人気ブログランキング |

motorrad kyoto staff blog

mtrkyoto.exblog.jp
ブログトップ

タグ:カスタム ( 46 ) タグの人気記事


2012年 09月 13日

久しぶりにパーツの紹介です。

京都縦貫道も着実に工事が進みいよいよ来年3月には、
沓掛⇔大山崎間が開通するとの事です。
そうなると他府県からのアクセスが、グンと便利になって
9号線もスイスイ走れる事でしょう・・・・・?

さて、本日ご紹介するパーツは、このバイクに搭載します・・・・・。
e0254365_20502661.jpg

そうです!見ての通りK1300Sでございます・・・・。





e0254365_20513041.jpg

いつも見慣れた、ショールームカウンターに一つの箱・・・・。





e0254365_20524733.jpg

開けるとこの様な樹脂製のパーツが入っていました。





e0254365_20535529.jpg

手にとって見てみましょう。恐らくこんな感じで装着するのではないでしょうか?





e0254365_2055397.jpg

はい、その通り!K1300Sのテール部分です。





e0254365_20565058.jpg

でもって、こんな感じに迫っていきます・・・・。





e0254365_2058275.jpg

そしてまたさらに近づけていきます・・・・。





e0254365_20593173.jpg

どうです?皆さんもうお解りでしょう!





e0254365_2102572.jpg

そうなんです!BMW純正リアマッドガードです!
贅沢に写真を8枚も使った割には、価格もリーズナブルな・・・・
税込4,641円(工賃別)

オーナーの方は、皆さん感じておられると思いますが、
テールの下側が、結構ダイレクトに汚れるので
コレは大変GOODなパーツです。

それに意外とこのパーツは、知られていないので興味のある方は、
お気軽にお問合せ下さい。
勿論、K1200Sにも対応しています。
それとK1200R&K1300RもOKです。

by motorradkyoto | 2012-09-13 21:06 | Option Parts Info | Comments(0)
2012年 08月 06日

ありそうでないブラケット・・・・。

今日は、テニスボールほどの大粒な雨が降りました。
これは、夕立だと思うのですが、夕方でもなかったので
ゲリラ豪雨?解らないのでチョコッと調べてみました・・・・。
e0254365_1603365.jpg

まずは「夕立」について。岩波書店の広辞苑第五版によると
「夕方、急に雲って来て激しく降る大粒の雨。夏の夕方に多く、
発達した積乱雲によって起り、雷を伴いやすい。白雨(はくう)。夕立の雨」

次に気象庁のサイトはというと、「夕立」は「夏期のみ用いる」用語で
括られています。どうやら「夏」「積乱雲」「雷」「大雨」というあたりが、
「夕立」のキーワードと言えそう。

「ゲリラ豪雨」の方はどうでしょう・・・・。
気象庁、ウェザーニューズ社、気象予報士の三者から情報を探ってみた。
○気象庁・・・・定義していない(天気相談所)
○ウェザーニューズ社・・・・(ゲリラ雷雨の定義として)
“ザーザー”以上の強い雷雨で、当日の朝の時点で予測できていなかった雷雨
○気象予報士・・・・規模が尋常でなく(1時間に80mm以上)、
都市部で突然発生、または発達するもの。巨大雷雨の性格を帯びている

そもそもマスコミで作られた言葉なので、専門家の定義はバラバラ。
夏の夕方に多いという点は夕立と同じで、自然現象としては大体同じものだと
思ってよさそう。「夏」「積乱雲」「雷」「大雨」というキーワードは、
「夕立」にも「ゲリラ豪雨」にも共通のようですね・・・・。

さて、長~い前置きは、コレくらいにいたしまして
本日は、大変珍しい珍品パーツをご紹介したいと思います。
商品を見つけ出してきたMr.M氏曰く

ヨーロッパと日本との道路事情の違い(左側通行・右側通行)による事と、
何故かオートバイのサイドスタンドが万国共通で左側に付いている等の理由で、
車体の傾き角度が大きいとお思いの方は多いと思います。

道路は基本的にカマボコ型になっており、右側通行の国では道路の山側に
サイドスタンドを出す為、短くなっているのが当然と言えば当然です。
左側通行の日本では道路の谷側にスタンドを出す為、傾き角度が
大きくなり引起すのが辛いと言った事になります。

そこでご紹介したいのが、この商品です。
e0254365_16274650.jpg

R1200GSユーザーさんの多くはサイドスタンドハイトブラケットを
装着されますが、受注生産車両であるローダウン仕様車用の
ブラケットを手掛けているメーカーがございません。
流通台数も少なく、需要も見込めないのがその理由のようですが
なんと、探せばありました・・・・。





e0254365_16293286.jpg

ノーマルのサイドスタンドエンドとの比較ですが、ノーマルは接地面積
が小さいのが判ります・・・・。





e0254365_16303492.jpg

こちらはローダウン仕様車のサイドスタンドエンドですが、接地面積が
かなり大きくなっています。形状も少し違います。





e0254365_163292.jpg

ちなみに このブラケットですが、受注生産でお受け致します。
クオリティーもかなり高く、約15mmアップとなります。
お値段は¥12,600(税込)で、在庫は1個ございます。
興味のある方はお問合せ下さい。
足元のオシャレにもなりますよ・・・・。

by motorradkyoto | 2012-08-06 16:34 | マニアのお部屋 | Comments(0)
2012年 07月 29日

お客様の愛車紹介Vol 12

皆さん!お元気でしたでしょうか・・・・?
久しぶりにブログの更新となりました。
楽しみにされているお客様には、大変申し訳なく思っている次第です・・・・。

実を申しますとチョコッとサボっていました。
どうもすみません!
それと最近、BMW JAPANの方でもFacebookを立ち上げたりしたので
それなら僕もと、奮闘しだした訳であります・・・・。

現在100点満点中3点位のできばえなので今のところは、
大目に見て下さいね・・・・。
ちなみにモトラッド京都のFacebookを見るには、モトラットウエブサイト
もうひとりの僕を見つけてください。

さて、今回はBMWの最新鋭モデルと言えるK1600GTLです。
オーナーの幸田さんは昨年ロイヤルブルーをご購入頂きましたが、
本当はこのミネラルシルバーが欲しかったようで、
今回思い切って乗換えをされました。

オートバイの市販車6気筒と言えば、ホンダのCBX1000・GL1500~1800、
カワサキのKZ1300、イタリアのベネリ750セイ・900セイが頭に浮かびます。
古くはホンダのレーサーで、世界を席巻したRC166・RC174が
あまりにも有名です。
e0254365_18513321.jpg

昨年6月に国内販売が開始されたGTLですが、久し振りの市販
6気筒でもあり、この装備の充実度からすれば、価格も非常に
良心的だと我々もお客さんも思ったに違いありません。

その装備をさらに豪華にした幸田さんのGTLは、GT用のセパレート
シートを装着し、純正エンジンガード・ハイマウントストップランプ・
グランドライト等、定番オプションのフル装備です。





e0254365_1853355.jpg

BMW四輪のビッグシックスが、「シルキースムーズ」と言う
表現で6気筒エンジンのお手本のように扱われていましたが、
二輪の直6はどうなのか?。答えは正に「ウルトラスムーズ」で、

静かとは言い難いですが、直ぐにGTLと判る心地よい音質です。
オプションで装着されたアクラボビッチのマフラーは、低音重視で
ノーマルとは明らかに違います。
軽量且つ、排気効率もかなりアップしています。





e0254365_18555285.jpg

メーター廻りはハイご覧の通りです。ナビ・iPhone・携帯TELその他が、
所狭しと装着されています。
ハイテク機器が満載で、操作するのは少々危ないかも知れませんね。
通信はブルートゥースをを介して音声も聞け、勿論通話も可能です。





e0254365_18572973.jpg

二輪車ドライブレコーダー「ニリドラ」も装着しました。車体の前方と
後方(トップケースの下に装着)にカメラを取り付けます。レンズは

広角130°で、自動輝度補正にも優れているとの事。
他のお客さんも装着されていますが、なかなか面白い画像が楽しめます。
今後はもっと凄いカメラが発売されそうですね。

R1200RTの発売以降は、それまでの外装ドレスアップ重視指向から
快適重視指向に変化して来ました。
ツアラー系にお乗りの方の多くは、ETCは当然の如く、
ナビゲーション・通信機器も装着されるようになって参りました。
技術の進化はペースが速いですね。

BMW曰く、GTLのシステムは四輪の10年前のシステムをそのまま流用しているとの事。
噂では、自動シート高調整機能も開発中だとか・・・・?。 
あっぱれ!!BMW。

by motorradkyoto | 2012-07-29 19:02 | お客様の愛車紹介 | Comments(0)
2012年 06月 21日

K1300S HPPにタンクバッグ&ナビ取り付け・・・・。

昨日は、梅雨のあい間の青空が見える一日でした。
休日と言う事もありこのタイミングを逃してなるものかと
パンク中で乗れない僕の自転車を修理するべく自転車屋に行きました。

最初は、押して行こうと思ったのですが、意志の超弱い僕は、
パンクしたタイヤに思い切り空気を入れ「空気が抜けきれる前に
自転車屋に着けばいいか・・・・。」とチョッとセコイ企みを思いつきました。

でもって即実行・・・・。なんと、その企みが、まんまとうまく行ったのです。
めでたし、めでたし・・・・。
それでは、そんなに大した事のない僕の愛車をご紹介します。
e0254365_20185272.jpg

ジャジャ~ン!! 09 GT AVALANCHE 3.0です。
中々カッコイイでしょ!?これでまた自転車の散策が、楽しめます・・・・。





さて、本日もK1300S HPPについてチョコッと紹介したいと思います。
今回ご成約頂いた車両は、納車時にナビゲーターと電源線付きタンクバックの
取り付けと、パニアケース取り付けの依頼が有りました。
そこで「シュッとスマートに取り付けるぞ作戦第2弾!」素人には、中々難しい
ナビゲーターとタンクバックの取り付け作業のご紹介をしましょうね。





e0254365_20333852.jpg

まず車体をリフトの上に載せシートを外しました・・・・。





e0254365_20351868.jpg

でもってシリアルナンバーの打ってあるカーボン製エアボックスカバーを
取り外します。でもってこれ自体にも大胆な加工を施します・・・・。





e0254365_20381227.jpg

いきなりですが、ここまで外します。ガソリンタンクは、奥のキャリーに
鎮座しています・・・・。





e0254365_20395122.jpg

これが、 SW-MOTECH社製の電源線付きタンクリングです・・・・。





e0254365_20412117.jpg

この画像は、タンクが外れていて解り難いですが、正面にあたる
部分から撮影したものです。こんな風に線が、配線されるのです。





e0254365_20455023.jpg

カプラーとリレーもタンク左下側のコンピューターユニットのそばに固定。





e0254365_20475873.jpg

タンクバッグは、 SW-MOTECHのものが、こんな感じで装着されます。





e0254365_205165.jpg

どうです?素晴らしいクォリティーでしょ~!
継ぎ目のわずかな隙間にリューターで穴を開けさも何も無かったが如く
線が、カバー下に埋設されていますね・・・・。





e0254365_20545313.jpg

さらにビタっとナビゲーターブラケットが、装着されました。





e0254365_20561297.jpg

気になるポイントとしてブラケットとシリアルプレートの干渉も無くgooです!





e0254365_2057407.jpg

そいでもって出来上がりは、こんな感じですね!
後は、パニアケースを装着すればもう完璧です・・・・!

それにしてもカッコのいいですね~・・・・。














  

by motorradkyoto | 2012-06-21 21:18 | Option Parts Info | Comments(0)
2012年 06月 08日

比較的相談を受けるカスタムかも・・・・。

今日から京都は、梅雨に突入だと聞きました・・・・。
しばらくは、合羽での通勤です。
降らないと困りますが、やはり雨は、苦手です・・・・。

さて、GS TROPHYで開催されたINTERNATIONAL GS TROPHY選考会の
模様の動画を入手できましたので是非ご覧下さい。
1次予選


2次予選

新しい動画は、入手次第アップして行きたいとおもいます。





それでは、本日のお題目のご紹介です。
タイトルにも有ったようにこの手のご相談は、定期的によく受けます。
どんな相談かと言うと充電専用ソケットの増設です・・・・。
なので今回は、たまたま車検で入庫したK1300GTでご紹介しましょう!
e0254365_1830764.jpg

K1300GTは、今みてもやっぱりカッコイイですよね・・・・。
さっ、今から付けちゃうぞ~・・・・。





e0254365_1831483.jpg

これは、充電専用の純正オプション・パーツです。
サイズが、ロングとショートが、有りますのでご注文の際は、要注意!





e0254365_18332921.jpg

これは、ワンダーリッヒ社製のヘラープラグ・ソケットです。
純正の場合は、ヘラープラグを使うように出来ていないので
そこは、ほれ!チョコチョコッと・・・・・。





e0254365_18362778.jpg

配線は、当然バッテリーに直接取り付けます。
これもまた当然外装は、ゴッソリ外し配線を埋設します・・・・。





e0254365_18382330.jpg

K1300GTは、ノーマルの場合左側のフレーム下に標準の
アクセサリーソケットが、付いています。
但しキャンバスシステムなので通電するのは、イグニッションが
ONの状態のみの通電となります・・・・。
OFFの状態で試みても電源を切ってから約15分位で電源が、カットされます。





e0254365_1843842.jpg

ちなみにカバー裏側は、こんな感じになっています。
この写真では、すでにソケットは、付けられていますね・・・・。





e0254365_18452422.jpg

はい、完成です!





e0254365_18455919.jpg

純正とソケット・カバーの形状が、違うので間違う事は、ありません・・・・。





e0254365_18471145.jpg

でわでわ、電球を使いまして通電テストをして見ましょう!
もちろん電源は、OFFの状態ですよ・・・・。
標準装備のアクセサリー・ソケットでは、当然電球は、光りません・・・・。





e0254365_18493465.jpg

じゃ~ん!
新しく増設したソケットで実験するとハイ、この通り「眩しい~!」となります。
ちなみにこのお客様は、BMW純正のバッテリー充電器を
お使いと言う事でヘラープラグ用に変更しましたが、
シガータイプのソケットもあるので
興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

ちなみに「今すぐして~・・・・。」のご要望には、残念ながら
対応いたしかねるので要相談でよろしくお願いいたします。

by motorradkyoto | 2012-06-08 18:58 | Option Parts Info | Comments(0)
2012年 06月 07日

K1600GTLにETC車載器をスマートに付けるぞ! <後編>

またまた休日を頂き心身ともにフル充電です。さ~、頑張って
この1週間をECOモードで乗り切りたいと思います・・・・?
勿論、ECOモードと言ってもここと言う時には、当然フルパワーですよ!

昨日は、僕の愛用していた『ニンテンドーDSi LL』を手放しました・・・・。
Tタヤに行って買い取って貰いました。
大人気ないのですが、どうしても「LL」では、ソフトに限界があり
やはり3DSを買わなければと決断した訳です。

しかしながら、たまたま気に入った色が無く一旦自宅に引き上げ
色々調査の結果『ソニー・プレイステーション ヴィータ』もイイナ~・・・・。
なんて思い出し幸せな悩みを抱えている今日この頃であります・・・・。

さて、本日は、例の<後編>を紹介したいと思います。
e0254365_1546294.jpg

改めましてご紹介するところの今回取付けましたETC車載器は、
「株式会社ミツバサンコーワ MSC-BE31α税込本体価格31,000円です。





e0254365_15513940.jpg

スクリーンこそまだ装着していませんが、取付けほぼ完成状態です。
アンテナは、当然目の触れない所に格納済みです・・・・。
後ほど、とても解り難い画像を載せるので参考にしてくださいね・・・・。





e0254365_16696.jpg

はい、外装もすっかり取り付け完了です。
ちなみに分解前の写真でわ有りませんので誤解の無いように・・・・。





e0254365_1610948.jpg

お待たせしました。メーターカバーの裏に格納したアンテナです・・・・。
電動アームの隙間にライトをあてて頑張って写して見ました。
隙間の下側に黒い箱の様な物がアンテナです。





e0254365_16132549.jpg

インパネは、こんな感じです・・・・。
どうですインジケーターランプにお気付きになりましたか・・・・?





e0254365_16142625.jpg

ジャジャ~ン!ナビの横に緑色で美しく輝いているのが、そうです!





e0254365_16163820.jpg

問題の本体は、左側のコンソールボックスに格納してみました。





e0254365_1618343.jpg

どうでしょう!スポンジを加工してスマートに収まっているでしょ!





e0254365_16195239.jpg

出し入れも簡単でETCゲートの無いところでもスムーズに
カードを出し入れできるのがなかなか良いでしょ・・・・。

こんな感じでこの車両は、完成を向かえることになり
週末には、納車する予定です。
このブログを見ておられるK1600GTLのオーナーの皆さんは、
「こんな風にETC車載器が、取り付けられているんだ~・・・・。」
なんてこ参考にして頂ければ、幸いです。

by motorradkyoto | 2012-06-07 16:28 | Option Parts Info | Comments(2)
2012年 06月 04日

K1600GTLにETC車載器をスマートに付けるぞ! <前編>

さ~皆さん一週間の始まりです!「ブルーマンデーだ~・・・・。」
なんて思っている人も中には、いるでしょうね・・・・・?
6月に突入して最初の月曜日です頑張って今月も乗り越えましょ~!

それに梅雨もぼちぼち幅を利かせてくるのでそれまでに
お天気の好い日は "ガンガン" ツーリングに出かけて
梅雨をサラッとやり過ごしましょう・・・・・。

さて本日のお題目は、「K1600GTLにETC車載器を
スマートに付けるぞ! <前編> 」と銘打ちまして
K1600GTLにETC車載器を付けるのが、「こんなに大変なんだ~・・・。」
と思ってもらえればいいな作戦を決行したいと思います。

今回のETC車載器は、株式会社ミツバサンコーワのMSC-BE31αです。
e0254365_22185841.jpg

はい、ここに一台の成約になったK1600GTLが、あります。
これからETC車載器を取付ける下準備をしていきたいと思います・・・・。





e0254365_22212154.jpg

メーター周りもよく記憶に留めておいてくださいね・・・・。





e0254365_22222712.jpg

少し画像は、暗いのですが間違いなくK1600GTLの正面写真です。





e0254365_22234690.jpg

いきなりですが、メーター周りのインパネをごっそり外しました。
スピーカーとツイーターが、むきだし状態になりました・・・・。





e0254365_22253333.jpg

どうでしょう・・・・。フロント周りのパネルは、何もありません。





e0254365_2228154.jpg

スピーカーも取り外されもうメーターしか残っていません・・・・。





e0254365_22294845.jpg

皆さんは、もうお気付きになりましたでしょうか・・・・?
そうです。遂にヘッドライトまで取り外されてしまいました。





e0254365_22313530.jpg

これは、正面から映したものです。もうこれが、いったい何かですら
解らなくなってきました・・・・。どうです大変そうでしょ~・・・・。





e0254365_22334872.jpg

それにこれだけビスを外さないと外装は、外せないんですね・・・・。





e0254365_22344653.jpg

K1600GTLのオーナーさんでもなかなか見れない部分をせっかくなので
ご紹介しておきましょう。ここは、リアキャリアの底の部分に当たります。
ここにも、重要な装置が、格納されていますよ・・・・。





e0254365_22402958.jpg

ちなみに後からも撮影してみました。何じゃこりゃ?てな感じですね・・・・?
と言うわけで下準備は、全て完了しました・・・・。

ここからは、いよいよETC車載器取り付け作業に入っていきますので
次回<後編>を どうぞお楽しみに・・・・。

by motorradkyoto | 2012-06-04 22:43 | Option Parts Info | Comments(0)
2012年 05月 24日

こんなに小さくってもとてもよく効きます・・・・。

何かのニュースで読んだんですが、今年の関西と沖縄は、
例年より暑い夏になるとの予報とありました・・・・・。
何でまた関西と沖縄???と思いながら記事を読んでました・・・・。

それに確かこの夏は、確か電力不足とか言ってましたっけ・・・・?
でもってecoブームとかでクールビズでサマータイムを
例年より早くスタートなど去年より辛い努力が、課せられるのかな・・・。

寒がりで暑がりの僕には、厳しい夏になりそうです・・・・。
そうそう、今年こそは、扇風機を早く買わなければ、去年は、
全然、物が当たらず我が家では、ecoができませんでした。
おかげでクーラーガンガンでした。僕的には、全然OKですが・・・・。

実は、昨日コッソリ某家電ショップに行って下見してきました。
Mドリ電化は、なかなか種類が充実していました。しかしJ新電気は、以外に
そうでも無かったですね後は、Yバシ電気にでも行って決めたいと思います。

さて、本日は、以前よりお客様からの評判で気になっていた商品を
紹介する事にしましょう・・・・・。Wunderlich(ワンダーリッヒ)社製の
ERGO-VARIO アジャスタブル スクリーンスポイラーです。
e0254365_20345050.jpg

以前からチョク、チョク良い評判を聞いていたので「よし!注文しよう。」と
メーカーに注文したら「人気が凄くてバックオーダー」と言われました・・・。
仕方が無いのでしばらくお預け状態でした。でもって本日やっと
入荷しました。それに偶然それを装着している車両が、入庫してきたので
合わせてご紹介しましょうね・・・・。





e0254365_2040241.jpg

箱の中を開けるとこんな感じで部品が梱包されています。





e0254365_20404929.jpg

ちゃんと日本語に訳された取説も付いていますよ!
ま~見るほど難しい取付では、無いと思うのですが・・・・?





e0254365_2042561.jpg

で、これがR1200GS-Aに装着している実物です。
少し見難いですが、正面からの画像です。ちなみに色は、
写真に写っているクリアとスモークが、あるそうです。





e0254365_20443480.jpg

これが、斜めからのショットです。こんだけ小さいのに・・・・凄いですね。





e0254365_2046763.jpg

これは、裏側と言うか運転する側から写したものです。
金属部分の仕上がりもとても綺麗ですしストレスは、あまり感じないかも・・・・。





e0254365_2051850.jpg

スクリーンの上部に取り付けてある、角度調節可能なスポイラーは、
純正スクリーンでは物足りなかった高速走行での風防効果がアップします。
不要な時は簡単に取り外すことができまるのがまたニクイですね。
スクリーンの厚さが3mm~6mmの物であれば取り付けOK!

気になるお値段は、19,740円(税込)
興味のある方は、お気軽にお問い合わせくださいね。

by motorradkyoto | 2012-05-24 20:55 | Goods Presentation | Comments(0)
2012年 05月 18日

噂のGS用オーリンズサスとご対面・・・・。

GWの振り替え休日も昨日で終わっちゃいました・・・・。
おかげで充電もバッチリできお腹周りが、少し過充電になったかも・・・・?
さ~今日からまた、バリバリ働くぞ~・・・・オ~・・・・?

さて本日は、ラボ・カロッツェリアからオーリンズの営業の方が、
訪ねてこら R1200GS / R1200GS Adventure用の
オーリンズ電子制御サスペンションキットを持ち込まれました・・・・。
e0254365_2210416.jpg

現在GSに乗っておられる方ならすでに情報は、収集済みかもね・・・・。
モニターなんかでかなりテストされていて評判もすこぶる上々で
発売と同時に問い合わせも結構あったみたいですよ・・・・。




そこでまずせっかくなので生オーリンズとご対面しましょう・・・・。
e0254365_22121159.jpg

まず営業の方が、慎重にパッキンケースをサービス工場内に
運び込まれました・・・・。そしてこんな具合に開けちゃいました。





e0254365_22145680.jpg

パッキンケースの中からは、3つの化粧箱が、納められていました・・・・。





e0254365_22155848.jpg

でもって営業の方が、そ~っと中身を取り出し始めました・・・・。





e0254365_2217826.jpg

今、まさに取り出そうとしているのは、恐らくリアサスでしょう・・・・?





e0254365_22191733.jpg

これは、フロントサスペンションです・・・・。
TTXショクアブソーバーをベースとしており伸び側と圧側の減衰力を
完全に独立してコントロールしているそうです・・・・。
ECショックアブソーバーでは電子制御バルブにて伸び側/圧側の減衰力発生と
調整のすべてを独立して行うそうですよ。





e0254365_22221798.jpg

これは、リアサスペンションです・・・・。
リアショックにはスプリングプリロード調整の際に作動する
アクチュエーターを装備・・・・。調整はコントローラーを操作し電子制御で
アクチュエーター内の油圧をコントロールするそうです・・・・。





e0254365_22235647.jpg

こちらは、ESA用のハーネスキットです。





e0254365_2225175.jpg

これは、オーリンズECUです。
ECキットの頭脳というべき、専用のECU・・・・。
EC制御に不可欠なECUもキットに同梱されていました。
BMW純正ESAのディスプレイ及びコントロールスイッチからの操作は
この専用ECUを介してオーリンズのECショックアブソーバーへ
伝えられるそうです。言うわいるサブコンですね・・・・。





e0254365_22272645.jpg

ボクサージャーナルのvol.46で詳しく紹介されています。





e0254365_22284037.jpg

雑誌もいいですが、今なら生オーリンズが、店頭にてご覧になれます!
興味のある方は、是非ご来店頂き生オーリンズをご覧下さい。

参考

R1200GS& Adventure用オーリンズ電子制御サスペンションキット

R1200GS
& R1200GS Adventure  08-12 №BM670/671 
税込価格BM670   ¥344,400
      BM671   ¥344,400

※工賃は、別途必要です。

by motorradkyoto | 2012-05-18 22:50 | Goods Presentation | Comments(2)
2012年 05月 11日

LASER EXHAUST入荷!

またまた少し寒くなってきましたね・・・・。
なにやら週末にかけて結構寒いらしいですよ~低いところで
10度切る気温になるそうなのでまたストーブを焚かなければ・・・・。
なんて思っている今日この頃です。

GW明の定休日と昨日の二日間お休みを頂きしっかり充電完了と
行きたいところだったんですが、我が家の玄関に密集している
金木犀やオリーブの木や南天の木それに地べたに絡まる
アイビー達を切ったり、剥ぎ取ったりと結構くたくたになりました・・・・。

こんな風に書くとまるで僕んちが、大きい家に思われたでしょ~・・・・?
それは、大きな誤解です!ただ何となく植えるだけ植えて
油断したらボウボウになっていただけなんですけどね・・・・。

家族の者から「早く刈ってくれないと自宅に入れません・・・・。」と
クレームが、入ったので仕方なく頑張った一日でした・・・。
ホント大げさですよね!

さて本日は、BMWとは、切手も切れない関係のエキゾーストメーカー
LASER EXHAUSTをご紹介しましょう!
長年欧州にて積極的にハイクオリティなプロダクト開発、
トップカテゴリーレースへ挑戦し続けるLASER EXHAUST

同じく欧州でハイパフォーマンスモーターサイクルを世に送り出すBMW。
欧州発、同じモーターサイクルへの熱い思いから
LASER EXHAUSTはBMWとの厚い信頼を獲得し、
MOTO GPのエキシビションとして開催された
ワンメイクレースのBoxer CupやPower Cupのオフィシャルスポンサー
ならびにオフィシャルサプライヤーとしてマフラーを提供しています。

さらに、市販車R1100SボクサーカップレプリカにLASER EXHAUSTが
純正マフラーとして採用されていました。
そんな背景もあって今回現行モデルのR1200GS用のHOT-CAM 2を
こっそり入荷させてみました・・・・。
それでは、開梱風景よりじっくりご覧になって下さい・・・・。
e0254365_20334050.jpg

こんな箱で本日入荷・・・・。ワクワクしながら開梱・・・・。





e0254365_20345987.jpg

こんな感じで丁寧に梱包されていました・・・・。





e0254365_20355912.jpg

お~っと遂に登場カッコイイ~!





e0254365_20365396.jpg

バッチリ車検対応のEマーク取得済刻印!





e0254365_2038930.jpg

エキパイ部分は、耐久性に優れた、ステンレスを採用
さらに2 in1デュアルサウンドシステム搭載!
サイレンサーの材質は、チタニウム製
さらには、カーボンエンドキャップを装備





e0254365_20402622.jpg

細かな部品のクォリティーもバッチリです・・・・。





e0254365_20413071.jpg

サイレンサーを固定するバンドは、当然カーボンベルトで決まりです。





e0254365_20425957.jpg

ヒートガードは、シンプルですが、裏側には、しっかり射熱板が
施されているところは、仕事が細かいですね・・・・。





e0254365_20451928.jpg

エンブレムは、耐熱ステッカーで貼るもよし、貼らずともよし・・・・。

R1200GSのツインカムにお乗りで興味のある方は、お気軽に
お問い合わせくださいね!

さて、ちなみに気になる価格ですが、今回ご紹介した
(LASER HOT-CAM 2 DSチタン製スリップオンマフラー)で
税込70,350円プラス工賃です。

by motorradkyoto | 2012-05-11 20:55 | Option Parts Info | Comments(0)