訳では有りませんが、今回は、
C650GTにバッテリーを繋いでどんなイルミネーションに
なるか検証してみました・・・・。
e0254365_20271828.jpg

まず、フロントの右パネルを外すとバッテリーがお目見えします・・・。





e0254365_2029395.jpg

もう少し解りやすく前方からの写真です・・・・。
コレでお解りでしょう!





e0254365_20304837.jpg

電源を繋ぎイグニッションキーを回すと・・・
こんな感じに鮮やかなイルミネーションが、目の前に現れます・・・・。





e0254365_20324989.jpg

前に回って覗いてみるとファイバープレートが、眉間のしわの様に
ピッ、ピッ、ピッと光ります。





e0254365_2035036.jpg

そして後に回って覗いてみました・・・・。
近未来的なデザインが、印象的ですね・・・・。





e0254365_20364670.jpg

でもってエンジンを始動!ブルルルル~・・・・!
擬音語は、コレしか思いつかなかったのでスミマセン・・・。
右目が、点灯!そうですコレが言わいるロービームです。





e0254365_2041547.jpg

でもってハイビームにすると両目が、点灯します・・・・・。





e0254365_20415138.jpg

これからお見せするこの画像を含む3枚に注目・・・・。
e0254365_20424492.jpg

お解りですか・・・・?
e0254365_20431655.jpg

そうです!
三角窓です!BMW的に言うと「スリップストリームディフレクター」です。
通常閉じている状態では、整流がありライダーに風が当たるのですが、
これレバーを外に動かす事によって風をスクリーンの内側に入れず
まさにスリップストリームを実現させるのです・・・・。





e0254365_2057462.jpg

スクリーンは、GTの名に相応しく電動で上下に動きます。
これ・・・・・め~いっぱい上ってます・・・・。




e0254365_20585520.jpg

これは、通常の下がっている状態です・・・・。





e0254365_218497.jpg

ヒーター関係ですが、モニターの[A]と言う文字に
お気付きでしょうか・・・・・。
上がシートヒーターで下がグリップヒーターを表しているのですが、

従来の場合ステージ1、ステージ2、もしくは、K1600GTなどである
5段階のレベル調整でしたが、今回始めて採用された[A]オートモードは、
外気温センサー、エンジン回転数、車速センサーより
算出され温度を自動調整する優れものだそうですよ・・・・。





e0254365_21183213.jpg

コレが、従来から採用されているパターンです。
画像に写っているのが、それぞれのヒーターが、
ステージ2 " ・・ " 
ステージ1 " ・ "
であることを表しています・・・・。

駆け足のご説明になりましたが、なんとなくC650GTの良さが、
お解りになりましたか・・・・?

次回は、C650Sportも照会しちゃおうかな~・・・・
なんて思っています。

by motorradkyoto | 2012-11-03 21:22 | 新車情報 | Comments(0)