motorrad kyoto staff blog

mtrkyoto.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ツーリング ( 21 ) タグの人気記事


2018年 04月 08日

ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その2

先日の雨で桜は終わってしまいましたね。今年は一気に咲いて、サッと散って行った気がします。4月も半ばに向かいGWも近づいてきました。皆さんご予定はいかがですか?前回我々が行った淡路島は小さい島ですが、結構見所がいっぱいあって面白いですよ。それでは、ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!! 後編です。





e0254365_11302296.jpg


さて『いづも庵』さんでたまねぎ一個飲み込んだ我々が
次に向かったのが、南淡路伊毘港にある『マリノポート伊毘』さんです。
ここで目的の一つ『船に乗ってグルグルする』ため、渦潮クルージングします。

受付に到着しました。





e0254365_11315177.jpg

見つめる先にあるのが・・・・





e0254365_11325722.jpg

今回お世話になるクルージング船『ヘリオス』!!
定員24名ほどのクルーザーです。

手前のちっさいのは、船長のマイボートらしいです。
ヘリオスに30回乗った超上級者は、船長のマイボートに乗船して
渦に巻き込まれる、何とも荒々しい『海の藻屑体験』が出来ます。(嘘です)





e0254365_11343396.jpg

約5分ほどで鳴門海峡へ到着。
写真は海から見上げる鳴門大橋です。
この辺りの波は穏やかですが・・・





e0254365_11355434.jpg

橋の下辺りから潮の流れが速くなりまるで川のようです。

太平洋が満潮になると瀬戸内に向かって徐々に海面が上ります。
海面は大阪湾⇒明石海峡⇒瀬戸内海の順に上っていき、
瀬戸内の海面が上る頃に太平洋は干潮となり、そこに海面の
高さの差ができます。そして鳴門海峡で早い流速が生まれ
海底の地形等の影響で渦が発生します。
こんな現象が観られるところは世界的に見ても非常に珍しいらしいです。
写真をよく見ると、奥は瀬戸内海ですが穏やかでしょ。





e0254365_11375908.jpg

このように、大小いくつもの渦が時間帯によって観る事ができます。

ところで皆さん、鳴門の渦潮って映画パイレーツオブカリビアンに出て
くる、巨大アリ地獄みたいなやつを想像してませんでした?
何を隠そう、私はそう言うのを想像していました・・・(汗)
吸い込まれたら、琵琶湖辺りから湧き出てくるものと・・・違いました。





e0254365_11392007.jpg

この日は大潮で渦が沢山観れました。
船も揺れたのですが、船酔いさせる隙なんてありません。
みんな大盛り上がり!!





e0254365_11420290.jpg

よく渦潮クルージングと言えば写真後ろに写っているような、
豪華客船みたいなので観覧される方が多いですが、
ヘリオスは凄い迫力!!手を伸ばせば渦に触れそうです。





e0254365_11430498.jpg

クルージングを終えて、興奮冷めやらぬ我々はコンビニで小休止。
コンビニコーヒーでクールダウン。
ホット頼んだけど(笑)





e0254365_11435411.jpg

コンビニを出発して、一行は淡路島南東の海沿いの道を走ります。
見通しの良い長い道が続きます。
この辺りは水仙郷が有名です。見ごろは12月~2月ごろ。
ちょっと遅い。





e0254365_11450695.jpg

そして辿り着いたのが洲本城跡です。
目的の『殿様気分で絶景』をここの天守閣跡地からと思っていましたが
ハプニング発生。この日の淡路島は桜満開で、花見の人がいっぱい!!
天守閣跡地でのパノラマ風景は断念しましたが・・・駐車場から観えた桜が
とても綺麗で良かったです。思わず写真をパシャリ!!





e0254365_11462364.jpg

洲本城を後に、次に向かったのはタコせんべいの里。
このせんべいを買って帰れば、嫌いな人も少ないので
いいお土産になります。

それにしても今回、終始BMWの旗をなびかせていたT木さん、
北海道のホクレンの旗を思い出しました。
ビシッと決まってますよ!!シブイッス!!





e0254365_11475216.jpg

最後は道の駅淡路に向かいます。
途中サンセットラインという淡路島北西の海岸通を走るのですが、
残念ながらガスがかかっていて、夕日はあまり綺麗ではありませんでした。
今度もし走る機会があれば参考にしてください。

道の駅淡路で明石大橋をバックに記念撮影。
皆さんお蔭様で今回も楽しかったです。ありがとうございました。





e0254365_11492323.jpg

因みに、この写真はM村店長と二人で下見した時のサンセットラインです。

たそがれ時・・・波打ち際で沈み行く夕陽を眺める・・・オッサン二人・・・・・
あれ?何でだろう!?涙が止まらないや。アハハハハ・・・・

さて、気を取り直してオッサンらしくダジャレで纏めますよ。
『橋と橋を繋いで端から端まで走りましたが、淡路は知りたい事まだまだいっぱいでした。』
淡路島の標語に採用されんかな???兵庫だけに・・・・フッ( ̄ー+ ̄)完璧

また走りに行きましょう!!
最後に動画を楽しんで下さい!



あ~面白かった。

[PR]

by motorradkyoto | 2018-04-08 11:54 | ユーザーツーリング | Comments(0)
2018年 04月 05日

ぐるっと巡る淡路一周ツーリング リベンジ!!レポート その1

皆さんこんにちは。四月に入りめっぽう暖かくなってまいりました。
心地よい春の陽気で眠たくなります。『ええなぁ~春って・・・』
ふと我に返ると、口を開けポケ~っと空を見ている自分に気付きました。
『マズイ!!アホに成りかけてる・・・』
そんな自分に渇を入れる為、今回も皆さんと一緒に旅をしてまいりました。
目的地は『淡路島』です。
内容が濃厚すぎるので、今回は2回に分けてお届けします。


今回は3月21日に雨で中止となったツーリングの振り替えです。
旅の目的は、淡路島である意味本物のたこ焼きを食べ、
体をぐらぐらと揺らされ、『たまねぎつけ麺』なのか?『麺つけたまねぎ』
なのか?どっちが主役かわからん物を食らい、船でグルグルしてから
殿様気分で絶景鑑賞すると言った盛り沢山の内容です。
ん!?意味分からんですか?それではツーリングレポートをご覧ください。





e0254365_20440639.jpg

今回のスタート地点はモトラッド京都。
朝6時45分集合の7時出発ですが、6時半には殆ど来られていました。
意気込みを感じます。
N脇『淡路島に行きたいかー!!』 皆さん『イエーイ!!』
アメリカ横断ウルトラクイズみたいな掛け声してみたかったな~。
(えっ!?古い?)





e0254365_20453483.jpg

この日は降水確率0%快晴だと思ったのですが、雲が多くて気温が
上らずけっこう寒い・・・・。
そんな中たどり着いた道の駅『東浦ターミナルパーク』。
ここで、一つ目の目的『ある意味本物のたこ焼き』を頂きます。
写真のコレです・・・。タコの焼○体・・・・





e0254365_20465031.jpg

淡路島の海で獲れたタコを一匹丸ごとプレスでぺっちゃんこ。
プレスの時『プッキュィィィ~~』と断末魔のような音がします・・・(汗)
一匹を二人でシェアしてても結構なボリュウムです。

タコの姿焼きです。それにしても美味しい!!お酒のお供に最適です。
今回は飲めませんが、5月の羽合温泉一泊ツーリングでなら飲めます。
ぜひ一緒に行きましょう!!





e0254365_20482289.jpg

さてここで、S1000RRオーナーM本さんとお別れです。
今年度から山口県でのお仕事となられ、最後に少し参加して
いただきました。今日はこのまま山口へ向かわれます。
M本さんは果敢にも当店名物鉄人ラリーにも参加&コンプリート
されたツワモノです。旅立つM本さんを皆でお見送り。
M本さん。新天地でも頑張って!!またいつか一緒に走りましょう!!





e0254365_20500764.jpg

道の駅を後にして、一行は北淡震災記念公園に到着しました。
ここは阪神淡路大震災で出来た『野島断層』を
140mにわたり保存している施設です。

ここが2つ目の目的『体をぐらぐらと揺らされ』る場所です。





e0254365_20511812.jpg

道の側溝がずれていますが、もともと平らに繋がっていました。
写真右側部分が持ち上がり、手前にスライドしたのです。
自然の猛威に対して我々人の力は微々たるものです。





e0254365_20521190.jpg

一部断層が堀ってあり、地層の違いを目の当たりに出来ます。
この質の違う二つの地層がずれたのですね。





e0254365_20525123.jpg

敷地内のメモリアルハウスに、当時の状況が再現してありました。

皆さんその当時を思い出し、いろいろと語っておられました。





e0254365_20533552.jpg

最後に震災を体験できる装置に乗り込みます。
東日本大震災と阪神淡路大震災の違いを体感する事が出来ます。
揺れる事が分かっていても驚いてしまう強烈さです。

いつも破天荒なツーリングを企画する我々ですが、いろいろと体験し
大切なことを考えるのも、ツーリングの醍醐味ではないかと思います。
いま健康でバイクに乗れる事に感謝です。





e0254365_20550221.jpg

たま~には真面目な事を言いつつ、次は少し早くお昼ごはんです。
淡路市にある『いづも庵』さんへ向かいます
ここの名物は『たまねぎつけ麺』です。
たまねぎ一個丸まる揚げてあります。
『たまねぎつけ麺』なのか?『麺つけたまねぎ』なのか???
主役はどっち?ってのがこれです。
料理が運ばれてきて、凝視するのはたまねぎではないでしょうか?





e0254365_20564316.jpg

つけ麺なのにナイフとフォークが付いてきます。
先ずはこれでたまねぎを切るところから始まります。

皆さん必死。暫く言葉無く静かです。





e0254365_20573118.jpg

特製のお出汁が、香ばしく甘みのあるたまねぎとからまり、
ちぢれ麺とも相まってとても美味しい!!
どんどん口に運ばれ早々に完食。ご馳走様です。
こうして皆さんの胃袋にたまねぎ一個が入っていきました。
一回の食事でたまねぎ一個はなかなか食べないですよね・・・。


お腹も満たされたところで、いよいよ船でグルグルしに行きます。

後編に続く・・・・


[PR]

by motorradkyoto | 2018-04-05 20:59 | ユーザーツーリング | Comments(0)
2018年 02月 23日

2018 うどん・ラーメン ラリー

e0254365_15470643.jpg

こんにちは。スタッフのMr.Mです。先般予告しておりました、お客様参加型ラリーの概要が決まりました。
今までとは趣向・目的を大きく変え、日本の食文化を支え続けている「うどん」と「ラーメン」に的を絞り、
日本国内の有名店を巡って頂く独断と偏見のラリーを企画致しました。
食して頂く全国のお店の選別は、私が過去に訪れもう一度食べに行きたいお店やお客様のご推薦のお店、
更にインターネット情報も加味させて頂きました。中には遠方の元ユーザー様のお店もございます。
今回のラリーに於いてこれは大変だと思われる事は、お店の定休日と営業時間です。
その辺りの計画をうま~く立てて頂き、うま~い「うどん」「ラーメン」を食して頂ければ幸いです。
昨年同様1,000円のエントリー費用を頂きます。その見返りとして、
エントリー頂いた方に色々な特典をお付け致します。この記事をご覧いただいている皆様、
奮ってエントリー頂きます様宜しくお願い申し上げます。
3月16日よりスタート致しますが、現在エントリーフォームの準備中です。
ツーリングを楽しんで頂く事もお忘れなく・・・・。
e0254365_10485211.jpg




ラリーの概要とエントリー方法は、ここ2年~3年のラリーとほぼ同じです。
クリアーした指定ポイントのお店の画像と、食されたメニューを
送信して頂きます。

e0254365_10502849.jpg


食して頂くお店は全部で16店舗です。こちら「うどん」店と、「ラーメン」店です。
ツーリングの企画でお邪魔したお店もありますし、個々に行かれた
お店もおありかと思います。





e0254365_16595357.jpg

私も今回の指定ポイント店の内、4店舗ばかりお邪魔した事が
ありますが、食べるまでに1時間程要したお店もありました。
このシンプルなうどんがイイですね。



e0254365_17003490.jpg



こちら、店の前に並ぶ事30分、店の席に着いて30分を要した
ラーメンです。





e0254365_17014591.jpg

ツーリングの企画でもご賞味頂きました。





e0254365_17021514.jpg

つけ麺もなかなかですよ。

このような格調の高い?ラリー企画は何処も行なっていませんね。
観光も織り交ぜながら、ツーリングも存分に楽しみましょう。
あ、今シーズンのツーリングの計画に是非組み込んで下さい。




e0254365_17030517.jpg

追伸:遅くなりましたが、11月にN脇君の企画で行なった「芸術と鳥焼肉ツーリング」のオプションにて
   信楽焼きを体験して頂きましたが、その時の皆さんの作品がこちらです。
   個性溢れる優秀作?ばかりで、「よぉ~こんなん作ったな~」的な作品も多いですね。
   これを機に、陶芸家に転身される方もおられるかも・・・・?。





[PR]

by motorradkyoto | 2018-02-23 17:06 | Event&Campaign | Comments(0)
2018年 02月 11日

ユーザーツーリングレポート/たこ昌・たこ焼き

e0254365_14283160.jpg

こんにちは、スタッフのMr.Mです。1月の最後の日曜日に、今年最初のユーザーツーリングを開催致しました。1月は寒く、天候や路面状況が極めて悪くなる可能性もあり、お客さんを募ってのツーリングは避けていましたが各方面からのリクエストも多く、一昨年より近場でのツーリングを企画するようになりました。かれこれ15年程前までは1月1日の元旦に「元旦ツーリング」と名を売って、毎年神戸のポートアイランドまで20名前後で走りに行ってましたが又復活させたいとも思っています。さて今回は丁度2年前にもお邪魔した、「大阪出るとき連れてって~」のCMでもお馴染みのたこ昌さんへたこ焼き懐石を食べに行って参りました。





e0254365_14403879.jpg

本来は2年と同じコースで行く予定でしたが、雪と寒さの影響でモトラッド京都店の駐車場が凍結する危険性が有り、急遽伏見区のパルスプラザ駐車場前に変更させて頂きました。それにしても同じ京都市内でも西京区と伏見区とではえらい違いで、大袈裟ではなく外気温が2℃~3℃程差があると思われます。少々山手にお住まいの方3名様が、凍結で家から出れないとの事で断念されました。





e0254365_14420404.jpg

ご参加頂いた方は私を含めて12名ですが、現地でお一人合流です。
京都パルスプラザ(京都府総合見本市会館)前で出発前のワンショットです。





e0254365_14423379.jpg

若干コース変更を行い、峠の山越えを避けて京都南ICから
高速に入りました。そして昨年の12月に一部開通した新名神高速の
茨木千堤寺PAで小休止を致しました。道路も貸切状態で、
休憩しているのも我々の軍団だけでした。





e0254365_14434414.jpg

新名神高速は関西圏の方にはお馴染みですが、現在三重県の
亀山から滋賀県の草津田上まで開通しており、昨年の12月に
高槻~川西が開通し、更に今年の3月18日に神戸まで繋がる事で、
中国道の宝塚付近の慢性渋滞が大きく緩和されそうです。





e0254365_14451697.jpg

今回のコースは箕面とどろみICを下りてR423を南下しました。
その後は二年前のコースと同じです。





e0254365_14455972.jpg

中国道の宝塚ICから再度高速に入り、西宮名塩SAでコーヒー
ブレイクです。





e0254365_14464538.jpg

六甲山の裏側の六甲有料道路(長いトンネル)入口前です。
2002年の夏に無料化された表六甲~裏六甲のワインディングは、
土曜・日曜・祝祭日はオートバイの通行が出来ません。
今日はアイさんをパッセンジャーに私はサイドカーで行きました。





e0254365_14475671.jpg

六甲山を下って来たR2の交差点付近です。やはり山手は
寒かった。





e0254365_14490407.jpg

たこ昌さん駐車場で、Nさんも合流して頂きました。





e0254365_14493714.jpg

今日のメニューはたこ焼き懐石で、このような内容(一部変更有り)
となっています。結構満腹になりますよ。





e0254365_14502153.jpg

私は大阪の堺市に親戚が居る事で何度もたこ昌さんへは
お邪魔していますが、2階のテーブル席でいただくのは初めて
でした。





e0254365_14511354.jpg

ご覧のような雰囲気です。





e0254365_14515765.jpg

帰路は堺ICから阪神高速に入りましたが雲行きが悪くなって来て、
雪もチラチラしていました。誰も立寄らないであろう湊町PAで
一次解散の為の小休止を取り・・・・、





e0254365_14530578.jpg

最後は第二京阪の京田辺PAで解散と相成りました。
今日ご参加頂いた皆様は殆どがGS系で、その人気度を改めて
感じる事が出来ました。
1月~2月に行なうツーリングは企画がなかなか難しいですね。
自宅近辺の路面状態の悪化で今回参加を断念された方、
本当に残念でした。次回は3月?日に???に行く予定です。

追伸:今年もお客様参加型の過酷なラリーを開催する予定です。
   今までとは趣向を変えて、日本の食文化を支えている
   あれとアレの食べ歩きラリーを検討中です。どうぞご期待下さい。






[PR]

by motorradkyoto | 2018-02-11 14:55 | ユーザーツーリング | Comments(0)
2017年 12月 05日

BMW Motorrad 芸術と鳥焼肉ツーリング!!レポート

皆さんこんにちは。いよいよ12月に入り今年も残すところ数日となりました。今年一年はどんなバイクライフでしたでしょうか?しっかり楽しまれましたか?もう秋も終わり、ふと振り返れば今年の秋はスポーツも読書も芸術も何にもやっていない!やっている事と言えば年間通じて食欲だけ・・・。これでは私の溢れる品格が欠けてしまう!!と言うわけで、今回は無理やり芸術に触れるツーリングといたしました。テーマは、芸術→作品→陶芸→焼き物→焼肉→鳥焼肉・・・・・やはり食欲。もはや、こじ付けでしかない旅の始まりです。





e0254365_19435548.jpg

さて、出発地点はモトラッド京都。ここで第一集合です。
2日前の天気予報の降水確率は60%だったのが、
前日になると10%となっていました。
今年のユーザーツーリングは全部晴れ!!
ちょっと神がかり的な気がします。来年の反動が怖い・・・。





e0254365_19471621.jpg

大津のコンビニでさらに合流です。
まさか、このメンバーから世界的な芸術家が生まれるとは、
この時気付いていない訳で・・・・と言うことになるかも知れません。





e0254365_19482569.jpg

大津のコンビニから一般道を使い、約一時間弱ほどで
信楽にあるMIHO MUSEUMに到着。
チケットを買って館内に行くには、桜並木・トンネル・吊橋と続く道を
進んでいきます。もうすでにそこから芸術が始まっています。
トンネルは声が響かないように吸音されていて、不思議な空間を
演出してます。





e0254365_19520617.jpg


館内の美術作品は撮影できないので外観を撮影。
ここが美術館の建物、世界的に知られる I.M.ペイ氏のデザイン。
2017年ここでルイ・ヴィトンがファッションショーを開催したらしいです。
2018年にもするみたいですね。





e0254365_19541350.jpg

そんな訳でファッションにうるさい我々も、ヴィトンに負けじと
このポージング。『今年の冬はこれでキメろ!!』
この調子ならパリコレに行ける!?





e0254365_19550878.jpg

チケット売り場の建物から美術館までは徒歩で10分程ですが、
電気自動車も走っています。
何人かは僕を置いてけぼりに楽していました。
皆  『バイバ~イ!!N脇君。アハハハハ』
僕  『・・・・・』





e0254365_19561930.jpg

世界中の美術品を一気に堪能し、芸術的センスを開花させる
事に成功したはず。
溢れる芸術パワーが体中にみなぎる皆さんを撮影!!
『芸術は爆発だ!!』





e0254365_19572386.jpg

そしていよいよ陶芸教室にやってきました。
エプロンを着けていざ!!





e0254365_19580167.jpg

真剣な眼差し。どんな作品を作るのか?
皆さん個性が出ていて色々な作品になりました。
それにしても、皆さん慎重で丁寧な方ばかりですね。
下見の時に当店スタッフMr.M氏は、ロクロの回転速度をMAXに
したり、あっという間に丼の形にしたと思ったら、崩れてしまって平皿状態へ。
無かったことにしようと、禁断の盛りなおし(即効先生に切り捨てられてました)
本当に荒々しい『芸術は爆発だ』を地で行ってました。見習ってはいけません。





e0254365_19594906.jpg

陶芸ロクロ体験が終わって、次なる目的地は三重県鈴鹿。
ご当地グルメ『鳥焼肉』を食しに向かいます。
鳥焼肉は焼き鳥とは違い、牛や豚の焼肉ように網で焼いて食べます。
基本味噌ダレで食べるのですが、あっさり系の醤油ダレやシンプルに
塩で食べたり。とにかくご飯が進みます。





e0254365_20010511.jpg

『鳥はじっくり焼かなアカンのや。』
『あっ、それもう黒焦げですよ。』
『それはビターテイスト。大人の味や。』
そんな会話が有ったような無かったような。(笑)





e0254365_20021659.jpg

そこからは、一般道を使って伊賀市の道の駅あやまに向かいます。
道中久しぶりに国道一号線鈴鹿峠を走ってみました。
新名神が出来てから久しく走っていなかったですが、渋滞も無く
快走道です。これからは雪が怖いですが・・・。
そして、大原ダム横のビューポイントで休憩。N田さんの秘密兵器
ドローンが炸裂します。動画に反映していますよ。
ここで僕も含めて集合写真。イエイ!!

その後、大原ダムより30分ほどで道の駅あやまに到着。ここで解散!!今回もなかなか濃厚な内容の旅になりました。焼き物の完成は2ヵ月後です。そっとMIHO MUSEUMに並べようと思います。(笑)そして今年のモトラッド京都ユーザーツーリングはこれにて終了。来年も我々はBMW Motorrad を通じて、オートバイライフを楽しむお手伝いをさせて頂こうと思います。さて来年はどんなツーリング&珍道中になるのか。楽しみにしていてください。最後にこの動画を楽しんで下さい。







[PR]

by motorradkyoto | 2017-12-05 20:15 | ユーザーツーリング | Comments(0)
2017年 11月 09日

水曜ツーリング OHV限定/琵琶湖周遊Part2

e0254365_20163073.jpg

こんにちは。スタッフのMr.Mです。年に2回(春・秋)の定例行事である、水曜OHV限定ツーリングを1日の水曜日に行いました。当初は奈良・三重・和歌山の県境に至る際どいコース設定をしていました。しかし2週連続の台風の影響をモロに受け通行止め箇所が点在し、予定のコースはクリアー出来るものの迂回路が数箇所設けられ更に道路もドロドロとの情報で、急遽予定を変更して安全・安心コースに変更させて頂きました。そう言う訳で昨年の秋と全く同じコースに設定し直しましたが、天気も申し分なくご参加頂いた皆様には概ねご満足頂けたかと思っています。





e0254365_20181409.jpg

集合場所は名神高速の大津SAで、時間も昨年同様に午前8時
です。今日は少し早目に到着しましたが、すでに皆さんは集合
されていました。





e0254365_20190556.jpg

瀬田西ICで下りて、後は全て一般道です。景観の良い場所を
見つけて、今日は早々に集合写真を撮りました。私を含めて
5名でのツーリングです。天気は快晴で雨の心配はありません。





e0254365_20195972.jpg

ペースは通常よりスローで、休憩も多目に取りました。
休憩時の雑談も楽しいものです。





e0254365_20203824.jpg

道の駅「近江母の郷」でコーヒーブレイクです。全行程約250km
程のユル~いコースなので、時間の読みを外す事はありません。





e0254365_20211616.jpg

続けて道の駅「塩津海道あぢかまの里」でも小休止です。





e0254365_20214132.jpg

R161へアクセスするR303の拡張工事が済んで以来、
海津大崎付近の交通量は激減したようですね。まあ、桜の季節は
例外ですが・・・・。






e0254365_20223198.jpg


しばし休憩後の出発前に。






e0254365_20253350.jpg

秋を感じる田園風景。昨年もこの場所で撮影致しました。





e0254365_20234651.jpg


昼食は高島市の「美松」さんで。女性のお客さんの多さに驚きますが、
この日も10人程のお綺麗な女性客がすでに陣取っておられました。
マスターにお願いし、店の前でのワンショットです。





e0254365_20270890.jpg


午後3時過ぎに道の駅「妹子の郷」に到着し、その流れで解散となりました。
皆さん明るい内に自宅に到着出来たかと思います。
本日の走行264kmで、余裕タップリのツーリングが出来ました。

私的にはまだまだですが、OHV系のツーリングはバイクも身体もこれ位が
ベストかもしれません。穏やかな日和に穏やかなツーリングが出来ました。
最近は最新鋭のR1200RTばかりに乗っている事もありOHV系の古さを
痛感致しますが、これはこれで良しとしておきましょう。
次回は今回予定していたコースのリベンジを行いたいと思います。
来年の春をお楽しみに・・・・。 又、琵琶湖になったりして~、定番コースで
イイかもね。











[PR]

by motorradkyoto | 2017-11-09 20:29 | ユーザーツーリング | Comments(0)
2017年 10月 31日

BMCJナショナルラリーin伊勢志摩&「岬と湖のラリー」レポート

e0254365_17301691.jpg


こんにちは、スタッフのMr.Mです。
年に一度のBMCJ(BMW・モトラッド・クラブ・ジャパン)主催の全国イベントであるナショナルラリーに行って参りました。全国を駆け巡るホテルイベントで、今年は伊勢志摩ロイヤルホテル(昨年は八ヶ岳で開催された)がメイン会場となりました。晴れていればこのような景観ですが、台風21号の接近に伴い天気は大荒れで、雨はともかく風の恐ろしさを改めて思い知らされた二日間となりました。賢明なライダーの皆様、台風の日に限らず、強風の日には絶対にバイクに乗ってはいけません。以下、レポートです。




e0254365_17323624.jpg


10月21日、台風の接近と言うよりは台風の直撃は避けられず、参加者の皆さんの多くは車での参加となりました。駐車場には僅か5台程のバイクしかなく、少々気恥ずかしい思いでしたが、ディーラー関係者が車で来ていてはお話になりません?からね。





e0254365_17360916.jpg


とは言うものの、ご参加頂いた皆様には事情を説明し、現地集合に予定を変更させて頂きました。こちら、伊勢志摩ロイヤルホテルです。京都からだと約200kmです。強風豪雨の為、トイレ休憩1回のみで辺りの様子を撮影する余力は全く有りませんでした。





e0254365_17372572.jpg


夜のイベント風景です。昨年は四輪との合同イベントでしたが、
今年は二輪単独のイベントとなりました。





e0254365_17382050.jpg


毎年BMW-Jのモトラッド部門の最高責任者が来賓として招かれ
ますが、昨年同様リー・ニコルス氏の元気なスピーチも披露され
ました。マーケティングのO氏の姿もあり、お二人共バイクで来られた
との事。





e0254365_17392672.jpg


ゲストはお馴染みの寺本幸司選手です。今までのレース人生や
レース秘話を語って頂きました。





e0254365_17400299.jpg


今年の鈴鹿8時間耐久レースに使用されたS1000RRも
持ち込まれていました。





e0254365_17410379.jpg


元国際ラリーストの三好礼子さんもゲストです。パリダカ等の
国際ラリーへの出場経験豊富で、バイク・車・旅を余す事なく
語られました。私とも同年代で、1990年に会社の創業20周年の折に
店舗にゲストでお招きした事もあります。





e0254365_17422546.jpg


三好礼子さんと私も含め、当店よりご参加頂いた皆様。
三々五々解散となりました。





e0254365_17440059.jpg


明けて22日、暴風と豪雨が収まっているハズはなく、南に向けて
気合を入れて出発致しました。





e0254365_17470973.jpg


紀勢自動車道とR42を南下し、道の駅「橋杭岩」で小休止です。





e0254365_17473364.jpg


そうです。「岬と湖のラリー」の指定ポイントである潮岬に立ち寄る事も
今回の目的の一つでした。





e0254365_17481746.jpg


大雨と強風の中、撮影場所はこの辺りです。
今年も何とか全ての指定ポイントをクリアー出来ました。
感無量ですが、無事に帰れるのか?~・・・・。





e0254365_17490819.jpg


すさみ南ICから紀勢自動車道の無料区間も開通
しており、早々に高速道路に乗っかりました。
近辺の観光等は以ての外で、ただひたすら暴風雨に
耐えながら店舗に帰って来たのが15時40分でした。
冒頭の話に触れますが、雨はともかく風は恐ろしいです。
私もこのような日にバイクに乗る事自体ライダーとして
失格で、素っ裸でサーキットを走るに等しい行為です。
目的は達成出来ましたが反省しております。今回も
R1200RTにお世話になってしまいました。
2日間の走行、649kmでした。

さてラリーにエントリーして頂いている皆様、指定ポイントや
マイレージの集計の都合上、11月5日までに最終報告と
走行距離の申告をお願い致します。
11月12日はファイナルイベントです。



[PR]

by motorradkyoto | 2017-10-31 17:53 | Event&Campaign | Comments(0)
2017年 10月 21日

岬と湖のラリーレポート/石廊崎

e0254365_18252873.jpg


西伊豆の土肥港近くから駿河湾を隔て、遥か彼方にそびえるマウント富士です。なかなか絵になっているでしょう。 こんにちはスタッフのMr.Mです。10月も中旬を迎えようと言うこの時期に、何と2日連続の真夏日となりました。思い立ったが吉日、水曜日の定休日を利用して伊豆半島最南端の石廊崎へ行って参りました。伊豆へはふら~と行く事があり、BMWさんのニューモデルの試乗会(販売店スタッフを対象としたトレーニング)も修善寺を拠点に開催される事もあります。しかし最南端の石廊崎へ訪れるのは概ね20年振りで、私が幹事役を引き受けて会社の慰安旅行で来たのが平成10年の2月でした。プライベートで来る伊豆のルートはR414を南下し、下田から東伊豆を経由して天城高原から伊豆スカイラインに入り、芦ノ湖スカイラインから御殿場に出て高速で帰るのが定番コースとなっています。今回は久し振りに西伊豆を走り、私の好きなフェリーを利用しての弾丸ツーリングとなりました。これで「岬と湖のラリー」の全国制覇に王手をかけましたよ。以下そのレポートです。





e0254365_18294912.jpg


自宅出発は午前3時30分で、今日は名神の京都南ICから東を向いて出発です。午前3時45分撮影の画像です。約1時間程しか寝ていないので睡魔との闘いの日が始まりました。この時期になると、辺りがほんのりと明るくなってくるのが6時頃ですね。





e0254365_18305950.jpg


休憩と給油を挟み、新東名の長泉沼津ICを下りたのが8時過ぎでした。東名高速の集中工事の余波が心配でしたが殆ど気にする渋滞もなく、意外な程に快調に高速走行が楽しめました。今日の相棒はK100RS/EMLサイドカーです。





e0254365_18320285.jpg


伊豆半島を縦断する道路も程好く整備され、伊豆縦貫道~
伊豆中央道~修善寺道路を利用すると約40分程で道の駅
「天城越え」に到着します。





e0254365_18325613.jpg


河津七滝ループ橋を下から撮影してみました。この奥にある
天城荘の立ち寄り温泉に入った事がありますが、水着着用の
混浴(忘れた方は水着を着けなくても良い?)で、広大な敷地に
数箇所の温泉があり、なかなかお奨めですよ。





e0254365_18340634.jpg


下田付近で少し景観を楽しみながら、11時前に石廊崎の駐車場に
到着です。





e0254365_18351943.jpg


左側の銅像は「役の行者(隠名 阿摩陀之摩綺)」で、由来と
解説が掲げられています。皆さんも一読して下さい。





e0254365_18361897.jpg


今回のラリーはホトホト急勾配坂や急勾配階段を上らないと
目的地に到着出来ません。特に岬の各所はそれが顕著で、
写真では毎回の如く平坦に見えますが、なかなか堪えましたね。





e0254365_18371984.jpg


歩く事約20分、石廊崎灯台が見えて来ました。
以前訪れたのが冒頭でお話した20年前ですが、当時は石廊崎
手前に南伊豆の娯楽施設であるジャングルパーク(2003年9月に
閉園)があり、灯台の手前辺りまでは、飲食店や土産物店が
軒を連ねていた記憶があります。ジャングルパークの入口付近で
当時のスタッフ全員で撮影した写真が懐かしいですよ。





e0254365_18391443.jpg


この日の天候は申し分なく、やって来た甲斐があったと言うものです。





e0254365_18400765.jpg


岬の先端です。





e0254365_18403334.jpg


撮影場所はこちらになります。





e0254365_18410673.jpg


石廊崎を後にしてR136を北上し土肥港に到着です。
わたくし、ロングツーリングには事ある毎にフェリーを利用しますが、
連休明けの平日は閑散としています。





e0254365_18421393.jpg


駿河湾フェリーは土肥港~清水港を1時間5分で結びます。
一日4便で14時40分発に乗船しました。富士山を眺めながらの
船旅は申し分なしです。2014年にツーリングラリーを開催した折に、
このフェリーに乗船された方も多かったと思います。鹿児島の
大隅半島~薩摩半島を結ぶ南九フェリーと並び、私のお気に入りの
短距離フェリーの一つです。





e0254365_18434958.jpg


こんな感じです。料金はサイドカーの場合、3m未満車扱いとなります。





e0254365_18441260.jpg


清水港に到着です。極僅かな仮眠が取れました。これがフェリーを
利用する時の最大の恩恵となります。





e0254365_18445059.jpg


東名高速の清水ICから新東名に入り、往路と同じコースで帰路に
着きました。休憩を3回取り、名神高速の草津PA(何時もの撮影場所)に戻って
来たのが19時40分でした。本日の走行925kmで、フェリーを利用しなかったら
1,000kmオーバーは間違いなかったと思います。伊豆の日帰りは毎回
これ位の距離になる訳ですが、7月のBMWモータースポーツフェスティバルに
行った折に、一泊で伊豆ツーリングの計画しておけば良かったですよ。
さあこれで、残す所本州最南端の「潮岬」だけになりました。さあ、今月に完走やで~。



[PR]

by motorradkyoto | 2017-10-21 18:48 | Event&Campaign | Comments(0)
2017年 10月 16日

BMCJ One Day Touring Mission in 鳥取 レポート

皆さんこんにちは。季節はもう秋ですね。秋になると気候は涼しくなり、
バイク乗りにとっては走りやすい季節です。各所様々なイベントも開催されます。
スポーツの秋・読書の秋・食欲の秋・芸術の秋・・・
目を閉じて耳を澄ませば、虫たちの奏でる声が聞こえてきます。
『リーン リーン・・・』『キリキリキリ・・・』『コロコロコロ・・・』
『プ~ン・・・』・・・心が癒されま・・・・・・・・ん!?プ~ンって何!?
蚊? 蚊にしては大きい。緑の虫・・・・・
お前はカメムシ!!・・・・・
アカン、もう既にたまらん香りが・・・何だか今年はカメムシが多い気がします。
カメムシが多い年は大雪になるとか言いますよね。
この冬は何回雪かきするのだろう?早くも心配です。


そんな秋の清々しい季節の中、
先日『BMCJ One Day Touring Mission in 鳥取』へ
行ってまいりましたので、その模様をお伝えいたします。
今回はBMW Motorradオーナーズクラブ様の企画のもと、
鳥取は米子でBBQを堪能し、大山麓の快走路を走ってまいりました。


e0254365_18371573.jpg


今回のお昼ご飯は米子でBBQなので、それに間に合うように出発します。
受付が9時半からで、BBQ開始が11時半と言うこともあり
中国道社PAに朝6時の集合。
僕が家を出るときは4時過ぎ・・・朝と言うよりまだ夜でした。
6時前、社PAに到着すると、やっと少し明るくなってきました。





e0254365_18400662.jpg


今回ご参加の皆様。ご覧のように防寒対策バッチリです。
もう最近は朝晩めっぽう寒くなってきました。
参加者の中には、既に150キロほど走ってこられた方も・・・
ここまでで既に結構ツーリングですね。





e0254365_18410395.jpg

社PAを出て勝央SAまで。
途中で霧ゾーンと晴れゾーンが交互に現れました。
朝も早いので気温も低く少々冷えます。
そんな訳で、勝央SAのレストランでコーヒーブレイク。
ほっと一息、笑顔もこぼれます。まだコーヒー来てないけど。(笑)





e0254365_18421922.jpg

米子道 湯原ICを出たところのガソリンスタンドで給油。
天気は快晴です。気温計を見ると18℃。随分と暖かくなってきました。
スタンドのおじさんに話を聞くと、
『今朝は8℃だったよ』との事・・・ひぇ~(汗)
最近はセルフスタンドが多くなって来ましたが、
スタンドの人と何気ない話をするのもいいもんですね。





e0254365_18435703.jpg

蒜山麓の快走路をひた走ります。
天気も良いし、気温も上がって風が気持ち良いです。





e0254365_18443777.jpg

大山を横目に見ながら広域農道を走ります。
途中あまりに大山がきれいだったので、バイクを停めて
記念写真!!良い感じです。





e0254365_18453024.jpg

予定通り10時半、目的地に到着です。
我々は結構早い到着のようでした。





e0254365_18461612.jpg

BBQスタートまで1時間ほどあったので、
動物たちと戯れようと思いましたが、柵より向こうは
別料金との事だったので、遠目から撮影しました。
ヤギじゃないのですよ、アルカパです。
もちろんBBQの食材ではありません。(笑)





e0254365_18475004.jpg

いよいよBBQのスタートです。
お茶でカンパーイ!!
みんなで食べると特においしいですね。





e0254365_18492008.jpg

そして、恒例のプレゼントジャンケン大会!!
いつもいつも中々勝てない我々。
今度こそ、今日こそは栄光を掴み取りたい!!
『よっしゃー!!いくぞー!!』
『じゃあぁぁぁん、けぇぇぇん、ぽぉぉぉぉーん!!!』
天高く拳を突き上げます。





e0254365_18524538.jpg

よ~し!3秒で着席!!
この潔さ、天晴れでございます。(涙)
『誰か一人景品もらったら、気まずいからね。
僕等はみんな同じや。』と、Y口さん。
そうです。チーム一丸となってはずしにいっているのです。
と言うことにしておきたいと思います。





e0254365_18540566.jpg

お腹も膨れて、帰りは米子道の西側の快走道を走ります。
殆ど信号はありません。コンビニや喫茶店もありません。
ただ、なだらかな道をひらひらと走ります。
米子道の大山側を走るのも良いですが、実はこちらも良い道多いのです。
途中の明地峠で大山をバックに記念写真。
抜けるような青空、眩しいほど明るい一日でした。





今回は朝早くの集合となりましたが、気持ちの良い秋晴れで日中は暖かく、
最高のツーリング日和となりました。
今年は、モトラッド京都ツーリングの晴れ率が怖いほど高いです。
これもひとえに皆様の日頃の行いのおかげでございます。
と言うわけで、晴れ男・晴れ女の皆様、またご一緒しましょう。宜しくお願いします。
(今年のモトラッドデイの下見約900km、ほぼ濡れていたスタッフN脇より)


[PR]

by motorradkyoto | 2017-10-16 19:14 | ユーザーツーリング | Comments(0)
2017年 09月 28日

「岬と湖のラリー」レポート/中国・四国・九州紀行

こんにちは。スタッフのMr.Mです。「岬と湖のラリー」もいよいよ終盤戦に入って参りました。
今年は9月28日現在で完走者は3名で内2名の方が初完走と、
毎年上位を独占されるA級ツーリングライダーの方の勢いがどう言う訳か止まっております。
私も主催者側の責務と意地と根性で昨年初めて完走しましたが、モチベーションを維持しつつ
今年も完走を目指しています。

しかしながらこの段階でまだ8ケ所を残しており、
このままでは達成は出来ないと我に返り9月の第三週の19日・20日の連休に21日も休みを頂き、
6ケ所を廻る2泊3日の強行ツーリング(走行距離的にはたいした事はありませんが)に
行って参りました。今回の宿泊ツーリングも6月の東北同様にソロで行きましたが、
フェリーの時間のタイトさや指定ポイントの滞在時間等を考えると、
一人で行動しておいて良かったと思う場面が多々ありました。
中国~九州~四国の順に巡った以下がそのレポートです。

e0254365_16284861.jpg
9/19日の午前4時前に、自宅より程近い名神高速の大山崎ICより
西を目指して出発です。





e0254365_16303106.jpg
中国道の作用付近は濃霧でしたが順調に快走し、落合JCTから
米子道に入りました。溝口IC付近からの日の出と大山です。





e0254365_16311237.jpg
島根に来れば出雲大社です。2002年にはBMWの一大イベントが
出雲ドームで開催されました。





e0254365_16315437.jpg
大社の直ぐ南側に位置する、女性シンガーソングライターの
竹内まりや嬢の実家である老舗旅館「竹野屋」さん前にて。





e0254365_16324213.jpg
さて今回の目的であるラリーポイントの一番目は「神西湖」です。
エントリー頂いている方からの画像にも、湖の証らしき画像がなく、
殆どの方がこちらの道路標識を送って下さいます。





e0254365_16335187.jpg
しばしウロウロしましたが、湖を示す的確な物が見当たらず
養護施設に入り込んでしまいました。





e0254365_16344079.jpg
こちらが撮影場所です。





e0254365_16351691.jpg
進路をしばし東に向け、無料区間の山陰自動車道から
こちらも無料区間の松江自動車道に入りました。





e0254365_16361323.jpg
三次JCTから中国道に入り、昼食を済ませ下関ICまでやって
来ました。小月ICで下りようかと思いましたが、やはり山口県
ブランドの下関です。2013年に開催した「ロープウェイラリー」で、
すぐ近くの「火の山ロープウェイ」にお乗りになられた方もいらっしゃる
かと思います。





e0254365_16374302.jpg
R191を北上し、やって来たのが2番目の目的地である
本州最西端の「毘沙ノ鼻」です。こちらが駐車場です。連休明けの
平日でしたが、3台ばかり車が止まっていました。





e0254365_16392425.jpg
こちら展望台です。天気はうす曇で、視界はあまり良く有りません
でしたがなかなかの景観でした。





e0254365_16401024.jpg
こちらから撮影致しました。エントリーされている皆さんと同じです。





e0254365_16403651.jpg
中国道下り線の最後の休憩場所である壇之浦PAで小休止です。
まだ山口県内なのですが、福岡県のインフォメーションボードが
掲げられています。





e0254365_16412706.jpg
関門海峡大橋を渡れば福岡県ですからね。
そのまま九州自動車道を経由して東九州自動車道を南下し、今日の
宿泊場所のある佐伯ICで下りました。本日の走行938kmでした。





e0254365_16424573.jpg
明けて20日は午前5時起床の6時出発です。昨日は8時間以上の睡眠が取れ、
心なしか心身共に快調です。お世話になったJR佐伯駅前の
「ホテルサンルートイン佐伯駅前」の正面玄関です。
今回私がツーリングに出発する前日(東北~北海道は19日まで)まで
各地に被害をもたらした台風18号の影響で、特にこちら周辺の佐伯市や
津久見市は被害が大きかったようです。道路や家屋の冠水が発生した模様で、
営業を中止しているコンビニ等も目立ちました。





e0254365_16453663.jpg
今日は夕方のフェリーの時間を気にしながら3ケ所を廻らなければなりません。
距離的にも時間的にも余裕を持たせてありますが、何が起こるか判らないのが
ツーリングの醍醐味でもあります。
三番目の目的地、九州最東端の「鶴御崎」へやって来ました。
アクセスの道路幅も狭く、
なかなかペースが上がりませんでしたが無事に到着です。





e0254365_16494022.jpg
平日の早朝は、さすがに人っ子一人にも出会いませんでした。
展望台に「幸せの鐘」なる物があり、10回ばかり鳴らしました。
これで幸せな男になれる事間違いなしです。





e0254365_16504896.jpg

撮影場所はこの辺りです。なかなか良い岬でしたね。
行かれた方も同じ感想だと思います。
展望台からの景観も最高でしたね。





e0254365_16530292.jpg
東九州自動車道から宮崎自動車道に入ります。清武JCT付近です。
標識を見ると旅の旅情と共に、九州に来ている実感が湧きますね。





e0254365_16540352.jpg
宮崎道の高原ICで下り、4番目の目的地である「御池」にやって来ました。





e0254365_16575512.jpg
後方に高千穂峰が臨めます。この辺りから小雨が降って来ましたが、
レインウエアーは必要のない程度の雨です。
何しろ今回も無敵のR1200RTですからね。





e0254365_16584996.jpg
御池は火口湖で、天気の良い日には高千穂峰の威容を湖面に映しているようです。
この辺りで撮影致しました。





e0254365_16595647.jpg
当初の計画では桜島経由で大隅半島を南下する予定でしたが、
ナビの到着予想時間から逆算するとフェリーの時間に間に合わない事が判明し、
東九州自動車道の無料区間を南下し、
佐多岬ロードパーク(2012年に全区間が無料になった)の
入口までかなりペースを上げて辿り着きました。





e0254365_17014892.jpg
5番目の目的地である、九州最南端の「佐多岬」です。昨年の6月に建立されたモニュメント
前ですが、エントリーされている方からの送信画像も皆さんこちらの画像です。





e0254365_17025137.jpg
駐車場から臨む佐多岬灯台ですが、写真には入っていませんが、
北側の展望所のリニューアル工事も急ピッチで進んでいます。





e0254365_17034470.jpg
こちらの駐車場もGW前後に来られた方は、
まだ舗装工事の真っ最中ではなかったでしょうか?
以前来た時とは見違える素晴らしさです。
カジュマルの樹も健在です。





e0254365_17044039.jpg
次回、佐多岬へ足を運ぶ時が楽しみです。こちらで撮影致しました。
さて、17時55分発の大阪南港行きのフェリーに乗る為、志布志まで北上です。
錦江町から少し遠回りになりますがR448に入り、
内之浦のロケットセンターをスルーして出航30分前に志布志港に到着し、
この日はフェリーで一夜を過ごしました。本日の走行543kmでした。





e0254365_17064887.jpg
21日の大阪南港に降り立った直後の様子です。
午前7時40分に到着したのですが、
下船がオートバイは一番最後に回され約1時間以上待たされました。
出発は9時になりました。





e0254365_17074715.jpg
10時35分発の徳島港行きフェリーに乗りましたが、
和歌山ICから和歌山港まで大渋滞に巻き込まれ、
もうヒヤヒヤでしたが何とか間に合いました。





e0254365_17085425.jpg
2時間15分の休息と経費の節約が出来、徳島港に到着した時のワンショットです。





e0254365_17095365.jpg
そしてやって来たのが6番目の目的地である、四国最東端の蒲生田岬です。





e0254365_17104518.jpg
老体に鞭打って灯台を目指して行ってみましょうか。





e0254365_17114667.jpg
腰が抜けそうになる超急勾配な階段を登り切ると・・・・。





e0254365_17123568.jpg
そこには絶景が待っていました。登った甲斐がありましたね。
エントリー頂いている皆さんの中で、
ここまで登り切られた方は少数ですね。





e0254365_17140820.jpg
駐車場近くのこのモニュメントの画像を、
多くの方から送信してもらっています。





e0254365_17144561.jpg
撮影場所はこちらです。





e0254365_17152326.jpg
蒲生田岬に程近い高台に「かもだ岬温泉保養センター」があります。
こちらで仮眠も含め約2時間、ゆる~い時間を過ごしました。
蒲生田岬は今回のツーリングのトップに行くかラストに行くかで迷いましたが
余裕を持って最後に行った事が良かったと思っています。

2回のフェリーの時間にヤキモキしましたが、
これはフェリーを利用するに於いての
宿命です。本日の走行364kmで、
3日間で1,845kmと6月の東北ツーリングでの
3日間より1,000kmも少ない距離ですが、なかなか密度の濃いツーリングでした。
「毘沙ノ鼻」・「鶴御崎」・「蒲生田岬」は初めて訪れた場所で、
日本再発見が出来ました。

これで私は今回のラリーポイントも、
残す所あと2ケ所(潮岬・石廊崎)となり、いよいよ
完走も視野に入って来ましたね。
それにも増して、長距離ツーリングはやはりRTですね。













[PR]

by motorradkyoto | 2017-09-28 17:18 | Event&Campaign | Comments(0)