motorrad kyoto staff blog

mtrkyoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2018年 11月 29日

珍しい訪問者 クルマ編10 アルピナ B3S 3.4クーペ 40th

こんにちは。スタッフのMr.Mです。11月の穏やかな平日の営業日に、心地良いエキゾーストと共に
駐車スペースに収まった車がこちら。アルピナB3S 3.4クーペで、更にアルピナ創立40周年を記念して
40台のみリリースされた(日本には10台のみ入荷)限定バージョンです。21世紀の車には全く縁のない私ですが、
BMW四輪のベテランセールスの方々が、皆さん口を揃えてE46(’98年~’05年の3シリーズ)は本当にイイ車だったと
おっしゃいます。その辺りもじっくりと観察してみたいと思います。

e0254365_17232485.jpg

珍しい訪問者シリーズでアルピナを取り上げるのは3回目ですが、
何時の時代もその希少性がもてはやされる車の筆頭と言えます。
Y井さんのB3Sは’05年のE46としては最終モデルとなり、さらに
アルピナにとっても最後のNAの6気筒エンジンと言う事になります。





e0254365_17243709.jpg

ホイールはクラッシクラインの18インチで、フロント225/40ZR18で、
リヤR255/35ZR18が標準となります。足回りはハードでありながら
適度なしなやかさを忘れない、アルピナスパイスが効かされています。





e0254365_17253638.jpg

サイドからの眺めは非常にバランスが良く、古さはあまり感じません。
車体色はレギュラーモデルには存在しないアルピナブルーです。
サイズは4490mmX1750mmX1370mmで現行のF30/3シリーズより
(10月にパリモーターショーで次期モデルG20の発表があった)
確実に一回りは小さく、BMWの3シリーズフアンの多くはこれ位の大きさを
熱望しているに違いありません。





e0254365_17283255.jpg

アルピナの各モデルは、フロントスポイラーには細心の注意が必要です。
車止めのある駐車スペースには、絶対に前から入ってはいけません。





e0254365_17292523.jpg

B3Sのエンブレムもアルピナブルーです。





e0254365_17301188.jpg

ニコルさんのインポーターデカール。





e0254365_17303907.jpg

ハンドルとインパネ廻りです。運転席側に湾曲したBMW独特の
計器類もE46で最後となりました。ハンドルのボタン操作でシフト出来る
スイッチトロニック5ATが標準装備となります。





e0254365_17323972.jpg

シートは特別仕立てのグレーレザーにグレーのアルカンターラで、
ホールド感もかなり良さそうですね。





e0254365_17332071.jpg

シートはパワーアシスト付きですが、使い勝手は必ずしも良いとは
思えない配置ですね。3メモリー付きとなります。





e0254365_17340148.jpg

BMWライトシックスの完成型でもあるM54の3,000cc(231PS・30.6kg)を
チューンし、B3-3.3(285PS・34.2kg)からB3S-3.4(315PS・36.9kg)にまで
スープアップさせました。たかが100ccの違いですがマレーの軽量ピストンと
6連スロットル、そしてオリジナルのタコ足が凄みを効かせています。
E36・E46の6気筒エンジンの造型と、ボンネット内の詰まり具合には何時もながらに惚れ惚れしますね。





e0254365_17351396.jpg


マフラーもアルピナオリジナルとなります。アルピナの現行モデルはメカニカルチューンは行なわれず、
スーパーチャージャーやターボチャージャー、そしてロムチューンがメインとなっています。





e0254365_17362906.jpg

エントランスプレートも限定モデルを誇示しています。





e0254365_17370670.jpg

シリアルナンバーはなんと01/40です。





e0254365_17373516.jpg

ガラスサンルーフは有ると無いでは大違いです。サンルーフによる
ボディー剛性の不安も今は昔で、全くもって心配無用です。





e0254365_17382052.jpg

Y井さんはジャンルを広げた車選びで、頻繁にお車を乗り換えておられますが、
このアルピナにはぞっこんです。現行モデルとのお金の掛けるパートが
根本的に違います。オートバイも同様ですが、’05年前後までは
車体にお金が掛かっていましたが、それ以後はIT機構にお金が
注ぎこまれています。時代の流れは急激で、’01年デビューのE65の7シリーズ
以降はBMWそのものが大きく変化しました。E46は判り易かったBMWの
最後のモデルで、アナログ感を程好く残した高剛性な車だったように思います。
冒頭で述べたBMW四輪のベテランセールスマンの方々のお話は、
概ね私は十分理解出来ました。二輪の方も’04年発売のR1200GSから
IT化が飛躍的に進化したのと同様に、BMWの改革が見て取れますね。
ネオクラシック系のアルピナ(特にB6-2.7やB9-3.5)は頻繁に運転させてもらう
機会がありましたが、このB3SはY井さんにお願いして是非試乗させてもらいたい1台ですね。





[PR]

by motorradkyoto | 2018-11-29 17:41 | お客様の愛車紹介 | Comments(0)
2018年 11月 22日

ちょっと小粋なBMW純正エクイップメント

こんにちは、スタッフのMr.Mです。
季節が一気に移り変わり、朝晩はかなり寒くなって来ましたね。
寒さにめっぽう弱い私には辛い日々の始まりです。
しかし、年末から来春にかけては暖冬との噂も耳に入っていますので、
少しばかりは落ち着けそうですけどね。
e0254365_20381694.jpg


BMWの年末にかけてのキャンペーンですが、矢継ぎ早に打ち出されて来ました。
R-nineTシリーズとSシーリーズの新車(年内ご成約からご登録までが条件)に、
100,000円(税抜き)分のアクセサリークーポンを進呈すると言うお客様還元の施策です。
お心あたりのある貴方、直ぐにアクションを起して下さい。





e0254365_20415868.jpg


さて今日は趣きを変えてあまり注目はされていないけれど、
なかなか小粋なBMW純正エクイップメントを
ご紹介したいと思います。
こんなのあったんだ的な商品もありますよ~。





e0254365_20425453.jpg

先ず最初はKITコレクションの中から[Tracker コーチジャケット」です。
襟付きのクールなジャケットで、レザーの引き手の付いたフルレングス
フロントジッパーが特徴です。二つのサイドポケットと、伸縮性に富む
リブ仕様の袖口にも好感が持てます。





e0254365_20441495.jpg

全面左上のBMWエンブレムがワンポイントとなっています。
バイクに乗る時以外の、プライベートな時間に着用して下さい。





e0254365_20445633.jpg

素材はナイロン51%、コットン49%で、カラーはグレーのみで
レディースの設定はございません。背面の裏地が心憎いですね。
お値段は¥22,680(税込み)となっております。





e0254365_20460197.jpg

次にこちらもKITコレクションの中から「Curveジャケット」のご紹介です。
薄いライナー付きのボマージャケットで、防風性に優れます。
画像ではブルーのようですが、実際はグリーン系ですね。





e0254365_20465855.jpg

左袖上部のBMWエンブレムには赤のステッチ入りです。
こちらもライディングジャケットには程遠く、プライベートタイムに
ご活用下さい。





e0254365_20475310.jpg

素材はポリエステル100%で、バックの刺繍がBMWらしくないですが、
そこがこのジャケットのセールスポイントですね。レディース専用で、
お値段は¥17,820(税込み)となっております。奥様や彼女用に
クリスマスプレゼントにも最適かも?です。





e0254365_20485917.jpg

次は、RIDEキルティングジャケットです。通気性に優れ非常に薄く、
全てのBMW純正ジャケットのインナーとして着用して頂けます。





e0254365_20494244.jpg

カラーはブラックとブルーの2色がメンズで、レッドがレディースと
なります。Prima Loft による薄い中綿(80 g)で肘と肩は二重素材
となっています。





e0254365_20503607.jpg

薄く、軽く、暖かい上に身体へのフィット感も文句なしで、インナーは
もとより単体で着用頂いても違和感もなく、十分な暖かさを発揮してくれます。
裏地のBMWロゴも高級感が漂い、ついつい見せたくなりますね。
お値段は¥18,360(税込み)となっております。





e0254365_20514851.jpg

続きましてBoxerキャップのご紹介です。キャップコレクション中、
最も高級で、3パネルカットデザインの独自性が高感度ですね。
全面中央のロゴ刺繍と、サイドのレタリングにも手間暇が掛けられています。
カラーはグレーのみで素材はコットン100%です。お値段は¥6,264(税込み)です。





e0254365_20530385.jpg

次もキャップですが、Adventureキャップのご紹介です。Boxerキャップと
似てはいますが、クオリティーはやや劣ります。私も愛用していますが、
「それええな~」と良く言われます。当店ベストセラーキャップで、
お値段はBoxerキャップの半額以下の¥2,592(税込み)となっております。
イケてる男の必須アイテムとも言えます?ね。





e0254365_20542524.jpg

次はRIDEヒップバッグのご紹介です。ライディング使用にもレジャー使用にも適した
高品質なバッグで、全面にデザイン入り反射プリントがほどこされて」います。





e0254365_20551448.jpg

背面のメッシュ素材による通気性も最適で、無段階調整のウエストベルトも重宝します。
前面の小物入れとサイドのポケットもなかなか便利です。サイズは180mmX200mmX110mm
(高さX幅X奥行き)で、容量は3Lです。





e0254365_20562208.jpg

ロールストッパー付きインナーバッグにより、メインコンパートメントの防水性を確保しています。
カラーはブラックのみで、コンパクトなヒップバッグをお探しの方には絶好のアイテムですね。
お値段の方は¥7,344(税込み)です。





e0254365_20571788.jpg

最後にご紹介するのが、四輪ディーラーの取扱いとなるモータースポーツメッセンジャーバッグです。
白のキャンパス地にMラインが施された、なかなかインパクトのあるバッグです。当店M村店長の
洒落家タップリの気転で、当初有った国内在庫分を全て仕入れたようです。






e0254365_20583938.jpg

背面はメッシュ素材で通気性にも優れています。大きめのファスナー付きアウターポケットも
前面と背面に設けられています。側面にはBMWロゴのプリントがあり、ショルダーベルトにも
モータースポーツロゴが施されています。





e0254365_21012953.jpg

ノートパソコンも十分収められますが、四輪用のエクイップメントでもある事から防水性には劣ります。
サイズは470mmX350mmX110mm(高さX幅X奥行き)で、容量は最大で約18Lです。
この商品の今後の入荷予定はございません。残り僅かです。お値段の方は¥9,936(税込み)となっております。

さて、如何でしたでしょうか。欲しい商品、気になる商品がございましたら今すぐご連絡下さい。遠方の方も
通販でご対応致しますよ。

[PR]

by motorradkyoto | 2018-11-22 21:02 | Goods Presentation | Comments(0)
2018年 11月 09日

BMW BMCJナショナルラリー in 砺波

こんにちは。スタッフのMr.Mです。
10月20日・21日の両日に、BMCJ(BMWモトラッド・クラブ・ジャパン)主催の
ナショナルラリーに参加して参りました。
昨年は台風の中を強行でバイクで行きましたが、
強風の恐ろしさを嫌と言う程味わい、
もう二度と強風の折にはバイクに乗らなと誓いました。

私の場合このイベントに参加する事だけではなく、
毎回のようにラリーの指定場所へ行く事も大きな目的の一つとなっている訳です。
当店企画の行程にてご参加頂くのは、昨年同様私を含め僅か3名です。
現地で7名位の方と合流するので、
当店のお客様としては10名の方が参加された事になります。

e0254365_21395063.jpg

集合場所はお馴染みの名神草津PAで、午前8時30分に出発致し
ました。今日一日は、天気はあまりスッキリしない予報でした。
私、今日はR1200RT(カーボンブラック)です。





e0254365_21415235.jpg

名神高速の一宮JCTから東海北陸道に入り、長良川SAで
小休止です。





e0254365_21423984.jpg

郡上八幡ICで下りR472(せせらぎ街道)を北上し、道の駅
「明宝」でレインウエアーを引っ張り出しました。少々雨脚が
強くなって来ました。この道の駅は何時も賑わっていますね。





e0254365_21434612.jpg

飛騨高山経由でR41を更に北上し、道の駅「細入」にやって
来ました。ここでレインウエアーを脱ぎました。気温はかなり低く
道路脇に設置されている温度計では9℃~10℃でした。





e0254365_21444002.jpg

午後4時40分に、今日のメイン会場である「砺波ロイヤルホテル」に
到着致しました。2011年にもこちらでナショナルラリーが開催され
ましたが、以前は参加者の方がここ数年のナショナルラリーと
比較するとかなり多かったように思います。我々は今後も
BMCJさんをバックアップして行きたいと思います。





e0254365_21455762.jpg

夜のイベントの開宴は午後7時からです。





e0254365_21462634.jpg

テーブルはこのような雰囲気です。





e0254365_21465217.jpg

今月の16日から発売されるF850GSが持ち込まれていました。
ナショナルラリーの抽選会は豪華で、満足度はかなり高いですね。





e0254365_21472840.jpg

最後の集合写真です。





e0254365_21475933.jpg

明けて21日は朝から快晴で、先ず雨の心配はなさそうです。
今回は50台位かな?。全盛期の5分の一ですね。





e0254365_21484529.jpg

砺波ICから北陸道に、そして小矢部砺波JCTから東海北陸道に
入りました。飛騨白川PAで小休止です。





e0254365_21492867.jpg

白川郷ICで下り、25年以上足を運んでいなかった世界遺産の
合掌造りを見学致しました。(R156は嫌と言う程走っているので
何時でも立寄れると言う感覚でした)





e0254365_21502218.jpg

以前来た時にはなかった「であい橋」は1993年7月に完成し、
まさに現代社会からタイプスリップする架け橋の役目をしている
ようです。





e0254365_21511746.jpg

R156を南下し、御母衣湖を左手に眺めながら白鳥経由で
R158に入りました。九頭竜ダム近くの静かなレストランで食事を取り、
福井ICから北陸道に午後5時前にモトラッド京都店に到着致しました。
ご参加頂いた皆様、どうもお疲れ様でした。
2日間の走行は799kmでした。





e0254365_21523965.jpg

今回の目的のもう一つが「うどん・ラーメン」ラリーの豆天狗さんへ
立ち寄る事です。大将のT田さんは元ユーザーさんで、久し振りに
お会い出来て良かったですよ。お忙しい中、駐車場までお見送り
頂き恐縮でした。





e0254365_21534377.jpg

最もシンプルな中華そばの並とギョウザを頂きました。





e0254365_21541647.jpg

場所はこちらです。飛騨高山へ行かれたら、是非お立ち寄り下さい。


追伸:さて私、今回の「うどん・ラーメン」ラリーの指定ポイントを
   1ケ所残してギブアップとなりました。5月の九州、6月の東北と
   今回は余裕で16ケ所をクリアー出来る予定でしたが
   水曜定休のお店だった事が最後までネックとなりました。
   いよいよファイナルの表彰式も迫って参りました。今年の
   結果は如何に・・・・。



[PR]

by motorradkyoto | 2018-11-09 21:56 | Event&Campaign | Comments(0)
2018年 11月 05日

BMW史上最大のキャンペーン

e0254365_14041645.jpg

こんにちは。スタッフのMr.Mです。
ここで改めてご紹介するまでもなく、BMWさんが物凄いキャンペーンを
打ち出して来ました。すでに多くのBMWフリークの方は
BMWモトラッドJapanのHPを閲覧されておられると
思いますが、発表された時には驚き以外の何物でもありませんでした。
私も長い間BMWモトラッドの販売に携わっていますが、このキャンペーンは
お客様向け施策としては過去最大級である事は間違いありません。
それに伴い加速度が付いたように、BMW-J在庫がなくなって来ております。
全国の販売店在庫も同様に減少の一途をたどっております。





e0254365_14070021.jpg

今回のキャンペーンのおさらいですが、水冷ボクサーエンジン
Rシリーズの対象車種が、メーカー希望小売価格から9.5%OFFで
ご購入頂けると言う、購入を検討されているお客様にとっては
願ってもないチャンスです。R1200GS、R1200GS-Aと、





e0254365_14091769.jpg

R1200RT、R1200RS、R1200Rの5車種全モデルと言う事になります。





e0254365_14093450.jpg

それと言うのもこのような画像や動画が配信され始め、現行モデルの
販売への懸念と、在庫を一掃して時期モデルへの移行をスムーズに
行いたいと思うのは、BMWさんだけでなく誰の目にも明確に判る事です。
R1250GSとR1250RTと思われますが画像を見る限り、全体の佇まいは
そのままに、エンジンだけを入れ替えたと言う印象ですね。これは
空冷のR1200シリーズが、ツインカムユニットに移行した時と同じ
手法ですね。





e0254365_14154317.jpg


ここで考える事は、完成された最終型のR1200系を選ぶか、
より進化するであろうR1250系を選ぶかです。私の経験から
申しますと、モデルチェンジ後の初期モデルはまあ色々と問題が
発生する事も多く(一般的に考えて誰もがそう思う)、市場に投入
してから改良を施して行くのがメーカーの考えです。

さてここからは熟しきったR1200シリーズの、当店在庫車のご紹介です。
R1200RSのフローズンブロンズメタリックが1台と、




e0254365_14191074.jpg


ブラックストームメタリックも1台ございます。





e0254365_14230226.jpg

GS系は、R1200GSラリーのプレミアムライン(針メーターの標準仕様)が
1台と、





e0254365_14234998.jpg

ライトホワイトのプレミアムライン(液晶メーターの標準仕様)が
1台、





e0254365_14243727.jpg

R1200GS-Aの人気のこのカラーでプレミアムスタンダード
(針メーターのローダウン仕様)が1台ございます。





e0254365_14252132.jpg

RTはライトホワイトが1台ありますが、BMW-Jにカーボンブラックも
少数ございます。マーズレッドメタリックは、入荷台数が少なかった事もあり、
9月の段階で完売となりました。





e0254365_14264346.jpg

先日追加オーダーを入れて何とか確保出来たのが、
R1200GSエクスクルーシブ・プレミアムスタンダード(液晶メーターの
ローダウン仕様)と、R1200RSのライトグレー/マゲラングレーの
各1台です。現在店舗在庫のないR1200Rは、アイスドチョコレートと
ライトホワイト/コルドバブルーが少数BMWさんにございます。
年末迄のキャンペーンなのに、年末を待たずして車両が完売に
なる事は必至です。悩んでいる暇はありませんよ~。





e0254365_14283750.jpg

さてここからは私の独り言ですが、
今回のキャンペーンは元より、今年のBMWさんのキャンペーンは
お客様にとっては大変お買い得感満載の、私の記憶にもない施策の連続です。
しかし、私が思うに我々販売店にとっては、史上最悪最低のキャンペーンの
連続であるようにも思います。BMWさんはもっとBMWブランドに
誇りを持つべき(常にディーラースタッフは、BMWさんからBMWブランドに
誇りを持って業務に接するよう説き伏せられている)で、価格勝負に
走る事に違和感を感じます。もっと高尚な企画はなかったのでしょうか?。





e0254365_14310819.jpg

来年BMWさんに是非やって欲しいキャンペーンは、例えば
「BMWモトラッドの新車を購入して、BMWの聖地ミュンヘンへ行こう」
と言ったキャッチコピーで年間を通したキャンペーンとし、抽選で
ペア50組100名の方を募った招待旅行を行うと言うキャンペーンです。
行程の中にはBMWミュージアムの見学は勿論、アウトバーン試乗とか、
ベルリン工場見学等も含めると最高ですね。
(1999年にBMW-Jが6ケ月の期間限定で新車を購入された方を対象に、
抽選で少数の方向けにドイツツアーが敢行された事がありました。但し10万円の
負担金が必要で、更に10万円プラスする事で現地にて1泊2日のツーリングにも
参加出来きました。当店のお客様も3人の方が当選されそして参加されました。
今でもあのドイツツアーは本当に良かったと言っておられますし、当然乗換えを
含めBMWに乗り続けてもらっていますし、内お二人は四輪もBMWに乗換えられました。)





e0254365_14342873.jpg

招待旅行に参加された方は今まで以上にBMWの崇拝者となり、
その方々がオピニオンリーダーとなってBMWファンを増やしてくれます。
さらに、BMWモトラッドの素晴らしさを色々な角度から体感された
お客様がその延長として車もBMWを選らばれれば、もうBMW冥利に
尽きるんじゃあないでしょうか。

現在どのメーカーも市場占有率を重視した数字に執着していますが、
もうそろそろ目を覚まして頂き、量より質に重点を置く販売方法に
切り替えて行くべきだと思いますよ。

こんな事を言っていると又BMWさんからお叱りの電話が入るかも
知れません。ああ~恐ろしや~。


[PR]

by motorradkyoto | 2018-11-05 14:44 | Event&Campaign | Comments(0)