motorrad kyoto staff blog

mtrkyoto.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 30日

「うどん・ラーメンラリー」レポート/知多半島・富山・香川

こんにちは。スタッフのMr.Mです。
今年の店舗主催の「うどん・ラーメンラリー」も
いよいよ終盤戦で残すところあと約1ケ月となりました。
今回も完走を目指している私ですが、
店舗の休み等の合間を見計らって3件を食して参りましたので
そのレポートをお届け致します。
今年の夏は強烈に暑く、エントリー頂いている方の成績が低迷しております。
今日現在で完走者は2名で、
皆様の最後の奮起に期待したいと思います。それは私も同様です。





e0254365_10373804.jpg

約2年半ばかり放置していたR100RSの継続検査を終え、ラリーの後半戦に早速駆りだしました。
天気の良い予報の休日を利用してモトラッド京都店から知多半島を目指します。
ここ最近は水冷R1200RTがメインバイクになっている事もあり、ウ~ン・・・、実に遅いです。





e0254365_10385911.jpg

名神~新名神~東名阪~伊勢湾岸道をひた走り、大府ICで
下ります。





e0254365_10412040.jpg

伊勢湾岸道と知多半島道路はここからはJTCにて直結されて
いないので、大府西ICから知多半島道路に入り、ご覧の大高料金所を
クリアーしなければなりません。





e0254365_10421833.jpg

ちょっと道草をして、行った事のなかった中部国際空港に立寄って
みました。私が利用する事は先ずありませんけどね。





e0254365_10445865.jpg

お昼過ぎ(午後1時近く)に到着したのがR247沿いの「灯台ラーメン」さん
です。四輪用駐車場はほぼ満車状態で、店舗正面の僅かなスペースに
バイクを駐車致しました。店舗の外までお客さんが並んでいました





e0254365_10461096.jpg

待つ事約30分、カウンター席に座り注文したのが梅じそラーメンと
ギョウザです。私の場合ラーメンもあっさり系が好きで、このラーメンは
なかなかの食感でした。平日の水曜日にも関わらずお客さんの
出入りが多く、この界隈の人気店である事が伺い知れました。





e0254365_10474097.jpg

場所はこちらになります。2km程北に、姉妹店の「灯台うどん」店も
ありました。本日の走行459kmでした。





e0254365_10482531.jpg

日付けが変わり1週間後の水曜日、出発はこの日もモトラッド京都店で、
一路富山を目指します。





e0254365_10491012.jpg

名神高速~北陸道をひた走り、富山県の小杉ICで下りました。





e0254365_10510081.jpg

一般道を約10km程走り、やって来たのが「うどん万福」さんです。
到着したのが12時半頃で、昼食のピーク時でもありましたが並ぶ事なく
席に着けました。





e0254365_10521254.jpg

梅わかめうどんにエビ天トッピングを注文致しました。今回も
梅干入りを注文しましたが、私はきっと梅干が好きなんだと思います。
うどんの食感はモチモチのコシコシとは程遠く、フワフワのフニャフニャと
言った感じでしたね。でもそれが意外と美味しくって、もう一杯
食べたかったですよ。





e0254365_10564519.jpg

場所はこちらになります。





e0254365_10574040.jpg

観光も少しばかり織り交ぜたかったのですが、午後から天気が急変
しそうで東海北陸道経由で帰路に着きました。
名神高速の草津PA到着が18時で、もう土砂降りに遭遇してしまいました。
その昔、「R100RSは走行している限り雨には殆ど濡れる事はない」なんて
言ってましたが、それは真っ赤な嘘です。かなり濡れます。雨の折には必ず
レインウエアーを着用して下さい。本日の走行720kmでした。





e0254365_10593006.jpg

今回のご報告の最後は、9月の定休日(18日の第三火曜日)を利用して
香川まで行って参りました。自宅を出発し、名神高速大山崎ICから高速に
入りました。今日はK100RS/EMLサイドカーです。





e0254365_11030385.jpg

神戸淡路鳴門自動車道から四国に入る折に、以前から気になっていた
場所に立寄る為に一旦淡路島南ICで下車致しました。





e0254365_11062443.jpg

気になっていたと言う場所が道の駅「うずしお」で、今回初めて訪れる
事が出来ました。皆さんも同じだと思いますが、先とか端とかのフレーズに
弱いもので、ついつい様子を見に行きたくなるものです。





e0254365_11075667.jpg

展望台からの鳴門大橋も目の前に迫り、隣接の喫茶ルームで一休み
するのも粋なものです。天気も快晴で気持ち良かったですね。





e0254365_11084617.jpg

一息着いて再度高速道路で四国に入り、高松自動車道の
高松中央ICで下りました。





e0254365_11093310.jpg

一般道を走る事約10km、「モリ家」さんに到着致しました。
ここからのアングルでは駐車場は空いているようですが、実際は
結構な車の台数で、やむなく店舗横の目立たないスペースに
駐車致しました。店外に並んでいる方はおられませんでしたが、
店内は午前11時半の段階で満席でした。
4年程前にNHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」の取材が入って以来、
「モリ家」さんへ訪れる客足は途絶える事がないようです。
モトラッド京都店のユーザーツーリングで「モリ家」さんを訪れて頂いた方は、
きっとご満足頂けたのではないでしょうか。





e0254365_11152767.jpg

私が注文したのは特上天ざるうどんX1.5で、十分満腹になりました。
メニューも豊富でうどんの食感もかなり上質でした。





e0254365_11161320.jpg

場所はこちらです。帰りは高速道路一本で、雨にも遭遇する事なく
気持ち良く帰還出来ました。本日の走行675kmでした。

私もいよいよ残り2店舗(高山「豆天狗」さん、横須賀「手打ちうどんさわ」さん)
になった訳ですが、何とか全てのミッションを完結したいと思っています。



# by motorradkyoto | 2018-09-30 11:18 | Comments(0)
2018年 09月 27日

BMW Mtorrad Days 2018 白馬

こんにちは、スタッフのMr.Mです。
少々ご報告が遅れましたが、今年も恒例のMotorrad Days 白馬に行って参りました。
昨年は二日間共好天に恵まれましたが、今年の週間予報は二日共雨の意地悪な予報が災いして、
3名様のキャンセルが出てしまいました。
宿泊場所もふた手に別れ、メイン会場での夜のBBQも当初から申込みはせず、
今回はゆっくりとフランス料理を食する何時もと違う企画で臨んでみました。

白馬モトラッドDaysも同じ場所で連続13回目の開催となる訳ですが、
何を目的に参加するかでこのイベントの価値観が大きく変わります。
そのお客様のニーズにマッチする企画を考えるのがディーラースタッフの使命である訳ですが、
悲しいかな、大きく的を外してしまう事もあります。さて今年はどうだったか・・・・?。

e0254365_15012662.jpg

初めての試みで、第一集合場所を名神高速桂川PA、そして第二
集合場所をR161バイパスの道の駅「妹子の郷」に設定致しました。
現地集合の二名を除いてフルキャストです。
往路は北陸回りで、走行距離の短縮が目的ですが、出発時からの
雨はブルーな気持ちになります。





e0254365_15040876.jpg

マキノ高原のメタセコイヤ並木です。天気が良ければ気持ちが
良いのですが残念です。





e0254365_15045549.jpg

敦賀から北陸自動車道に入り、適時休憩を取り有磯海SAで
昼食を取りました。





e0254365_15141290.jpg

昨年同様、ご参加頂いている皆様のリクエストにお応えする為に、
白馬47に14時30分には入る予定です。





e0254365_15150593.jpg

バイクの駐車は雨を考慮して足場の安定した路肩に誘導されました。
主催者側の好判断ですね。





e0254365_15154965.jpg

出店ブースは雨の影響もあり、少々少なめと感じました。
買い物を楽しみにされている方も沢山おられます。





e0254365_15164922.jpg

新車ブースでは11月16日に発売が決定したF850GSと




e0254365_15180608.jpg

F750GSが展示されていました。





e0254365_15185997.jpg

オプション719仕様のK1600GTとR1200RTです。今年は
K1600系の引き合いが多くなりました。リバースギヤも付いて、
仕様変更もなされました。エンジンがかなり良くなっていますね。





e0254365_15210468.jpg


HP4/RACEも持ち込まれていました。





e0254365_15215994.jpg

G310系のカスタム車や、





e0254365_15225217.jpg

OHV系カスタム車も健在でした。





e0254365_15252792.jpg

本隊はローゼンハイム白馬さんに到着です。雨は降り続いています。





e0254365_15260293.jpg

R1200GS-AからK1600GTにお乗換え頂いたO夫妻と合流です。
この大雨の中、二日前に納車したばかりのK1600GTを駆って、
タンデムで来られました。
今から夜の宴ですが、あまり良いショットが撮影出来ませんでした。
どうもすみません。別隊も今頃は楽しく騒いでおられるに違いありません。
何時もならメイン会場でのBBQなのですが、今年はゆっくりと
落ち着いた食事が出来ました。千鳥足で帰って来る心配も無用でした。





e0254365_15291611.jpg

明けて9日は午前8時30分出発ですが、もう大雨です。
O夫妻は別行動で、別隊も47の会場にもう一度立寄るとの事でした。
本隊は私を含めて6名ですが、予定のコースを回れるかどうかが
心配でした。





e0254365_15303267.jpg

長野自動車道の長野ICから高速に入り、南進して直ぐの松代PAで
小休止です。なんと雨もあがり、雨雲レーダーの情報だとしばらくは
雨の心配はなさそうなので、ここでレインウエアーを脱ぎました。





e0254365_15313800.jpg

更埴JCTから上信越道に入り、更に佐久小諸JCTから
中部横断自動車道に入りました。現在八千穂高原ICまで完成しており、
この延長で中央道の長坂IC付近にJCTが出来る計画です。
中央道から南は、双葉JCTから新東名の新清水JCTまでの工事が
順調に進んでいるようですね。
R299メルヘン街道の麦草峠です。標高2,127mは日本の国道で
二番目の高さとなります。(一番はご存知の渋峠です)





e0254365_15343208.jpg

隣接する「麦草ヒュッテ」でコーヒーブレイクです。メルヘン街道を
走る折には必ず立寄る憩いの場です。





e0254365_15382066.jpg

中央道の諏訪ICから高速に入り、諏訪湖SAで昼食を済ませました。
もう雨の心配もないハズでしたが・・・・・、





e0254365_15391151.jpg

名神高速に入り大垣付近から雲行きが悪くなり、養老SAで
レインウエアーを着る羽目になりました。この流れで解散となりましたが、
私が店舗に戻って来たのが18時30分で、別隊の皆さんは
17時30分頃に京都に到着されたようです。何とか雨はギリギリ
避けられたとの事でした。





e0254365_15410099.jpg

参加の証です。来年も同時期に同じ場所での開催となるようですが、
白馬での開催も冒頭で申し上げた通り連続13回目です。個人的にはそろそろ違う場所での
開催を熱望致します。BMWさんも何時も我々に説き伏せておられますが、
「変わらなければ、変えなければ・・・」進化発展は●●●です。

今回、何とか予定の行程を無事に完結出来ましたが、次回も
お客様のリクエストにお応え出来る企画を練りに練りたいと思います。
ご参加頂いた皆様、本当にお疲れ様でした。



# by motorradkyoto | 2018-09-27 15:43 | Comments(0)
2018年 08月 31日

「サービス工場」 日々の作業風景 Vol4


e0254365_16594719.jpg
e0254365_17000316.jpg


こんにちはスタッフのMr.Mです。
いきなりですが限定商品のご紹介です。
イギリスのスーパーバイクチャンピオンシップで活躍している
Tyco BMWモトラッド・レーシングチームのウエアーが限定販売される事になりました。
ジャケット・フリース・ポロシャツ・Tシャツの4アイテムの中から、
ジャケットとフリースをいち早くM村店長が仕入れました。
入荷数は多い物で75着で少ない物は18着しかBMWに入荷していません。

某ディーラーの買占め?等もあり、
ゲット出来たのはジャケットのXSサイズとSサイズ、
フリースのXSサイズとSサイズを各5着です。
「えらい小さいやん」と言うなかれ。
サイズはイギリスサイズで、
日本サイズで換算するならXSがS~M、SがM~Lに相当する大きさです。

172cm前後の方ならXSで、177cm前後の方ならSで十分対応可能と思われます。
気になるお値段ですが2017年のモデルでもあり、
ジャケットが¥10,800(税込み)でフリースが¥7,560(税込み)となっております。
限定モノに弱い私は直ぐに購入しようと思いましたが、
「あんたには売らん。お客様最優先。」と一喝。トホホホ・・・。
でもこれはイイ。質感も良く価格も超魅力的です。
この記事をご覧になられた方、直ぐにご来店の上試着してみて下さい。


さて今日はしばらく大変な状況が続いていた当店アフターサービス工場ですが、
少しばかりパワーアップの兆しが見えて来ましたので、
その様子をレポートしたいと思います。


e0254365_17142308.jpg

昨今我々の業界と言うか、自動車関連業界のサービスメカニック不足が
非常に顕著になっております。どちらの店舗でも一人でも多くの人員を
確保するのに苦労している状況ですが、その一人が一人前の
BMWサービスメカニックに育つには概ね10年を要する厳しい業界でも
ある訳です。
そのような状況の中BMWモトラッド・マイスター(BMWモトラッド
サービスメカニックの最高位)2人が、上がりの職場として当店に
加入してくれました。当店生え抜きのH本マイスターと共に、何と
3人のマイスターの豪華布陣となった訳ですが、日本全国を探して
見ても3人のマイスターを有している店舗は他にございません。





e0254365_17181046.jpg

まずはT中マイスター。
縁あって、兵庫県のBMWモトラッドディーラーさん
より移籍してもらいました。BMWの専門誌での
執筆でもお馴染みですが、この道約40年の超ベテランメカニックです。
こちらはR1100RSのブレーキラインの修理です。ここ最近整備する
R1100系の多くは、ブレーキホースが劣化して全交換を余儀なく
される車両が増えています。





e0254365_17195901.jpg

28年前のK100LTのハンドルユニットの交換作業ですが、若い
メカニックには未知の車両となってしまいました。





e0254365_17221358.jpg

初期型R1200RTの車検整備ですが、作業のスピードが違います。





e0254365_17240476.jpg

続いてI田マイスターですが、ここしばらくはBMW-Jからの依頼で
新店舗メカニックの技術指導をする事が主な業務だったのですが、
私もI田マイスターに相談する事が本当に多く、どうこうしている内に
「俺が手伝い行ったるわ~。」の一言で、当店で業務を行ってもらう
事になりました。I田マイスターはこの道40年以上で、更に全ての
BMWモトラッドメカニックの重鎮でもあり、さまざまなシステムに精通
しているところが頼りになります。
こちらはモノサスR100RSのブレーキホースの交換作業です。29年前の
車両になります。





e0254365_17301896.jpg

R1100Sの燃料ポンプの交換です。しばらく放置された車両は、ガソリンが
腐食してポンプをダメにしてしまう事がしばしばです。





e0254365_17330425.jpg

水冷R1200Rの定期点検もスムーズにこなしています。BMWの場合
各車両毎に、走行距離に応じたメンテナンススケジュールが組まれています。





e0254365_17360488.jpg

最後にH本マイスターですが、当店在籍32年にしてBMWモトラッド
マイスターの栄えある第一期生です。作業は基本に忠実で、とにかく
お客様に安心をプラスした良い作業を施す事を身上とするメカニックです。

こちらは水冷R1200GSの中古車整備とリコール作業です。’13年から
発売が開始された水冷R1200GSですが、当店でも一番入庫台数の
多い車両になりました。




e0254365_17390576.jpg


HP2エンデューロの転倒修理作業です。フロントフォーク回りは
特に慎重な診断が要求されます。





e0254365_17455632.jpg

最近の車両は専用テスターが不可欠で、PCと向き合う時間も
増えています。





e0254365_17483162.jpg

作業内容の打ち合わせと確認は常時行われます。
初期診断が重要になる事は言うまでもありません。





e0254365_17442074.jpg



整備作業のアプローチは各人異なりますが、フィニッシュは
同じところに納まります。





e0254365_17495543.jpg

完成車両の試乗は絶対に怠っては行けません。

当店では毎回お話ししている通り、サービス関連の宣伝活動は一切行なっておりませんが、
お客様の多くはアフターサービスを重視されています。
的確な診断・的確な作業・的確な工賃のバランスがとれていればお客様の満足度は向上します。
その点当店の3人のマイスターはバランスの良い作業を施してくれます。
マイスターになる為の厳しい過程をクリアーして来た賜物でもあり、
メンテナンス台数は計り知れません。

しかし仕事の出来るスタッフが加入したからと言って、
その店舗が上手く稼動して行く保証は何処にもありません。
むしろ悪くなるケースが多く、さまざまなしがらみや妬みが渦巻き、
今まで頑張って来たスタッフが退いて行く店舗を私は今までに数多く見て参りました。
在籍しているスタッフと、仕事の出来る新しいスタッフとの人間関係は勿論、
どのような方向に進んで行くかの判断を下すのが本当に難しい事になります。

手厳しい話ですが今回加入して頂いた2人のマイスターは、
他店ではなく当店でないと活躍してもらう事が出来ないと思っています。
それは明確でBMWの業務のベテラン勢が現役で残っている事で、
互いにリスペクト出来る関係が過去から現在まで継続されているからです。
これが確立されれば、後は良い流れで新しいサービススタッフを迎え入れる事が出来ます。
今からBMWモトラッドのサービス業務を志たい方、
他メーカーのサービスメカニックに従事していたがBMWモトラッドのサービス業務に転身したい方、
以前にBMWモトラッドのサービス業務に従事していたがもう一度返り咲きたい方、
そう言った方を広く募集しています。

今なら一人前になるのに10年を要する処が5年で素晴らしいメカニックになれるかもしれませんよ。
当店3人のマイスターは、旧タイプ以降(’68年以降)の車両から現行車両まで、
メンテナンスを施した事のない車両はないと言っても過言ではなく、
あらゆる世代のBMWモトラッドに対応出来ます。
その最高の技術を見て、盗んで、そして教えてもらえる絶好のチャンスです。
当店も今後は、且ってのようなサービススタッフが充実した「いぶし銀」のような
店舗を目指せれば良いかと思っていますし、
私がもう何年も前から提言している(Vol3の記事でもお伝えしました)メーカー主導型の
BMWモトラッドSF(サービスファクトリー)の構築が実現する事を願うばかりです。




e0254365_17592736.jpg

それにしても当店もよくこれだけ老練が揃いましたね。
旬を終えたスタッフばかりで遊びの提案も少なくなってしまいました。
I田マイスターと私はすでに老人会ですが、まだまだ引退する訳には行きません。
苦しい時期に当店を支えて下さったお客様と共にあと10年は頑張らないとね。
M村店長の舵取りも絶妙で誰も逆らう者もなく、
しばらくこの体制を維持出来そうです。

もう一人、2年前から週に3回午前中のみ営業のサポートをしてくれているCI嬢ですが、
もう少し稼動時間が増えそうです。
運のイイ方は接客を受けて頂いたかと思いますが、とてもチャーミングな大人の女史です。
それはと言うと、最近M村店長と私が交代で運輸支局に持込み検査に出向く事が多く、
ご来店頂く方の対応が手薄になっているからです。
オッサン連中の接客よりCI嬢の接客を受けた方が気持ちがイイに違いなでしょうからね。

















# by motorradkyoto | 2018-08-31 18:03 | 番外編 | Comments(0)
2018年 08月 12日

夏期休業のお知らせ

こんにちは。スタッフのMr.Mです。
誠に勝手ながら明日8月13日より8月16日迄夏期休業とさせて頂きます。
8月17日からは通常営業致します。
ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い申し上げます。





e0254365_19553933.jpg


夏期休業に入るまでに、現在始まっているBMWモトラッドのキャンペーンを
再度ご紹介したいと思います。
新車が対象となりますが、0.95%(60回迄)ローンです。
G310シリーズとHP4RACEは対象外です。
「クレジットを利用しない場合はどうなるねん」のご意見にお応えする為に、
ボクサーシリーズ限定で・・・、更に8月限定で・・・、イイ事がございます。
大きな声では言えないので、ご商談の折にお話させて頂きます。





e0254365_19592509.jpg

R1200RTのオプション719、ブループラネットも入荷致しました。
モトラッド京都店の半期決算期と合致して、お買い上げの方には・・・。





e0254365_20034408.jpg

こちらのフル装備大型トップケースをプレゼントさせて頂きます。
8月限定の大判振る舞いです。お急ぎ下さい。





e0254365_20044160.jpg

さらに時間のないキャンペーンがこちらです。認定中古車
全モデルに適用されます。8月末まで1.95%の低金利ローンが
ご利用頂けます。





e0254365_20055067.jpg

最近入荷したR1200GS-Aです。





e0254365_20082160.jpg

「BMW Motorrad Days」も参加申込み受付中です。










# by motorradkyoto | 2018-08-12 20:09 | お知らせ | Comments(0)
2018年 07月 31日

珍しい訪問者 クルマ編9 BMW M535iA

こんにちは。スタッフのMr.Mです。
地震や大雨の後は厳しい猛暑の連続で、京都市内も37℃オーバーの
猛暑日が連日続いています。
ここ一週間近くはにわか雨も全く降らない状況で、
あまりの暑さに夏の代名詞と言えるセミの鳴き声もなく、
蚊さえも飛んでいません。
私も最近は運輸支局に足を運ぶ事が多くなり、結構動き回っていますが連日汗びっしょりです。
動かぬ初老ではなく、動く初老を目指し業務に取り組んでおります。
皆さんも猛暑の中、お身体最優先でこの夏を乗り切って下さい。




e0254365_18083515.jpg

さて今日は約1年半振りとなる「珍しい訪問者クルマ編」をお届け
したいと思います。要はこの1年半の間に、私の目にかなうBMWの
四輪でのご来店がなかった事になります。そんな猛暑の中、
BMW-Jの四輪部門に所属され私と個人的に車関連で親交のある
HーIさんが、なかなか渋い車で来店されました。どんな車かと申しますと、
'81年~’88年まで販売された二代目5シリーズ(E28)で、M5を除く
シリーズトップモデルのM535です。8月から封切られるトム・クルーズ主演の
「ミッションインポッシブル/フォールアウト」にもこのシリーズの緑色の車が
登場するので要ご注目下さい。





e0254365_18113071.jpg

私はE28が、BMWの四輪の中では最も好きな車で、M535は過去に
2台、足掛け20年に亘り乗り続けていただけに非常に親近感が湧きます。
ボディーサイズは5ナンバー枠に収まる大きさですが、このM535は
オプションのMテクニックエアロパーツ付きで僅かなオーバーフェンダーの
影響もあり幅が1710mmになります。サイズは4620mmX1710mmX1395mmで、
箱型のボディーは見切りが良く大変扱い易い大きさとなっています。
排気量の小さい518や520は5ナンバーになります。





e0254365_18133976.jpg

 '60年代~’70年代にかけてBMWの定番マスクであった逆スラントの
シャークフェイス最後のモデルで、クラシカルな雰囲気を存分に味わえます。





e0254365_18144769.jpg

ヘッドライトはヨーロッパ仕様の通称「デカ目」(外側のライトが大きい)で、
日本仕様は保安基準の関係で内側のライトと同形の小型となります。
Mのエンブレムは前後標準装備で、Mスポーツモデルと言った方が
判り易いかも知れません。





e0254365_18161326.jpg

マフラーはやや右寄りのセンター出しで、当時のBMWの上級モデルの
一つのステイタスなパートでもあったように思います。





e0254365_18165987.jpg

ホイルは一見BBSに見えますが、こちらは三代目5シリーズ(E34)に
純正採用されたFPS製の15インチに換装されています。
標準はミシュランが当時世界標準規格を目論んだTRXで、サイズは
220/60/VR390でTRX専用ホイルにしてM535専用ホイルと
なります。現代に於いてミシュランTRXの存在を知る人は、車道楽を
相当楽しんで来られた方だけになってしまいました。
サスペンションは同型のM5同様ビルシュタインのガスプレッシャー式で、
ロッキングファクター40%のかなり強力なLSDも標準です。ワイディングも
かなり楽しめます。





e0254365_18192815.jpg

ハンドルはこの時代のスポーティーモデルに装着された皮巻き3本スポークで、
ミッションはZF製の4ATとなります。





e0254365_18201662.jpg

エンジンはビッグシックスと呼ばれるM30の3,500ccで、なんの変哲もない
OHCエンジンですが本当にレッドゾーンまで綺麗に回ります。
このM30系の6気筒エンジンを総称して「シルキーシックス」と呼ばれるようになりました。
燃料供給はボッシュのLジェトロニックDMEで、日本仕様で185psと29.5kgmを得ています。





e0254365_18214866.jpg

H-IさんのM535は外装は相応に綺麗ですが内装が特に綺麗で、
Mテクのスポーツシートもヘタリは感じられません。インパネも同様で
ダッシュボードもヒビワレの前兆さえもない気持ち良さです。
この車は’86年式との事ですので32年前の車と言う事になります。





e0254365_18230245.jpg

リヤシートも使用感がなく、Mバッジの日焼けも有りませんでした。





e0254365_18233246.jpg

4灯式ヘッドライトは在りし日のBMWそのもので、落ち着きと風格を感じます。
M535、機会があればもう一度所有したいBMWの中のBMWです。

H-Iさんはもう一台ポラリスシルバーのM535もお持ちで、さらにE30のM3も
所有される正にイイ意味での変人です。バイクや車に限らず、趣味を
追求するには金銭的な事は勿論、周りの方の(特にご家族の)理解が
必要不可欠です。最近は変人がめっぽう少なくなり悲しい限りですが、
H-Iさんの変人指数には最敬礼です。私も変人を目指していた頃は
この辺りの年代の車が4台有り、保管場所と税金、保険にもがき苦しみました。
後ろ指を指されつつ・・・、バカと呼ばれても・・・、変人万歳???。





e0254365_18244207.jpg

H-Iさんは抜かりなく、車の営業活動もされて帰られました。
前述の「ミッションインポッシブル/フォールアウト」とコラボして、
5シリーズの特別限定モデルも発売されているようです。
523iのセダンが¥7,950,000(税込み)で、ツーリングが¥8,280,000(税込み)
です。H-Iさんに相談すればかなり有利な条件で購入出来るかも・・・です。
ウ~ン。でもなかなか高額ですね。





e0254365_18285059.jpg

二輪とのコラボはございませんが、今回トム・クルーズが駆るのが
RnineTスクランブラーです。年末にかけて大ヒットの予感がします。
こちら入荷したばかりのクロススポーク仕様で、¥1,887,000(税込み)と
なります。これに乗れば貴方も直ぐに「トム・クルーズ」になった気分に浸れます。







# by motorradkyoto | 2018-07-31 18:30 | マニアのお部屋 | Comments(0)