motorrad kyoto staff blog

mtrkyoto.exblog.jp
ブログトップ

タグ:カスタム ( 45 ) タグの人気記事


2017年 12月 28日

認定中古車/2台のご紹介

こんにちは。スタッフのMr.Mです。当店の歳末ビッグセールもアレヨアレヨのうちに終了致しました。沢山のお客様にご来店頂き車両のご成約は元より、ライダーエクイップメントやモーターサイクルエクイップメントの販売もなかなか好調に推移し、お陰様で良い新年を迎えられそうです。さ~てそんな訳で今回は来年のスタートをスムーズに飾れるよう、新車は予算的に厳しいけれど中古車なら手が届く皆様の為に、なかなか上質な認定中古車を2台ご紹介したいと思います。私も長い間販売に携わっていますが中古車は唯一無二で、新車以上にご興味をお持ちの方が多いのも事実です。前オーナー様の保管状況や整備履歴による愛着度でその車両の価値が大きく変わります。今回ご紹介する2台は勿論当店販売のワンオーナー車で、しっかりと愛情を注がれてきた車両です。

e0254365_16174691.jpg
先ず1台目は、2016年8月登録のF800Rプレミアムラインです。
車体色はレーシングブルーメタリックマット/ブラックサテンで、
なかなかお目にかかれない希少な車体色です。





e0254365_16185118.jpg

走行距離も4,320kmと、慣らしが終わってさあこれからと言った状態です。





e0254365_16193205.jpg

ハンドル廻りはご覧の通りで、メーター類も非常に見易くオプションの
ハイウインドシールドも装着済みです。この眺めはまさにBMWさんの
フォーマット通りの造型ですね。





e0254365_16203839.jpg

2006年~2007年辺りの初期のF800シリーズはエンジンの回り方に
少々ラフな面がありましたが、2010年以降のモデルでは劇的な
進化を遂げており、完成の域に達したエンジンと言えます。





e0254365_16220568.jpg

ETCも装着済みです。車両本体価格は648,000円で、2019年8月まで
検査が残っています。ビギナーの方からベテランの方まで、オールラウンドに
ご使用頂ける優等生です。




e0254365_16303494.jpg


2台目は2015年6月登録のS1000RRプレミアムラインです。この年の2月に
実質的なフルモデルチェンジが行なわれましたが、スタイルは先代モデルとの
キープコンセプトが図られています。車体色は人気のモータースポーツカラーです。





e0254365_16325099.jpg

走行は約18,500kmで、脂が乗った良好な車両です。





e0254365_16333057.jpg

ハンドルからメーター廻りは、スーパースポーツ系のバイクと直ぐに判ります。
ライディングポジション的には並居るSS系のバイクの中でも、比較的
緩やかな気がします。





e0254365_16342390.jpg

チェーンケース一体型のカーボン製インナーフェンダーや、
社外品の小物パーツも色々と装着されています。





e0254365_16350682.jpg

リヤシートカバーの下にはETCも装着されています。車両本体価格は
1,498,000円で、検査は2018年6月まで残っています。


e0254365_16385829.jpg


新春1月の1ケ月間限定で、認定中古車0.99%の特別低金利
ローン(60回迄)もご利用頂けます。
さあ、チャンス到来です。冒頭で記した通り中古車は唯一無二です。
モタモタしていると手遅れになりますよ~。





e0254365_16402873.jpg

年末のトピックスとして、いよいよ噂の車両が入荷して参りました。
メーターにご注目。





e0254365_16410893.jpg

TFT液晶メーターです。
先陣を切ってR1200GSからデリバリーが開始されます。
M村店長はすでに使い方の70%は会得したようです。
店頭にて展示中です。

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。本年も大変お世話になり
有難うございました。モトラッド京都スタッフ一同、重ねて感謝申し上げます。
新春は1月3日のAM.11時から営業です。





[PR]

by motorradkyoto | 2017-12-28 16:43 | 特選中古車情報! | Comments(0)
2017年 02月 25日

認定中古車/2台のご紹介

当社の決算セールに歩調を合わせるが如く、BMW認定中古車の低金利(1.99%)ローンのご利用期日も今月末迄と迫って参りました。モジモジしている貴兄にラストチャンスをご提供する為に、2台の大変良質な認定中古車をご紹介致します。

e0254365_18274049.jpg

先ず1台目は、2014年3月登録のR1200RTです。
車体色はエボニーメタリックで、当店管理ユーザー様のワンオーナー車です。





e0254365_18283493.jpg

走行距離も8,916kmとロングツアラーバイクとしては少なく、
まだまだこれからと言ったRTですね。





e0254365_18292613.jpg
ハンドル廻りはシンプルにして豪華な装備で、使い慣れると最高の
相棒となります。現行モデルのようにキーレスではありませんが、
不満を感じる事は一切ございません。





e0254365_18303074.jpg
ETCはモトラッド京都流儀で左の小物ケースに装着されており、
カードの出し入れの容易さにも貢献しています。





e0254365_18310841.jpg
シートも綺麗でスリキズ等も有りません。
車両本体価格は1,849,000円で、検査満了日が迫っている事から
検査受けの諸費用は別途となります。





e0254365_18360914.jpg
2台目は2016年10月登録のR-nineTスクランブラーです。車体色は
高級感が漂うモノリスメタリックマットで、スクランブラーにベストマッチですね。





e0254365_18365972.jpg
走行は僅か1,343kmで、ETCも装備済みです。





e0254365_18372380.jpg
右側サドルバッグはデグナー社製で、違和感は有りません。





e0254365_18374992.jpg
リヤのインナーフェンダーと、





e0254365_18382545.jpg
マットブラックのエンジンガードはプーチ社製です。
オプションも色々装備済みで、かなりお買い得ですよ。
車両本体価格は1,598.000円で、検査は2019年10月まで残っています。
認定中古車2年保証付きで、初回点検後の引き渡しとなります。

さあ、貴方も私も時間がない・・・。明日ご契約に来て下さいよ~。



[PR]

by motorradkyoto | 2017-02-25 18:43 | 特選中古車情報! | Comments(0)
2017年 02月 12日

お客様の愛車紹介 Vol 29

こんにちは、スタッフのMr.Mです。
本年最初の愛車紹介は、今年更にときめくであろうR-nineTを取り上げて
見たいと思います。R-nineTのデビューは2014年の春で、
BMWの創立90周年から1年のビハインドがありましたが
'発売前からかなりの注目を浴びており、フラットツイン最後の
空冷モデル効果と重なり、相応のバックオーダーを抱える事になりました。

BMWが新たな顧客開拓を目指しカスタムを提言するそのベースとなる車両で、
BMW-Jが企画したR-nineTプロジェクトも記憶に新しい事かと思います。
そう言った相乗効果も手伝い、ハード系カスタムからライト系カスタムまで
様々なR-nineTが現在進行形で増え続けています。


e0254365_10275099.jpg

N中さん(愛車紹介に於いては毎回お客様の本名をお出ししていますが
N中さんはNG)のR-nineTは’15年登録で、販売面でそろそろ落ち着きが
出て来たタイミングでご購入頂いた車両です。





e0254365_10293417.jpg
マフラーは定番のアクラボビッチ製(純正指定品)のアップタイプに換装
され・・・・、





e0254365_10304306.jpg
こちらも定番のアルミ製ハンプカバーを装着され、
パッセンジャー用フレームは取り外されました。





e0254365_10344424.jpg
HPカーボンエンジンカバーもさりげなく装着されていますね~。
エンジンは言わずと知れた空冷ツインカムユニットの完成型で、
パワーは110PS/7,750rpmを絞り出します。





e0254365_10354810.jpg
90周年記念のプレートは記念モデルのトップブリッジエンブレムで、
RTとGS-Aに取り付けられていました。





e0254365_10365221.jpg
大変長らくお待たせしていた作業が先日ようやく終了致しました。
部品オーダーからかなりの時間を要したのがこちらです。





e0254365_10382839.jpg
ツインカム最終モデルの、R1200R(ライトホワイト)にのみ
装着されていたブラックの艶有りホイールのリヤ側と、





e0254365_10470362.jpg
フロント側です。社外品のホイールも色々と発売されていますが、
目立つようで目立たない足下が粋なパートです。





e0254365_10490816.jpg
タンクのニーパッドも良いアクセントになっています。





e0254365_10503302.jpg
判る方が見れば直ぐに判る、テールレンズとフラッシャーレンズ。
N中さんの純正パーツへの強い拘りが随所に光っています。





e0254365_10595062.jpg
'私的にはライトカスタムの部類に入るとは思いますが、かなり
センスの良い玄人好みのR-nineTに仕上がっていると思います。
ここまでのカスタム費用は、作業工賃も含め約70万円です。

N中さんとも早いものでもう20年以上もお付き合いをさせて頂いておりますが、
バイクはもっぱらイタリアンのみを乗り継いで来られました。
まさかBMWに乗られるとは思ってもいませんでしたが、
昨年はさらにR1200RTも増車して頂きました。
このR-nineTも約1年半で20,000kmをオーバーされ、今までの
N中さんからは想像もつかない程に走行距離を稼いでおられます。

N中さんは四輪の方もスポーツカーオンリーを乗り継いで来られ、
自宅ガレージにはスポーツカーの代名詞P車とF車が常時スタンバイしています。
近い内にこちとも決別され、BMWに乗り換えられるような気がします。
BMWが大嫌いだったN中さんも、ようやくBMW教に
両足を突っ込まれたようですね。ヨカッタ、ヨカッタ・・・。



[PR]

by motorradkyoto | 2017-02-12 11:04 | お客様の愛車紹介 | Comments(0)
2017年 02月 02日

試乗インプレッション No13/R-nineTスクランブラー

こんにちは、スタッフのMr.Mです。
正月気分もスッカリ抜け切り業務の方にも熱が入って来ております。
e0254365_16000383.jpg

先日の寒波により店舗前駐車場にも30cm程の雪が積もり、なかなか溶けてくれないどころかシャーベット状の手強い状態になってしまいました。
雪や氷に慣れ親しんでいない私にとってはそれはもう恐怖日で、「北国では生活が出来ない」と言うのが本音ですね。
そんな寒さの中、心身共に気合を入れる為にR-nineTスクランブラーに試乗して参りました。今年は色々とR-nineTの派生モデルが発売される気配ですが、BMWが新たに切り開いている車種分野の真意と再発見が今回の試乗の大きな課題です。
例の如く、何時も通り雑誌記事やサイトのような難しい内容は一切ございません。
R-nineTスクランブラーに興味津々の方、どうぞご参考にして下さい。





e0254365_16014805.jpg

先ずスクランブラーモデルとはどう言う車種なのかを再確認する
必要があります。それは本格的なオフローダーが発売される以前に、
「ロードバイクでありながら、オフロードも無難に走れる装備を施した
オートバイ」これが定義なんじゃないかと思います。
'昨年の10月から発売が開始されたR-nineTスクランブラーは、
相応な人気を維持しているDUCATIのスクランブラーと比較すると、
その注目度は今一歩だったのは事実です。






e0254365_16051785.jpg

エンジンは完成の域に達している空冷ツインカムユニットで、
駆動系はお馴染みの、パラレバースイングアーム付きのシャフトドライブです。





e0254365_16063696.jpg

サイレンサーはかなりインパクトのあるAV製の2本出しとなっています。





e0254365_16072331.jpg

フロントフォークは43φの正立でコストを抑えています。フォークブーツも
スクランブラーモデルには欠かせません。





e0254365_16084262.jpg

正面からの面構えはおとなしいですが、やはりエンジンの存在感は
強調されていますね。





e0254365_16095407.jpg

ハンドル・メーター廻りはご覧の通りで、今のバイクでは考えられない
位に実にシンプルです。速度計のみで回転計のオプション設定は
現在のところありません。





e0254365_16112100.jpg

シートはスクランブラー専用で、レーザーのようでレザーではありませんが、
なかなか高級感に溢れています。





e0254365_16120798.jpg

さあ雪解けを待って一般道からのスタートです。違和感のない極自然な
ポジションで、在りし日のビッグバイクの視界ですが、ハンドルがもう少し
手前に絞ってあればベストポジションを得られそうです。
車重も軽く、加速感はなかなかの感覚が得られます。
気になるのが50km/h~60km/hで流している時の排気音が、
(大きく響き渡るサウンド)あまり好みではないですね。
これは大いに好みの分かれる部分です。





e0254365_16134969.jpg

ワインディングはフロント19インチがもたらす恩恵?で、思い切って
バンクさせられます。ロードモデルの主流となっている17インチは
バイクが勝手に曲がってくれる感覚ですが、フロントの大径ホイールは
操れる醍醐味があり、21インチになると更に増幅します。
ホンダが一時XL250SとXL500Sに採用していた23インチには
私は乗った事がないのでコメントできませんが、きっとご機嫌な乗り味だったと
思いますね。





e0254365_16160484.jpg

一般道・ワインディングの後は高速走行ですが、スクランブラーには全く似合わない
ステージでした。その気なれば●00km/hオーバーは可能ですが、風防がなく
さらに風圧を最も受けやすいポジションを強いられます。回転計が有りませんので
何時もの4,000rpm時・6,000rpm時のコメントは出来ません。





e0254365_16183914.jpg

このスクランブラーで、オフロードを走られる方はまずおられないと思います。
一般道の走る・止まる・曲がるは平均点以上で、BMWならではのスタイリングで
選んで頂きたいバイクで、性能云々は多くを語る必要はないように思えます。
ツーリングに重宝するようなバイクではありませんし、私の結論とすれば
R-nineT同様に、近場をメインに見せる(魅せる)走りに徹して頂きたいですね。
車体の各パートの素っ気無さはドイツ流ですが、全体のクオリティーは
全てのバイクメーカーの中でNO1であると私は思っています。上辺っ面だけを
綺麗に化粧された車両とはモノが違うのがBMWですからね。このスクランブラーも
1年程手元に置いて頂ければ、必ずBMWにして良かったと確信出来ると思います。

昨今ヨーロッパの輸入二輪車メーカーが次々と発表しているスクランブラーモデル、
すなわち、今の時流で言うならばヘリテイジと言うセグメントに属すバイクです。
私が幼少の頃すでにホンダからCL72やCL450、カワサキからは輸出専用の
W2TTと言ったアップマフラーを装備したスクランブラーが発表されていました。
しかしどれも短命に終わり、スクランブラーモデルが崩壊したのも事実でした。
ここ最近ではトライアンフが先陣を切り、モトグッチやDUCATIが後を追うように
参入して来ましたが、果たして各メーカーはどのように育てて行こうとしているのかが疑問です。むしろ多くのライダーと言うよりは、バイクをファッションと捉える新しいライダーにターゲットを絞っているようにも思われます。
今年はR-nineTをベースとした新型車両も3機種発売される気配ですが、首をかしげる半面大いに期待をしています。それはBMWにもHDのような「遊び心と色気」が根付いて来たんじゃないかなぁ~と思うからです。




e0254365_16205242.jpg

私の場合、カワサキの中古の500SSを16歳の時に乗り始め現在も大型バイクに
乗り続けていますが、大型バイクに乗る動機と言うのは極単純なものでした。
それは「スピードとスリルが味わえるに違いない」「カッコ良く目立つに違いない」
「女の子にモテるに違いない」と言った事で、これは今現在も大きく変わってはいません。
R-nineTスクランブラーを見て素直に「カッコイイ」・・・、それが一番だと
思いますし、そう思ってくれる若いライダーが増えて欲しいですね。





e0254365_16314731.jpg

いよいよコレもクランクインしました。カッコイイ~。










[PR]

by motorradkyoto | 2017-02-02 16:34 | 試乗インプレッション | Comments(0)
2013年 04月 15日

今度は、ガッチャマン!

忙しかった日曜日から一夜明け静かな平日・・・・と思いきや
昨日までの色々な注文や書類整理にてんやわんやの一日でした。
それでも気候が、グンと気温が上ってくれたので
快適な気温の中、バリバリ仕事をこなすスタッフ一同でした。

ところで話は、コロッと変りまして皆さん!エイリアンは、
ご存知でしょうか?そうですあのシガニー・ウィバー主演の奴です。
その中で超恐ろしいエイリアンが何と、映画の中で出番待ちをしている
ほのぼのとした画像を手に入れたのでご紹介しておきましょう!
e0254365_17333197.jpg

どうです?何やら考え込んでるところが哀愁を感じさせられます・・・・。





e0254365_17351131.jpg

これなんか、恐らく監督に怒られたに違いないでしょう・・・・。
なんて、毎回毎回バイクとまったく関係のない情報を紹介しまして
どうも申し訳ありませんでした・・・・。
でも又、やってまいそうな気がします・・・・。

さて、本題に入りましょう!
今回ご紹介するオプションパーツは、前回と同じ
newR1200GSのオプションパーツです。

e0254365_17421174.jpg

コレだけのパーツをヘッドライト周りに取り付けます・・・・。





e0254365_1743823.jpg

たいそうなようですが、コレだけのパーツを取り付けるんです。





e0254365_1744258.jpg

このとてもカッコのいいライトに例のブツを取り付けます・・・・。





e0254365_17445726.jpg

そして、こんな感じにヘッドライト付近に例のブツを近づけると・・・・。
う~んチョッとイメージ湧かないですね~・・・・。





e0254365_1747818.jpg

要するにこんな雰囲気になります。
勿論、ワンタッチで脱着可能なのでオフロード走行時や
夏場の虫からライトを守りお手入れ簡単の優れもので~す。





e0254365_17502770.jpg

なんか・・・・「科学忍者隊ガッチャマン」的でカッコイイですよね!!
気になるお値段は、工賃込で税込2万円とチョイです。
興味のある方は、お気軽にお問合せ下さい。
[PR]

by motorradkyoto | 2013-04-15 17:58 | Option Parts Info | Comments(0)
2013年 04月 01日

newR1200GSの気になるパーツ・・・・。

パワーアップしたモトラッド京都になった初日でございます。
展示車両の量も新車、中古車をあわせ倍になりました的感じです・・・・。
明日店に来て床が抜けていたらどうしましょう・・・・。

それくらい迫力のある展示になったので興味のある方は、
ためしに覗いてみては、如何でしょうか?
さらに、週末にはいよいよモトラッド京都5周年記念イベントがスタートします!
例のラリーもスタートするので週末には、是非ご来店くださいね。

さて、本日はnewR1200GSのオプションパーツをご紹介しましょう。
数ある中から小出しで紹介していくのでお楽しみに!
まず、先陣を切ってのご紹介パーツは、人間工学と快適性に
こだわったライダー用フットレスト(アジャスタブル)をご紹介いたします。
e0254365_2050364.jpg

じゃ~ん!どうですこのクオリティー・・・・?
すみません・・・・。まだ箱のままでしたね。





e0254365_2052918.jpg

高品質な鍛造フットレスト、ゴールド陽極酸化仕上げ。





e0254365_2102969.jpg

細かい仕事が、輝くレーザーロゴ!





e0254365_2123810.jpg

繊細な溝が刻まれたゴム製フットプレート





e0254365_2174215.jpg

見ててくださいよ~このフットプレートを親指でギュ~ッと押すと・・・・。





e0254365_2141875.jpg

フットプレートが、下がりスパイクが顔を出します。
スタンディング時により一掃のホールド感が確保できるのです。





e0254365_2111991.jpg

裏側を少し覗いてみましょう・・・・。
こんなにこった作りのフットペグは、なかなかないでしょう!
さすがBMWですね。





e0254365_21131717.jpg

それにフットレストを3段階に調整可能。
標準装備のフットレストと同じ最下ポジションに加え、
より高い2段階のポジションを選択可能。ボルトで簡単に調整できます。

気になるお値段ですが、左右セットで 税込28,980円工賃別
クオリティーのわりには、意外とお安いでしょ・・・・。
では、では、次回をお楽しみに・・・・。
[PR]

by motorradkyoto | 2013-04-01 21:24 | Option Parts Info | Comments(0)
2013年 03月 29日

newR1200GSに初めて付けてみました・・・・。

最近は、少しづつではありますが、日に日に春を感じる様になりましたね。
もちろん暖かくなって来たのもありますが、
沢山の緑を目にする様にもなりました。
それに店舗裏にある散策道路にも草木があちらこちらで
芽を吹きだしていてその内ボウボウになるのも時間の問題ですね・・・・。

それにしても毎日風が強くて参りますよね~・・・・。
おまけにその強い風に乗って砂が・・・・そうです黄砂です!
表に出しているテーブルも店を終う頃には、砂だらけです。
どちらかと言えば変なもんが飛んでこない
そよ風で御願いしたいものです・・・・。

さて、本日はnewR1200GSに初めてETC車載器を取り付ける
作業のご紹介をいたしましょう!
今回の作業もT中君にお願いしました・・・・。
e0254365_2037075.jpg

それにしても天気良いですよね~・・・・。
気持ちがいいので無理言って外で写真を撮らせて頂きました。
そして・・・・。





e0254365_2039183.jpg

いきなりがばっと剥いてみました・・・・。
なんか車海老の頭を鬼焼きした時に剥いた的感じがしますよね・・・・。
そして・・・・。





e0254365_2041542.jpg

前のフェンダーもゴッソリ取っちゃいました。
「ここまでしなくても・・・・?」なんて言う人もいるかと思いますが、
ここまでしないとスマートに収まらないのです!!





e0254365_20442462.jpg

そして今回、本体の収まる場所に選んだのがテールのキャリア部分です。
て言うかここ以外恐らく何処も厳しいと思います・・・・。
なのでここも・・・・。





e0254365_2046531.jpg

ベロリンチョ!と外してしまいました・・・・。
ハイテクノロジーな車両には、あちらこちらに技術が濃縮されているので
ホント、スペースを確保するのが大変です!





e0254365_20492665.jpg

そして遂にnewR1200GSは、剥き海老状態になってしまいました。
ここでやっと本来の作業に入れる訳です・・・・。
それにしてもT中君いつも大変な作業ご苦労様!





e0254365_20525918.jpg

本体の取り付けが完了してベースを元に戻しました・・・・。
今回使用した車載器は、「日本無線JRM-11」です。
他のタイプも試しましたがどのタイプも線の長さが微妙に短く
厳しい事が解りました・・・・。





e0254365_20573259.jpg

アンテナとインジケーターは、左側のスクリーン付け根になんとか
格納できました。ただ、この場所も可動式スクリーンが障害となり
何も考えずに取り付けると可動式スクリーンが可動中にどこかで
干渉してしまいます・・・・。

そこで可動中に各デバイスが、干渉しないようにする為、絶妙な
取り付けが施されました・・・・。
僕がしたみたいに書いてますが、あくまでも「T中君が、」ですよ!





e0254365_2145787.jpg

その苦労あって見た目にもスマートで何処に何が付いてるかなんて
恐らく説明しないと分からないと思います・・・・。
如何でしたでしょうか?

今回もETC車載器の取り付けが、いかに大変だと言う事が
お解りいただけた事でしょう・・・・。
なので皆さん!
納車に時間が少しかかっても広い心とお気持ちでお待ちくださいね・・・・。
[PR]

by motorradkyoto | 2013-03-29 21:37 | マニアのお部屋 | Comments(0)
2013年 03月 25日

R1200GSアドベンチャーの勇姿・・・・

かゆい~!
とにかく目がかゆいです・・・・。
きっとコレは、なにかの花粉に違いないでしょう。
サービスのT中君も詰まった鼻に空気を取り込もうと
ジュル、ジュル音をたてながら作業にいそしんでいます。

土曜、日曜日と試乗のお客様で賑わったあくる日の月曜日は、
ホッとする日でもあります・・・・。
しかしながらそんな時間もつかの間、昨日までの事務処理が
どっさりあるのでやっぱり忙しいです・・・・。

newR1200GSのオプションパーツもチョロチョロ入荷しているので
「紹介しなければ・・・・。」と思ってはいるもののつい忙しくて
どうもすみません。なかなかいいのがあるので近いうちに
紹介したいと思います。

さて、本日は、営業日が残りわずかになってきた京都モータークラブより
Mr.M氏ことM岡さんのパーツ紹介をお届けしましょう!
では、Mr.Mさんはりきってどうぞ!!

こんにちは。スタッフのMr.Mです。新型R1200GSが発売され、
先日のデビューフェアーには沢山の方にお越し頂き
本当に感謝しております・・・・。
中には「新型アドベンチャーは何時発売されるの????」

と言った声も聞かれましたが、先代のアドベンチャーは
2006年に2年遅れで発売された経緯があります。
今回も少々時間を要するかも知れませんし、
販売比率から見ても圧倒的にGSの方が多い現状ですので、
ひょっとしてBMWが必要性を感じなければ発売されないかも・・・・。





真っ黒けのR1200GSアドベンチャー人呼んでトリプルブラック!
e0254365_1902466.jpg

空冷のアドベンチャーもいよいよ最終ロッドに入っている
ようで、昨年末から入荷している車両はタンクパネルの色が
黒に変わりました・・・・。





e0254365_1991183.jpg

このアドベンチャーはお客様に納車する車両ですが、
トリプルブラックのフル装備でかなり迫力がありますね。
バブル全盛時のメルセデス(W126のSクラス等)張りの威圧感で、
ご購入される方はそれなりの体格とスキルが要求されます・・・・。





e0254365_1993599.jpg

最近GSにも装着率の高い、LEDの補助ライトも装備されました。
夜間走行での足元の照射には絶大な威力を発揮致します。
これでワインディングをガンガン攻められるのですから、
後ろに付かれたら道をあけるしかないですね・・・・。





e0254365_1911940.jpg

今回、お客様より面白いパーツのご注文を頂きました。
以前より興味のあった「レイドBOX」(税込19,950円 )で、
我々ディーラー同業者の静岡のオメガさんより発売されています。
ちょっとした小物や書類を入れるのに重宝しそうです・・・・。





e0254365_19183856.jpg

サイドケースブラケットの内側にへばり付くかたちになります。





e0254365_19201372.jpg

スリムなボディーなのでケースを外していても気にならないですね。





e0254365_19215161.jpg

フィッテングも違和感がありません・・・・。





e0254365_19222545.jpg

BOXの中も、こんな感じです・・・・。
20年程前に、R100RSのカウルの内側に取り付ける小型の
BOXが色々と出回っていましたが、GOODアイデア商品ですね。

空冷アドベンチャーはまだ新車で購入出来ます。
R1200GSアドベンチャーは、正にクールな男の証し・・・・。
また、そのアドベンチックなオートバイは、
他車の追従を絶対に許す事はないでしょう・・・・・。
[PR]

by motorradkyoto | 2013-03-25 19:37 | Option Parts Info | Comments(0)
2013年 03月 11日

C600Sport試乗車第二弾!

今日は、朝から晴天で気持ちいいですね・・・・。
ただチョッと寒いですけどね。フフフ・・・・
こういう時期は、「灯油を買うかそれとも止めとくか・・・」と
大いに悩む時期でもあります。

先週も自宅の灯油が残り少なくなっていて悩んだ末に
「やっぱり寒いのは、嫌!」というわけで買っちゃいました・・・・。
そしたら翌日から連日20度近くまで気温が上り
「よみ間違えた~!」と落ち込んでいました・・・・。
そしたらなんと!またまた寒くなってくれたので
ホッとしている今日この頃です。

皆さんは、いったいどのタイミングで
暖房器具を片付けるのでしょうか・・・・?
是非、参考にしたいものです。

さて、本日は、C600Sport試乗車第二弾をご紹介しましょう!
前回は、スポーツサイレンサーやパッセンジャー用バックレスト
それに極太盗難防止チェーン装着の車両でしたが、

今回は、ボディーカラーもクールなサファイアブラックに変え
前回に比べいちだんと欲しくなるスタイルに仕上げてみました・・・・。
e0254365_175288.jpg

ジャ~ンC600Sport登場!
こうして見ると黒もなかなかカッコイイでしょ!





e0254365_1762882.jpg

第一弾同様アクラボビッチのチタン製スポーツサイレンサーと
パッセンジャー用バックレストは、必須うアイティムとして装着済み。




e0254365_1784091.jpg

そして今回は、スポーツウインドシールドのクリアを取り付けてみました。
V字にカットされたスクリーンは、なんとも勇ましいデザインですね。
そりこみチックで気合が入るぜ・・・・。





e0254365_17123552.jpg

シートも白のパイピング処理とブルーのステッチが施された
超お洒落なスポーツシートを装着してみました・・・・。
質感も標準のものとは、異なりなかなか良いですね~・・・・。





e0254365_17173143.jpg

極めつけは、お馴染みアクラボビッチのサイレンサーで決まりだぜ!

ちなみに今回ご紹介しましたオプションのご案内

・スポーツウインドシールド クリア  税込25,200円
・スポーツシート             税込52,500円
・パッセンジャー用バックレスト    税込23,100円
・スポーツサイレンサー        税込73,500円
上記は、全て取り付けの場合工賃が、別途発生いたしましので
詳細については、店頭にてご確認下さい。
[PR]

by motorradkyoto | 2013-03-11 17:29 | マニアのお部屋 | Comments(0)
2013年 02月 24日

お客様の愛車紹介Vol.15

昨日から各天気予報で「寒い、寒い」と言われてましたが、
僕的には、もう充分過ぎるほど寒いのでこれ以上の寒さは、
ご勘弁いただきたいと日々願っている今日この頃です・・・・。

さて、本日の愛車紹介は「BMWには、シュッとしたカスタムが、一番!」
をテーマにご紹介したいと思います。
今回ご紹介する車両は、K1300RのPremium Line 2,214,500円

インテグラルABS、グリップヒーター、オンボードコンピューター、
ギヤ・シフト・アシスト、ESA II、ASC等が標準装備の豪華版です。

K 1300 Rは最高出力127kW(173ps)/9,250rpm、
最大トルク140Nm/8,250rpmを発揮する水冷並列4気筒エンジンを搭載。
圧倒的パワーを持つ最強のロードモデルと言えるでしょうね・・・・。

それに卓越した技術、人間工学に基づいたデザイン、
いつまでも心に残るスタイルでさまざまな魅力を備えながらも、
ABSおよびESA IIなどの装備により、安全面でも最高レベルのバイクです。

でもって前置きが少し長くなりましたが、これから紹介する
K1300RオーナーのT口さんは、以前よりご注文頂いていた
HPエンジンスポイラーの取り付けにご来店頂き
とてもカッコよく出来上がったのでご紹介させて頂く事にしました。
e0254365_14352227.jpg

完成したての写真です。カッコイイ~・・・・!





e0254365_1437850.jpg

ドライカーボン製のHPエンジンスポイラーは、写真で見るより
美しい仕上がりで存在感が、ありありの絶品です。





e0254365_144015.jpg

シートカウルも以前に購入していただいたんですが、コレも
オーナーのこだわりのひとつであえてボディーカラーに塗装・・・・。





e0254365_14423235.jpg

違和感の無いスマートなテールに仕上がりました。
さすがT口さん良いセンスしてますね・・・・。





e0254365_14444939.jpg

ナビゲータもご購入頂いたのですが、これもまた純正の取り付け
位置よりハンドル周りのほうが、よいという事でT口さんが
ひと工夫してこの様に装着されていました・・・・。





e0254365_1449446.jpg

パッと見は、解らないですが、オイルクーラーにも
プロテクターを装着。純正では無いのでパーツメーカーのパーツを仕様
僕の知る限りでは、この手のオイルクーラーガードには、
黒は存在しなかったように思うのですが、どうやらご自信で
塗っちゃったかと思われます。それにしてもよく出来ていますね・・・・。
これからも大切にお乗り下さい・・・・。

おまけ「2013 Perfection Of An Icon - The New BMW R 1200 GS」

[PR]

by motorradkyoto | 2013-02-24 15:07 | お客様の愛車紹介 | Comments(0)