motorrad kyoto staff blog

mtrkyoto.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 19日

2018大阪モーターサイクルショー初日行ってきました

皆さんどうもご無沙汰しております。モトラッド京都のM村でございます。
今回は、高齢の?恒例の大阪モーターサイクルショーにいつもの如く初日に行ってまいりました。
この日は、とにかく「前日までの暖かさはどこに行ったのか?」
と思うほど寒い一日でした。
冷たい雨と強い横殴りの風の中のまさに波乱の幕開けとなりました。
e0254365_11124083.jpg

ニュートラムの中ふ頭駅で降りると会場うに進む道中いつもの低位置にこの看板がありました。
どうですこの鉛色の空にまばらな人影!入る気合も入らないです。
しかしながら僕は、プロなので口角上げ上げの気合充分でした。





e0254365_11175251.jpg


正面玄関の様子です・・・。
オープン前ですが、いつもならもう少し人が出てるはずなのですが嫌な予感。





e0254365_11202265.jpg

いつものチケット売り場です。準備万端で臨戦態勢もOKのようです。





e0254365_11222692.jpg

ブース入り口にもいつもと同じパターンで看板が設営されていました。
今回は、ゆったりと1号館・2号館・3号館を使ったイベントとなりました。





e0254365_11275202.jpg

われわれBMW Motorradブースは、2号館入り口から入ってすぐ左に進むと一目で分かる展示場が、現れてきます。
手前味噌になりますが、今回の展示ブースの中で1位2位を争えるくらいのクオリティーの高さだったと思います。
BMWの車両を扱う人間としてはとても優越感に浸れました。





e0254365_11321752.jpg

今回のBMWブースは、過去最大規模の展示になったそうです。
今年も気合の入れ方がビンビン!伝わってきます。
このセットは、RnineTシリーズをテーマにしたようです。
ノスタルジックな感じが、とてもお洒落で新鮮に感じました・・・。





e0254365_11355122.jpg

それと今回は、脈略がよく分かりませんが、靴磨きのプロを呼んでお客様の靴を磨いてもらう
サービスをしていました。それにしても今時こんな仕事があるんですね・・・。
僕の頭の中では、「おいちゃん!靴磨かしておくれよ!」なイメージしかありません・・・。
思わずジェネレーション・ギャップを感じてしまいました。





e0254365_11393729.jpg

RnineTのセットの奥は、現行車両に今年デビューの車両が、とても見やすく勢ぞろいしていました。
カテゴリー別に展開する事で車両の特徴がとてもわかり易くなっていました。





e0254365_11470574.jpg


この車両は、もう説明するまでも無く雑誌や映像等でガンガン紹介されている噂の「F850GS」です。
写真もカッコよかったですが、現物は、さらにカッコよかったです。発売は、まだ未定なのですが、
デビューが待ちどおしいですね・・・。





e0254365_11441501.jpg


因みに昨年の展示していた場所には、ホンダさんが展開されてました。
この時もアフリカツインが、大人気・・・。
あと、カブの125㏄やモンキーの125㏄も注目を集めていましたね・・・。





e0254365_11500939.jpg

e0254365_11512501.jpg
e0254365_11514955.jpg
e0254365_11520545.jpg

・・・など沢山のメーカーさんが、最新のマシーンを展示していました。どのブースも魅力的で
仕事ほったらかしでしばし見入っていました。





e0254365_11534323.jpg

ぐるっと館内をくまなく周りBMWブースに到着です。BMWのキャンペーンガールは、撮影禁止なのですが、
僕の職権乱用で気にせず撮らせて頂きました・・・。それにしても、改めてみてやはり「ここのブースが、
一番かも・・・。」と強く感じちゃいました。





e0254365_11573058.jpg

職権乱用のもう一枚どうです?口角上げ上げでとてもチャーミングでしょ。
彼女達が、頑張ってくれたお蔭で今回のモーターサイクルショーも無事成功に終わったと聞いています。
皆さん本当にお疲れ様でした。





e0254365_12005268.jpg

そしてこの様に取材風景を一枚撮らせて頂きました。何の撮影をしていたのか全く把握できませんでしたが、
結構長い時間撮影していたような気がします・・・。僕の行った初日は、前述したように
雨風で終日開場が込み合うことがありませんでしたが、
二日目以降は、そのリベンジというか恐ろしい数のお客様が来場したそうです。
この調子で来年再来年とモーターサイクルショーが、大いににぎわえばいいのになと思いました。



















[PR]

# by motorradkyoto | 2018-03-19 12:10 | 番外編 | Comments(0)
2018年 03月 03日

かなり気になるBMW純正グローブ

e0254365_13575823.jpg

こんにちは、スタッフのMr.Mです。日に日に昼間の時間帯が長くなり、気温も上昇しつつ確実に春の気配を感じるようになって来ましたね。暖かくなると共にバイクシーズンにも入る訳で、我々の業界も一気に忙しくなって参ります。どの業種に於いても年間を通して業務の平均化が成されれば一番理想的なのですが、我々サービス業は全くもってそうは行かないのが現実です。2月の決算期も無事終了しましたが、今年は寒さも災いしてか集客はあまり芳しくはありませんでした。しかしこの反動が3月にやって来そうです。心と身体の準備も整えつつ、今回はライダーの皆様が案外甘く見ているライダース・グローブ(BMW純正)のご紹介をさせて頂きます。以下の4点はこれからのシーズンに、ベストチョイスになる事は間違いありません。更にグローブは身の安全を守る基本中の基本アイテムであり、ライダーだけでなくタンデムライダーにも必須である事を絶対に忘れてはいけません。





e0254365_14085454.jpg

先ず最初は[エンデューロガードツーインワングローブ」です。
最近のBMW純正グローブはナビやスマートフォンの操作に対し、
グローブを着けたままの操作に違和感のない(タッチパネル対応)仕様に
なっています。このグローブの最大の特徴は、天候に応じて2つの
チャンバー(手のひらが入る部分)がある事です。





e0254365_14120087.jpg

手の縁の部分は二重レザーとなっており、手の甲にはプラスチック製
ハードシェルが装備されています。左手人差し指に付くラバーリップは、
ヘルメットシールドの水滴を拭えます。





e0254365_14133269.jpg

二つのチャンバーはこのようになっており、オーバーグローブPROOFは
ゴアテックスグローブで防水性・防風性・通気性があります。
アンダーグローブGRIPは高耐磨耗性のカンガルーレザーで、最適な
グリップ感を実現します。今までにない画期的なグローブで、
お値段の方は¥27,000(税込み)となっております。カラーは
ブラック/グレーとなります。





e0254365_14150047.jpg

続きまして10年以上に亘りベストセラーを記録している「ラリーグローブ」
です。軽くフィット感に優れたサマーグローブで、GSのイニシャルが
入っている事からGSユーザー様の需要が圧倒的に多いのが特徴です。





e0254365_14182067.jpg

手のひら側は高強度カンガルーレザーで、ライナーがなくダイレクトな
グリップ感が味わえます。こちらもタッチパネル対応用の加工が施されて
います。





e0254365_14155771.jpg

手の甲の関節部分にはプラスチック製シェルと、ベンチレーション用
パンチングが入ります。お値段は¥11,880(税込み)で、カラーは
ブラック/アントラジットとブラック/グレー/レッドとなります。





e0254365_14225035.jpg

続いてご紹介するのが「プロサマーグローブ」です。軽く防水性にも
優れたサマーグローブで、撥水加工を施した山羊ナッパレザーと
ナイロンストレッチ素材がミキシングされています。





e0254365_14234034.jpg

こちらも指先がタッチパネル対応加工が施されてあります。
防水性は当然ながら、防風性・通気性にもゴアテックステクノロジーが
活かされています。GORE-TEXとBMWのロゴも誇らしげです。





e0254365_14243211.jpg

このグローブも左手人差し指に付くラバーリップで、ヘルメットシールドの
水滴を拭えます。手のひら側、手の縁、親指の物を掴む部分は
二重レザーのとなっています。お値段は¥17,280(税込み)で、
カラーはブラックのみとなります。サマーグローブでクオリティー重視の方には
絶対お勧めです。私は2008年頃に初期のプロサマーグローブを夏場の
長距離ツリーングに愛用していましたが、もうこれしかないと言わしめたグローブでしたね。





e0254365_14262154.jpg

最後にご紹介するグローブは私も現在愛用している「Down Townグローブ」です。
勿論タッチパネル対応で、軽く薄手の山羊革と伸縮性に富むテキスタイル素材の
組み合わせとなっています。





e0254365_14271611.jpg

手のひら側はパーフォレーション加工が施され、かなり柔らかくフィット感も申し分ありません。
グローブ自体も非常にオーソドックスな佇まいで、全く飽きのこない使い易さに好感が持てます。
冬場にご使用頂く場合はかなり厳しいグローブですが、フルカウリングのツアラー系のバイクであれば
概ね苦にならないですよ。





e0254365_14282679.jpg

手の甲側は手首部分のベルトにより調整が可能で、表面は撥水加工が施されています。
指先の感度は、ラインナップ中のグローブの中でも最も優れていると思います。
さりげなくあしらわれたBMWロゴも、このグローブの上品さに一役買っています。
お値段の方は¥12,960(税込み)で、カラーはブラックのみとなります。





e0254365_14294641.jpg

今回ご紹介した4点以外にも魅力的なグローブはまだまだ沢山有ります。最近人気の
GSドライグローブや、ロングセラーを続けているアトランティスグローブ・エアフローグローブ等も
外せないグローブですね。
如何ですか。皆さんもBMW純正グローブが欲しくなって来たんじゃないですか。
BMWのグローブはどれもイイですよ。是非お試し下さい。




e0254365_14310814.jpg


追伸:すでにご存知の方も多いとは思いますが、3月末日までに
 R-nineTシリーズの新車をご成約~ご登録頂いた方に、
 ¥108,000のアクセサリークーポンをプレゼント中です。





e0254365_14334015.jpg

 更に、R-nineTシリーズの新車とS1000RRの新車には、
0.99%特別低金利ローンのご利用が可能となりました。
 と言う事は・・・・、3月はWチャンスですよね。
それを見込んで仕入れもバッチリですよ~。









[PR]

# by motorradkyoto | 2018-03-03 14:36 | Goods Presentation | Comments(0)
2018年 02月 23日

2018 うどん・ラーメン ラリー

e0254365_15470643.jpg

こんにちは。スタッフのMr.Mです。先般予告しておりました、お客様参加型ラリーの概要が決まりました。
今までとは趣向・目的を大きく変え、日本の食文化を支え続けている「うどん」と「ラーメン」に的を絞り、
日本国内の有名店を巡って頂く独断と偏見のラリーを企画致しました。
食して頂く全国のお店の選別は、私が過去に訪れもう一度食べに行きたいお店やお客様のご推薦のお店、
更にインターネット情報も加味させて頂きました。中には遠方の元ユーザー様のお店もございます。
今回のラリーに於いてこれは大変だと思われる事は、お店の定休日と営業時間です。
その辺りの計画をうま~く立てて頂き、うま~い「うどん」「ラーメン」を食して頂ければ幸いです。
昨年同様1,000円のエントリー費用を頂きます。その見返りとして、
エントリー頂いた方に色々な特典をお付け致します。この記事をご覧いただいている皆様、
奮ってエントリー頂きます様宜しくお願い申し上げます。
3月16日よりスタート致しますが、現在エントリーフォームの準備中です。
ツーリングを楽しんで頂く事もお忘れなく・・・・。
e0254365_10485211.jpg




ラリーの概要とエントリー方法は、ここ2年~3年のラリーとほぼ同じです。
クリアーした指定ポイントのお店の画像と、食されたメニューを
送信して頂きます。

e0254365_10502849.jpg


食して頂くお店は全部で16店舗です。こちら「うどん」店と、「ラーメン」店です。
ツーリングの企画でお邪魔したお店もありますし、個々に行かれた
お店もおありかと思います。





e0254365_16595357.jpg

私も今回の指定ポイント店の内、4店舗ばかりお邪魔した事が
ありますが、食べるまでに1時間程要したお店もありました。
このシンプルなうどんがイイですね。



e0254365_17003490.jpg



こちら、店の前に並ぶ事30分、店の席に着いて30分を要した
ラーメンです。





e0254365_17014591.jpg

ツーリングの企画でもご賞味頂きました。





e0254365_17021514.jpg

つけ麺もなかなかですよ。

このような格調の高い?ラリー企画は何処も行なっていませんね。
観光も織り交ぜながら、ツーリングも存分に楽しみましょう。
あ、今シーズンのツーリングの計画に是非組み込んで下さい。




e0254365_17030517.jpg

追伸:遅くなりましたが、11月にN脇君の企画で行なった「芸術と鳥焼肉ツーリング」のオプションにて
   信楽焼きを体験して頂きましたが、その時の皆さんの作品がこちらです。
   個性溢れる優秀作?ばかりで、「よぉ~こんなん作ったな~」的な作品も多いですね。
   これを機に、陶芸家に転身される方もおられるかも・・・・?。





[PR]

# by motorradkyoto | 2018-02-23 17:06 | Event&Campaign | Comments(0)
2018年 02月 11日

ユーザーツーリングレポート/たこ昌・たこ焼き

e0254365_14283160.jpg

こんにちは、スタッフのMr.Mです。1月の最後の日曜日に、今年最初のユーザーツーリングを開催致しました。1月は寒く、天候や路面状況が極めて悪くなる可能性もあり、お客さんを募ってのツーリングは避けていましたが各方面からのリクエストも多く、一昨年より近場でのツーリングを企画するようになりました。かれこれ15年程前までは1月1日の元旦に「元旦ツーリング」と名を売って、毎年神戸のポートアイランドまで20名前後で走りに行ってましたが又復活させたいとも思っています。さて今回は丁度2年前にもお邪魔した、「大阪出るとき連れてって~」のCMでもお馴染みのたこ昌さんへたこ焼き懐石を食べに行って参りました。





e0254365_14403879.jpg

本来は2年と同じコースで行く予定でしたが、雪と寒さの影響でモトラッド京都店の駐車場が凍結する危険性が有り、急遽伏見区のパルスプラザ駐車場前に変更させて頂きました。それにしても同じ京都市内でも西京区と伏見区とではえらい違いで、大袈裟ではなく外気温が2℃~3℃程差があると思われます。少々山手にお住まいの方3名様が、凍結で家から出れないとの事で断念されました。





e0254365_14420404.jpg

ご参加頂いた方は私を含めて12名ですが、現地でお一人合流です。
京都パルスプラザ(京都府総合見本市会館)前で出発前のワンショットです。





e0254365_14423379.jpg

若干コース変更を行い、峠の山越えを避けて京都南ICから
高速に入りました。そして昨年の12月に一部開通した新名神高速の
茨木千堤寺PAで小休止を致しました。道路も貸切状態で、
休憩しているのも我々の軍団だけでした。





e0254365_14434414.jpg

新名神高速は関西圏の方にはお馴染みですが、現在三重県の
亀山から滋賀県の草津田上まで開通しており、昨年の12月に
高槻~川西が開通し、更に今年の3月18日に神戸まで繋がる事で、
中国道の宝塚付近の慢性渋滞が大きく緩和されそうです。





e0254365_14451697.jpg

今回のコースは箕面とどろみICを下りてR423を南下しました。
その後は二年前のコースと同じです。





e0254365_14455972.jpg

中国道の宝塚ICから再度高速に入り、西宮名塩SAでコーヒー
ブレイクです。





e0254365_14464538.jpg

六甲山の裏側の六甲有料道路(長いトンネル)入口前です。
2002年の夏に無料化された表六甲~裏六甲のワインディングは、
土曜・日曜・祝祭日はオートバイの通行が出来ません。
今日はアイさんをパッセンジャーに私はサイドカーで行きました。





e0254365_14475671.jpg

六甲山を下って来たR2の交差点付近です。やはり山手は
寒かった。





e0254365_14490407.jpg

たこ昌さん駐車場で、Nさんも合流して頂きました。





e0254365_14493714.jpg

今日のメニューはたこ焼き懐石で、このような内容(一部変更有り)
となっています。結構満腹になりますよ。





e0254365_14502153.jpg

私は大阪の堺市に親戚が居る事で何度もたこ昌さんへは
お邪魔していますが、2階のテーブル席でいただくのは初めて
でした。





e0254365_14511354.jpg

ご覧のような雰囲気です。





e0254365_14515765.jpg

帰路は堺ICから阪神高速に入りましたが雲行きが悪くなって来て、
雪もチラチラしていました。誰も立寄らないであろう湊町PAで
一次解散の為の小休止を取り・・・・、





e0254365_14530578.jpg

最後は第二京阪の京田辺PAで解散と相成りました。
今日ご参加頂いた皆様は殆どがGS系で、その人気度を改めて
感じる事が出来ました。
1月~2月に行なうツーリングは企画がなかなか難しいですね。
自宅近辺の路面状態の悪化で今回参加を断念された方、
本当に残念でした。次回は3月?日に???に行く予定です。

追伸:今年もお客様参加型の過酷なラリーを開催する予定です。
   今までとは趣向を変えて、日本の食文化を支えている
   あれとアレの食べ歩きラリーを検討中です。どうぞご期待下さい。






[PR]

# by motorradkyoto | 2018-02-11 14:55 | ユーザーツーリング | Comments(0)
2018年 02月 06日

決算セール2018 始まりました

こんにちは。スタッフのMr.Mです。弊社は2月が総決算期に当たり、決算と言う言葉の響きは、必ずお客様にとって何か良い事があるに違いないと思って頂いて間違いございません。普段では有り得ない?金額表示がなされている商品があるかも知れませんよ。我々も決算期は何時も以上に熱が入り、商品も1点限定品的な物も多いので、どうぞ早目のご来店をお待ち申し上げます。2/27日(火)迄開催中です。





e0254365_11044614.jpg

先ずは車両のご紹介からです。我々販売店の辛い処で、販売
ノルマの達成を果たす為に否応なしに登録せざるを得なかった
俗に言う「登録済み未使用車」、死語になってしまった「新古車」
の4台ですが、新車・中古車のWebサイト等には一切ご紹介していない
秘密の車両です。トップバッターは2017年12月登録のF800GSです。





e0254365_11062815.jpg

2017年モデルは純粋にこのライトホワイト/レッドフレームしか
存在せず、シート高もインターナショナルのプレミアムラインと
なります。





e0254365_11081817.jpg

フューエルリッド横のGS/TROPHYのロゴがカッコイイですね。
新車の車両本体価格は¥1,583,500ですが、諸費用を含めた
総額で約20万円もお買い得です。





e0254365_11092165.jpg

2台目はF800GSアドベンチャーです。BMWモトラッドのラインナップ中、
最もマニア向けな車両で、R1200GSアドベンチャーよりも
アドベンチャラスなバイクだと私は思っています。





e0254365_11102336.jpg

カラーはレーシングレッドマットで、ホワイトフレームとなります。
エンジンも完成の域に有り、スムーズそのものです。





e0254365_11110429.jpg

シート高は高く(890mm)、身長が180cm以上でないと少々
厳しいですが、粋に乗りこなして下さい。
新車の車両本体価格は¥1,731,000ですが、諸費用を含めた
総額で約22万円もお買い得です。こちらは2017年7月の登録です。





e0254365_11121910.jpg

3台目は昨年の日本市場で2番目によく売れたR1200RSです。
スポーツツアラーの代名詞的なRSも発売から今年で3年目を
迎えます。こちらはは2017年12月登録です。





e0254365_11131908.jpg

発売当初からの人気色であったライトグレー/ルパンブルーは
今年のモデルにはございません。ラスト1台になります。





e0254365_11135869.jpg

小柄な方も不安なく乗りこなせるシート高(760mm)の恩恵もあり、
まだまだ人気は衰えそうにありません。
新車の車両本体価格は¥1,975,000ですが、諸費用を含めた
総額で約25万円もお買い得です。





e0254365_11150552.jpg

最後はF800GTです。ライトウエイトツアラーと言う言葉が
ピッタリと当てはまる、上級バイク顔負けの1台です。





e0254365_11154863.jpg

カラーはライトホワイトで、事の他白色は大きく見えますね。
エンブレムも立体型となり高級感も増しています。





e0254365_11164275.jpg

装備重量216kgは大変魅力的で、250kg級のバイクから乗り換えると
その軽さが痛感出来ます。この車両は2017年10月登録となります。
新車の車両本体価格は¥1,475,000ですが、諸費用を含めた
総額で約18万円もお買い得です。





e0254365_11175993.jpg

今回の決算セールの目玉的商品を数点ご紹介致します。
装着したいが足踏みされている方が多いと思われる
このアクラボビッチのスリップオンサイレンサーは、2016年モデルまでの
水冷R1200GSとR1200GSアドベンチャーに装着出来る
ユーロ3排ガス規制対応用で、2017年以降のユーロ4排ガス規制車には
装着出来ません。消費税込みの通常価格が¥166,320のところ、
何と50%オフの¥83,160でご提供致します。通販も可能ですが、
個別にお客様にもご紹介しておりますので早い者勝ちです。
取付け工賃は別途となります。





e0254365_11203746.jpg

こちらも2016年モデルまでのS1000XRに装着出来る
ユーロ3排ガス規制対応用で、消費税込みの通常価格が
¥194,400のところ50%オフの¥97,200でご奉仕致します。
欲しかった方・・・、1本限定ですよ~。





e0254365_11224701.jpg

少々古いですが、コンフォートシェルジャケットは如何ですか。
前面と背面にベンチレーションジッパーがあり、冬以外の3シーズンを
カバーします。





e0254365_11241522.jpg

色はレッドでサイズは50です。私もこれのブルーを愛用していますが、
なかなかの優れものです。消費税込みの通常価格は¥111、240
ですが、半値7掛け¥38,000の破格値となっております。
こちらも通販可能です。





e0254365_11252457.jpg

続きまして一昨年のモデルになりますが、スタートスーツです。
サーキット走行を含めた、モーターサイクルスポーツのアプローチとして
完璧な仕立てとなっています。100%牛ナッパレザーで、ツーリング
ユースにも最適です。





e0254365_11263130.jpg

サイズは54で、少々大きい方向けです。気になるお値段ですが、
ジャケット/通常価格¥84,240、パンツ/通常価格¥62,640
のところ、半値以下のジャケット¥40.000、パンツ¥30,000
(共に消費税込み)でご奉仕させて頂きます。 安うぅ~。
通販も勿論OKです。





e0254365_11280689.jpg

エアフローヘルメットも在庫品のみ特別価格のご提示を致します。
ライトホワイトの60/61サイズは税込み通常価格が¥65,880
ですが、50%オフの¥32,940で・・・・・、





e0254365_11294150.jpg

BMWロゴ入りの60/61サイズは税込み通常価格が¥69,120
ですが、こちらも50%オフの¥34,560でご提供致します。
通販可能です。





e0254365_11303397.jpg

その他、在庫のジャケット類は30%オフ商品が盛沢山で、
一部価格応談にて思いがけない金額提示が出来る商品もあります。





e0254365_11312074.jpg

パンツ類も30%オフ商品を基本と致しました。





e0254365_11315516.jpg

スーツ類は20%オフ~30%オフとなります。





e0254365_11322176.jpg

インナーバック等の在庫品も30%オフと致しました。が・・・、
GS用のインナーバッグは50%オフにしちゃおうかな?。

決算期は思いがけない商品と出会えるチャンスでもあります。
今年は例年にも増して寒さが厳しいですが、是非ご来店頂きチャンスを
活かして下さいね。BMWさんのキャンペーンもお見逃しなく。
冷やかし大歓迎ですよ。ご商談の基本は冷やかしから始まります。


[PR]

# by motorradkyoto | 2018-02-06 11:36 | Event&Campaign | Comments(0)